ビームス 辻堂 MEN’S ブログスタートです。

shigefuji 2018.05.23

こんにちは。


はじめまして。ビームス 辻堂のメンズ担当をしております、重藤と申します。


4/26にビームスがオープンしてそろそろ1ヶ月になりますが、メンズ側もしっかりとビームス 辻堂の魅力をご紹介してまいります。


どうぞよろしくお願いいたします。


本日は、最初だけに、ビームス 辻堂のメンズ側全体をご紹介いたします。




ビームス 辻堂のメンズは、ビームス プラスを中心とした商品構成になっております。

コンセプトは“永年着られる飽きの来ない本物の男服“。

社内においてもファンが非常に多いレーベルです。






店内は、アンティーク中心の什器類です。

いつものビームスぽくないですね、といったお声もいただいております。




今回、店舗の重要なイメージソースになったのが、アメリカの20世紀を代表する女性画家、Georgia O’keeffe(ジョージア オキーフ)のニューメキシコ州、ゴーストランチに今も現存する邸宅です。

社内の担当部署チームが現地に出向き、リサーチし、この店舗に落とし込みました。





また、カウンターに設けている、約4mの什器にずらりと並ぶインディアンジュエリーも辻堂ならではです。

1点ものも多数ございます。


他、








衣類は、ビームス プラスの商品がほぼ全て展開です。

原宿、有楽町のビームス プラスに次ぐ規模です。


“永年着られる飽きの来ない本物の男服“、多数ございます。


次回以降はこだわりの商品に焦点を当てて、ご案内してまいります。






それでは、辻堂でお待ちしております。



ビームス 辻堂  重藤