24SS 〈BEAMS F〉 LINE UP 〜ブルゾン&コート編〜

本重 健吾 2023.12.05

こんにちは!



本重です!




今日は24SS 〈BEAMS F〉 LINE UP 

〜ブルゾン&コート編〜です。



それではさっそく。



(ご紹介するアイテムは24年春夏シーズンに展開予定のアイテムです。生産中止や納期遅延などの可能性もございます。予めご了承ください。また、各アイテムについてのお問い合わせにつきましては恐れ入りますが、店舗のメンズドレス担当スタッフまでお願いいたします。

*未販売商品につき、品番は掲載しておりません。販売のタイミングにてまた更新いたしますので、よろしければお気に入り機能をご活用ください。




 

「〈MANTO(マント)〉。イタリアの老舗ブランドのクリエイティブチームから独立した三人が立ち上げた、ラグジュアリーアウターウェアブランド。2017年に創業し、24年の春夏シーズンが日本初上陸。新進気鋭のブランドながら、豊富な経験と確かな技術力によって、現地では既に有力な作り手として確固たる地位を築き上げてきています。そのクオリティは有名メゾンのOEMも請け負うほどです」


 

地元のマントヴァの小さなアトリエで完結される〈MANTO〉のものづくり。レザーの選定から仕上げまで強い拘りを持って作られています。今回はファーストバイイングということもあり、一型のみの展開。ゴートスエードのパンチングレザーを載せたスエードブルゾンです


 

「柔らかく、しなやかなスエードは驚くほど軽く、エレガントなドレープを見せてくれます。24春夏シーズンのキーアイテムとされる、ライトカラーのレザーの色出しも上品でこなれた顔つき。さらっとリラクシーなムードで、大人らしい上質さを纏える一着です。こちらのオリーブとサンドベージュの2色での展開を予定しています」


 

「〈BARACUTA(バラクータ)〉。ご存知の方も多いと思いますが、英国の老舗ウェアブランドです」

 

「今回はブランドを代表する王道モデル”G9”をバイイングしました。ゴルフ用ジャケットのルーツを持つ一着は、軽快なショート丈にドッグイヤーの襟もと、ラグランスリーブなど、ラフな男らしさが詰まったルックス。その中で英国らしい裏地のチェックがエレガントに映える、絶妙に大人っぽいムードを漂わせます。世界中の人々から愛され続ける、紛うことなき名品です」



 

「オフホワイトにベージュとネイビーというオーセンティックなカラー展開。もちろん英国製です。着こなしによって様々なシーズンで愉しめる点も魅力の一着です」


 

「〈CINQUANTA〉。フレンチアーミーのワークジャケットから着想を得て作られたショートブルゾン」


 

「オープンカラーのフロントと比翼ボタンの、スポーティでいてドレッシーという絶妙な塩梅が効いているデザイン。緩すぎないボディにショートレングスの着丈のバランス感も大人っぽい仕上がりです。最高級のゴートスエードの質感は言わずもがな」



 

「秋冬シーズンにも展開していたスエードのワークベスト。今回はネイビースエードで、より大人っぽく都会的に表現しました。アームホールの太さを修正し、着用感もアップデートしています。ツウなレイヤードスタイルも、さらっとカットソーの上から羽織る装いも幅広くこなしてくれます。この他にも、定番のシングルライダースにドライビングブルゾンなどは継続してご用意する予定です」



 

「〈LE LABOUREUR〉。継続展開のフレンチカバーオール。コットン×リネンの生地を落とし込んだ、Made in Franceの一着です」


 

「〈CONCETTO〉。こちらは新型のブルゾン」




 

「アメリカ軍のM-41ジャケットをベースに、ブランドのエッセンスを交えてリファインした一着。オリジナル由来の男らしい空気感は残しつつ、一枚袖のディテールを落とし込むことで、モダンヴィンテージなムードを纏ったルックスに仕上がっています。ニドム加工(敢えて素材を叩いてもむことで、柔らかくする加工のこと)を施したコットンモールスキンは、ほどよい肉感にコシのあるタッチで仕立ての美しさを引き立て、かつ着込んだような風合いを実現。オフホワイトのクリーンなカラーリングも春夏シーズンにこなれて映えてくれます」


 

「〈cantate〉。1stタイプの大戦モデルをベースに仕上げたデニムジャケット」



 

「ブランドらしい丁寧な作りに加え、ヴィンテージ好きにはたまらないTバックのディテールを踏襲。さらに、襟の蛇行するステッチや、左右差のあるフロントのボックスステッチなど、ヴィンテージの個体ならではの表情を敢えて細かく再現。正確すぎない、時代性と手の温もりを感じられるものづくりが、ヴィンテージムードをより高め、こなれた空気感を演出してくれます」



 

「こちらは同じ1stモデルにブラックスエードを落とし込んだ一着」



 

「カシミヤスエードと呼ばれる、最高級フルグレインスエードを贅沢に使用しています。たっぷりとした肉感でありながら、極上の滑らかさとしなやかさを魅せてくれるラグジュアリーなムード。高級靴などにも使われるこのスエードは、衣服など大きい面積のアイテムに使うと部分部分に接ぎが生じてしまいますが、それが起こらないよう素材選びから拘って仕上げられています。極上の素材をGジャンというスポーティなアイテムで愉しむ。最高の大人の贅沢です」


 

「100%ナイロンのモッズコート。フードなしのモデルを踏襲しています」

 

「耐久撥水、撥油、防汚の加工が施されたナイロンは、ハリがありつつしなやかで、ナイロンにありがちな軽い質感の弱さがほとんど感じられない仕上がりです。パッカリングを出すためチェーンステッチを採用し、化繊ながら綺麗すぎないこなれた表情も魅力。春秋にさっと羽織っていただきたい一着です


 

「〈*A VONTADE〉。継続のファティーグジャケット。玉虫の光沢感が品の良いミリタリームードを薫らせる定番の一着」



 

「そして今回は同モデルでコットン×リネンのシャンブレー素材を落とし込んだ別注のアイテムを仕込んでいます。男っぽいシルエットとディテールに、柔らかいブルーが映える絶妙な仕上がり。シャンブレーならではの色の落ち感も愉しめます」


 

「人気のユーティリティジャケット。2色ご用意しての展開です」



 

「セルビッジデニムを使用したブルゾン。1900年代初頭の炭鉱夫が着ていたであろう羽織りをデニムで表現した一着」



 

「フロントに大きなポケットを配し、後ろ身だけでなく前身にもタックを入れることで全体的に丸みのあるシルエットに。前下がりの付いたネックラインに小ぶりの衿型、通常よりもひと周り小さめのタックボタンなど、細かなディテールは当時のもを再現。シンプルながら、こなれたムードを漂わせる一着です」



 

「〈Eddie Bauer〉。ブラックタグコレクションからの一着。Super100’sのウール×シルク素材を贅沢に落とし込んだセットアップ」



 

「高密度に織られた生地はシワへの耐性もあり、美しいドレープを保てるため、気を遣わずデイリーにこなしていただけます。ほんのりと緩いシルエットと滑らかな生地のコンビネーションも絶妙で、ラギッドながら品が良いといった、上品なバランス感で見せられる一着です(ビームス 六本木 ヒルズ限定展開となります)」



 

「それでは次に、、」


ということで次回、

24SS 〈BEAMS F〉 LINE UP 〜ブルゾン&コート編 ②〜です。

フォローしてお待ちいただくと、簡単にご覧になれます!





本重





 
↑フォロー機能で最新の情報をご覧いただけます!