Bringing It All Back Home(胸に下げて)

Satoshi Tsuruta 2019.08.26

衣替え。

ビームス各店ではすっかり秋仕様のショップスタッフが皆様をお出迎え致します。


こんにちはTsurutaです。


今回は衣替え時期の強い味方、コーディネートのポイントになるアクセサリーをご紹介します。季節の合間にありがちな「フワッとしたコーディネート」にアクセントをつけてくれます。このアクセサリーにはちょっとしたポイントがあり…。

「身に付ける人の日常を少しだけアゲてくれる」のです。






LIWLE x IG / 別注 キーネックレス
カラー:ブラック、ブラウン
価格:¥5,400+税
商品番号:23-42-0213-391

だれもが日常的に持ち歩くもの。それは「鍵」

自宅の鍵、自転車の鍵、ポストの鍵。


誰もが持ち歩くけれど、それぞれが違う形をしている「鍵」を、チャームのようにヘッド部分のフックに取り付けられるネックレスです。




トップのレザーパーツはシルバー、ハラコ、ブラウンと異なる多彩な質感で意外性を演出。こちらはブラウンのヘッド部分。




色違いのブラックはモノトーンに徹したパーツ使い。ちなみにこのヘッド部分は根本から取り外しができるので、ネックレス以外にキーホルダーとして使うこともできます。


リーズナブル、気軽でありながら、こんなに気の利いたアクセサリーをリリースするのは、新進ブランドの<LIWLE(リウル)>。


メイド・イン・ジャパンのファッショングッズのトータルブランド。最高級の素材が使用されたシンプルでディテールにこだわったアイテムを展開。人生を楽しむ、という意味の“LIVE A LITTLE”から生まれたブランド名が示すように、毎日のコーディネートをワンランクアップさせる、「トーキョーニュースタンダード」を提案しています。(ビームスオンラインショップのテキストより)



お次はこちら。

グラス(眼鏡)ホルダーです。





LIWLE x IG / 別注 グラスコード
カラー:ブラック、ブラウン
価格:¥3,240+税
商品番号:23-65-0076-391


通常はスポーティな印象のもの(ナイロンストラップなど)が多いグラスホルダーですが、<LIWLE>のコレクションではコットンの丸紐にレザーパーツをあしらった有機的な素材使いが目を引きます。レザー部分には当レーベルとのダブルネームが入ります。



これらのグラスコードは通常アクセサリーに使われるパーツよりも少しだけ武骨な(バッグなどに用いられる)ものを使用しているため、全体として迫力のあるルックスを生み出しています。ちなみにグラスホルダーの先端に付けられるゴム製のパーツ。経年とともに弱ってしまうことは避けられないのですが、市販の(大型雑貨店などで売られている)パーツに付け替えが可能です。つまり、ゴムが劣化しても長くご愛用いただけるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは、実際に着用したスタイリングをご紹介。




スタッフ鈴木。


101匹ワンちゃんのような白黒斑のアニマル柄に合わせて、モノトーンのキーネックレスを着用。



私、Tsuruta。


ニットベストにツイードチェックパンツを合わせた文系コーディネートに「文系の象徴=眼鏡」をホルダーで装着。




バイヤー関根。

グラスホルダーを付けたサングラスをかけて、胸元にはビーズ系のネックレスと重ね付けでキーネックレスを。
まさかの<LIWLE>2刀流です。


それもそのはず。
このキーネックレスとグラスホルダーは、元々コレクションに存在しない型を、一から起こしてもらった完全別注品。仕様やパーツを細かく打ち合わせながら形にした関根にとっては、思い入れのある一品です。

サングラスや自宅の鍵。
いつもならば使った後にバッグの中へしまい込んでしまうものですが、<LIWLE>のホルダーがあれば眼鏡や鍵がアクセサリーに早変わり。
首から下げている分だけ、紛失の心配もなさそう。

リーズナブルプライスですが、想像以上に活躍してくれそうです。
入荷早々に在庫切れしていましたが、早速の追加入荷です。みなさまお早めに。



Tsuruta