「HERRICK」と「SERGIO」

本重 健吾 2020.04.18

こんにちは!



本重です!




今日は大変ご好評いただいている、パンツの比較の第3段。

以前のブログは下のリンクからご覧いただけます。


「EVO」と「GENTLEMAN」

「1AGW11」と「10S138」



では今回は当店でも人気なモデルのご紹介。




こちらの2本です。




GTA / HERRICK トロピカルウール サイドアジャスター 2プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥29,000+税
商品番号:21-23-0752-977

GTA / SERGIO トロピカルウール 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥34,000+税
商品番号:21-23-0750-977

<GTA>の「HERRICK」(左)と「SERGIO」(右)です。



ベルトレス、サイドアジャスター付きという共通点を持つこちらの2本。

「HERRICK」は2アウトプリーツ、「SERGIO」は1インプリーツです。




サイドアジャスターの仕様が異なります。金具付きの「HERRICK」に対して、ボタン仕様の「SERGIO」。金具の方がグッと深く、好みの位置で絞れますが、緩みやすくもあります。ボタンは緩みにくい分、調整が効きづらいですね。




「HERRICK」のみ、モデル名の刺繍がスレーキに入ります。着用時には見えませんので気にはならないですね。




ボタンや生地の質感も違います。さらっとした「HERRICK」、ざっくりとした「SERGIO」。




ピスポケット(後ろ) も違います。「SERGIO」は片側のみフラップが付きます。申し訳ございません。ここだけ写真撮り忘れました。



重ねるとこのような感じです。「HERRICK」の方が細いですね。




分かりやすいのは、膝から裾にかけて。裾幅もだいぶ違いますね。





では数字でサイズをチェックしてみましょう。


「HERRICK」



「SERGIO」




ん?ちょっとややこしいですね。裾幅は「HERRICK」の方が圧倒的に細いのに対し、もも周りは「SERGIO」の方が細い!でもヒップは「SERGIO」の方が太い!書いていて訳分からなくなりそうです。





ということで、マネキンさんにバトンタッチ!




左が「HERRICK」、右が「SERGIO」です。サイズはどちらも46。

正面からでも「HERRICK」の方が細いことがわかりますね。




ヒップ、もも周りはさほど変わらないようにも見えますが、テーパード具合は明らかです。きつく、グッと絞ったラインの「HERRICK」に対し、緩やかなテーパードの「SERGIO」。




股上もわかりやすいですね。「HERRICK」の方が浅いです。こう見ると、プリーツの違いで見え方に差が出ますね。

ちなみに、インプリーツは「フォワードプリーツ」とも言われ、英国調のパンツに多いディテールです。正面から見た際にプリーツの開き具合がよく分かり、あまりタイトなパンツには向いていません。しかし、綺麗なインプリーツはパンツのセンタークリースへのつながりを美しく見せ、美脚効果につながります。

また、アウトプリーツは「リバースプリーツ」とも言われ、既製品や英国以外のものに多い仕様です。正面からの開き具合が分かりづらく、シルエットに影響が出にくい為、割とタイトなパンツにも対応可能です。

ミックススタイルが主流の昨今では、あまり意識せずとも問題ありませんが、プリーツの開き具合に関しては、フィッティングの際にしっかり確認しましょう。









話がだいぶ逸れてしまいましたが、、




「HERRICK」はテーパードしたシルエットを活かし、タイドアップスタイルで。




ネイビージャケットには間違いない相性の良さ。ベルトレスが問題なげればお仕事にもおすすめです。






「SERGIO」はややゆったりしたシルエットを活かし、リラックスしたカジュアルスタイルで。




ニットポロはタックインしてウエストを高い位置で穿くと、こなれた雰囲気になります。モノトーンで今年らしさもプラスして。







<GTA>の人気の2本。先ほどおすすめのコーディネートをご紹介しましたが、どちらもビジネス、カジュアルスタイル両方合わせられます。シルエットやディテールでお好みでお選びくださいね!










皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。




本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから