BATONERより。大人なBASQUE SHIRT。

いつもご覧いただきありがとうございます。

時刻は深夜一時となりました。

All Night BEAMS PLUSの時間です!


今週は横浜散策with窪っちゃま

あらゆる場面で写真を撮り忘れ、〆のご飯でようやく一枚。


横浜素人の私では到底辿り着かない場所でしたが、めちゃくちゃおいしかったです。

そして次の日出勤すると…


辻堂マスターの川島はすでに半袖で出勤していました。湘南恐るべし。


さて、そんな本日は昨年大人気だったこちらをご紹介。


BATONER × BEAMS PLUS 別注 BASQUE SHIRT
カラー:D.BROWN、NAVY、NATURAL/NAVY
サイズ:1,2,3
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-15-0137-905

昨年リリースされて大好評だったBEAMS PLUS別注のBATONERのBASQUE SHIRT。

今シーズン新たにD.BROWNを加えて再登場です。

(ビームス 辻堂の爽やか担当 堀川)
まず、このBASQUE SHIRTの話をする上で欠かせないのが「素材」と「サイズバランス」の良さ。


「素材」は薄手のコットン/リネン/ラミー。

透けてしまうほど薄手で、着心地も見た目も非常に涼しげ。

さらに、柔らかな生地からなるドレープが上品さも醸し出します。


「サイズバランス」は、通常BASQUE SHIRTでイメージする広いボートネック&七分袖とは大きく変わり、狭めのボートネック&長めの袖。


首が詰まり袖が長くなることで上品さを出しつつ、袖幅はそのままズドンと大きめにすることでリラックスしたBASQUE SHIRTならではのムードも残しています。

身幅はかなりゆとりをもたせていますが、着丈は短め。

着てみると着丈と袖丈がほぼ同じくらい。ゆったり&スッキリなバランス。


この「素材」と「サイズバランス」が合わさることで上品かつリラックスした"大人のBASQUE SHIRT"に仕上がっています。


若者が着ればオシャレでモテそうなシルエット、年齢を重ねた大人が着れば清潔感あるリラックススタイル。


そんな絶妙な塩梅はBATONERらしい仕上がりです。


そして夏には肩からサッと巻くのもオススメですが…

※巻きすぎ注意です。

それではまた来週。今週も最後までお付き合いいただきありがとうございます。


スタイリングやビデオなどブログ以外のコンテンツも更新しております!


投稿が表示しやすくなりますので是非、「フォロー」をよろしくお願い致します! 

BEAMS PLUS ロードショー 第209夜

この時間は、私の独断と偏見で、アメリカに(BEAMS PLUS)纏わる映画を新旧問わず紹介していきたいと思います。

では、早速。


こんばんは。BEAMS PLUS ロードショーへようこそ。

ナビゲーターを務めさせて頂きます、コヴです。

今宵も、新旧問わずアメリカ(BEAMS PLUS)に纏わる映画をご紹介。

第209回目はこちら


『コール・ジェーン 女性たちの秘密の電話』(2022)

監督:フィリス・ナジー

出演:エリザベス・バンクス / シガニー・ウィーバー / クリス・メッシーナ / ウンミ・モサク / ケイト・マーラ

あらすじ:

1968年、シカゴの裕福な家の主婦のジョイは二人目の子供を妊娠する。しかしこのまま出産をすると心臓の負担で母体への危険が分かり中絶を申し出るが、中絶は法律的に許されていない時代だった。色々な手を尽くすが上手くいかない状況で、ジョイはあるバス停で一枚の張り紙を見てそこに書いてある電話番号に電話をするのだった……

今回も配信ではなく、現在、劇場で上映されている作品を紹介しようと思います。

この作品の舞台は1968年のシカゴで今から約60年前の話なのですが、当時のアメリカではどのような状況の妊娠であっても人工妊娠中絶は法律的に認められておらず、母体に危険が及ぶ状況でも医師たちのほとんどが拒否をしていたそうです。

その様な状況の中で違法とはいえ女性達を安全に救うため活動していた団体の話で、タイトルにもある「ジェーン」とは特定の誰かを指すものではなくこの団体の名前です。

こんな風に説明をするととても重い話に聞こえますが、コメディタッチで描かれていてとても見やすい作品でした。

最初は世間の事に無関心だったジョイが自分の体験を通して考え変化していく過程、周りの様々な女性たちとの連帯、その上で自分がやりたい事、出来る事をしっかり主張し、行っていく姿が生き生きと描かれる観ていて楽しい映画でした。

作中でも描かれていますが、1973年にはアメリカ連邦最高裁判所が初めて憲法上の女性の権利として人工妊娠中絶を認めた「ロー対ウェイド判決」が出され、この事によりアメリカ全州で合法となったので、この「ジェーン」という団体は解散にしました。

しかしこの映画が公開された2022年に「ロー対ウェイド判決」を覆す異例の事態が起き、アメリカ各州の州法により「人工妊娠中絶を禁止」する事が出来るようになってしまいました。

その結果、現在アメリカの14州で人工妊娠中絶を禁止する法律があります。

そんなアメリカの状況で映画のほうが早かったのですが、きちんと公開され日本でも2年遅れたとはいえ「今」公開された事は意味があると感じました。

それでは衣装を見ていきましょう。

今回も特定の人物というわけではないのですが、ジョイの周りにいる「ジェーン」の仲間達の着ているものは、その人物の出自や状況、考え方を反映していて面白いと思いますし、それぞれのセットの1960年代感も良かったです。その辺にも注目していただけると面白いのではないでしょうか?


