スタッフ「Izumi kubo」の記事

GIFT from She is

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、現在開催中のイベントについて詳しくご紹介致します♪


8/2より始まった、here and there × She is 合同フェア「彼女たちの世界」。


壁面片方はhere and thereコーナーで、誌面に掲載されたヒアシンス革命より写真やイラストを展示しています。

<TOKYO CULTUART by BEAMS>で人気のイラストレーター・HIMAA(平山正尚)さんも、今回林央子さんが編集・企画を務め、3年ぶりの刊行となるhere and thereに初参加。

昨年秋から冬にかけて様々なアーティストがヒアシンスを育て、その想いや経過や結果を誌面上で発表する、といった参加型プロジェクトでしたが、いつもとは少し違うタッチのHIMAAさんのイラストをみることができます。


here and thereのホームページも閲覧可能ですので、ぜひクリックしてみてくださいね。

ウェブデザインがとても格好良く素敵です。


また、もうひとつの壁面では、自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーメディア・She isのコーナーに。


参加型のコミュニティであるShe isは、毎月のテーマに合わせた“GIFT”を有料会員に届けています。


8月のテーマは「刹那」。

きらめきと、過ぎゆく日々を愛でる、てのひらサイズの写真集や、オルゴール、俳句がプリントされた手ぬぐいなど、

日常を祝福するものたちが詰まっています。


そのどれもが、”GIRL FRIENDS”と呼ばれる女性と一緒につくったオリジナルプロダクトやShe isがセレクトしたもの。

今月は写真家の石田真澄、俳人の池田澄子をはじめ、線香花火など、夏の切ない記憶をつなぐアイテムが。

店頭ではそのサンプルをご覧いただけることに加え、

過去に“GIFT”でお届けしたいくつかのアイテムを販売しております!


毎月1本お届けしている、She isオリジナルカラーのネイルポリッシュ。

Naked Pink

Time travel green

Neutral Purple

と名付けも愛しい3本セット。

¥2300+tax


Green tunnel green

Sunny day blue

Ultra Love

の3本セットは、芯のある光が感じられます。


¥2300+tax


指先に、願いや祈りを込めて、女の子として生きていきたいです。



こちらはイラストレーター・たなかみさきさんとつくった「くやしいキャミソール」。

¥2800+tax

みさきさんのイラストがすそにちらっと。

描き下ろしのポストカードつき!

くやしいくらい、かわいく着てほしいです。


こちらは映像やグラフィックの世界で輝くアーティスト・伊波英里さんとつくった「あの人の靴下」。

¥2600+tax


履くとうきうき、浮いてしまいそうな一足。


他にも女性として凛と日々を過ごせるようなアイテムが揃っていますよ~。

店頭で見つけてくださいね。


また、here and thereにも寄稿され、絵も展示している遠藤麻衣さんのZINE「MULTIPLE SPIRITS VOL.1」も販売中。

私も大好きな劇団、Qの演出家・市原佐都子さんと美術家高田冬彦さんによる対談が冒頭にあり、読み応えがあります。

「地底妖精」を観劇された方は必読です~!



そのほか詳細はこちらをクリック↓



※8/12のトークショーは定員に達しましたが、立ち見でのご観覧は可能です。お電話でご予約下さいませ。



ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

彼女たちの世界、を探しに

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、来週から始まるこちらのイベントをご紹介いたします!


8月2日(木)から12日(日)の会期にて、here and there × She is 合同フェア「彼女たちの世界」を開催致します。


ファッションとアートを主軸に、アーティストの活動を伝え続ける編集者・林央子。

資生堂が発刊する雑誌『花椿』の編集部に在籍したのち、フリーの編集者として活動されています。

著作に『拡張するファッション』をはじめ、ソフィアコッポラのメモリアルブック『Andrew Durham SET PICTURES』の編集も手掛けています。


そんな林さんが企画・編集・執筆する雑誌『here and there』は、同世代を生きるアーティストとの対話から紡ぐ個人雑誌、

デザインは『ISI PRESS』なども手掛ける服部一成。

今回は3年ぶりの最新号 HYACINTH REVOLUTION issueの発売を記念したイベントとなります。


既に店頭に到着している最新号、

表紙はCenter for Cosmic Wonderの庭で撮影されたものだそう。

タイトルにもなっているテーマの“ヒアシンス革命”とは、

2017年秋から冬にかけてヒアシンスの球根を育てる、といった共有体験からそれぞれのアーティストから生まれたものを紙面で発表してもらうという参加型プロジェクト。

初参加となるアーティストには金氏徹平、ミヤギフトシ、平山正尚の名前も。


ヒアシンスがアート(あるいは記憶、記録、思い出)になるということ

言葉になる、絵になる、写真になる瞬間が、この一冊に詰まっています。


here and thereのホームページも素敵なのでぜひご覧ください○

https://hereandtheremagazine.com/


また、今回のイベントでは、

自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティメディア『She is』と合同開催。

期間中は『here and there』最新号、その関連物、

『She is』関連商品を販売・展示致します。


『She is』は現代を生きる女の子がここにいる、ということ

その存在を肯定し、守り、抱きしめながら、この世界へ伝えつづけるメディアです。

https://sheishere.jp/



会期終了日の12日(日)15:00~は、

『here and there』の林央子氏と『She is』編集者の竹中万季氏によるトークショー「編集と情熱」を開催致します。

※先着30名 電話予約。


伝えつづける編集者たちの想いを、

彼女たちの世界を、

夏のはじめに、探しにいらしてください。


詳しくはこちらより↓


ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

【DEVILMAN crybaby meets BEAMS JAPAN-SABBATH SHINJUKU-】開催のお知らせ

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は次回開催のポップアップストアのお知らせです!





