2020春夏スタイリング Vol.81

川口 達郎 2020.06.17

皆様、おはようございます。

ドレス担当、川口でございます。


今回は、引っ掛けてみました。



〈BOLZONELLA(ボルゾネッラ)〉のカバーオールです。ジメジメと蒸し暑い日が続いていますが、お得な情報は無視できず、秋口を見越してのご提案です。柔らかなオリーブグリーンのヘリンボーン織りが特徴のカバーオールは、ワークウェアとは思えないシャツブランドならではの丁寧なステッチワークが光ります。ゆとりのあるシルエットにより、コットンやウールを問わず、ハイゲージニットはもちろん、ローゲージニットなどの厚手のインナーさえも飲み込みます。日本の秋が短くなっているのか、長崎の秋は本当に短く感じます。涼しくなってきたねー、みたいな会話をしたと思ったら、もう寒いねー、の会話が始まります。秋は短いですが、あると重宝するアウターです。

BOLZONELLA / 別注 ヘリンボーン カバーオール
カラー:オリーブ
サイズ:S〜L
価格:¥32,000(から40%OFF)+税
商品番号:24-18-0325-395





〈ANDREA FENZI(アンドレアフェンツィ)〉のマルチボーダーのクルーネックニットは、トレンドを踏襲しつつも個性的なマルチボーダーが、1枚でも主役級の活躍をします。また、1年を通して重宝するコットン100%のロングスリーブはとても魅力的で、今の季節は素肌に、寒くなれば保温性の高い肌着を1枚お召しになると汎用性が広がります。カバーオールと同系色のグリーン系でまとめた、個性的かつ無理のないカラーリングです。

ANDREA FENZI / マルチボーダー クルーネックニット
カラー:グリーン
サイズ:42〜50
価格:¥22,000(から50%OFF)+税
商品番号:24-15-0203-210






少し前のものですが、〈Brilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)〉のグルカパンツです。このグルカパンツ、とても良くできています。春夏ものというよりは、通年向きのしっかりコシのあるコットンツイルは、本家グルカパンツを再現しつつ、現代的なシルエットにアップデートされています。現代版グルカパンツの多くは、片側のベルトで着脱し、反対のベルトはダミーが固定されています。今回のグルカパンツも左側はダミーですが、単純に縫い付けているものが多いのに対し、本家グルカパンツのように切り込みを入れて、まるでその穴からベルトを通しているかのような、本来の見え方を忠実に再現した細工が施されています。実はこちら、現在、大人気のブランド〈AUBERGE(オーベルジュ)〉創立前に〈SlowGun(スロウガン)〉に依頼してつくったものなのです。ヴィンテージウェアに造詣の深いデザイナーらしい拘りです。

Brilla per il gusto / グルカパンツ(スロウガン製)
カラー:ベージュ
サイズ:33インチ
価格:¥27,000(から60%OFF)+税
商品番号:24-23-0406-608

IL MOCASSINO / カーフ ビットローファー
カラー:ダークブラウン
サイズ:38H〜42
価格:¥34,000+税
商品番号:24-32-0145-640




今回は、カバーオールがMサイズ、ニットが48サイズ、パンツが33インチです。

是非、ご検討下さいませ。次回も楽しみにしていただけると幸いです。


川口