ここからはBEAMS PLUSのアイテム紹介です。

今週はこちらです。



ビームス プラス / オープン ボタンダウン パナマ チェック シャツ
カラー:オレンジ、グリーン、ブルー
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-11-0689-139

こちらはオープンカラーとボタンダウンのディティールを掛け合わせたシャツです。四角い裾のカッティングとボックスシルエットなので、袖を捲って夏でも活躍するシャツに仕上がっています。

ジャケットを着る時にはボタンダウンとして、1枚や軽くカーディガンを着る時なんかはオープンカラーとしてその時のコーディネートに合わせて襟を変えていただくと良いと思います。

全体のシルエットはゆったりしているので、リラックスして着用していただけます。

こちらのシャツも既に店頭に入荷しておりますので、お近くの店舗に問い合わせていただければと思います。


それでは『コール・ジェーン 彼女たちの秘密の電話』お楽しみ下さい。

コヴ


もう1人の人格?自分が現れる?ものとは、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。



みなさん、こちらのイベントは既にご満足いただけましたでしょうか?

ビームス プラス 丸の内、ビームス 神戸で開催された「GHURKA」イベント。関西でも大好評で終えたアメリカ東海岸から生まれたラゲッジブランド。

ご来店頂いた皆様に感謝しています。ありがとうございました。別注品のエグザミナーNO.5はPLUS 丸の内と神戸店で現在店頭にご用意していますので、是非チェック頂ければ幸いです。

BAGは、その人柄やライフスタイル、もう1人の自分が投影されるアイテムだと個人的に解釈しているのですが実は「もう一つ」とあるアイテムもそうだと勝手に思っていたので、こっそりとご紹介。



それは....

「ポケットスクエア」です。所謂チーフですね。

4月に突入し新生活需要もあり、「スポーツコート」や「スーツ」をお召しいただいた際に良くお声として挙がってくるのが....


「左胸ポケットは、どうしたらいいですか?」

「チーフ入れるのか?入れないのか?」


アンサーは?


A.どちらでも構いません。シーンによって

挿す、挿さないの判断で良いかと自分は思っているので。と僕はお答えしています。

もちろん、格式の高い場面では必須である。


と言うのは、

現在に於いては、唯一の「装飾品」が「嗜好品」に変化している?浸透しているからだと考えてみる。


スーツは元々、軍服から由来するユニフォームでもあった事は言うまでもないが、左右対称の制服を纏って威厳たっぷりな印象?姿を与えなければいけません。


そんな背景がありながらも発展していく、ユニフォームに対して左胸に目線がいく非対称な視覚効果が生まれるユニークさやエレガントさ、挿すことでの主張、自分らしさが出るのではないかと改めて感じているのです。


皆様は、どうでしょう?....


と、長々とすみませんが

BEAMS PLUSでは、磐石のラインナップでご用意。

まずはコチラです。




BEAMS PLUS / Pocket Chief Linen Solid

カラー:WHITE

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,050-(税込)

商品番号:38-47-0007-107


一先ず、こちらのホワイトリネンを第一候補?

持っていて損は無しの代表格。様々なシーンに対応してくれる唯一の基本のキ的なアイテム。シルクに比べて光沢感を抑え、キリッとしながらも控えめで端正なムードを演出してくれますよね。型も崩れにくく、ハリもあるので春夏の代表格である生地、秋冬の代表格生地も様々あるかと思うが、挿すとしっくりと馴染んでくれますので迷ったらコチラをおススメします。シーンによっては、スリーピークスでも。自分は、TVホールド一択。


そして、お次はシルク素材....



BEAMS PLUS / Pocket Chief Silk Dot3

カラー :DOT小、DOT大

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,600-(税込)

商品番号:38-47-0014-107





BEAMS PLUS / Pocket Chief Silk Bandana

カラー:NAVY、BLACK

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,600-(税込)

商品番号:38-47-0015-107


シルクは、コットンやリネンより滑らかであり、

胸に挿す場合はスクエアスタイリングより「パフやクラッシュドパフ」が相性が良い。シルクタッチのテクスチャーに上品な印象と華やかでエレガントなムードが高まります。挿し方や素材感で、特徴が出せる「ポケットスクエア」改め、嗜好品。装いに動きが付き、スポーティな雰囲気も演出できます。


気分はシーズン毎で変化しますが、

最近はクラッシュドパフスタイルが多め。何も考えていないような無造作感を意識して胸ポケットに挿すのですがこれが案外時間がかかる為、練習が必要です。笑


そして最後に

こちらのコーディネートは参考にしてみてもらえると嬉しい....





BEAMS PLUSのNEW FITであるスポーツコート。×キャンディストライプシャツ。

タイドアップやノータイでの検証。

1枚目のような、洗い晒したオックスフォードシャツに対して動きあるVゾーンには目線をずらす手法でチーフはパフで奥行きを出しています。

2枚目は、どうだろうか?

シャツをしっかりプレスした状態でハリのあるスポーツコート、ブラックのニットタイ....

この場合は、キリッとした佇まいの方がしっくりきませんか?






今回はタイドアップやシャツを用いたノータイでのスタイリングイメージでしたが、

冒頭でお伝えした「着用するアイテム」によってのバランスがあるので自分はシャツ以外でのコーディネートでも多用したりします。


また、そのコーディネートは次回?