ビームス ジャパン4Fにて、7月18日(水)~7月31日(火)の会期で

アニメーション作品「DEVILMAN crybaby」とのコラボレーションによるポップアップストアを展開いたします!

昨年、「夜は短し歩けよ乙女」にて日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞を、

「夜明けを告げるルーのうた」では2017年フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞(最高賞)を受賞した湯浅政明監督による「DEVILMAN crybaby」。

原作者である永井豪氏の画業50周年記念として制作されたNetflixオリジナルアニメ作品です。

1972年に発表された原作コミック「デビルマン」のストーリー骨子はそのままに、設定やプロップを現代に置き換えることによって新たな価値観を創出し、国内外から非常に高い評価をうけています。

また、作中の登場人物の衣装スタイリングをビームスが担当しました。

今回のポップアップストアでは、キャラクターデザインを手がけた倉島亜由美氏描き下ろしのキービジュアルをはじめ、

本作のアートディレクション全般を手がけた阿閉高尚氏によるアートワークの展示、

<TOKYO CULTUART by BEAMS>によるTシャツのリリースなどにより、

ファッションやアートの観点から「DEVILMAN crybaby」の世界へのアプローチをいたします。


会期に合わせて発売となる<TOKYO CULTUART by BEAMS>のTシャツはこちらの3デザイン!


 

DEVILMAN crybaby × TOKYO CULTUART by BEAMS “crybaby.”
Designer:Takahisa Atsuji
PRICE:4,000yen + tax
SIZE:M、L、XL
DEVILMAN crybabyのタイトルにもなるほど本作で印象的な「涙」。原作コミック「デビルマン」の明とサタンが涙を流すシーンをコラージュすることで、ふたつの作品のミッシングリンクを埋めるビジュアルになっています。

 

 


 DEVILMAN crybaby × TOKYO CULTUART by BEAMS “DEVILCAT”

Designer:Takahisa Atsuji 

PRICE:4,000yen + tax

SIZE:M、L、XL

作中に登場する悪魔と融合した猫を、ローファイ感あふれるタッチでTシャツ化しています。バックネック部分には原作コミックロゴ風の「クライベイビー」が描かれています。



DEVILMAN crybaby × TOKYO CULTUART by BEAMS “GO TO HELL”

Designer:Takahisa Atsuji 

PRICE:4,000yen + tax

SIZE:M、L、XL

DEVILMAN crybabyの第9話タイトル(のグローバル版)であり、原作コミックでも重要なシーンで放たれる「地獄へ堕ちろ 人間ども」をストリートコンシャスなタイポグラフィでTシャツに落とし込みました。バックにはボディカラーと同色で激情を迸らせたデビルマンの目がプリントされています。 


その他、DEVILMAN crybaby × ナタリーストアの人気コラボアイテムの展示販売もございますので、お楽しみに!
お問い合わせはビームス ジャパン4Fにてお受け致します。


詳細はこちらより↓


ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----



記憶を紡いで、『少女邂逅』写真展開催中!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は開催中の写真展をご紹介!

6月30日より全国公開となった映画『少女邂逅』。

その公開を記念した写真展【あの子とわたし、記憶の糸口】が現在好評開催中です。

写真展は前期と後期で分かれており、

前期の先週は、映画撮影時のオフショットを中心とした展示。


撮影前のリラックスした表情や

カメラマンや撮影隊の裏側、

クランクアップの瞬間など、

ひとつの映画が、大切につくられていった記憶が目に映る写真ばかりでした。


公開前日の6月29日には前夜祭としてトークイベントも開催致しました。

予約席は満員となり、立ち見もできるほど!


枝監督と、主演の保紫萌香さん、モトーラ世理奈さんによる映画撮影時の裏話、

香港国際映画祭と上海国際映画祭へ行かれたご感想、

そしてこれからの映画を引っ張ってゆく3人の熱い想いが溢れたイベントとなりました。


トーク後にはサイン会も。

ポスターにも描いて頂きました!


そして、3人が着用しているのは今回の展示に合わせて制作したTシャツです!

刺繍ロゴが可愛いタイプと、

背中に写真がプリントされたタイプ。

どちらも可愛くて着易いデザインです~


各型 XS/S/M/L

¥4,800+tax


トートバッグ

¥3,800+tax



映画でも、現在Youtubeにて配信中のスピンオフドラマ『放課後ソーダ日和』でも鍵となる、クリームソーダ。

そのモチーフを刺繍にしました!


キャップ

¥4,000+tax


劇場パンフレットはこだわりの一冊。

本棚に大切にしまいたくなる、そして何度も取り出しては読み返したくなる、手紙のようなパンフレットです。

¥1,112+tax


そして写真展は、本日より後期がはじまりました!

香港国際映画祭へ公式出品された際、撮り下ろした写真の展示です。

ミユリと紬が、日本を飛び出して香港へ行ったような一枚一枚。

写真展では、枝監督が実際に現場で使っていた台本が!

書き込みやカットされたシーンも見どころです。


そして、枝監督の想いは、公式サイトのインタビューでもじっくりと感じ取ることができますよ~


写真展は7月16日まで。

映画は新宿武蔵野館(ビームス ジャパンから歩いてすぐ!)をはじめ、全国公開中です。


詳細はこちらより↓



ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----


映画『少女邂逅』公開記念写真展 『あの子とわたし、記憶の糸口』開催

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、来週から始まるこちらのイベントをご紹介いたします!

