満月の夕

2019.03.11

余りにも辛くて、忘却という手段にすがる。

しかし、いくら辛いと言えども、ずっと忘れずにいたいこともある。


私が20歳そこそこくらいの年齢の時に、ハヌマーンというバンドのフロントマン・山田亮一さんに、「ふっぴぃ(僕のことね。)はさ、夢ってあるの?俺はあるよ。あるというか、毎日夢を見てるけどね。だから、夢を食べるバクにとって俺は、最高の料理人みたいなもんやで。」と、話してくれたことがあった。


そんな山田さんがしばらくして、『バクのコックさん』という楽曲を発表した。


「獏肥ゆる、青い春」という、フレーズが山田さんらしくて、大好き。


それから、ハヌマーンは解散をして、バズマザーズに転生し活動。

変わらずに応援をしていたけど、昨年末に活動休止の悲報を耳にした。


山田さんに最後にちゃんと会ったのは、私が勤務している店舗に来てくれて、「ふっぴぃ、最高にモテる服を頂戴。お金は一銭も払わないけど。」と言って、何も買わずに帰って行った、数年前の日。


今日は忘れちゃいけない日だし、忘れたくないバンドもいて、忘れなきゃいけない人もいる。


『満月の夕』でも聴きながら、寝よう。


-----------------------------------

魔法のリュック、発売中。


画像をタッチするとブログに飛びます。