<MONOCLE×PORTER>Ctiy Bag~ミニショルダー~

ハラコー 2018.07.27


本日は雑誌<MONOCLE(モノクル)>が<PORTER(ポーター)>へ別注したバッグをご紹介します。

<MONOCLE>は”グローバル・インテリジェンス”をコンセプトに世界各地の情勢やビジネス情報、文化、デザインといった幅広いジャンルを独自の視点から切り取って紹介している情報誌です。編集長のタイラー・ブリュレ氏はWallpaper*Magazineの創刊者であり、2007年にMONOCLEを創刊。世界中を飛び回り、良質なものや最先端の情報を紹介しています。


そしてこのコラボレーションシリーズは世界中を飛び回っているタイラーならではのアイデアを反映した、旅に特化したシリーズとなっています。

今回はそのシリーズより、ミニショルダーバッグのCity Bagをご紹介します。

カラーは、ブラックとオリーブの2色展開。


スナップボタンでの開閉式フラップをあげるとメイン収納室へ。

コンパクトなサイズですが、しっかりと小物用のポケットが2つ設けられています。

例えば、ロングウォレットやトラベルガイド、スマートフォンなどを収納するとこんな感じ。

まだスペースに余裕がありそうです。


また、iPadをメイン収納室に収納したりすることも可能。

フロントポケットも設けられているので、こちらにトラベルガイドを収納するのも良さそうです。
フロントポケットは薄マチの為、旅先でちょっとしたパンフレットやリーフレットを入れておくのに便利そうです。


またフラップにはファスナー付きのポケットが設けられています。

すぐに取り出したい荷物を収納するポケットとして、とても重宝しそうです。

ミニウォレットやパスポートの収納なんかにピッタリです。


さらに背面側にもファスナーポケットが設けられており、こちらには旅先で大切な貴重品を肌身離さず持ち運ぶことができます。

旅先での窃盗被害に見舞われるなんて、考えたくもありませんが、少し治安の悪い都市への旅行やビジネストリップに行く際には、このようなポケットが設けられているショルダーバッグが安心ですね。


このCity Bagの一番の特徴とも言える、パッカブルタイプのトートバッグが付属しています。

小さく折り畳んでスナップボタンでまとめておくことが可能。


このように広げると、、、



あっという間にトートバッグに早変わり。

素材は薄手のナイロンを使用。ナイロン素材なので強度も問題ありません。

旅先でのマーケットやショッピング時にショルダーバッグからさっと取り出して使えるトートバッグ。
ちょっとスポーツをするときに着替えを入れて使ったりなど、使い方は十人十色。


このトートバッグのカラーは、ショルダーバッグのカラーに合わせたブラックとオリーブの2色。

使い勝手の良さから、このトートバッグを普段使いする人も続出。(よく使っているお客様を見かけます。)


かなりクールなエコバッグ。
こんなトートバッグが付属するショルダーバッグ、かなりオススメです。


男女問わず使用出来るベーシックなデザイン。
サイズ感も大きすぎず、邪魔になることもありません。


【<MONOCLE×PORTER>City Bag】
※上記をクリックすると更に詳しくご覧いただけます。
品番:34-61-1364
ブラック、オリーブ
¥24,920+税

以上、<MONOCLE×PORTER>City Bagのご紹介でした。

在庫状況やその他詳細は、B印 ヨシダ 代官山(03-5428-5951)までお問い合わせください。


B印 ヨシダのインスタグラム。新作アイテムやお店のこと、ランチ情報など日々更新!


上記B印 ヨシダアイコンをクリックするとすぐインスタグラムをご覧頂けます。是非チェックして下さい!!

さらにウェブサイトのこの画面から下へスクロールして、

こちらの画面からお客様個人でログイン後フォローを押して頂くと、オフィシャルウェブサイトにて日々更新しているB印 ヨシダのブログ、スタッフスタイリング、フォトログをタイムラインで一度にご覧いただけます。


文・写真:ハラコ―