“濱田窯 在る日の益子 濱田庄司登り窯復活プロジェクトの器たち”~作家紹介①~

水溜 2018.04.16

皆様、こんばんは。

fennica STUDIOの水溜です。


前回に引き続き、“濱田窯 在る日の益子 濱田庄司登り窯復活プロジェクトの器たち”で展示販売予定の窯元・作家を順次お伝えします。


<fennica>で以前から取り扱いしている<大誠窯>は、100年以上続く伝統ある窯元で大きな登り窯で焼かれる器は、力強く味わいがあります。

現在、7代目を務めているのが大塚誠一さんです。

丹波の柴田雅章さんに4年間師事し、<大誠窯>の仕事と平行して自身の製作も行っています。

今回の登り窯復活プロジェクトで焼き上げた作品もご用意します。



桐箱付きの盃。

誠一さんの手書きで描かれた字体・盃の絵も、味わいがありますね。



続いては、<島岡桂>さん。

お父様は日本画家、お母様はガラス工芸家という芸術一家に生まれ、人間国宝でもある祖父の島岡達三さんの元で6年間修行をします。

幼少の頃から周りに陶芸家の方が多く、自然と影響を受けたそうです。


先代が考案した『縄文象嵌』技法を引き継ぎ、自分なりに土・釉薬・焼成方法などを色々試しながら自分らしさを追求しています。」

『縄文象嵌』とは、半乾きの生地に紐を押し転がしながら、紐の文様の凸凹を施し、凹みの部分に違う色の化粧土を埋め込む技法。


色鮮やかな湯呑やどんぐり型の蓋物は、小ぶりながらも存在感がありますね。

<fennica>では、久しぶりに店頭に並ぶので楽しみです。


最後は、20代の若い作家<阿部智也>さん。


高校在学中に、三宅島噴火後の復興の一環として何か特産物作りが出来ないかと思っていた時に、噴火で得た火山灰や溶岩を釉薬として焼き物を作ろうというのがきっかけで陶芸の道へ。

在学中に使用した陶土が益子産、三宅島の火山灰を使った釉薬の研究開発も益子で行われていたということを知り、益子へ移住します。




英国スリップウェア作家から技術を教わる機会があり、そこから益子の土や釉薬を使った櫛描きや指描きの作品を作り始めます。その柔らかな曲線が目を引きますね

ぜひ店頭にてご覧いただけたらと思います。


次回も引き続き、紹介しますのでお楽しみに。




“濱田窯 在る日の益子 濱田庄司登り窯復活プロジェクトの器たち”

会期:4/27(金)~5/6(日)

場所:fennica STUDIO(BEAMS JAPAN 5階)



水溜