【大人のフリースジャケット】黄昏スタッフのおすすめ3選

玉川 剛 2021.11.26

こんにちは。

ビームス 札幌の玉川です。


パタゴニアのクラシックレトロを筆頭に、街着としてすっかり浸透したフリースジャケット。【クラシック】【レトロ】と黄昏ワードが2つも付いていると手を出したくなりますが、どの色を選んでも誰かと被ってしまう…。

そんな悩みを持つ大人の皆さまに、おすすめのフリースジャケットをご紹介します。



先ず最初はこちら。


REMI RELIEF × BEAMS PLUS フリースカーディガン
カラー:INDIGO
サイズ:M
価格:¥26,180(税込)
商品番号:38-18-0193-671

90年代初期、ビームス 札幌のスタッフの中でパタゴニアのフリースブームが吹き荒れてました。※当時は扱ってませんでしたが…。


先輩が着用している色は被り禁止が暗黙の了解でした。カラフルなフリースを着こなす先輩を羨ましく思いながら、私は燻んだブルーのパタゴニアを着ていました。でも、着てみると色合わせがしやすく主張が強くないので、通勤時に毎日着ていた思い出があります。

レミレリーフのこちらは、そんなことを思い出すインディゴブルーが大活躍の予感です。ビーズ使いとダブルジップがコーディネートのニュアンス付けに良さそうです。


二つ目のご紹介は王道パタゴニアのこちら。


patagonia ライトウェイトシンチラ スナップT プルオーバー
カラー:BRLG
サイズ:S
価格:¥14,300(税込)
商品番号:11-18-5231-403

90年代当時1番着たかった色です。

80年代ヨセミテのレジェンドクライマー達の写真が私のフリースジャケットのイメージソース。一週間くらい同じ格好してるんじゃないかと思われるコナレ感に憧れてました。当時のクライマーへのリスペクトを込めて、サイズは敢えてS サイズを選びました。発色の良いカラーは、黄昏だからこその説得力で着こなして下さい。


そして3番目は?

店頭で見かけた際にお声がけ下さい。こっそりお伝えします。


ぜひビームス 札幌へのご来店をお待ちしております。