orSlow × fennicaの、新たなアイテム“Swiss Army Over Pants”

2022.07.16

<fennica>では、ただいま夏真っ盛りな浴衣のイベントを開催中ではありますが、これから入荷を予定する秋冬のアイテムも見逃せません。


先日のブログで<fennica>の2022年秋冬のシーズンテーマ、“Art to wear”についてご紹介しました。

<fennica>バイヤー 菊地と渡辺のLOOKで、次のシーズンのイメージを膨らませていただけたことと思います。


その中から今回は、Instagramでの注目度も高かったこちらをご紹介。








<orSlow × fennica>の新たなアイテム、“Swiss Army Over Pants”です。


【予約】<orSlow × fennica>Swiss Army Over Pants
サイズ:1(S),2(M),3(L),4(LL)
価格:¥29,700(税込)
商品番号:66-23-0040-611

*10月下旬入荷予定


モチーフとなったのは、スイス軍のオーバーパンツ。グリーンデニムが特徴で、ベイカーパンツとペインターパンツを合わせたようなワークパンツです。

左が<orSlow × fennica>Swiss Army Over Pantsのファーストサンプルで、右がバイヤー 渡辺が愛用の古着のスイス軍オーバーパンツ。穿いているパンツも同じく古着です。


渡辺が手に入れたものは、裾は丈を伸ばすため、あるいは裾の擦れのリペアとして同生地が足された切り替えがあり、そのディテール含め再現。


もともとのグリーンデニムも良い素材なのですが、今回は<orSlow>の“Fatigue Pants”やスペシャルオーダーしている“Railroad Jacket”でも使用しているバックサテン生地に置き替えました。


また、切り替えの位置はオリジナルより少し長さをとっています。

狙いはロールアップした時にもこのデザインを楽しんでいただけるように。


また経年でアタリが出てくるとコントラストが楽しめそうですね。


オーバーパンツなのでハンドポケットに加え、下のパンツへのアクセスポケットがあるのですが、スレキ生地でポケットを作り、2つがポケットとして機能するよう変更。


バックポケットとツールポケットも一つずつ付きます。




釦はプラスチックに統一し、内側のサスペンダーボタンもそのまま採用。オーバーサイズでセーターをタックインしたサスペンダースタイルも良いですよね。


バックシルエットはこのような感じ。

タックが深めに入り、ヒップ周りもきれいなシルエットです。


身長179cmの渡辺は、着用しているサンプルはSIZE 4(LL)ですが、SIZE 3(L)を選ぶとのこと。

また追ってご紹介しますが、<fennica>で特別にオーダーした、<cableami>のキャップ・<Sanca>のジャケット・<macalastair>のセーターを合わせています。


身長174cmのスタッフ前田も、写真の着用SIZEは4(LL)ですが、穿きたいSIZEは3(L)とのこと。

一見シンプルなスタイリングのようで、<傳tutaee>のシャツのポケットデザインと、Swiss Army Over Pants”のポケットデザインがリンクしていて面白いですね。


“Fatigue Pants”をご愛用の方には、また違ったオーバサイズシルエットをお楽しみいただきたいですし、“Railroad Jacket”とのセットアップも良いかもしれません。


店頭とお電話での受付に加え、本日よりオンラインショップでのご予約も開始しました。

新たな<orSlow × fennica>のアイテムを、どうぞお見逃しなく!


【fennica 展開店舗】

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 / TEL:03-5368-7304
[兵庫 神戸]BEAMS KOBE B1階 / TEL:078-335-2720



Mori


ブログ内に記載の価格は、記事公開時のものであり、変更する可能性がございます。