酒井義人『キック アンド パンチ』

山本 真紀子 2018.12.23

みなさま、こんにちは!

今年も残すところ約一週間となりましたね。

クリスマスに年末に、忙しない日々を過ごされているかと思いますが、そんな時にこそ展示などを見て気分を変えてみるのはいかがでしょうか?

トーキョー カルチャート by ビームス 2018年最後の展示は、酒井義人『キック アンド パンチ』です!




酒井義人とは、トーキョー カルチャート by ビームスが今年で10年目になるのですが、その当時からBEAMSでプッシュアップさせていただいている作家さんです。

そんな彼の作品は誰もが憧れるドラゴンボールや戦闘ストーリーなどから影響を受け、現代の社会や街、人々から感じる存在感をその戦闘モードにアウトプットした表現です。子供の遊ぶ感覚をそのままに技術や技法など関係なく描きたいものを超パワフルのエネルギーのみで作った、そんな風に感じられる作品です。この迫力は写真では伝わりづらいので、ぜひ直接ご覧にいらしていただきたいです!


展示は1/8(火)まで開催しております!!


それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年を!!!