映画『少女邂逅』公開記念写真展 

【あの子とわたし、記憶の糸口】を6/28(木)~7/16(月)の会期で開催致します。


24歳の若手映画監督、枝優花監督の初長編作品『少女邂逅』が6月30日より新宿武蔵野館をはじめ全国公開となります。

公開前より、国内ではMOOSIC LAB 2017観客賞を受賞し、

国外でも

香港国際映画祭

上海国際映画祭

の映画祭に正式出品され、現地では監督にファンが長蛇の列をなすなど、熱さを感じる映画です。


物語は監督自身が14歳で経験した出来事を基に

少女だけが知る痛みや切なさ、

たった一人の誰かに出会う慈しみ、

何気ない一瞬のかけがえのなさ、

大人になると忘れてしまいそうだった瞬間が、映画のなかに映し出されています。


映画を豊かにする音楽は「転校生」で活動していた水本夏絵が担当し、さらに映画の儚い世界観を演出しています。


そして少女二人を演じるのは、今注目を集める保紫萌香とモトーラ世理奈。

ただ可愛くて、美しいだけじゃない、

この二人でなくてはいけなかったのだと、映画を観ると確信します。


そんな『少女邂逅』の写真展をビームス ジャパン4Fにて開催致します。


本展では一週目を映画撮影時のメイキングやオフショット写真の展示、

二週目を香港国際映画祭で撮り下ろした写真の展示と内容を変えて映画の世界観を表現したものとなっています。


また会期前より、ビームスだけの特別ビジュアルチケットが発売中です!


ペアなのも、このデザインなのも、店頭でしか手に入らない特別なチケットとなっております。



特典のステッカーもご用意がございますよ~


限定数となっておりますので、お早めにお買い求めください!



また、映画公開前日となる6月29日には前夜祭としてトークイベントを開催します。

ゲストは枝優花監督、保紫萌香さん、モトーラ世理奈さん。

劇場パンフレットをご予約頂いた先着30名様となります。

お電話・店頭にて承っております。

お席残りわずかとなりましたので、こちらもお早めにお問い合わせください!


会期中には限定グッズの販売もおこないます。


買い物をしていたら、不意に、大切だったあの子のことを思い出してしまう。

一瞬だったあの頃を愛しくおもってしまう。

そして映画館の暗闇で、たったひとつの物語に邂逅してしまう。


そんな、映画と出会うひとつのきっかけになればと思います。


詳細はこちらより↓



ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

開催中!【LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―】

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


今回は、現在開催中のこちらをご紹介!

j

【LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―】

会期中、スケーターの皆さまをはじめ多くご覧いただいています!



伝説のあのボードから、立体作品、写真まで、パネル前面にスケーターカルチャーが詰まっています。

じっくり見れば見るほど、奥深さを感じますね~


数々のブランドとのコラボレーションを手掛ける、〈BENICOTOY〉デザインのボードをはじめ、


〈WOODBRAIN〉や〈A24 Gomyo〉の作品もございます。


展示がメインとなり、販売しているものは少ないのですが、

Tシャツやサングラス等のご用意御座いますよ~

数少なくなって参りましたので、お早めに!


ボード作品だけではなく、ストリートカルチャーを担うアーティストの作品も多数展示しています。


スケーターカルチャーを独自で表現するアーティスト〈KIZM〉作品や、


精巧な仕上がりで世界的な技術を誇る、石渡誠〈CORE〉作品。

国内外で個展を開催するアーティストです。


〈アレクサンダー・リー・チャン〉の、ストリートを軸としながら、突飛なアイデアが生きたアイテムも今回展示しています。


この他にも、ご紹介しきれない作品、アーティストが多数!

展示は26日(火)まで。

ご来店お待ちしております!


詳細はこちら↓


ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----


【LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―】開催します

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


今回は、次回開催の展示をご紹介致します!


6月12日(火)~26日(火)の会期で

【LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―】を開催致します。


ストリートカルチャーの中心的存在として、日本でもスケートボードの認知度は高く、文化的発信をし続けています。

カルチャーの分野のみならず、アートやファッションなど、様々な分野でも大切な表現のひとつとなっています。


カルチャーでありながら、スポーツでもありますよね。

2020年の東京オリンピックでは、正式種目として採用されました!

世界的なスポーツとして、競技として、認められ、注目を集め続けています。


今回の【LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―】では

展示タイトルにもなっている、

“ラブ・スケートボード” 

をキーワードに、日本を代表するスケーター、写真家、アーティストを集めたものになっています。


<TOKYO CULTUART by BEAMS>にて取扱いのある作家さんをはじめ、

今回の展示に合わせてスケートボードの魅力を様々な出展者さんに表現して頂きました!


出展者(グループ)は、
AKI AKIYAMA・KATSU AKIYAMA・T19・OSAKA DAGGERS, Chopper・YOSHIRO HIGAI・ESOW・FESN laboratory Takahiro Morita・MURAKEN・HITOTZUKI・DISKAH・NAOMI KAZAMA・RYUJI KAMIYAMA・TAKAO NIIKURA・KIZM・BENICOTOY・MxMxM・CREAM GRAPHICS・ALEXANDER LEE CHANG・CORE・HYDRO Shape & Designs Kiyotaka Ando・MO3 Ryosuke Kenmochi・A24 Gomyo・Bird Creation George Kodama・matsu・ysk-q Yusuke Mukaiyama・dajac Yukine Matsuta・PARADOX Hirotton・Revel KOMI・ dig wood works・bluth skateboards Sugi・KOMJK.M.J.K.& Komi・WOODENTOY Koji Oba  GRAIN-ON SKATEBOARDS Kosuke Yamauchi・WOODBRAIN・INARI Masahiko Sano

(順不同)

 

です。


展示初日である6月12日(火)の18:00〜20:00には、オープニングパーティーも開催致します。

ご興味のある方は是非お越しくださいませ。


詳細はこちらより↓




ご不明点などありましたら、お気軽に4Fへお電話・お問い合わせください。


ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

〈instax SQUARE SQ6〉×<TOKYO CULTUART by BEAMS>コラボレーションアイテム発売!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


今回は、特別コラボの、こちらをご紹介!