後日、レーベルスタイリングでUPしてます。


カバンと同じ解釈

人によって変化する

鏡に映らない、もう1人の自分....


では、次は4/19()深夜1時にお会いしましょう。

p.s.  兄(広志)は、コットン製がいい?バンダナ?

  弟(正志)は、シルクチーフ派。


YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



インスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓

Convertible 4way Sports Shirt ~MOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUS~

夜更かしの皆さま、こんばんは。

木曜日深夜担当のカリスマYANAIです。




今週末は・・・






MOUNTAIN RESEARCH × BEAMS PLUS / 別注 Sports Shirt
カラー:ブラック、バーガンディ、パープル
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥30,000-(税込)
商品番号:38-18-0583-249


MOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUS

“Sports Shirt” Release...



既にSNS上では拡散がスタートしているこちらのアイテムを本日ご紹介させて頂きます。

ここ数シーズンはデザイナー小林氏とBEAMS PLUSバイヤーのサミュエル金子が所有するビンテージアーカイブをリサーチし、

アノラックパーカーやスポーツシャツ、ダウンジャケットと・・・様々なアイテムがリリースされてきました。





本別注もサミュエル金子が所有するビンテージアーカイブをベースに

デザイナー小林節正氏がリサーチし、ブランドらしくディテール・デザインを盛り込んだアイテムに。

思い返すと23年春夏でリリースされたのもスポーツシャツ。

この時製作して頂いたのはイギリスのスポーツシャツをベースに、ボディのパネル使いでチームカラーが配されたアイテム。

後にラグビージャージとなる原型です。

これはサミュエル金子が所有しているビンテージアーカイブと共に並べられた23年春夏にリリースされたスポーツシャツ。

ワントーンにまとめつつ、フロントはパネルの切り替えをデザインしています。





そして今回の24年春夏のスポーツシャツは・・・

選手が着用するコットンではなく、

審判用が着用されていたポリエステル素材のビンテージアーカイブをベースにしています。

選手用の目の詰まったコットンとは違い、

軽さと乾きが早いポリエステル素材、そして襟とカフスが取り外しできるデタッチャブル仕様。

実用的であり、こう素材感やギミックをMOUNTAIN RESEARCH 小林氏にリサーチしてもらい、BEAMS PLUS別注として製作してもらおうというところからスタートしました。




そもそも・・・スポーツシャツとアウトドア??と思われる方もいらっしゃるかと思いますが

60年代後半にアメリカで流行したバックパッカーブーム。

クライミングカルチャーとヒッピーカルチャーが合わさり、

高機能なウェアに身を包むのではなく、

今までデイリーウェアとして着用していたネルシャツやスウェット、ジーンズにカーゴパンツ・・・

そういった身の回りの洋服で自由にクライミングする人たちが増えていったとの事。

もちろんその中でも耐久性が高く、運動に適しているスポーツシャツもアウトドアシーンで実際に着用され、

ヘビーデューティーなルックのスタイルには最適なアイテム。

だからこそ23年春夏も24年春夏もこのスポーツシャツをMOUNTAIN RESEARCH 小林氏に別注依頼をさせて頂きました。




話は商品に戻りまして・・・

まずは今回のモデルはコットンではなく、アーカイブ踏襲のポリエステル素材で製作。

クラシックアウトドアウェアらしい発色の良さは、

今回のコンセプトにも沿った最適な素材です。

軽く、とにかく速乾性に優れたポリエステルは夏場の暑い時期にはとても重宝します。



そしてデザインと言えばやはりディテールがポイントの一つ。

アーカイブの襟、カフスがデタッチャブルである事から





襟の取り外しは踏襲し、23年秋冬で好評であった袖の取り外しでアレンジ。

 




襟を取り外せばノーカラースタイル、

袖を外せばショートスリーブスタイルとしてレイヤードや夏場の半袖シャツとして活躍してくれます。




とにかくスタイルに合わせてコンバーチブルできるディテール。







ブランドのアイコンでもある胸のアニマル刺繍は

スポーツシャツに見られるチームのシンボルでもあるワッペン解釈。

ワッペンの様に一目で分かるブランドのシンボルを今回もデザインして頂きました。




フィッティングはゆったりとしたサイズ感。

これはアーカイブのモデルもゆったりとしており、

ブルゾン的な用途として作られたのではというリサーチの見解からこのサイズ感に設定しています。

春先はシェル感覚でレイヤードスタイルを楽しみ

夏場はリラックスした涼しげなフィッティングで着用ができます。





カラーは3色。

オリジンカラーでもあり、ブランドらしいBLACK

クラシックアウトドアウェアらしく、ポリエステル素材の発色の良さが活きるPURPLE

そして同じくアウトドアウェアと言えばのBURGUNDY




サミュエル金子はBURGUNDYを







アメリカンクラシックアウトドア、ヘビーデューティー・・・

ボタンダウンシャツにラグビージャージ、ミリタリーパンツと

前述した60年代後半~70年代のスタイルを彷彿させる組み合わせでコーディネート。

タフなアイテムとも馴染が良く、スリーブを取り外したレイヤードスタイルで軽快な着こなしです。

ミリタリーパンツととても相性が良いBURGUNDY。



私はPURPLEを






ネイビーブレザーにボタンダウンシャツでラグビージャージ的な着こなしに。

軽いポリエステル素材だからこそレイヤードがしやすく

春先の寒暖差でも風よけ的な意味を込めて。

ハーフジップによるVゾーンの見え方も、打ち抜きのボタンとは違ってスポーティーな印象です。




リラックスしたフィッティングではあるものの、生地のウェイトと滑りの良さは、

今時期からイン・アウトどちらでもおすすめです。

気温に合わせての着こなし、スタイルに合わせてコンバーチブル、

着こなしの幅がまた一段と広がるMOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUSの“Sports Shirt”

今週末にいよいよリリースされますので・・・是非、取り扱い店舗、もしくは近隣店舗へお取り寄せ頂きご試着下さい。




そして明日4/5(金)の10:30〜より、

ビームス プラス 原宿の公式Instagram(@beams_plus_harajuku)にて

店舗スタッフとサミュエル金子によるInstagram LIVEを配信いたします!




