ギフト問題Q&A

Satoshi Tsuruta 2018.12.10

僕はマネキンと話ができます。


こんにちはTsurutaです。

いきなりヤバい奴だと思わないで、最後までお付き合いくださいね(笑)。


インターナショナルギャラリー ビームスの店内にあるマネキンのコーディネートを考えるのは僕の仕事です。その為、ひとりひとり人格があるように思える、というかそもそもキャラクターをイメージしながらコーディネートを組んでいるので「彼がどんな人か」という設定が僕の中にはあるんです…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

巷はギフトシーズン。
お洒落で、趣味が豊富で、こだわりの強い男性にあげるプレゼントって、女性からするとなかなか手強いですよね?

参考になるかどうか分かりませんが、ウチの子たちがそれぞれどんなことを思っているのか、ちょっと聞いてみましょう。


まずは彼から。



MARNIのナイロンブルゾンとニットベストを着た彼。NICHOLAS DALEYのキャスケットやTACASIのスリット入りフレアパンツにCHURCH'sのRYDERを合わせてレトロスポーツ×英国趣味なテイストをカラフルに着こなしています。

「君は最近どんなことにハマっている?」




「そうだね、最近は1960~70年代のカルチャーに興味があるんだ。その頃に大きく時代が変わったよね?ファッションにおいては色使いとか、素材も自然素材から人工素材に切り替わるタイミングだったし。それもあってナイロンとかチープな発色のスポーツ素材を取り入れる事にはしているんだけど、やっぱり僕にとってのファッションの入口はトラッドだったから、今はそれらをミックスして洋服を着ることを楽しんでいるよ。あと、SF小説を最近は読んでいるんだ」
「クリスマスにはどんなプレゼントが欲しい?」
「いまはnejicommuの時計が欲しい」




nejicommu
カラー:BLACK、DARK BROWN
価格:¥28,000+税
商品番号:23-48-0009-663






「文字盤のデザインやフォルムはミニマルな印象なのに、ナチュラルでクラフト感のある素材とミックスされていてとてもクールだよね?レトロでフューチャリスティックなテイストで、いま一番欲しい時計かな」


・・・・・・・・・・・・・・

奥の方からはまた、別の会話が聞こえてきました。

「お前、クリスマスプレゼント、何もらうの?」
「いや、まだ決めきれていないんだけど…」




JIL SANDERのコートにMARNIのナイロンパンツ、SALOMONのシューズを合わせた右の彼。インナーにはフランスの高級シャツメーカーTHUILLIERのシャツやSLOANEのニットを着て、シンプル且つ上質なもの好きに見えます…。左の彼はDAMIR DOMA×LOTTOのトラックスーツの外にCLASSのツイードジャケットを羽織り、さらにVALENTINOのナイロンポンチョをレイヤード。足元のファーサンダルを含め、かなり癖の強い着こなしですがカラーリングを統一する生真面目さもあるようです。二人とも見た目のタイプは違いますが、ハイブランド、ハイクオリティ、ハイファッションを求めている共通点で友達になったようです。




「実はJoshua Ellisのカシミアマフラーが欲しいって、彼女には伝えたんだよね」
「えっ?マジ?おれも欲しいと思ってたんだ。いいよね~、あの手触り。ぬめりのある柔らかさの奥にしっかりとコシがある感じで」

「手触りは勿論なんだけど、老舗なのに古臭くないじゃん?色数の少ないシンプルな配色で、モード系のファッションにも難なく取り入れられるっていうか…」
「やっぱ、そうだよね?じゃあ俺もそれにしよっかな!あとは色がカブらないようにお前と事前打ち合わせするか…」




Joshua Ellis
カラー:BROWN/BLACK
価格:¥52,000+税
商品番号:23-45-0190-693



Joshua Ellis
カラー:YELLOW/BROWN
価格:¥52,000+税
商品番号:23-45-0191-693


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


店内最前列に座っている彼にも聞いてみました。


赤いチェックがインパクト大なM's BRAQUEのセットアップにTACASIのフェイクファーカーディガンを羽織っています。ミンク付のPARABOOTで足元にボリュームを出しつつもインナーをSUNNNEIのプリントTでヌイているあたり、なかなかの曲者。




「君はどんなプレゼントが欲しい?」

「僕はファッションと同じくらい音楽が好きなんだ」

「見た目の雰囲気もそんな感じだね。パンク/ニューウェーブが好きとか?」

「そうだね、それもあるんだけど意外と最近はパンク以前の音楽にも興味が出てきたんだ。パンクは壊した壊したって言うけれど、何を壊したのか?1977年時点での既成概念とはなんだったのか?とか、色々とね…。今は23歳だけど、ロックには27歳伝説ってのがあるじゃない?そんなことを延々と考えていたら…歳のせいかな?」

「難しく考えたい時期なのさ。そうだ、君にお勧めのプレゼントがあるよ」

「えっ?僕に?」

「CHRISTOPHER BROWNって、イギリスのイラストレーターが描いたロックアイコンを乗せたリストウォッチさ。シンプルで潔いデザインだけど、ロックが本来持っているユーモア感覚は十分伝わるはずだよ。難しく考える時はシンプルな物を選ぶのもいいんじゃない?」



CHRISTOPHER BROWN
カラー:FAB FOUR
価格:¥12,000+税
商品番号:23-48-0010-997



CHRISTOPHER BROWN
価格:¥12,000+税
商品番号:23-48-0011-997


CHRISTOPHER BROWN
価格:¥12,000+税
商品番号:23-48-0014-997

「うわっ、これはクールだね。気に入ったよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後はこちらの彼。


ポケットが大量についたAVOCのアイテムをコート→ベストの順にレイヤード、足元はDAMIR DOMA×LOTTOのスウェットパンツ×SALOMON。スポーティで活動的、ユーティリティを意識した着こなしを楽しんでいます。


「僕は最近カメラにハマっているんだ。ポケットがたくさんついているのは替えのレンズとか、機材を詰めるため。バッグ無しで手ぶらの方が被写体に集中できるでしょ?」
「クリスマスプレゼントもカメラがいい?」
「勿論、ライカのM10が欲しい!なんて言いたいところだけど…さすがに高価過ぎて頼めないよ」
「じゃあ、こんなのはどうかな?」


International Gallery BEAMS
カラー:BLACK
価格:¥5,800+税
商品番号:23-41-0444-262


International Gallery BEAMS
カラー:BLACK
価格:¥7,800+税
商品番号:23-04-1161-262



International Gallery BEAMS
カラー:WHITE
価格:¥7,800+税
商品番号:23-04-1160-262

「えっ?ナニこれ?ピーター リンドバーグ?僕、彼の写真大好きなんだ!この前も神保町の古本屋で彼の作品集『Ten Women』を買ったばかりだよ!彼のオフィシャルのプリントTがあるなんて知らなかったな…」

「彼がアパレルブランドと手を組んでTシャツを作るのは初めてだよ」
「やっぱりそうなんだ!これは絶対欲しい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・


などなど...。

彼らは特別ウルサいような気もしますが(笑)。



ともかく、インターナショナルギャラリー ビームスの店内にはメンズ/ウイメンズともにこだわりのギフトが満載です。皆様のギフト選びにスタッフ一同、心よりご相談に乗らせていただきます。


Tsuruta

紹介アイテム