ホニャララな話 第1話

Shinya Inata 2018.03.29

こんにちは。

ビームス ニューズ 稲田でございます。


今日はビームス ボーイよりジャケットのご紹介。


そう定番中の定番、

基本中の基本であるブレザーです。

そもそもブレザーって?


偏った見解であれば心苦しいばかりですが、

お付き合いくださいませ。


◇ダブルブレストの場合…

諸説ありますが、

元々ブレザーのルーツはイギリス。

軍艦であるブレザー号の船長が

女王陛下がいらっしゃる!ということで

見えづらを良くしてお出迎えを、と

乗組員が着ていたウールのダブルブレスト(両前)のジャケットに

真鍮の釦を付けた、結果好評を博した。

その結果、周りの船も参考にし始めた・・

そんな話もあったり。


カジュアルだとより馴染み深い

◇シングルブレストの場合…

こちらはイギリスで毎年夏に行われる

王室主催のレガッタボートレースだと

言われています。


1880年代にテムズ川で行われた

オックスフォード大学と

ケンブリッジ大学のレースで

ケンブリッジ大学の

セントジョーンズ・カレッジの

選手(応援団説あり)一団が

”燃える”ようなスカーレットの上着で

参加したと言われています。


これがまるで炎(ブレイズ)の

ような色だった…という

意味がブレザーに派生していったのでは?

と言われています。

(あくまで諸説ですが…)


そこから派生してイギリス〜アメリカに

ブレザーは海を渡るのですが、

形も微妙に変化していきます。


日本に於けるブレザーのイメージは

60年代以降のアイビーの盛り上がりも

あった事から

アメリカなイメージが強いようですね。


今回ビームス ボーイで展開しているブレザーは

ボタンの付け替えが出来るタイプ。

尚且つセットアップで着用頂ける

ボトムスのご用意もございます。


春夏お使い頂きやすいトロピカルウールで

ストレッチも効いており、より快適にお召頂き易い

配慮もされております。


ジャケットはチェンジボタンで

付け替え可能。

コーディネイトに合わせてボタンの色で

全体の雰囲気を調整頂くのもアリです。


袖口も既製品だと開かない仕様のものが比較的多い中、

こちらは本開きで開閉可能。実に機能的です。

お医者様が作業をする時に・・といった話もあるように

何か書き物や作業をする際はボタンを外して着こなすのもアリです。


ちょっとしたお出掛け用から

かっちりし過ぎないパーティスタイルまで

幅広く使える万能アイテムとして

おススメです。


商品コード:13-16-0337-803

ビームスボーイ トロピカルウールストレッチ ネイビーブレザー

カラー展開:ブラックウォッチ/ネイビー

サイズ展開:0/1

¥24,800-+TAX


たまたま私もブレザーを軸にコーディネイトをした日が

ございましたので参考程度に…


デニム+レザーシューズでカジュアルダウンしつつ程良く落ち着いた印象に。

なイメージでスタイリングしてみました。


長くなってしまいましたが、本日はこのあたりで…