VENI-VEDI-VICI Vol.1

Shogo Minami 2018.08.24

こんにちは!


カレー巡りが趣味化してきている南です。


最近は、暑さは残るものの気温も落ち着き風も涼しく、やっと、やっと、やっと、気持ち良く長袖に袖を通せる季節になってきましたね(念願)。


本日は、そんな心地良い季節に是非見て頂きたい新作のソデモノをご紹介させて頂きます。


そのブランドとは


VENI VEDI VICI(ヴェニ・ヴェディ・ヴィチ)


そして別注。

いや、特注のロングTシャツです。


別注じゃなく、特注ですか?って、そうなんです。当ブランドでは元々ショートスリーブのみの生産なので、今回ロングスリーブでオーダーをかけています。また、オリーブとテラコッタ、そしてサックスブルーの3品番に関しては、ブランド史上初となる色もののボディをデザインに合わせ、エクスクルーシブでオーダーさせて頂いています(インラインではホワイト、ネイビー、グレイ、ブラックのみ)。正に特別注文ってやつです。


ビームスでしか買えないロンT。


欲しい、、、


ということで早速ですが、まずはデザインから見ていきましょう。





<VENI VEDI VICI>

illusion Life ロングスリーブTシャツ


品番:23-14-287-739


価格:¥10,000+tax


袖にはフランスの或るスーパーのレシートが捩(もじ)られたものがプリントされており、近くで見てみても、、、




はい、間違いなくレシートです。笑 


購入商品内容には「Saucisses(ソーセージ)」「Coca Cola(コカ・コーラ)」「Moutarde(マスタード)などの食料品に加え、「Gucci BlksweaterM」や「Balenciaga 41Grey」の記載が。「グッチのセーター ブラック サイズM」に「バレンシアガ トリプルS グレイ サイズ41」!?

どんなお店なんだって感じですね。笑 あくまで、捩っているだけなので現存するお店ではないと思いますが、こういった面白い自由な発想にグッときます。


お次も同ブランド他デザインより





<VENI VEDI VICI>

別注 dessin ロングスリーブTシャツ


品番:23-14-288-739


価格:¥10,000+tax


「FXXK」や「N◯KE」、PEACEマーク、更にはB◯lenciagaのスニーカーらしきものまで描かれていて、左下部には懐かしの(?)コーンフレーク フロスティのトニー・ザ・タイガーまで描かれているという始末。子どもの頃よく食べていた思い出もあり、懐かさに思わず笑みが溢れてしまいました。


お次は映画ネタ



< VENI VEDI  VICI>

red desert ロングスリーブTシャツ


品番:23-14-289-739


価格:¥10,000+tax


ミケランジェロ・アントニオーニ監督の初カラー作品となる1964年公開「赤い砂漠」の1シーンがプリントされています。恥ずかしながら、まだ観ていない作品なので内容は割愛させて頂きますが、鑑賞後スタイリングに取り入れてみたいと思います。



<VENI VEDI VICI>

rare ロングスリーブTシャツ


品番:23-14-290-739


価格:¥10,000+tax


デザイナー直筆のシュールなペットボトル。クリ◯タルガイザーでしょうか、まさかの飲みかけ状態です。笑



<VENI VEDI VICI>

Paradis Perdu ロングスリーブTシャツ


品番:23-14-285-739


価格:10,000+tax


ブランド定番の丁寧な刺繍によるデザイン。




※こちらの文字は全品番の背面にデザインされています。


バックプリントにはフェルトで「ART IS A CONSUMER PROUDUCT」の文字が。直訳すると「絵は消費者製品である」。消費者製品=日用品。人それぞれ捉え方は違うかもしれませんが、僕は「絵は身近なものである」と受け取り、デザイナーの素直で自由な発想や想い、愛や情熱を、これらのロンTから感じました。


ブランド名のVENI VEDI VICI。その意とは、「来た、見た、勝った。」共和政ローマ将軍/政治家のガイウス・ユリウス・カエサルが紀元前47年のザラの戦いの勝利を、ローマにいるガイウス・マティウスに知らせた明瞭簡潔な言葉とされているそうです。


僕のBLOGは明瞭簡潔なものでは一切ありませんが(笑)是非、こちらの商品を店頭で手に取って見て下さい。


気づくとそこに「着た、見た、買った」と言っている自分がそこにいるかもしれません。