街で映えるギア

高橋 晋平 2019.10.10

元々ファッション目的でないデザインやディテールをファッションに落とし込んであるアイテムってなぜかカッコよく見えるんですよね。


ミリタリージャケットやスポーツシューズ、ワークブーツなど機能的でリアルなディテールがファッションにアクセントを与えてくれるからだと思います。


アウトドアアイテムなんかもその筆頭で、あらゆるアウトドア向けの素材やパーツ、ディテールが今のストリートには欠かせないものとなっています。


今回私が特に気になったのは<Topologie(トポロジー)>のバッグ達。


Topologie / Chalk Bumbag 6050
カラー:ブラック、ベージュ、オリーブ
価格:¥5,500+税
商品番号:92-61-0225-433

こちらはひと昔前にファッションアイテムとして脚光を浴びたクライミング用チョークバッグからインスピレーションを受けたミニショルダーバッグ。

撥水性のある素材と立体的な構造が機能性の高さを物語ってます。


Topologie / Rope Tote 9680
カラー:ブラック、オリーブ
価格:¥8,800+税
商品番号:92-61-0226-433

こちらも同じく撥水性のある素材に止水ジップ、強度の高いハンドルストラップなどディテール満載のトートバッグ。


カラビナ付きショルダーストラップが付属してるので、肩がけも可能です。


機能的なディテールと上品な雰囲気が街で映えるギアの必須条件であり、<Topologie>はそれを満たすブランドだと思います。


コレ、良いですよ。