18秋冬の雰囲気をご紹介…vol.1

上山 恵司 2018.06.22

当然ながら梅雨真っ只中のこの時期ですが、今日みたいな晴れ間は有効に使いたいものですね…。


さて、既に優待セールなどをご利用頂いている方々には春夏アイテムのお買い物も最終ピークかと思われますが、店頭やonlineSHOPでお好みのアイテムを探してみて下さいね!


そして季節はこれから夏本番に向かっていきますが、意識の早い方はもう次の秋冬シーズンの傾向を気にされている方なんかもいらっしゃるかと思います。。。

そこでそんな気の早い方々に向けて、ここでは先日BEAMS社内で行われた媒体向けプレス内覧会の画像を基に、2018秋冬シーズンの雰囲気についてサラッと軽めにご紹介させて頂こうと思います。。。



先ずはメインディスプレイにも使われている”袖モノ”について・・・




ジャケット・スーツ・コートのそれぞれ3体どれも大柄グレンプレイドをフィーチャーです。。。

どのタイプも存在感のある大柄なチェックですが、モノトーンと言うところがかなり新鮮に映りますね。

続いての袖モノは・・・




コーデュロイやツィード等の肉感ある厚地の素材は、昨年から引き続きトレンドの部分です。

この野暮ったさに男らしさが凝縮されている部分があるのですが、あまり女子ウケは・・・



ジャケットに関しては、再ブレイクのネイビーブレザー以外にメタル釦を使用しているジャケットも増えています。

画像奥にはいつもながら豊富なチェック系が並んでおります。。。




各アイテムでタータンチェックが復活です、18秋冬シーズンで外せないトレンドの一つと言えそうです。。。

タータンでも取り分け画像の様なブラックウォッチ柄は、個人的にも元来好きなので、かなり注目しているアイテムです。




シャツなんかも結構ベタにタータン・タータンしていますが、私などは「また会えた」と言う懐かしさと安心感から、また手が出そうです。。。




本稿の最後に、<Brilla per il gusto>オリジナルで、生地がロロピアーナ社製カシミヤ100%のモデルをご紹介!

画像だと色味が少し分かり辛いのですが、かなり深めのパープルなんです。

これがまた渋めのイイ色なんですよね~…

もちろん、カシミヤ100%なので柔らかさや軽さなどは最早言う事がございません!

・・・と言ったように、先ずは袖モノ系を紹介させて頂きました。。。

次回はアウターやカジュアルスタイルも軽めにご紹介させてもらえればと思います。。。


お楽しみに・・・




KAMIYAMA