濱田窯 × fennica -Hamada/Leach Legacy and Mingei Today-

2019.04.15

花冷えも落ち着き、お出掛けが楽しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?



先日のブログで告知がございましたが、ぜひお立ち寄りいただきたいイベントを開催いたします!

『Hamada/Leach Legacy and Mingei Today』と題し、バーナード・リーチの作品をはじめ、日本各地の窯場よりゆかりのある器が一堂に会す本展。

イベントへ向け絶賛準備中の新宿より順次ご紹介していきますので、どうぞお付き合いください。



今回は、前回のブログでも触れていた<濱田窯>へ特別にオーダーした陶器のご紹介です。



まずはこちらの薬味入れ。二種と三種、それぞれ三色が並ぶ予定です。


<濱田窯×fennica>二種薬味入れ
価格:¥5,000+税
商品番号:66-99-4503-064


<濱田窯×fennica>三種薬味入れ
価格:¥7,000+税
商品番号:66-99-4502-064



濱田庄司がバーナード・リーチと共にイギリスへ渡り、<リーチポタリー>をはじめ、イギリス各地での生活から得たスタイルを益子での作陶に活かした作品の一つ、薬味入れ。


<濱田窯>を興した1930年代に作られたものをもとに、三代目当主 濱田友緒さんにアレンジを加えていただき復刻しました。


現在の暮らしに合わせて、蓋を省略した代わりに、つまみが付けられています。


1930年当時の濱田庄司は時間にゆとりがあり、こういった手間の掛かるものも作られていたのだそう。

花のように愛らしい形ですね。

こちらはサンプルで、商品の到着は会期スタートぎりぎりになるかもしれないのですが、今回特におすすめしたいアイテムの一つです。


そして、焼き〆の大小の水差し。


<濱田窯×fennica>水差し 大
価格:¥10,000+税
商品番号:66-99-4500-064

<濱田窯×fennica>水差し 小
価格:¥6,000+税
商品番号:66-99-4501-064


以前にもイギリスのコーンウォール地方で作られていたコーニッシュジャグを<濱田窯>の解釈で表現した焼き〆の水差しを製作いただいたのですが、この度改めて首の長さが特徴的なデザインで製作いただいたものが並びます。


すっきりとしたフォルムがなんとも美しいですね。

ぜひ、ご覧いただきたいです。




『Hamada/Leach Legacy and Mingei Today』 
会期:4/26(金)-5/6(月・祝)
場所:BEAMS  JAPAN 5階 fennica STUDIO
協力:しかまファインアーツ,Gallery St.Ives


4/26(金)は、お陰様で3周年を迎えるBEAMS JAPANの感謝祭、「宴」を催します。

営業時間も21時まで延長し、ささやかながら「宴」に合わせた催し物もございますので、ぜひお越しください。

Mori