私の新婚旅行 #9 健全な夜遊び

Kani 2020.04.17

さて、チェックインしてのんびりしたら夜の町へ。


パームスプリングスという土地は「街」より「町」という表現が似合います。


何やらお祭りやってました。



旅先でのお祭り、何だかノスタルジックな雰囲気。


お祭りって幾つになっても何だかワクワクしちゃいませんか?



大きな音楽でみんな踊ってます。

気持ち良さそーう。


日本のお祭りと同じ様に露店がいっぱい出てました。

悔しいかな、何だかオシャレ。




お馬さんもいました。


お祭りの傍ら、通りかかった家具屋さんにも立ち寄ります。

「west elm」

多分、全米に展開している家具屋さんというかライフスタイル屋さん。

IKEAみたいなイメージで、ちょっとプライス高め、良いもの置いてます的な。





ちょっと余裕のある世帯がお買い物を楽しむような雰囲気ですかね。








お、オリジナルのトースターですか?




しかもプライス$49 うんうん、お手頃。


この手の家電を海外で買うときはご注意下さい。

日本で使うには変圧器が必要です。

使えなくはないのですが、国によって電圧が異なるため、パワーが弱っちいことが多々あります。



ディナーはどこにしようかな。

せっかくだからACE HOTELにでも行こうか。


泊まっていないホテルに遊びに行くのも全然アリですよ。


ACE HOTELが大流行したのはもう何年も前のことですが、いわゆるヒップ(死語でしょうか)と言われるオシャレな

ホテルというイメージが強いと思います。

ここパームスプリングスのACE HOTELももちろんそうなんですが、土地柄のんびりとしていて良いんです。

オシャレなんだけど、イキってないっていうバランスが素敵です。

日本でも京都にできるみたいですね。



「King's Highway Diner」

ACE HOTELに併設されているアメリカンダイナー。

昔はデニーズだったんですって。




うん、そう言われると昔ながらのアメリカンダイナーの面影もあるような。


何にしようかな。




バターミルクチキンっていうバターミルクに漬け込んだフライドチキン、いわゆるアメリカのかーちゃんの料理の1つ。

それとオレッキエッテっていうパスタの一種。

アメリカでパスタを食べるのオススメです、日本のそれと全然違います。
これはマッシュルームとチーズでレモンが効いてた味だったっけかな。

デザートにキーライムパイでダメ押しです。

うーん、キーライムの酸味がソーグッド。
キーライムパイも日本ではなかなか食べられないですよね。
キーライムパイ好きな人と語り合いたいです。




あぁ、お腹いっぱい胸いっぱい。
今日も素敵な1日をありがとうございました。
フルで遊んでスタミナ切れでベッドで落ちるあの感覚、好きなんですよね。



つづく。