ウォーターボトル問題。

高橋 晋平 2020.05.19

毎年夏になると頭を悩ませるのが「ウォーターボトル問題」。


熱中症対策の一環として飲料水を持ち歩くのが当たり前になってきました。


特に今年はマスクが手放せない夏になりそうな予感。


熱い夏にマスクを着用する事を考えるだけで喉が渇きます。


では、ウォーターボトルならなんでも良いのかと言うとそうでもなく「せっかくなら良いウォーターボトルで持ち歩きたい」と思うのが人の常。


しかし!今年はそんな問題に頭を悩ませる必要はなくなりました。


なぜならば、ひと目見て「これだ!」と言うぐらいカッコいいボトルを見つけてしまったからです。


前置きが長くなりましたが、今日はそのボトルをご紹介します。



Hydro Flask / Lightweightワイドマウス
カラー:SLATE、OBSIDIAN、CLAY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥5,800+税
商品番号:95-87-0104-699


まず、この見た目に惚れました。


このカラーリングがとにかくカッコいい!

ステンレスの鈍い光沢にとても良く合っています。


どの色もオススメです!




グリップも肉抜きされたデザインで少し無骨な印象です。


こういう工業的なデザインは大好きなんです。




蓋裏のカラーリングにも抜かりはありません。


蓋を締めたときにも絶妙な挿し色になっていますね。




そして、極め付けはココ!


分かります?


そうです、なんと口の内側がフラットなんです!


蓋を締めるための溝は外側だけで、内側がフラット。


これが意味するのは、ズバリ清潔さと洗いやすさです。


毎日使うものですから、この2点はとても嬉しい!


もはや買わない理由を探す方が難しい逸品!


コレ、良いですよ。


※ブログバックナンバーございます。こちらから是非お願いします!