今回の別注のストーリーからアイテムの説明、フィッティング、着こなし等・・・色々と語られます。

その場で質問事項をコメントして頂ければ、その場ですぐ返答もできますので是非お時間ある方はLIVEにご参加下さい。



カリスマYANAI

おすすめのシャツジャケットです。




皆様こんばんは!!


4/3(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。



いよいよ4月。入学/入社式真っ盛り。

みなさん眩しく見えます。自分も100年前

こんな感じだったのだろうか...自問。



先日の休み。例によって定点観測的に

上野アメ横の店舗等を巡回していました。

先週も巡回したばかりでしたので

あまり期待せずに行ってみると...!!!

予測をはるかに超えたモノと出会う事が

出来ました。やはりこまめに行くのが

吉ですね。行って良かったです。

そして、嬉しさでフワフワした気分で

蔵前方面に発作的に歩を進めていました。

3駅分くらい歩き、そろそろ疲れと飽きが

出始めた頃、交差点の先をふと見ると

幻の如き光景が!?






さて、今回はこちら。引き続き

TUBE(チューブ)別注シリーズより。







TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Check Shirt Jacket
カラー:ネイビー
サイズ:S,M,L
価格:¥42,900(税込)
商品番号:38-18-0563-063



シャツジャケット。名前の通りに

シャツとジャケットを折衷した

両方の良いところどりなウェア。

それが斎藤さんの手にかかると?


先ずファブリック。

メンズスタイルのベーシックカラーである

ネイビーをベースにブルーのチェック柄が

映えています。シンプルで美しいです。

そしてよく見ると、このチェック柄は

織りではなく、ステッチで表現されて

います。これはヴィンテージ生地等で

見られたものを新たにデザインとして

表現したものです。

感触はザラっとして独特の凹凸があり

良い雰囲気です。



次にディテールについて。

衿は少し前下がりのオープンカラー調。




背中側にはハンガーループが。




サイドには

アジャスターを装備。

ボタン2個ではなく、ホール2個仕様。



そしてシンプルなバッチポケット。


野球のホームベースみたいな形状です。

さり気ないアクセントになっています。




肩周り。


肩から側章みたいな切り替えになって

いるのがユニークです。



裏側のパイピングにもご注目を。


通常でしたらネイビーを選びますが

敢えてホワイトです。

どこかユーモラスですね。





ボックスシルエットのカバーオール的な

雰囲気が魅力的だと思います。

ジャケットとしてもシャツとしても

お楽しみ頂ける1着。

軽快な着心地ですので、正にこれから

おすすめです。






私の

最近の...recently


冒頭の続きです。

先ずはアメ横エリアにて確保したのは


PARKER(パーカー)のボールペン

鈍いシルバーカラーが美しい。




で、丁度グリップする部分だけに

細かく凹凸がつけられています。




そして...現行には存在しない

USAメイド。嬉しすぎ。




私の

最近の...recentlyその②



蔵前で見た奇跡。

我が目を疑いました。


何とGARAKUTA貿易さんの復活。

見覚えのある元スタッフさん達が

オーナーの了承を得て、再出発。

これまた嬉しすぎ。

さらに嬉しかったのは!!何と顧客様が

偶然いらっしゃった事。嬉しすぎ。


で、今回は?


夜光物質を封じ込めたカプセル?を

買いました。USAメイド。


眩しすぎ...とは?

実用性があるかどうか怪しいけど

魅力的。そんな夢のある商品がずらり。

またお伺いします。




私の

最近の...recentlyその③


ビームス ボーイ 原宿にて


louise,mana et sae


この日は春らしく

pink&indigoをドレスコードに。

軽やかでキュートな仕上がり。

自分達のブレザー圧力団体みたいな

スタイルとは真逆です。笑


実はその前日。


ビームス 恵比寿に移籍?した

hinacoと再会。

原宿とは異なる忙しさに戸惑いつつも

頑張っている様子でした。






さて、天気の変わりっぷりはともかく

気温はそれなりに安定してきました。

やっと春のファッションをイメージし易く

なってきたと思います。皆様、改めて

体調管理を万全になさってお過ごし

くださいませ。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。



ニューフィット、ニュースタイル

まいど!

グラマラス藤井やで!


 

毎月恒例の帰省から帰ってまいりました。

やはり、地元の空気は落ち着きますね。


(安定感あるであろう僕の脚の上で熟睡する、藤井ぷぷ君です。)


何もせず実家で愛犬と戯れる時間は、プライスレス。


充電もできたので、本題へまいります!

第28回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


最近の木曜日は特番つづきでございます。

毎週のようにリリースされる別注アイテム。

(皆様、着いて来れてますでしょうか??)

先週は、KAPTAIN SUNSHINEのトラベラーセットアップ!

