自分に合ったリュック選び!②~もしかして最強?編~

Heg. 2018.03.26

こんにちは!


最近春物が充実しすぎて、毎日物欲と戦っておりますHeg.です。

素敵なものが今年も多いですよね~~~

日々財布となかよく会議です。


前回ご紹介したPatagoniaのリュックは

実際に店頭でご覧頂けましたでしょうか?


今日はそちらと並ぶぐらい人気のブランドのリュックをご紹介。


売り切れと再販売を繰り返しているあのリュックも登場です。


では、あべしゃーーん!!一発目お願いします!



ARC'TERYX / 別注 Cierzo18
カラー:Bright CRAZY、Dark CRAZY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥12,000+税
商品番号:13-61-0522-729


ARC'TERYX よりBEAMS BOY別注のCierzo 18!

最近発売されたもので、インスタ映えしまくっていた商品です。

ビビットな配色がやはり目を引きます!!!!




そして女性にも背負いやすいサイズ感。

コンパクト。そしてナイスな発色。言わずもがな男性にも人気です。


意外と見ない、正面からの印象。




胸の部分にベルトがあるので

重い荷物を背負う時にも心強いです!




サイドには別注の証、BEAMSのロゴが刺繍されています。

同色の糸での刺繍で、さりげなく「別注ですよ…!」と囁いてくれます。


巾着部分に注目。




何やらついております。




なるほど、中が雨でぬれないようにふたをしてくれます。親切。




中はこんな感じ。

カラフルでハッピーな中身ですが




深さはこーんなに!!腕がここまで入ります。


と、ここで「A4ファイルチャレンジ!!」

学校で使用する方、仕事で使用する方は書類や教科書など

持ち歩くのに容量は必須ですよね。


Let's!!!




スポッ!!!




あべしゃんも驚き。

素材がぱさっと柔らかいので、いれるものによっては形は出そうです。


これぐらいの容量と生地の感じであれば、

数冊は本や書類が入りそうです。が、

めちゃくちゃ重いもの(パソコンなど?)は

生地の薄さ的に厳しいかもしれません。


ただ、私は大学時代持ち運ぶ用ではないノートパソコンを日々背負っていたもので、、

薄型のノートパソコンであれば問題はないかもしれません!


そんな時私も使用していたのはARC'TERYXのリュックなんです。


私のようにもっと重たいものを運んでんねん!!

という方必見のリュックをお次はご紹介。


今BEAMS BOY 二子玉川にあるリュックの中で最強のこちら

ででん!




みんな大好き、Mantisです!!

ARC’TERYX / MANTIS 26 BACKPACK
カラー:BLACK
サイズ:ONE SIZE
価格:¥17,000+税
商品番号:13-61-0496-729


こちらの商品何度も売り切れを繰り返しており、

春のこのシーズン「あれ、あります?」とお問い合わせが増えております。




背負うとこんな感じ。


横からだとこんな感じ。




153cmのあべしゃんでも、そんなに縦幅が大きくないリュックですね。

ということは丈夫さがありながらも、小柄な女性でもごっつく大きすぎることなく背負って頂けます。


もちろん胸と腰にベルトあり。




重たい物もバックパックのように腰で支えれば楽ちんなのです。


胸のベルトの位置は多少ですが高さが調節可能。




簡単なキーホルダー(便利さでいえばパスケース?)や

コインケースなのでかけられそう。ドリンクも可能です。


中身はと言いますと、

上ポケットはそこまで深くないので、




さっと取り出せるものを入れられます。ペンもさせます。

ここにもフックがあるので、簡単は鍵などはなくさずすぐに取り出せます(防犯上私は不安でしたが…!!)

それこそさっとお買い物が出来るコインケースなんかをつけておりました。




ロゴの部分には二カ所のポケット。




左右から入れられますが繋がっていないので、使い分けが可能。




もちろんリュックには欠かせないサイドポケットも。


一番メインの部分はと言いますと




がばーーーーっとフルで開けられます。そして大容量。

私は教科書、パソコン、水筒、お弁当と学校でいるものフル装備でした。




背中にはプラスチックのなかなか硬い板がはいっております。

これがまた荷物が多くても良い背負い心地を生み出します。


その手前には




インナーポケット。これは折れたらあかんねん!!!という

レポートや資料など死守するのに非常に便利でした。


そしてA4ファイルチャレンジ!!




これまたすっぽり。

そしてチャックが全開できる分、こんなにリュックの中身がしっかり見られます。

深さのある鞄だと、中身がごちゃごちゃしがちですが、それも防げそうです。

プラスチックの板に寄り添うようにはいるので、それこそ教科書なんか待ってました!ぐらいの頼もしさ。


最初に紹介したCierzoとはやはり、なかに入れるものの用途が異なりそうで、

ベルトの厚みが全然違います。




Cierzo




Mantis


これぐらいの厚みのあるベルトでこの丈夫さ、それに

完全防水ではありませんが、多少の雨ならへっちゃらの撥水加工付。


大学四年間、そして留学の期間も多少雑に扱っても壊れることなく

一緒に卒業を迎えてくれる良い子です。


Mantis贔屓のブログになってしまいましたが

それぐらい、最強リュックなのです。(Cierzoももちろん好きよ?)


新しい生活に備えてぜひ、ご検討下さいませ!


Heg.