『GbM 』タナカカツキ Tシャツ展

山本 真紀子 2018.05.25

みなさま、こんにちは!  トーキョー カルチャート by ビームス の山本です。     

本日5月25日(金)から30日(水)の期間は伝説のTシャツブランド『GbM』がトーキョー カルチャート by ビームス にて10年振りに大復刻します!




GbMとは、1999から2005年にかけて、漫画家でありイラストレーターのタナカカツキさんが(今ではバカドリルやコップのフチ子さんなどで有名ですが)まだフチ子さんを生み出す前、突拍子もないイラストを特殊加工のシルクスクリーンで制作していたTシャツブランドのことです。  

当時は特殊印刷にこだわりすぎてたり、マイペースに運営をしていたため、伝説になるほど儲けはほぼなしの企画ばかりでした。 その伝説の一部が『1円も儲からずにTシャツを作る方法』という書籍にもなり、(著作:胡口桂子/挿絵:タナカカツキ/編集:伊藤ガビン/装丁:千原航) こちらの本には今まで作ってきた74種類のTシャツに添えられたストーリー(キャプション)が掲載されており、決して作る方法などではないようです。笑 

そう、GbMのもうひとつの醍醐味はその、Tシャツひとつひとつに添えられたキャプションです。 

今回Tシャツのキャプションは、いとうせいこうさん、宇川直宏さん、細馬宏通さん、伊藤ガビンさん、胡口桂子さん、小沼里菜さん、廣岡孝弥さん、ドッグナマコさんと豪華な方々に担当してもらいました! このキャプションとタナカカツキさんの原画は実際店頭でご覧いただけます!





調べるほど伝説が隠れている『GbM』の今回のTシャツ展は、まるで下着泥棒の事件現場のような空間に並べられておりますのでスリッパを履いてご覧ください。









TOKYO CULTUART by BEAMS とのコラボレーションでTシャツ新作10デザイン+スケベ大根ソックスを販売いたします!



26(土)はフィジカルテンポでも大好評だったワークショップユニット『金箔寺』による金箔、銀箔のシルクスクリーンのワークショップもございます! こちらは持ち込みもOKで、その場で好きなところにプリントしてもらえます!  

みなさま、ぜひお待ちしております!