安っていいとも! vol.94

2018.11.11

こんにちは、安武です。



大好評のPETER LINDBERGHとのスペシャルコレクション。

個人的なメッセージで問い合わせが多くて、ちょっとビビってます笑


全3型2色展開のTシャツの中で、

僕はコレにしましたよ。


Jacket:MP di MASSIMO POMBO(エムピー ディ マッシモ ピオンボ)

T-Shirts:PETER LINDBERGH × International Gallery BEAMS(ピーター・リンドバーグ×インターナショナルギャラリー ビームス)

Cut&Sewn:SUNSPEL(サンスペル)

Pants:LEVI'S(リーバイス)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)



"Lorraine's hands"と題された、1990年にL.A.で撮影されたこの作品。



元モデルで女優のLorraine brraccoさんの手です。


"手"だけでここまで力強さが出せるのは、Peter Lindberghならでは。


...


「もう無地Tは飽きた」



もちろんコーディネートのし易さで言うと無地Tなのですが、最近物足りない感じがしていて...

.

ロックTやメッセージ性の強いもの、ありふれたロゴのものは、イメージが付きすぎていて、ある意味諸刃の剣。


僕のようなあまりカルチャーの匂いがしない人間が着ると、本当にNGだと思っています。



だけど、"アート"となるとどうでしょう。もちろんメッセージ性の強いものが多いですが、モノクロフォトといった"アート"なら、すんなりコーディネートに馴染んでくれるし、少し知的に見えます。

しかもそれが、アーティストの域まで到達した巨匠ファッションフォトグラファーの作品なら、着ていてとても気分が良いんです



去年のRAF SIMONS x Robert Mapplethorpeは、フィレンツェで生でコレクションを見た時から何か買っておこうと思って、結局バッグを買いました。



メープルソープの壊れてしまいそうな繊細さも良いけど、

リンドバーグの訴えかけてくる力強さもまた、良い!




期間中、「ビームス 六本木ヒルズ」でご購入いただいた方に先着でこのトートバッグを差し上げています。


ノベルティってペラペラなものが多いですが、これは違います。

厚手の生地を使用しているので、決してノベルティに見えません。

(たぶん販売すると3800円だろうな)


僕も昨日今日とこのトート、愛用しています。



安武