気分はプリンス オブ ウェールズ

杉原 陽介 2018.11.09

いつもBLOGをご覧下さりありがとうございます。ビームス 六本木ヒルズ3F、MEN'S DRESS BLOGのお時間がやって参りました!


めっきり朝晩は冷える様になりましたね。夏の終わりから冬服を着て店頭に立つ我々スタッフにとっては、待ちに待ったお洒落を目一杯楽しめる季節の到来。毎日何を着ようか心を弾ませている次第であります。


そんな中、先日、たまたま打ち合わせなしで、今季を象徴するアイテムである"フェアアイルニット"を使ったコーディネートをするスタッフが3人もおりました。フェアアイルニットはスコットランドのフェア島伝統の柄を使ったニットで歴史は400年以上。1920年代にイギリス皇太子がゴルフで着用したことから広まったようです。今回はそんなカントリー感のあるアイテムを中心にご紹介出来ればと思います。


まずはフェアアイルニットを着たスタッフ3人のコーディネートをご紹介!


まずは、<International Gallery BEAMS>のお洋服をメインに担当するスタッフ田中のコーディネートがこちら!



International Gallery BEAMS>を象徴するような合わせやサイズバランスのコーディネート。シャツ、ニット、タイ全て細かい柄物ですが、柄の系統を変え、柄が見える量も計算している為、決してくどくならないのが見習いたいポイントです!パンツはカントリーテイストに忘れてはならないコーデュロイ素材!


次にビームス 六本木ヒルズの布袋様、スタッフ大山のコーディネートがこちら!




発色の良いフェイアルニットをヘリンボーン柄にネップが入ったジャケットで合わせる正当カントリースタイル。デニムとボタンダウンシャツを合わせて少しアメリカンな雰囲気を出すのが大山流でしょうか。


以前、私がフォトログで紹介したヘリンボーン柄にネップが入ったジャケットを使ったコーディネートも参考までに載せておきます!タッタソールシャツや雉柄もカントリーを感じさせる重要なアイテムですよ!


次に私、杉原もフェアアイルニットを着ていたのでご紹介。



<THE GIGI>のガンクラブチェックのジャケットにフェアアイルニットを合わせました。柄が見える量が多かったのでノータイにしてクドさを和らげたつもりです。ビームスF 新宿にいる尊敬してやまない名物マスターも少し意識しています(笑)ご興味ある方はビームスF 新宿のスタッフ伊藤のページをご覧ください!


いかがでしたでしょうか?同じアイテムでも三者三様のコーディネート。店内商品でコーディネートを組むと…



こんな感じでしょうか!我々スタッフよりもクリーンで都会的なイメージで組んでみました。生成り色のジャケットやボルドーのパンツがベージュのフェアアイルと相性抜群です。


今年はカントリーテイストの商品が例年より多く担当に並んでおります。この機会にフェアアイル柄やコーデュロイパンツと言ったカントリーテイストを取り入れた着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか?



六本木ヒルズは現在…



ポイントキャンペーン実施中です!

http://www.roppongihills.com/events/point_campaign.html

詳しくはこちら!