ということで、デザイナーの児島氏に登場して頂き

サミュエル金子と2人で、深い古着の話も交えながらのトークセッション!


児島氏のモノづくりにおける裏話も入っていたり、これまた必聴の内容に。

既に店頭に無い色やサイズもあるとか、、気になる方はお早めにチェックを!

では、そろそろ本題へ。

今週、僕から紹介するのはコチラ!






BEAMS PLUS / 3ボタン Box-Fit Jacket Linen Cupra Houndstooth
カラー:アイボリー、ブラウン
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥39,600(税込)
商品番号:38-16-0420-887

BEAMS PLUSより。

ニューフィットのジャケットを紹介します!


何故このアイテムなのかというと

先日、ビームス 神戸に店立ちした際に

自分の中で上手くスタイリングがハマっていないと心の中でモヤモヤしていた時

このジャケットをバックルームで見つけまして、新型のボックスフィットというのもあり試してみたところ

サイズが、自分にジャストフィーット!となったわけです。

そんなテンションのまま、今回のブログを書いております。




これはあくまで、僕の場合ですが

まるでオーダーしたかのように抜群のサイズ。


通常の3つボタンジャケットと比べて

身幅と肩幅にゆとりを設けられたデザイン。

残念ながら(?)既存のジャケットだと、XLでも厳しめなサイズだったものが

このフィットになってあれば、しっかり楽しむ事が出来ます!


それでは、生地の話に移ります。






カラーは2色展開。

アイボリーとブラウン、どちらも渋めな色合い。

柄は、とても細やかなハウンドトゥース。

クラシックな型と相まって、とても落ち着きのある印象を与えます。




生地はリネンとキュプラで織られており

とても清涼感のある、春夏らしい生地。

リネンのみだと発生しがちな毛羽立ちや、それによるチクチク感も大幅に軽減されております。




ちなみに、これくらいには透けてます。

夏でも軽快かつ快適に着用できるのは、一目瞭然。

今時期は長袖シャツ、夏に近づくに連れて半袖のポロシャツやTシャツでも。

長い期間を楽しめるのは、単純に洋服として嬉しいポイントですよね。




まだ2回ほどの着用ではありますが

麻を使用したアイテムならではのシワも良いよな〜、、と。




この、表地と裏地のマッチングもまた。。!

憎いな〜!と思わせられた色使い。

風になびいた時に、チラッと見えたら洒落てますよね。


では、スタイリングサンプルを。




ビームス 神戸のエラリー大﨑から。

彼は、アイボリーをチョイスしております。

全体の色合いもワントーンに揃えながらも

チノトラウザーズのラフな表情がアクセントに。

ネクタイのチョイスもまた、彼らしさがあります。




続いて、僕のスタイリング。

どちらかというと少し季節の先取りなイメージで組んでみました。

(まだ正式にショーツは解禁してませんよ!)


あくまで、ジャケットをカジュアルに着こなしたいということで

こんなクオーター丈のミリタリーパンツと。

肩肘張らないトラディショナルスタイルを楽しみたい、最近の僕です。


オーバーサイズというわけではないですが

フィッティングが緩やかになった分、より自由にジャケットを楽しめるのでは??

これこそ、一回着てみて頂きたい。


百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




鳥すけ / 鶏モモ網焼き定食(ネギ塩タレ)

価格:¥790(税込)


本日は、通称“第3ビル”の地下にある焼き鳥屋さんのランチを食べに。

(大阪駅の近くに第1〜第4までオフィスビルがあり、ランチスポットが多いんです。)


まず値段の安さに驚きます。

これで、ご飯も味噌汁も(僕は食べられませんが生卵も。)おかわり自由。

ジューシーな鶏モモ肉、網焼きの香ばしさも加わり、とても美味しい。

(でも本当は、もう少しボリュームも欲しい。。笑)


味付け海苔、久しぶりに食べましたが

やっぱりご飯との相性がハンパないな、と。

ご飯の上に乗せて箸で包んで食べる感じ、家庭感があって良かったな〜。。


今回はネギ塩タレにしましたが、次は焼き鳥タレで頂こうと思います。

来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

【TAKAHIRO BEST BUY】 〜ポロシャツ編〜

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】



ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

早いものでもう4月ですね~。。

お花見や入学式、4月末からゴールデンウィークとイベントや行事が目白押しです!

季節の変わり目、春はストレスが溜まる時期でもありますので、皆様くれぐれもご自愛ください。

それでは今週はこちらを。




BEAMS PLUS / ストライプ ジップ ニット ポロシャツ
カラー:BLACK、BROWN、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-02-0031-156

今シーズンもBEAMS PLUSから数多くリリースしているポロシャツ達。

BEAMSの中でもここまでバリエーション豊富にご用意しているレーベルはなかなかございません、、。

そんな中、一際目に引くのがこちらの『ストライプ ジップ ニット ポロシャツ』

私自身も毎シーズン楽しみにしているアイテムで、入荷後早速購入しました!

その名も『羽織れるポロシャツ』



「NAVY」



「BROWN」


「BLACK」


カラーはNAVY、BROWNに加えビームス 二子玉川では展開がございませんが、BLACKもご用意しております。






前身頃の柄はストライプ柄にダイヤ柄をミックスさせ大胆にジャカードで表現しています。

1950年代〜60年代のストアブランドに見られるようなクラシカルな雰囲気漂う一着。

ボディのカラーに馴染むようにストライプ柄を構成し、見た目以上に派手派手しさを感じない仕上がり。

一枚でもサマになり、スポーツコートやブルゾンのインナーに着用した時に見え隠れするストライプ柄もなかなか粋です!