5月25日に発売された、「instax SQUARE SQ6」。

シャッターを押せば、その場ですぐにプリントできるインスタントカメラ「instax(インスタックス)」シリーズ。

その新しいラインナップとして発表され、

従来の長方形ではなく、スクエア型のフィルムに対応した新型になります。


実際に撮影したものがこちら。

いつもの店内に、ぐっと雰囲気が増しました~。

いつもの日々が、ぐっと大切なものになりますね。


通常のカメラのように、明るさの調整や接写モード、二重露光モードまで搭載されており、

「上手に撮れてたかな…」と心配することなく、インスタントカメラを楽しむことができます。



ビームス ジャパン 4Fでは、その発売を記念して「instax SQUARE SQ6」の実機に加え、


コラボレーションアイテムを販売中です!



コラボレーションアイテムは、コラボレーションロゴを使用した半袖Tシャツ2型と長袖Tシャツ1型をはじめ


〈diagnl(ダイアグナル)〉と制作したカメラ用ストラップ、


人気のバッグブランド<FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)>別注のカメラ用バッグなど、実用的なアイテムもご用意しております!


カラフルなキャップは7色ご用意!

ロゴがキャッチーで、カラーによって雰囲気も変わりますね~

気分によって使い分けるのも♪


5月のおわり、

春と夏のすき間に、

このカメラで、あなたの目に映ったすべてが残りますように○


コラボレーションの詳細はこちらより↓





ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

<SELLOUT>×<UNDERCOVER>コラボアイテム!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯

 

会期残りわずかの【SELLOUT Leather work exhibition*2】よりファン必見の情報をお伝えします!



二度目のエキシビジョンを記念して、<SELLOUT>×<UNDERCOVER>コラボレーションアイテムが会場限定で発売中です!


デザイナーの柳井氏と親交が深い<UNDERCOVER>さんに、今回の為にデザインして頂いたTシャツ。

バッグプリントには両ブランドのロゴが混ざり合っています!



夏らしいホワイトと


シックに決まるブラックの二色展開。


サイズはS/M/L/XL

¥9,000+tax


サイズ感は少し小さめなので、女性でも◎

会期中、会場限定での販売となります。

これからの季節に活躍する、特別なTシャツを手に入れてくださいね。



残り三日となりましたが、月曜日と最終日の水曜日には柳井氏が在店予定です。

アトリエをイメージした店内で、実際にレザーが縫い上げられる様子をはじめ、

制作工程をご覧いただけます。

ビームス ジャパン公式インスタグラムでは制作ムービーを公開中!

そちらも是非ご覧下さい。

丁寧に、ひとつひとつ縫われている工程を見ていると、そのものへの気持ちも、ぐっと高くなりますね。

この機会に、その目に映して、心に残してください。


詳細はこちらより↓

http://www.beams.co.jp/news/939/


お問い合わせなどお気軽に、店頭・お電話でお待ちしております。


ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

【SELLOUT Leather work exhibition*2】スタート!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、金曜日からスタートしました、こちらのイベントをご紹介いたします!

5月11日(金)〜23日(水)の会期にて、柳井康正氏によるレザーブランド<SELLOUT>のポップアップが再登場!

ビームス ジャパン 4Fで二度目の開催となる今回は

【SELLOUT Leather work exhibition*2】と題して、前回よりパワーアップしたエキシビジョンとなっております!



前回同様、階段を登った先にレザーアイテムがお出迎えしております。




今回のポップアップでは革小物がサイズ・素材違いで多数揃っております。

羊革を使用したものをはじめ、


馬革を使用したものまで。

この2型は5サイズ展開で、

ポーチとしても、付属の紐を通せばサコッシュとしても活用できます!



今回のポップアップでは特別に、柳井氏のアトリエを店内に再現しました!

目の前で、レザージャケットや革小物の制作風景をご覧いただける、貴重な機会ですよ~



柳井氏が実際に制作している様子です。

ものづくりをされるデザイナーさんのまなざしは、まっすぐで、尊くて、

目の前で見ていると、一点一点に込められた手や心に、胸が熱くなります。




そして今回は「革ジャン屋が縫うヘビーデューティーなスタジャン」

として、スタジャンのオーダー会も開催しております!

レザーとウールを自由に組み合わせることで、自分だけの一着を作る事が出来ます。

柳井氏の在店中は、ご一緒に相談しながらお受けできます。

お渡しは秋前に。とっておきの秋のプレゼントをご用意できる機会です!


他にも今回だけの特別アイテムがございますが、その紹介は来週のブログにて!

インスタグラムでも制作風景やアイテムを掲載しておりますので、ぜひご覧ください。


実際にレザーアイテムを触り、デザイナーの制作現場を見られますので、特別な時間を店内でお楽しみいただけますよ。

ご来店、お待ちしております○


詳細はこちらから↓




会期:2018年5月11日(金)〜23日(水)

場所:BEAMS JAPAN 4階 トーキョー カルチャート by ビームス  .


