5×5×8

Satoshi Tsuruta 2019.06.18

東京では「梅雨入り」というほどの雨も今のところ振らず、毎日暑い日が続いています。ただ、夜になれば涼しい風がスッと吹いたりして、寝苦しいような日々はまだもう少しだけ先なのでしょうか?


Tsurutaです。



灼熱の夏がやって来る前に用意したいのがTシャツ。


一枚でもかっこよくキマる、この夏を決定づける、そんなTシャツが欲しくなります。

ボーダー柄やタイダイなども70'sリバイバルの中で再注目されていますが、やっぱりTシャツは「白」。結局これが極め付けになると思う方は多いでしょう。


インターナショナルギャラリー ビームスでは8つのブランドとタッグを組んで特別なアイテムを制作してもらいました。

勿論、お題は…「白」。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジャマイカ系イギリス人<NICHOLAS DALEY>が作ってくれたのは、2019年春夏コレクションのインビテーションに使われたグラフィックを大胆にバックプリントしたTシャツ。


NICHOLAS DALEY 別注バックプリントTシャツ
サイズ:36,38,40
価格:¥14,000+税
商品番号:23-04-1271-799

シーズンテーマでもある「SLY GO」とはNICHOLASの父親の若き日のDJネーム。音楽の香りが立ち昇ってくるようなグラフィックは、着るだけでライブに出かけたくなるような躍動感あふれる仕上がり。ちょっとレトロな配色はフレアシルエットのデニムやオールドスクールなトラックパンツにも似合いそう。


いまイタリアで最もセンスのあるブランド(だと個人的に思っている)、<SUNNEI>からはこんな一品が届きました。



SUNNEI 別注ビッグロゴTシャツ
サイズ:S,M,L
価格:¥14,800+税
商品番号:23-04-1184-288


極限までシンプルなロゴT…に見えて、ちょっとした違和感を感じたあなたはタイポグラフィ通?そう、一般的な(左胸にブランド名が入った)Tシャツよりもロゴが少しだけ大きいんです。インラインにあるTシャツのロゴサイズや位置をデザイナーと話し合いながら、ビミョーにズラしてみました。僕らの目に慣れ親しんだ黄金比をちょっと意地悪な視点で突き崩した感じ。日常が非日常へとツイストしていきます。肌触りの良いボディ素材もイタリアブランドらしく非常にファインです。

タイプグラフィつながりでもう一つ。
ロンドンの有名グラフィティアーティストBEN EINE(ベン アイン)率いる<EINE>からはこんなスペシャルアイテムを。



EINE 別注PAINTプリントTシャツ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥7,400+税
商品番号:23-04-1198-824

彼のトレードマークでもある「シャッターフォント」を5×5で配置しました。順に読んでいくと…。彼のグラフィックが固有名詞になるのは世界でも貴重なケース。BanksyやD-faceらとともにグループ展を開催するなど、ストリートのアートシーンを長年に渡り牽引する一流アーティストから届いた傑作Tシャツです。


ロンドンの新進デザイナー<DANIEL w FLETCHER>からの回答は、独特なタッチのこちら。


DANIEL w FLETCHER グラフィックプリントTシャツ
サイズ:S,M,L
価格:¥12,000+税
商品番号:23-04-1178-806

カナダ人アーティストCaitlin Keoghによる、ちょいオカルトムードのグラフィックが前面にプリントされています。同じグラフィックがコレクションピースのシルクシャツにも施されていたので、見覚えのある方も多いでしょうか?プリントがボディ下寄りに配置されているところも面白いと思います。テーラードを得意とするデザイナーだけに、ジャケットのインナーにも映える一枚です。

気分を涼しくしてくれるのはホラータッチだけではありません。
フランスの上流階級的エレガンスが漂う<Editions M.R>からはパリジャンのバカンス感覚あふれる一着が。


Editions M.R 別注マルチワッペンTシャツ
サイズ:S,M,L
価格:¥23,500+税
商品番号:23-04-1173-402

デザイナー本人がたびたび訪れる避暑地をイメージし、お土産アイテムのようなワッペンをマルチにあしらいました。ヨットやボートが停泊する波止場や海辺での水遊び。太陽がいっぱい感じられそうな夏の情景が思わず目の前に広がってきます。フレンチアイビーな気分で着こなすのも良いでしょう。


一転して、パンク。

シーズン初めには穴あきなフライトジャケットを制作してくれたカナダ発の<HAUD>からは、らしさ全開のこちら。


HAUD 別注リミテッドTシャツ
サイズ:L,XL
価格:¥16,200+税
商品番号:23-04-1218-663

手書き風のグラフィック「TOOL!」は、まるでインディバンドのグッズTのようなローファイ加減。背面のモノクロフォトプリントもクールな仕上がりです。NICHOLASのTシャツが野外フェスだとしたら、こちらは雑居ビル内のライブハウスといった感じ。世界限定10着の手書きシリアルナンバーが裾に入ります。

デンマーク発のデザイナーブランド<MARTIN ASBJORN>は北欧らしいクリーンなデザインに仕上げてくれました。


MARTIN ASBJORN ロゴプリントTシャツ
サイズ:S,M,L
価格:¥12,000+税
商品番号:23-04-1223-699

ポルトガル産のオーガニックコットンを使用した柔らかな素材を活かした、たっぷりワイドなシルエット。特に袖が大きく広がったデザインは、合わせるボトム次第で遊ぶことが出来ます。フロントに鎮座するブランドロゴもどこかファッションブランドらしくなく、スポーツブランドや企業ロゴのようなインダストリアルな雰囲気です。

そして、大トリ。7着目はこちら。


MAGLIANO 別注グラフィックTシャツ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥30,000+税
商品番号:23-04-1201-624

PITTI UOMOにて「WHO's NEXT」を受賞後、ますます注目度が高まる<MAGLIANO>。イタリアのダークな御伽話をテーマに展開された2019年春夏のコレクションになぞらえて、デザイナー自身が本企画のためにオリジナルグラフィックを一から起こしてくれました。個人的にはエドガー・アラン・ポーの世界を彷彿させる奇妙な恐怖を感じます。

はい。
ということで、全8着。いかがでしたか?
なかなか見応えがあったかと思います。
取り扱いは勿論、ビームスだけ。

ホームページ内には本企画の特設サイトをご用意しました。
https://www.beams.co.jp/feature/190529/

商品のディテールはこちらからご確認下さい。

8人のデザイナーから届いた白いTシャツコレクション。
この夏の主役になってくれること、間違いなしです。




Tsuruta