素材はコットン糸とラミー糸を混紡させ度詰めで編み立てられており、上品なルックスと肌離れが良いドライなタッチ感が特徴的。

そして良く見ると反対側の糸(白糸)が滲むように見え隠れし素朴な雰囲気と奥行きのある風合いを感じていただけます。

素肌に!とはいきませんが、カットソーの上からサラッと羽織ってみてはいかがでしょうか。




襟は程よい小振りな襟型で主張が少なく、スポーツコートとの相性も◎

ジップを上まで閉めていただくとクルーネックのカットソーが少し覗くくらいのバランスです。

ボタンダウンシャツをインナーにタイドアップスタイルも楽しめそうです。




肩先はやや落ち、程よくゆとりのあるサイズ感。

クラシカルな雰囲気があるアイテムだからこそこのぐらいのバランスの方が現代的で良いですね。

袖の長さも肘くらいまでの長さがあるので、気恥ずかしくなく着用いただけるかと。

袖口のリブも程よいフィット感です。




そして着脱がしやすく着こなしの幅が増えるダブルジップのスタイルを採用し、アップデートを施しています。




袖と後身頃はソリッドカラーで表現。

前身頃のストライプ柄に対し、シックな雰囲気が大人の余裕を感じさせてくれます。





スタイリングはBEAMS PLUSパートナーである岩瀬。

モナリザプリントで表現したスポーツシャツジャケットを合わせ、ネイビーで色を統一しつつ「バティック」と「ストライプ」を掛け合わせたコーディネート。

トラディショナル、スポーティな雰囲気もありつつユーティリティトラウザーズ合わせが彼らしい着こなし。






私も早速購入したNAVYのストライプ ジップ ポロシャツを。

先ずはネイビーブレザーとのコーディネート。

夏は一枚で着用したり、インナーに色物のカットソーやストライプのTシャツ等々、、。

色々妄想を膨らませ楽しみたいと思います。

シアサッカーのスポーツコートも良さそうだな、、。

是非、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?


それでは今週の『ニコタマガールズ』

何やら盛り上がっているブランドがあるという情報を聞きつけオトナ ビームス(Demi-Luxe BEAMS)に潜入〜




オトナ ビームスを体現する加藤(左)栫井(右)が迎え入れてくれました!

2人が着用しているのが、Demi-Luxe BEAMSで取り扱いのあるAK+1(エーケー ワン)

亜希さんがディレクションするブランドだそう。

オーセンティックなメンズウェアのディテールを踏襲しながらも女性らしいパターンに落とし込んだウェアを中心に展開中です。

是非、奥様や大切な方への贈り物にいかがでしょうか?

いや~2人共AK+1(エーケー ワン)が凄くお似合いで素敵ですね。。

間に挟まれた私は若干顔が引きつってしまいました、、。

ご愛嬌と笑っていただければと思います(笑)


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜



TAKAHIRO


インディゴ×鹿の子×カーディガン

いつもご覧いただきありがとうございます。

時刻は深夜一時となりました。

All Night BEAMS PLUSの時間です!


今週は中目黒のPost O'Allsで開催されているとあるイベントへ。


なんと、自分と同期入社のアーティスト"TOMASON"とBEAMS PLUSではお馴染みの"Post O'Alls"がコラボ。


買わないわけにはいきません。

BEAMS時代にTOMASONと一緒に働いていたバイヤー柳井も駆けつけ3人で1枚。


お時間ある方ぜひ中目黒へ!


さて、それでは本題へ。

本日ご紹介するのはこちら。


REMI RELIEF × BEAMS PLUS 別注 Indigo Kanoko Cardigan
カラー:Indigo,Stripe
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥28,380(税込)
商品番号:38-13-0204-671

REMI RELIEFといえばインディゴ。そんなブランドらしいアイテムをご紹介。

とはいえただのインディゴ染めではありません。


インディゴ糸で編み立てた鹿の子素材。

ブランドらしく味わい深い雰囲気が出ています。


すでに抜群の雰囲気ですが、ここから洗いを繰り返していった経年変化も楽しみ。


リブまで良い。デニムとはまた違ったインディゴの濃淡を楽しめる大人な一着です。


さらに、インディゴの風合いはインディアンジュエリーとも相性抜群。


インディゴ×インディゴチェックシャツ


合わないはずがないですね。

このチェックシャツも本気で狙ってます。


そしてもう1色。


インディゴ糸の濃淡で色分けしたストライプ。

濃いめのインディゴオンリーだった無地とはまた違った爽やかな雰囲気。


濃〜薄まで計4色のインディゴグラデーション。非常に手が込んでます。

もちろん裏側もグラデーション。


当たり前のようですが、当たり前ではない。手の込んだ一着です。


湘南の青い空とともにホワイトパンツで爽やかにスタイリングしました。


さて、いかがでしたでしょうか??

この時期重宝する「サッと羽織れるヤツ」。オススメです。

それではまた来週。今週もありがとうございました!