<柳井康正氏在店スケジュール>

5月14日(月) 休み

5月15日(火) 15時〜20時

5月16日(水) 15時〜20時

5月17日(木) 15時〜20時

5月18日(金) 休み

5月19日(土) 15時〜20時

5月20日(日) 15時〜20時

5月21日(月) 14時〜19時

5月22日(火) 休み

5月23日(水) 15時〜20時



柳井康正(革職人)1969年横浜市出身

1991年文化服装学院アパレルデザイン科卒業。93年オリジナルブランド「INSIDE OUT」をスタート。1998年恵比寿にアトリエ兼ショップをオープン。02年頃より「Mountain Research」の革衣料を手掛ける。平行して「SELL OUT」と名称を変更してオリジナルを展開。「UNDERCOVER」や「NEIGHBORHOOD」とWネームでレザーアイテムを製作しており、2017年トーキョー カルチャート by ビームスでのエキシビションでも、「NEIGHBORHOOD」と共同でライダースジャケットを製作。 .



お問い合わせなどお気軽に、店頭・お電話でお待ちしております。


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----


 

アートに映されて

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、新しくお取扱いすることになりました、

二名の作家さんをご紹介致します♪


まずは、<冨田悟(Satoru Tomita)>さん。

昨年秋に大阪で開催されたアートイベント【UNKNNOWN/ASIA 2017】にて、永井秀二賞を受賞した作家さんです。

1988年生まれ、兵庫県出身で幼少期より工作などに親しみ、

高校卒業後にはデザイン系専門学校にてイラスト・デザインを専攻。

その後絵画制作をスタートさせ、

現在は中学時代に心酔したアイドルやパンクロックをテーマを中心に制作しています。



“かすれたアウトラインも、

失われた色も、

なつかしい写真を見たような、

新しい朝を迎えたような、

昔からそこにいて、

これから先もずっとそこにいる。”


“アイドルを、命と宇宙と時間に見立てて、絵に描いています。”


コンサート会場などで購入した、プロマイドが封入されていた封筒をベースに、当時のアイドルを描いている今回の作品群。

大好きだったあの子、光の中の少女たち。

アイドルの儚さや一限性までも、絵に映され、描かれているよう。

見れば見るほど、切なさで胸がきゅっとなります。


次にご紹介するのは、海外でも人気のこちらの作家さん!


ポップでチャーミング、けれどダークネスで、ちょっと不思議な世界を描く<Kousuke Shimizu>。

1985年生まれで東京を拠点にさまざまな手法で作品を制作し続けています。

現在はグラフィックDIYアーティスト・アートディレクター。

日本のみならずヨーロッパでも個展を開催し、

アメリカの大手アパレルブランド<STUSSY>や広告媒体に作品を提供するなど、国内外にファンが増加中です。


今回は平面作品を数点お取扱いしています。

キャッチーなキャラクターから


ダークでアメリカンなこちらまで幅広くございます。


ゴールデンウィークも終わり、日常に戻りますが

アートがあるだけで世界は拡がり、

芸術があるだけで心が豊かに、

生きることを、日々を、新しく生まれ直してくれます

心を映されたような絵画や作品が、待っています!

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>で、あなただけのアートに出会ってください○

お気軽にお電話や店頭でお問い合わせくださいませ。


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

物語に住む <Needolls>の仲間たち

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日はファンの皆様お待ちかね、あの仲間たちのご紹介です♪


<Needolls>から、新しいキャラクターたちがビームス ジャパンにやって来ました!

やって来ては、あっという間に飼い主が現れる、まぼろしの生き物でもあります。


“Needolls”という世界のなかに生息する、不思議な物語のキャラクターたち。

一点一点ハンドメイドで、この世界に生み出されました。


今回も個性豊かな仲間たちが、集まりましたよ~


CRYSTAL

¥15,800+tax



ROEBUCKS

¥17,800+tax



TOTEM

¥18,500+tax


この愉快な仲間たちが、あなたとの新しい物語、冒険のはじまりを待っているかもしれません!

ぜひ、店頭で出会ってください♪



今回はキーホルダーも入荷しています!

¥2,200+tax

“Needolls”の世界の一員、その証になるかも!?


人気商品となっておりますので、お早めにお問い合わせください。


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

宴、海二千山二千會!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

本日は4/27(金)に開催される【宴】の4Fイベントのご紹介です!


リニューアルオープンから2年。

皆様へ日々の感謝を込めまして、感謝祭【宴】を開催致します。

各階、この日だけの、特別なイベントをご用意しております…!☆

4Fでは、

4/25(水)~5/9(水)の

【海2000山2000會 U.L.H.エキシビジョン

から、

ライブシルクスクリーンを開催!


13:00~17:00のお時間で

お持ちいただいたアイテムに、シルクスクリーンをプリント致します。

デザイナーの神山隆二氏の限定モチーフなので、特別な仕上がりに!


【宴】は18:00スタートですが、

一足先にお祭り気分を味わいにいらしてください♪


そのほか、エキシビジョン限定のアイテムもご用意がございます。


ロゴ入りてぬぐいや


千鈴、



コップなどなど、取り揃えております!


スタイリストの石川顕氏とアートディレクターのジェリー鵜飼氏、デザイナーの神山隆二氏による<ULTRA HEAVY>

千代田高史氏と立沢木守氏による<海2000山2000會>

の2つが合わさったイベントになります。


海2000山2000會のコンセプトでもある、

目にみえない、

言葉で説明できない、

けれど大切な、

心へ沁みわたるようなアイテムが待っています。


お祭りの日、特別な何かを見つけにきてください!

