Vol.7 コースデビュー

上田 ミキコ 2019.05.23

みなさま、こんにちは。

ビームス ゴルフ スタッフの上田です。

6回のレッスンをしたのち、ついにコースデビューしてきました!


スタート前に、同じくビギナーのビームス ゴルフ スタッフの鈴木ひめの(右)と記念撮影。


コンペ参加者全員で。(スタート前)

せっかく真ん中に写らせてもらったのに、、わたくし全くカメラの方を向いておりません。

ビギナー鈴木と共に、スタート時の持ち物等がよく分からずあたふたしておりました。

大変失礼しました。


そして、いざ!ラウンドへ!

と、ここで写真を載せたいところですが、、

全く写真を撮る隙がありませんでした。(笑)

各チーム3、4名でコースをまわるのですが、まず大事なのが「プレーファースト」

打つ前の素振りも2回まで。なるべく無駄な時間を作らないように速やかにプレーしなければなりません。

私は案の定、全く飛距離が出ない&初心者なので、他の方よりも打つ回数が多くずっと走り回るはめに。

そんな中、カメラを出す余裕もなく、唯一撮った写真がこちら


何も伝わりません。

とにかく、いっぱいいっぱいだったのでしょう。


そんなコースデビューですが、結果はというと、「145」でした!

145回打ったということです。初めてにしては上出来、というお言葉も頂けましたが、個人的には、納得できたショットは4割くらいでした。悔しい。。

レッスンで教わった事を思い出しながらプレーしましたが、後半戦慣れてきた頃に、上手く飛ばさないと!というプレッシャーが頭によぎるようになり結果、空振り。

なんて失敗も。

また、練習と違ってコースの地面はでこぼこしていて平らな所があまり無いので打つのが難しかったです。(当たり前)

パターに関しても、強く打ってしまうのが怖くて、毎回弱い力で打ってしまいました。

もちろん届かず、打数は増えるばかり。。


そんな初コンペでしたが最後に、参加されていたビームス&ウィンズ ステーションの堀尾コーチからの心に刺さる一言が。

「ゴルフは適当さが大事」

まさに、、初心者ながら、丁寧に、完璧に、を意識していた私。

そうじゃなかったのですね。

適当に思いっきり、楽しくプレーするのが一番!!

はじめてのコースデビュー、頭も体もヘトヘトでしたが、とりあえずは、緑の中、思いっきり運動できて、楽しかったです(^^)

という締めくくりにさせて下さい。

次回のレッスンはこの悔しい思いをぶつけたいと思います!