BEAMS PLUS ロードショー 第208夜

この時間は、私の独断と偏見で、アメリカに(BEAMS PLUS)纏わる映画を新旧問わず紹介していきたいと思います。

では、早速。


こんばんは。BEAMS PLUS ロードショーへようこそ。

ナビゲーターを務めさせて頂きます、コヴです。

今宵も、新旧問わずアメリカ(BEAMS PLUS)に纏わる映画をご紹介。

第208回目はこちら


『ホテル・エルロワイヤル』(2018)

監督:ドリュー・ゴダート

出演:ジェフ・ブリッジス / ジョン・ハム / ダコタ・ジョンソン / ルイス・プルマン / シンシア・エリヴォ / ケイリー・スピニー / クリス・ヘムズワース

あらすじ:

1969年、カリフォルニア州とネバダ州に跨る「ホテル・エルロワイヤル」に4人の客が訪れる。ホテルの従業員は一人しかおらず営業をしているのかどうかも怪しい。そしてこれまで全く関係のなかった4人の人生が交錯し始め、このホテルの秘密が徐々に明らかになっていく……

冒頭から一癖も二癖もありそうな人物が登場し、徐々にそれぞれの素性が明らかになっていきホテルの秘密も明かされていくミステリーです。

架空の登場人物のストーリーと実際のアメリカの歴史を参考にしたストーリーが混然一体となり、最後まで目の離せない作品でした。

登場するキャラクターの基にになった人物を想像したり、劇中で言及される「あの人」は誰なのかを想像しながら観るとより楽しめるのではないでしょうか?

上映時間は少し長いですが、観始めるとあっという間でした。


それでは衣装を見て行きましょう。

1969年が舞台なのでそれぞれの登場人物は当時の格好をしていますし、その人物のキャラクターを分かりやすく表現する格好をしていますが、今回注目したいのはストーリーとは全く関係ないある人物のレコーディング風景に出てくるミュージシャンの格好です。

ブルーとブラウンの大きめのブロックチェックの開襟シャツだったり、前後の身頃で切り替えになっているポロシャツを着ていたり、3色使いのストライプカーディガンを着ていたりと、BEAMS PLUSのアイテムを着ているかのように見えて印象的な場面でした。

本筋とは関係ないですが、そちらも注目して観ると面白いと思います。

ここからは今週のBEAMS PLUSのアイテム紹介です。


ビームス プラス / オープンカラー ドビーチェック シャツ
カラー:ブラウン、ブルー
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-11-0691-139

通年で定番として登場するオープンカラーのロングスリーブのシャツです。

べーズは1950年代のストアブランドのシャツで、サイズスペックを現代風にアレンジしております。

生地はオリジナルで作成したもので、大振りのチェックの中にスノー柄を織りこんでいます。古着のシャツにもある生地ですね。

カラーはブラウンとブルーの2色で、どちらも明るく軽い印象なのでこれからの時期に活躍するのではないでしょうか?

デニムジャケットのインナーも良いと思いますし、暖かい日には袖まくりをして1枚でも主役になるシャツだと思います。

こちらのシャツは既に店頭に入荷していますので、気になった方はお近くの店舗に問い合わせて頂ければと思います。

自分はブラウンのXLを購入しました。

それでは『ホテル・エルロワイヤル』お楽しみ下さい。


そして今週でこのブログを始めて丸々4年が経ち5年目に突入します。これもひとえに毎週お付き合い頂いている皆様のお陰だと思っています。

これからも皆様の映画鑑賞の何らかの参考になればと思っておりますので、お付き合い頂ければ幸いです。

5年目以降もよろしくお願いいたします。


コヴ

身近な日常着

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。

こんばんは。(兄)広志です。

いつも通りご報告からといきたいところですが、先週は代表ウィークの為、お休み。

今週、リーグは再開、日付変わって土曜日は、アウェイ名古屋戦。お留守番観戦となりますが、ここからの連戦(暫くは中3日)に、弾みを付けてもらいたいと思います。

さて、今週はこちらを。


BEAMS PLUS / Cardigan Stripe
カラー:BLACK,BEIGE,MUSTARD,SAX
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥15,400-(税込)
商品番号:38-15-0174-048

BLACK

BEIGE

MUSTARD

SAX


キャラクターの濃い印象のあるカーディガンも、実は私たちのワードローブには必要不可欠。60年代〜のムードを強く感じてしまう…当時の大衆衣料の過渡期。アクリルといった化繊素材でよく見られていた印象のあるストライプカーディガンは、様々なデパート系ブランドからもリリースされていた通り、日常生活に於いて、天然繊維よりも扱いやすく、耐久性や、ちくちくしない肌触りの着感が求められていたのでしょうし、日常生活者には身近なアイテムであったに違いないと想像する。

ストライプ柄にも、様々なアレンジのある幅が魅力の一つと言うか、競い合える個性と言うか、楽しめるポイントだったのでしょう。


今回のBEAMS PLUSスタイルは、ビンテージを踏襲した色の効かせ方が絶妙である。クラシック顔ながら、パキッとさせたボディ色に近い二本のストライプ。その間に挟まれた一本のストライプは、より明確な違いのある配色で、強く主張されながらも、それほど着用するに不便では無く、さり気無いアクセントとして取り入れ易いかと個人的に思っている。

BLACKにはグレピン

BEIGEにはベージュブラック

MUSTARDにはイエローパープル


SAXにはブルーホワイト



丁寧に柄合わせしたポケットは、リブが一役買っている



バックスタイルも確かな主張


見た目のデザインも大事ですが、一番のポイントとしては、綿素材と言う事。型崩れ等で、扱うにはクリーニングに於ける若干の不安要素はありながらもそれを上回る。強く撚られた糸から生み出された特徴のある編み地が、ザラっと肌にまとわり付くのを軽減してくれる。そのドライなタッチ感が涼し気で、春夏の陽気に心地良い。