心よりお待ちしております。


【宴】の詳細はこちらから↓


4Fイベント詳細

【ライブシルクスクリーン】

日時:4/27(金)13:00~17:00

場所:ビームス ジャパン4F


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

♪パジャマでおじゃま♪

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は新入荷のこちらをご紹介!


<HIMAA>より

たくさんのおうちでごろごろゆるゆるシリーズが揃いました~


ビームス ジャパン4Fでも大人気の平山昌尚さん(HIMAA)のアイテム。

シンプルながら、HIMAAさんにしか生み出せないデザインです。

こちらのステッカーをご覧になられた方も多いのでは?


日本だけでなく、アジアやヨーロッパにもファンが多く

スイスやハンガリーからも出版されていたり、

海外のアートフェアにも招致されたりと、

国境を越えて愛されています。


他にもこのようなスウェットやキャップなども、人気が止まらないアイテムです。


そんな<HIMAA>から、さらにゆる~やかな、アイテムが新発売!


…はっ

ゆるさのあまり、顔が変わりました。


ではなく、ウトウトしちゃって、顔を特大クッションで隠して居眠り中(ひみつですよ!)。

それもそのはず、パジャマですもの!


このパジャマは「外でも着られるパジャマ」のパジャマブランド<NOWHAW(ノウハウ)>によるもの。

今シーズンでは<HIMAA>のコラボレーションが実現したのです!

<NOWHAW>にはデニム地のパジャマや、可愛いナイトキャップがあったり、これまでのパジャマの概念が覆ります。

今回はまくらも。


このコラボパジャマも、家で着るだけじゃつまらない!


スーパーバッグもご用意があります。

このままスーパーにも行っちゃう!?と思わず出かけたくなりますね。

(でもまくらは手放せない...)


おうちでゆる~り、アートを着る生活、始めませんか?


お電話・店頭でぜひお問い合わせください♪


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

〈MAKOO〉オーダーワークショップのお知らせ◯

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、【MAKOO(マコー)『2nd living』POP UP SHOP 2018】で実施する、1日限定ワークショップのお知らせです!

4月5日(木)12:00 〜 18:00の間で、

MAKOO初となるオーダーバッグのワークショップを開催致します!

予約などは不要で、お好きなお時間にお越しください。


ワークショップ内容は、


・バッグは本体(3カラー)

・ベルト(4カラーと長さが2タイプ)

・好きな数字プリント(なしでも可)


から、自分だけの特別な組み合わせでお選び頂けます。


POPUP期間中もオーダーはございますが、

完成まで数日お待ちいただく形になります(詳しくは先週のブログをご覧ください)。

ですが、このワークショップでは、その場にてMAKOOスタッフが製作し、当日中にお渡しが可能に!


MAKOOさんの、ものづくりの現場を目の前で覗くことが出来る、貴重な機会でもあります。

普段は聞けないオイルの塗り方等のレザーメンテナンスについてもご質問などできますよ!

春のはじまりの一日が、良い体験になりますので、ぜひお待ちしています♪



バッグ本体は3カラーのご用意で、いずれもリバーシブル仕様。

・レッド×グレー

・ブルー×ナチュラル

・イエロー×ナチュラル

春によく似合うぴったりの色、探してください○



ベルトはレザーとストライプの両面で、お好きな面を表にできますよ♪


あなただけの、たったひとつのバッグ。

きっと特別で、愛しいものになるかと思います。
永くお使いできる、この春だけでなく、何度も季節を一緒にめぐってくれますよ。

そんなものづくりとの出会い、お待ちしております○


ご不明点などございましたら、お気軽にお電話等でお問い合わせください!


↓詳細はこちら


 <MAKOO オーダーバッグワークショップ>

【日時】4月5日(木)12:00 〜 18:00

【場所】BEAMS JAPAN 4F

東京都新宿区新宿3-32-6

TEL : 03-5368-7300

TOKYO CULTURET by BEAMS



ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----


【MAKOO(マコー)『2nd living』POP UP SHOP 2018】開催中!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は、スタートしたばかりの【MAKOO(マコー)『2nd living』POP UP SHOP 2018】のご紹介です!

リサイクルレザーのブランド<MAKOO>のPOP UP SHOPを323日(金)〜415日(日)の会期にて開催中です。

<MAKOO>は、エシカル(倫理的)消費=環境や社会に考慮したものづくりを行なうブランドです。

使用されるリサイクルレザーは、革の端材を粉砕したものにラテックス樹脂を25%ほど混ぜた再生レザーで、洗濯が可能な素材になります。

そのため、ジーンズのように日常使いのレザーとして、ラフにお使い頂けます。


4Fイベントコーナーにて普段お取り扱いのあるアイテムに加え、期間限定や別注アイテムを集めました!

今回のテーマ『2nd living』は、バルコニーやデッキ、ベランダなど外の空間を室内の延長とし、

2のリビングルームとして新しい充実した日常生活を提案できれば、という願いが込められています。

春の空気を感じながら過ごす、豊かな時間を、MAKOOのアイテムが演出致します!


入口には<MAKOO>さん手作りの等身大パネルが!(隣に並んで記念写真を♪)


ポールには使い込んだアイテムもサンプルで並べているので、経年変化をご覧いただけます。

革と紙の中間のようなパリパリとした質感は、使い込むほどに柔らかく馴染み、同時に年が経つごとにヴィンテージ感のある素材へと変化していきますよ~。



普段取扱いのあるアイテムや、プリントがされたもの、



春らしいホワイト、グレーのアイテムも!

塗装されているので強度があり、色落ちや移りの心配もなくご使用いただけます。


そして今回の別注アイテムはこちら!


shopper S

¥4,800+tax

BEAMS JAPANのショップ袋がMAKOOの手によってレザーバッグに!?

