OKINAWAN MARKET2019 ~つばめかご、わらび籠、琉球玩具、照屋佳信〜

片桐 2019.03.03

こんにちは。開催はいよいよ今週金曜日です。

“OKINAWAN MARKET2019”

会期:2019年3月8日(fri)~2018年3月17日(sun)

場所:原宿インターナショナルギャラリー ビームス2階 fennicaコーナー

”デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、世界の良品を紹介するfennica<フェニカ>では毎年恒例となった人気のイベントです。オキナワン”とは”沖縄の”という造語。伝統的な沖縄陶器である”やちむん”を始め、雑貨、籠、食品など沖縄のクラフトを幅広く展開。本イベントの為にご用意した<フェニカ>の別注アイテムもございます。ぜひこの機会にお越しください。

【主なラインナップ】<読谷山焼北窯>松田米司・健吾 /松田共司、 <読谷山焼共同窯> 山田真萬、<室生窯>谷口室生、<大宜味村共同窯>菅原謙、<工房福田>福田健治、<なかどまり工房> 登川均、<茂生窯>上江洲茂生、<照屋窯>照屋佳信、琉球玩具製作所こくら


〜作り手さん在店いたします〜

<読谷山北窯> 松田共司さん

3月9日(sat) 11:00〜18:00

3月10日(sut) 11:00〜15:00

※上記は予定の為、変更になる場合もございます。また、上記時間内でも松田さん不在の場合ございます。予めご了承ください。





今回は焼き物だけでなく、かご類や雑貨も少しご紹介します。



  <琉球玩具 製作所 こくら>   作り手は中村真理子さん。琉球玩具作りの第一人者であった古倉保文さんの世界を継承し、各々の玩具が持つ素朴な温もりを紹介しています。


琉球の言葉でホートゥグァー(鳩)。淡い色合いが特徴です。





ウッチリクブサー(だるま、起き上がり小法師)





左:モーヤーブトゥキ(舞踏人形)   右:ジュリグファーブトゥキ(風俗人形)





蓋の絵柄が愛らしい箱はそれぞれの形に合わせて作られたもの。





  

<YOKANG(ヨーカン)>に柄付けを別注した市場かご。

<YOKANG> 沖縄の着物の柄などに使われていた紅型(びんがた)の手法をデザインに取り入れた、沖縄のアパレルブランド。











竹の市場カゴが華麗に変身を遂げました。手作業で加工しているものですから、一つ一つ趣が異なります。どうぞ手に取ってお好みの柄をお選びください。






そしてお馴染みのわらびかご。fennica<フェニカ>では毎年この時期だけの入荷です。




照屋佳信さんと工房の様子。









照屋さんも少量ですが、入荷の予定があります。







照屋さんのものは今回も入荷数が少なく、早い段階で品切れになる可能性があります。気になる方はどうぞお早めに。




“OKINAWAN MARKET2019”に際して入荷する商品は原則として期間中は元より事前のお取り置きや他店舗への取り寄せ、通信販売等は承り兼ねます。予めご了承ください。お問合せは3/8(fri)以降に開催店舗である、原宿インターナショナルギャラリー ビームスにて承ります。インターナショナルギャラリー ビームス Tel:03-3470-3948



OKINAWAN MARKET2019のブログは次回は3/7(木)に更新予定です。


International Gallery BEAMS 2F

Katagiri