STYLE NOT FASHION 250

大岡 靖治 2018.07.07

こんばんは大岡です。


当店新入社員、スタッフ行田の買い物に引き続き付き合いました。


スタッフ行田の『眼に?』叶った…

BEAMS F オリジナル・スーツ


今回は…

イタリアの洒落者が好む『ソラーロ』の生地を使ったスーツを私なりにコーディネートして見ました。





シューズに関しては、行田が持ち合わせている、CAVENDISH 3を全てコーディネートで使いました。



<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税


<BARBA>

ALTERNATE STRIPE CLELIC 

品番:21-11-0031-607

¥27,000+税

<DRAKES>

SILK LINEN SOLID

品番:21-44-5816-175

¥14,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税


縦糸・緯糸を交互に二色の糸で織られたソラーロ。


表・裏違った見えかたになっているのも特徴として挙げられます。


私の中でソラーロといえば…

赤と緑を連想します。


ということで…

ボルドー系のストライプシャツにシューズの色目を近づけて、シンプルにコーディネートして見ました。


ソラーロの持つ、エレガントな雰囲気に合わせ

少し灰汁の強い、クレリックカラーシャツを選んで見ました。



続いてこちら。




<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税



<THUILLIER>

GREEN STRIPE 

品番:23-11-1290-815

¥29,000+税


<JOHN COMFORT>

STRIPE TIE 

品番:21-44-5580-107

¥13,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税

行田のワードローブと無理なく合わせられる物を意識的に選びました。


発色の良い、グリーンのストライプシャツに、アメリカン・テイストを感じるストライプ・タイを選びました。


行田のように、若い世代がソラーロのスーツを着るのであれば、このくらい明るいトーンの組合せがしっくりきます。





最後にこちら。




<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税


<BOLZONELLA>

OXFORD 1PEACE COLLOR

品番:24-11-0389-395

¥26,000+税


<BEAMSF>

PRINT NECKER CHIEF

品番:21-45-0157-682

¥8,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税


ビームス・スタッフということで…

今のビームス・ドレス・スタッフが大好きなコーディネート?も提案して見ました。


開襟シャツにネッカ・チーフの組合せ。


こちらでも、ソラーロのスーツに合わせカーキのネッカ・チーフを選びました。


ということで、3コーディネート組んで見ました。


スタッフ行田は、どのコーディネートを気に入り、身に付けたか?


また着用してきたタイミングで投稿致します。


それではまた。