内側まで忠実に再現されています。



shopper M

¥6,000+tax

実際に手に持つと、見間違うほど…!?



sacoche

¥3,000+tax

人気アイテムのサコッシュも!

BEAMS JAPANのロゴ入りはここだけの限定ですよ~



そして今回のイベントで初の試みとなるのがこちら!



カスタムオーダー会!

バッグ本体(3カラー・両面でカラーが異なります)

ベルト(4カラー・長さ2タイプ)

お好きな数字のプリント

をお選びいただき、約一週間で出来上がりとなります。



ベルトの長さは長いもの、短いもので掛け方や雰囲気が変わってきますね~

本体の色味も、春らしい鮮やかなものばかり!



ナチュラルな色味はギフトでもおすすめです。

差し上げる方のラッキーナンバーやお誕生日など、お入れしては?


このほかにも、ご紹介しきれないアイテムが盛りだくさん!

ぜひ春のお供に、お散歩に、MAKOOはいかがですか?

お電話等でもお気軽にお問合せ下さい♪


詳しいイベント概要はこちら↓

MAKOO(マコー)『2nd livingPOP UP SHOP 2018

at BEAMS JAPAN 4F TOKYO CULTUART by BEAMS


会期:323日(金)〜415日(日)

会場:BEAMS JAPAN 4階 トーキョー カルチャート by ビームス

東京都新宿区新宿3–32-6  BEAMS JAPAN 4F  TEL 03-5368-7300

営業時間 午前11時 〜 午後8時 



ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----


あなたへ癒しを、イルカセラピー*


ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日は新しくカルチャートの仲間になった!?

セラピストさんのご紹介です


ご紹介しましょう、<イルカのイルカくん>と申します。

職業は人々に癒しを与えるセラピスト!

Twitterのフォロワーはなんと2万人超、

インターネットから私たちの日常を癒してくれています。

(という私もヒーリング効果を受けています、ありがとうイルカくん!)


今回来てくれたイルカくんは、両手を頭上にぐ~っと上げているポーズを取ってみなさんをお待ちしています。

実はこのポーズにも、セラピストならではの意味があるんです!



そう、イルカくんがあなたのお香を両手でキャッチ!

今回のイルカセラピーは、お香を使って受けられますよ♪

(※お香のサイズによって立たない場合がございます。ご注意ください。)


イルカくん、後ろ姿もチャーミング…

しっぽが何とも愛おしいですね!


イルカくんの体内を伝って、あなたを癒したお香が溜まっていきますので

イルカセラピーを受けられる(ご使用の)際は、お皿の上などにイルカくんを置いて下さいね。



ダブルイルカくんだと癒し効果は倍に…!?


トリプルだとどうなるんでしょう…

前回販売していた水色と白のイルカくんと、今回のグリーンイルカくんを並べたいところですね!

ぜひコンプリートして更なる癒しを手に入れてください♪



<ILLCKR INCENSE STAND>

¥7,000+tax


店頭での販売となりますので、お気軽にお電話などお問い合わせください。

イルカくんとお待ちしています♪

ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

ついに開店!?せーの、むしざんまい♪


ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯


本日はニューオープン!?お寿司屋さんのご紹介です!


その名も…

「むしざんまい」!

(あれ、どこかで聞き覚えのあるような…。そして手のひらを広げそうになりそうな…。)


ですがこの新しいお店では、食べられないお寿司がくるくる


回って…ない!?

いやいや、そんなことない、お寿司が目の前にやってきました!

食べる前にうっとり眺めてみるとしましょう


あなご、美味しいですよね~

とろりとかかったタレがまた食欲をそそります

さてさて、そろそろ食べましょうか!

あれれ、何でしょう、この口先についているものは…


シャリに穴が、そしてそこから伸びているものが…

こんなお寿司初めてですねぇ



…みなさん、そろそろお気づきになりましたか?

早い段階でピン!ときた方、さては海へ、川へ、行かれてますね?


ここはすし屋じゃない、つり屋だったのです!

架空の寿司屋「むしざんまい」は、

ルアーブランドを手掛ける<痴虫>の松本光弘氏によるもの。

この一見お寿司にみえるものは、実はルアーだったのです!

その名も、寿司ルアー。

釣ったお魚がお寿司を咥えているなんて!

もっと釣りが楽しくなってしまいますね~


こちらは こはだ。

一枚上のネタは赤貝と梅おにぎりです。(お魚くわえたおにぎり~♪)


他にもたくさんのお寿司のご用意ありますよ♪

<寿司ルアー>¥7,200~



そしてお寿司屋さんと言ったらコレですよね!

<ちむし湯のみ>

¥1,700+tax


よくよく見たら、「痴」や「虫」

そして見たことのない漢字、でも釣りでおなじみあの魚がいるかも…!?

湯のみ本体は陶芸本窯でしっかりと焼かれており、本格的。

文字は立体的に見えるようになっています。



そして最後は

<むしざんまいTシャツ>

¥4,000+tax

ショップオリジナルのTシャツって、常連ならば持っていたい!

すでにお醤油のシミが付いているので、こぼしてもバレない…かも!?

文字のデザインはどこから来たのか、お分かりの方は釣りマニアですね!


TOKYO CULTUART by BEAMSには

他のどこにもない、こんなお店もあるんです!

いかがでしたか?

ビームス ジャパン 4F、並びに、むしざんまいへのご来店、お待ちしてます♪


ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo

-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

<tategami>POP UP SHOP開催中!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯



前回のブログでもお伝えしました、

【<tategami>POP UP SHOP – 2018 - 19 TOOL series Exhibition - 】がついに始まりました~!



