そばに置きたい家具 -天童木工 Centro Sofa-

2019.07.23

BEAMS JAPAN 5階から、こんばんは!

fennica STUDIOの森です。



家具って、どんなものを使っていますか?

テーブル、椅子、ソファ、書棚…色々ありますが、家で過ごす時間を快適にする家具。引っ越しや成長に合わせて新調するというのが主なタイミングかと思いますが、「増税前に、」というのもまた一つのタイミングかもしれません。


ここで改めてご紹介したいのが<fennica>で長らく取り扱いしている<天童木工>。

受注生産の<天童木工>の家具は税率8%でご案内できるのが8月中旬までなんです。

と言うわけで、日を分けて<天童木工>のおすすめをピックアップ!


第一弾はこちら。


<天童木工>チェントロソファ [張り地:NC]
サイズ:W1840 D755 H735 SH380
価格:¥283,000+税
商品番号:66-94-0004-496

*生地の種類によって価格が異なります。


<天童木工>で一番ご検討が多いのがチェントロソファ。剣持勇の構想をもとにして1985年に<剣持勇デザイン研究所>が国立京都国際会館のためにデザインした名作です。


なんと言ってもフォルムの美しさが魅力的。


腰にフィットする背の膨らみ、少し硬めの中材が沈み込み過ぎず疲れづらい設計。


<天童木工>の成形合板技術により、きれいな曲線を描くフレーム。クッションに覆われていますが、背もたれと座面も成形合板が用いられています。


後ろ姿も抜かりなく、例えば空間を区切るようにダイニングとリビングの間にレイアウトしてもサマになるのです。


3シーターはゆったりと掛けられて良いですよね。

そんなに大きなサイズは…という場合には2シーター、1シーターと選ぶことができるのでご安心を。


そしてオーダーの醍醐味である生地選び。

コットン・ウール・ポリエステル・レーヨンなどの混合素材に合皮から本革まで…様々ありますが、おすすめは通年で使いやすいアクリル70% ウール30%の“NC”。


なんと、全75色!<天童木工>のカタログでは15色掲載ですが、BEAMSでの受注はここから選べるんです。

さらにBEAMSでは背もたれと座面の生地を貼り分ける2トーンにできるので、この生地だけでも5000通り以上………悩ましいですね。


ちなみに私のおすすめはこちら。


背にベージュ、座にバーガンディーの配色です。


ノルディックモダンを連想させる色合いは、インテリア次第で部屋の主役にも脇役にもなることでしょう。

色選びの相談はぜひ店頭でお聞かせくださいね。



※<天童木工>はオーダー家具商品となりますので、下記の展開店舗で店頭での対応となります。


BEAMS JAPAN 5階 fennica(東京 新宿)/TEL:03-5368-7304

International Gallery BEAMS 2階 fennica(東京 原宿)/TEL:03-3470-3948

BEAMS KOBE B1階 fennica(神戸 三宮)/TEL:078-335-2720



ではまた次回に。



TEL:03-5368-7304

BEAMS JAPAN 5階 森