STYLE NOT FASHION 317

大岡 靖治 2018.12.01

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。



過去、当ブログ内で『お勧めしたい一足』『コーディネートしやすい一足』と言った切り口で取り上げてきた『CHEANEY』 


今後取り上げることもなくなることでしょうから…改めて名靴『CHEANEY EDWARD』について振り返りたいと思います。


『GENTLEMAN 紳士へのガイド』でも汎用性の高さ、靴棚に欲しい一足と言ったことが書かれてます。



新入社員のスタッフには、最初に揃えたい一足として伝えて参りました。


ノーザンプトン・メイドの靴の良さを知るには、とても良かった『CHEANEY EDWARD』


こちらのスタッフも購入済。


ビームス 立川

川田 晋吾

詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 013



続いてこちらの投稿は…

『ドレスシューズをこれから揃える』方をイメージし、弊社商品を使い選んだ投稿。


今でも色褪せることなく、通用するラインナップ。




詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 101



発売後数年が経ちましたので…

このような投稿も行いました。


お客様愛用品の『CHEANEY EDWARD』をお預かりし、オールソール交換を行った際の投稿。

詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 247



当店を10年は通ってくださっているお客様。


ということで…

オールソール交換後、私が手入れを行いました。



ブラウン・シューズ特有の色の変化。まだらな艶が出て参りました。


仕上げに黒いワックスを少量塗りました。


ご覧のように購入時と同様、アンティークブラウンの雰囲気を保てました。


高級靴と肩を並べる?独特な風合いとなりました。


詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 248




こちらの一枚は…

当店に配属された、スタッフ本寺の買い物に初めて参画した際の一枚。


当然コーディネートには『CHEANEY EDWARD』を使いました。

詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 272




こちらの一枚は…

二着目のスーツ購入に参画した際の一枚。


一着目のグレー・シャークスキンと…

二着目のブラウン・キャバルリーツイルとも無理なく合わせられる一足。



世界中で売られている『GENTLEMAN』


大人な男性に身につけてほしい、アイテムが幅広く網羅した一冊。


残念ながら、日本語版は廃盤。

気になられた方は、古書店などで探して見てください。


靴の基本となる『型』として、近いものが紹介されてます。


割りと丈夫な素材を使い作られた『CHEANEY EDWARD』 


ご自身らしい手入れを行い、商品の元を取るまで履き続けたい…『CHEANEY EDWARD』 


今年最後のお買い物として…

『清水の舞台から飛び降りるつもりで…』

この際、色ちがい揃えてしまっても良い…『逸品』です。


それではまた。