店内の一部が、素敵な<tategami>のワークでアートな世界観に…!


工具や本が至るところに散らばっており、

服の隙間に、上に、下に、楽しいものたちが隠れていますよ。

この空間デザインを手掛けるのは、<HIGASHI-GUMI(東組)>。

ブックショップエディター、表具師、クリエイターなど、様々なバッググラウンドを持つメンバーが集うチーム。

彼らの複合的な視点から、新たな空間が生み出されています。


そしてその空間は<tategami>のアイテムたちが並ぶことで生き生きと、完成しています。



デザイナーの鷲頭さんのオススメはこのジャケット。

Bagless JACKET(NAVY,S/M/L)

¥62,000+tax

※納期4月末予定


ボタンの隙間にある大きなポケットは、深く広い作りになっているため、鞄いらず!

そして特殊なデニム生地を使用しているので、伸縮がよく、着心地はとても柔らかで軽やかに春に羽織れそうです~


なんと背中には大きなジップが…!

鷲頭さんは4年ほど愛用しているそうで、ここにはiPadなど入れて自転車に乗られるそうですよ(便利…)!


そしてこちらも注目のアイテム、海外のメゾンも手掛ける帽子職人<NOBUKI HIZUME>とのコラボレーション

Word famouse(S/M)

¥18,000+tax

※納期3月末予定


つばの部分には『N』のステッチが入っていること、お気づきですか?

仔細でさりげないデザインが心をくすぐりますね~


モチーフとキャップ本体のカラーはご自身で選ぶことができます!

私もどの組み合わせにしようか考え中です。

わくわく、春を想像しながら悩んでしまいますね~


基本的に商品はオーダーとなりますが、

こちらのTシャツは即日お渡しできますよ!

¥4,500+tax(S/M/L/XL)


イラストレーターのピオレッティ・アレッサンドロの描き下ろし。


こちらのタイプもございます。


この他にもパンツや足袋など、様々なアイテムが揃っています!


デザイナーの鷲頭マコトさんも在廊しておりますので、アイテムのご相談もできますよ~

ご来店お待ちしております♪


↓イベントの詳細はこちらをクリック



ブログお読みいただき、ありがとうございました○

kubo



-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----

【「tategami」POP UP SHOP – 2018 - 19 TOOL series Exhibition - 】開催します!

ブログをお読みの皆さま、こんにちは!

ビームス ジャパン 4Fの久保です。

<TOKYO CULTUART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)>より、アートなニュースをお届けします◯

本日は、次回開催するイベントのお知らせです!



216日(金)〜25日(日)の期間限定で、【tategamiPOP UP SHOP – 2018 - 19 TOOL series Exhibition - 】を開催いたします。


「Tategami」とは、コアに働く個人と企業の日常を衣服でデザインし、見た目を超えた機能や素材を文化の象徴として追求する日本のワークウェアブランドです。

2014年、パリのマレにある小さなギャラリーで初めてプロダクツを発表しました。

外敵から身を守りつつ、力強く、優美な佇まいも兼ねそろえている 自然界の機能美「TATEGAMI・タテガミ」がブランド名の由来となっています。


デザインを手掛けるのは鷲頭マコトさん。

1975年東京生まれ。

祖父が昭和天皇の靴職人に従事していた影響で、幼少期よりファッションに興味を持ち、2001BEAMS勤務後、スタイリストのアシスタントを3年勤務しました。

独立後、株式会社4D を設立し、その後2011~12年は渡仏。

PV,舞台の衣裳 製作を機に、スタイリストとデザイナーの2本柱で国内、海外のプロジェクトに参加し、

 フランスの人間国宝ジャンポールゴルティエとのプロジェクト「TOYOTA」のワールドキャンペーン にスタイリストとしても参加した経歴を持ちます。

2014年にパリのギャラリーで自身のブランド「tategami」を発表し、

現在はエイベックス、世田谷区福祉作業所、長野上伊那農業高校などジャンルにとらわれない様々な企画やワークウエアーのデザインに関わっています。

また自社以外のワークウエアブランドのデザイナーも兼任中といった、多岐にわたるファッションに従事しています。


今回のPOP UP SHOPでは、様々なビックメゾンを担当する「NOBUKI HIZUME」が縫製する全く新しいスタイルのキャップをはじめ

京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」のサンダルから試行錯誤の末カタチになった足袋、

人気のイラストレーター「ビオレッティ・アレッサンドロ」によるプリントTシャツなど

その他各界のクリエーターとのコラボアイテムやtategami」のオリジナル商品が登場します。


「tategami」ならではの目に新しいわくわくをお届けしますので、お楽しみに!


また、2月16日(金)には18:00~20:00にてオープニングレセプションを行います。

先着10名様にはプレゼントのご用意も…!早い者勝ちですよ~


お問い合わせ、ご来店お待ちしております!

【イベント詳細】


tategamiPOP UP SHOP – 2018 - 19 TOOL series Exhibition - 


会期:2018216日(金)〜 225日(日)

場所:BEAMS JAPAN 4

   160-0022 東京都新宿区新宿3−32−6

   TEL 03-5368-7300

 

オープニングレセプション:2月16日(金)18:00 – 20:00

*先着10名様にプレゼントをご用意しております。




ブログお読みいただき、ありがとうございました○


kubo



-----/////////////------------------------------------

          BEAMS JAPAN 4F
         <TOKYO CULTUART by BEAMS>
         ☎︎03-5368-7328

-------------------------------------------/////////----