ほんまのほんまもん(6)

本間 白 2019.10.10

ほんまです。


最近出掛けようとする日、

毎回の如く、台風来てます。


私、だいぶ台風に好かれているみたいです。

そろそろ勘弁して頂きたいところですね。


そんな、

悪天候に愛されるほんまから

本日も、オススメをお届け。


が、まずはこちら


【本日の一枚】




Bled Island,Slovenia


スロベニアの湖にあるブレッド島です。


海に面しているスロベニア。

しかし、島と呼ばれるのは

湖に浮くここ、ブレッド島。1つのみ


国唯一の島が湖にあるって

なんだか、とても不思議ですよね。


お隣のクロアチアには

1000以上の島があるのだから

尚更、驚きです。


さて、この島。

アクセスは手漕ぎボートが主になります。

ひとり旅の私。もうお分かりですね。


はい、ボートを借りて

1人、ゆっくりと2.30分漕ぎ続け島へ。

途中、前を若いカップルの乗ったボートが

キャッキャ言いながら横切った時は

中々の孤独感を味合わせて頂きました。


上陸すると、石段があり

登った先に教会が見えてきます。

写真の小さな塔のようなのがそれ


暫定、世界一素敵な場所に

建てられた教会です。

(神奈川県在住20代男性調べ)


もちろん、帰りも漕いで戻り、

数日間は筋肉痛と闘いました。


訪れた後でわかりましたが

このブレッド島 "アルプスの瞳"などと

呼ばれているそうですよ。


是非とも。


はい。

前置を飛ばさず、見てくださった方

ありがとうございます。では、本題へ


【本日の一品】



GRENFELL 

 SHOOTER ハンティングジャケット
価格:¥115,000+税
商品番号:21-18-0316-210

GRENFELLです。

これ、凄まじくかっこいいです。


定番のモデル "SHOOTER"

ハンティングジャケットのディテールを

取り入れた、とても私好みな一着。


それでは、





焦らず騒がず、

まずはブランドの紹介を、軽く。


GRENFELL

1890年創業

英国のコートメーカーです。


ブランドの名前は、

探検家で医師でもあった

グレンフェル卿から来ています。


探検家が作ったメーカーと聞くと、

Willis&Geiger (ウィリス&ガイガー) を

いの一番に思い出します。


今でも、"ハンターハイカー"は

よく着ています。名作中の名作かと

気になる方は是非調べてみて下さい。

ハンティングやワーク系が好きな方は

とても惹かれる一着かと思います。


脱線しました。




生地には

"グレンフェルクロス"を採用。


ブランドの代名詞的な生地です。

防水性、防風性、通気性、耐久性

など、機能面はとても高く、


さすがは探検家由来の

ブランドなだけあります。


信頼のグレンフェルクロス。

エベレスト登頂、太平洋大西洋横断、

ミリタリーなど様々なシーンで

選ばれてきました。さすがですね。


さて、ブランド紹介と脱線小話はここらで。




はい。こちら、

こだわりのディテールが多く、

どこから説明しようか迷いますが、


ひとまずは、ここから。


ガンパッチです。

まずはここに関心が向きました。


ハンティングや、シューティングには

定番のディテールですが、

このガンパッチ、他とは違います。


両肩にしっかりと付いており、

とてもファッション性が高いものに。




後ろまで続いております。


手に取った時に、

ウエスタンヨークのような印象。

このディテール、とても今の気分です。


古着屋を回っていると、

ガンパッチ付きのジャケットは

度々、見かけたりしますが、

ここまでの雰囲気は

あまり見たことありません。



続いては、こちら。


ゲームポケットです。

私、これが大の好きで

このポケットの付いた古着を

多く持っています。


ゲームポケットは、

片側のみ付いております。

これがあれば、手ぶらでいいです。


手ぶら

鞄好きな私。最近気がつきました

鞄は多く持っていますが

鞄を持つことはあまり好きではない。

と、いう元も子もない矛盾。


そんな時に活躍してくれるのが、

このようなハンティングのディテール。




ゲームポケットの中には、

デタッチャブルの袋が付きます。


これは、古着でも

見たことありませんね。


中々に凝ってますね。


さぁ、

ここからは、ディテール満載の為

テンポ良く行きたいと思います。




反対側の裏ポケットも

フラップ付きで、しっかりと。




袖口も抜かりなく、しっかりと。




普段見えないチンストも、しっかりと。




フロントポケットのマチも、しっかりと。


しっかりと、さらっと、紹介しました。

説明したい所が多く、

兎に角、手に取って頂きたい一品。




H180 size36


大きめの作りか、

ジャケットの上から36で

ぴったりでした。


前を閉めて

ベルトもしました。


着丈も

以上でも以下でもなく、ここ。

という、絶妙な長さ。




前を開けるとまた違った印象。


ぱっと見の印象では

ハンティングとは思わないです。


ハンティングという

野性味溢れるディテールを

この"グレンフェルクロス"

で作るからこその、この雰囲気。


素晴らしいです。



上品なハンティングを。


是非とも。



ほんま