「SOME POP」のスニーカー作品特集!

赤塚 2018.07.26

皆さん、こんにちは。

Bギャラリーの赤塚です。

現在、儀間朝龍 展覧会 『SOME POP』を展示中!今回のブログでは作品の中から個人的に気になったスニーカー作品4点をご紹介します。

スニーカー作品は展示を見に来て頂いたお客様からも「これダンボールなの!?」と驚かれるようなクオリティ。ダンボールで単純に作るだけでは立体感を表現するのは難しいですが、重ね合せて凹凸を表現し、平面でありながら立体的に見せる工夫が施されています!写真で撮ると本物かと思うくらい素晴らしい作品。その魅力を少しでも伝えていければと思います。

1足目はアディダススニーカー!


 特にソール部分の佇まいがかっこいい!オフホワイトベースなので、輪郭がぼやけたりしそうですが、上手く陰影を表現していて立体感がしっかり感じられます。

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_YuuSke.jpg

アディダスでは特徴的なトゥの部分もカッターで線の溝を作り、質感を再現してます。

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_xCBsiG.jpg

 ソール部分のステッチも抜け目なく細かく再現されてます。流石です!

 2足目はバンズスニーカー!

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_xvUSIm.jpg

アッパー部分の陰影と履き口付近の奥行きをしっかり表現しているので立体感が生まれてますね。 

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_HHQdxp.jpg

バンズのハイカットの特徴である凹凸のあるボディもしっかり表現されています。もちろんステッチもバッチリです。

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_qSnmks.jpg

 ヒールパッチもしっかり表現してあります。かなり細かいのに、しっかり立体感を出していて凄いです!

 3足目はナイキスニーカー!

説明: https://cdn-cms.beams.co.jp/cdn/cms/blog/27386/body_UQOms8.jpg

 ナイキのハイカットらしい重厚感ある佇まいがしっかり表現されてますね。