【番外編】暖かさで泣きそうです

Heg. 2018.10.23

こんにちは。


今日は番外編。



キリッ。


っとしたこちらはBEAMS JAPANの5階でお取扱いのある商品。


5階と言えば




fennicaです!そう。先日、1日お店立ちをしておりました(研修のため)


いつか立ってみたいなあと思っていた店舗です。面白かったので皆様にも是非行ってみて欲しくご紹介!




エレベーターで上がるとこのような景色が広がります。木目調で暖かみのある店内。なぜ、私がここに立ってみたいなあと思ったのか。それは、この暖かみのある雰囲気とスタッフに理由が。


「しあわせのパン」という映画が大好きで(関西弁でパンクのライブに行きまくっている私にも、こんな一面あるんやで)。その「しあわせのパン」の世界のように、暮らしにも、人と人との繋がりにも暖かみがあって、健康的な暮らしに憧れを持っております。


そして、この店舗がまるで、その世界の中のような空間で、暖かみのあるスタッフに暖かみのある空間、優しさに包まれたような感覚になぜか何度か泣きそうになりました。(笑)もう空気全体がほっこりしていて、いわば、深呼吸すれば、温かい緑茶を飲んでいるような。ずずず…っはぁ~~~~~~となります。(笑)


店内はと言いますと、




もちろんお洋服はたくさんお取扱いがあり、




アクセサリーなども豊富なのですが、




ご注目いただきたいのが、この職人さんの技が光るアイテムたち。




冒頭のこちらももちろん商品です。素敵な作品です。




和紙を使用したブックカバーやカードケースなども。


私が店頭に立っていた日は、ご来店されるお客様のほとんどが外国人の方々でした。ほっこりとした空間に、日本らしさを感じて下さっているのか、皆様会釈をしてくださいました◎


外国人向けのお店というわけではなく、もちろん日本人の私達も楽しめる空間になっており、



このような焼き物もたくさんお取扱いがあり、私も終始釘づけ。1日中見ていても飽きが来ず、「このお皿やったら、あれ作りたいなぁ~~~」と妄想をひたすら膨らませるばかり。




沖縄の焼き物、最近は「やちむん」人気ですよね。




このように実際にダイニングのようすを並べてあったり。妄想してくださいと言わんばかりのディスプレイ。




焼き物達は窯元や作家さんごとにディスプレイされています。どのような窯元なのか、どのような作品なのかの説明書きも一緒にございます。




ちなみに私が1日中悩んだ結果購入した皿たちです。左下の大きな皿は一目ぼれです。豊かな生活が送れる気しかしません。これでほっこり暖かい生活するんや~。




最初にお見せした店内の様子ですが、じつはこちらにも「和」の要素が。このお洋服のコーナーですが、真ん中少し左にございます柱のところまで、鴨居と敷居がございます。障子やふすまを付けようと思えばつけれるのか…なんてこんなところでも妄想。わっくわくです。




そしてフィッティングはその、襖になっております。スーーッとあけて出てこれます。外国の方にはこれも評判。隅から隅までTHE 日本な空間です。




こう考えると、日本にはほっこり暖かみのある要素がたくさん。なんて素敵な空間なんや。なんて素敵な心なんや。と誇りと感心を持って1日を終えました。


しばらく余韻で二子玉川でも暖かい気持ちで皆様をお迎えできそうです~


まだ行ったことあれへん!という方はぜひ、一度はお立ち寄りください◎


豊かな暮らしって素敵です◎


Heg.


☆BEAMS BOY STAFF☆