PITTI UOMO 96 Street Style Day.1

2019.06.12

こんにちは、安武です。



昨日はボローニャからフィレンツェまでの列車が結局50分遅れで到着。

ベンチも無い地下のホームで待ちぼうけでした。


そして晩御飯を近くのトラットリアで食べているとFacebookを見た高田が、

「中村さん、ロストバゲッジしてますね....」

とポツリ。


まさか....


1年半前もロスト、1年前は西口がロスト、半年前は高田が半日ロスト.....と、

BEAMSチーム、何かに取り憑かれているかもしれません。


.....


PITTI 1日目、今回はほとんどのスタッフが2日目から入ってくるので、1日目はまさかの4人で集合写真。

1日目では過去最低人数かもしれません笑


う〜ん、なんだか寂しいですね笑

明日からの集合写真にご期待ください。


それではいつものようにBEAMSチームからご紹介です。






今回は日本人の方々も沢山撮影してみましたよ。

シンガポールのCOLONY CLOTHINGの河村さん。


nano universe の”ティアモ”こと福島さん。


CINQUANTAなどを取り扱う代理店EDIT & Co.の柴谷さん。



EDIT & Co.の鈴木さん。



秋冬の流れは継続し、ブラックやホワイトなどモノトーンコーディネートが目を引きました。




ホワイトを多用するというのも一つのポイントです。

そこにはコントラストの弱いベージュを持ってきます。



スーツをプリントTシャツやキャップなどで軽快に着崩すスタイリングも良いですね。




イージーなセットアップスタイルは全世界共通のトレンドですね。



カジュアルでのパンツは更に太い傾向に。




ドレススタイルでも同様の事が言えます。

パンツの裾巾が広く、着丈が長く、股上が深い。

そんなスーツが今、改めて新鮮に映ります。



大人のプレッピースタイルはDRAKE'Sチームの真骨頂です。



ワイン〜ピンクを使用したコーディネート。




それではその他の洒落者たちを見て行きましょう。



この日は30度超えの猛暑。木曜には38度になるとのことで、注意報が出ているらしいです。

僕たちも熱中症にならないように気をつけます。



安武