ごくごく癖の無いV型カーディガンスタイルは、Tシャツの上からもサラッと羽織れるので汎用性の高さもお気に入りポイントです。




開襟シャツなんかも、いいだろうな〜中年にピンポイント、是非お試しくださいますと嬉しいです。

YAMA

旅のお供に "KAPTAIN SUNSHINE×BEAMS PLUS Traveler Collection"

夜更かしの皆さま、こんばんは。

木曜日深夜担当のカリスマYANAIです。




別注のリリース、イベントラッシュ・・・春を迎え、衣替えと同時にBEAMS PLUSでは毎週何かしら起きています(笑)。

嬉しい反面、何を買おうか自分自身悩んでいますが・・・

まずはこちら。






先週、ビームス プラス 丸の内で開催していたGHURKA No.5 Examinerの

BEAMS PLUS別注モデルのローンチとカスタムオーダー。





本国のGHURKAオーナーが直々に来日してくださり、イベント初日はトークショーも開催させて頂きました。




いつか欲しいと思っていたラゲッジブランド。

店頭時代はどことなく憧れの目で見ていたGHURKA No.5 Examiner。

まずは初のGHURKAとして、今回の別注モデルを購入いたしました。

BEAMS PLUSではよく耳にするアメリカントラディショナル、トラベル&リゾートスタイル、サファリルック・・・まずはこれらのスタイルに合わせていこうかと思います。




次はビームス 神戸(3/29(金)~4/1(月))にて開催。


先日、ビームス 神戸にオーナーのRobert Williams氏が挨拶の為に立ち寄って下さり、記念に一枚。

ビームス プラス 丸の内(旧有楽町)にも在籍しており、GHURKAユーザーでもある山田兄弟/(弟)や日に日にトラディショナルスタイルに染まりつつある与那嶺も今回のイベントには前のめり。

4日間と短い期間ですが、関西圏内にお住まいの方は是非一度見に来て頂ければと思います。






そんなGHURKAと合わせたい・・・

今週末発売のトラベルスーツを本日はご紹介させて頂きます。






3/30(土)リリースされるKAPTAIN SUNSHINE×BEAMS PLUS Travel Jacket & Trousers




過去にもKAPTAIN SUNSHINEとの別注でキーワードとなっていた『Traveler(トラベラー)』。

今年はサファリ・リゾートをキーワードを基に、

デザイナー児島氏にトラベルジャケットとトラベルトラウザーズを製作して頂きました。


今回ベースとなったのはビンテージのフィールドウェアから。





商談時、児島氏が所有しているビンテージアーカイブから、

ディテールをリアレンジしてデザインしていただきました。





基となったジャケットは実際に作られていたブランドのカタログに『Traveler's Sport Coat』記載されていました。

そのカタログにはアメリカ合衆国のとある上院議員がパリで着用した時のコメントも・・・

『パリの街にも馴染み、必要なものを全て持ち運べる』といった記載が。

当時も高品質な綿で製作されていた『Traveler's Sport Coat』は、

フィールドウェアではなく、タウンユースとして着用されていたとの事。




本別注のジャケットはリアルなフィールドウェアではなく、

あくまでも現代的なファッションとして、必要最低限のディテールを残してリリースされます。



収納力あるサイドのマチ付きポケット、



右胸にはスマートフォン等の貴重品を入れられるジッパーポケット、




左脇にもカードケースやスマホが入れられるポケット、



もちろん内側にもペンやサングラスを入れられるポケットを内蔵。

計6か所ポケットが配置されています。

スマートフォン、ウォレット、パスケース、ペン、アイウェア、その他嗜好品・・・

それらをまとめて持ち運べるトラベルジャケット。



エルボーパッチもフィールドウェアらしいディテールの一つであり、

負荷がかかりやすい肘の強度を上げています。



バックスタイルはあくまでもスポーツコートらしく、スタイリッシュなルックスです。



組下のパンツもビンテージのアーカイブをベースにしたブッシュパンツ型。



フロントの大きなマチ付きポケットとは別に、サイドにはちゃんとスリットポケットも。

トラベラーの重要な点でもある『快適性』『動きやすさ』は

ウェストのドローコードやゆとりあるワイドテーパードシルエットで十分担ってくれます。





バックスタイルのヒップ部分もアーカイブから踏襲。

パンツに負荷がかかりやすい箇所は補強用のモンキーパッチ付き。

デザインディテールの一つとして、ジャケット同様にフィールドウェアらしさを残したパンツです。





そして今回採用した生地はパナマ生地。

ビンテージのアーカイブではコットン100%の打ち込みが強いポプリンを採用しているものの、

昨今の猛暑を考慮してできるだけ涼しく、軽快に着用できる生地をリクエストしました。

コットンリネンの素材を用い、ブランドオリジナルファブリックで仕上げた今回の生地。

強く撚られた強撚糸を使い、打ち込みを強くすることでドライタッチの軽さと、

洋服本来のシルエットをしっかりと形成してくれるスペシャルファブリックです。

カラーはベージュとチャコールグレーの2色。




コットンスーツの様にスチームを当て、パリッとした表情で着用するのも良し、

はたまた洗いざらしの様に素材特有のクセを楽しむのもありです。





SHIMAMUKO






まずはベージュのセットアップをSHIMAMUKOがスタイリング。

コットンスーツらしくニットタイ、キャンディストライプのシャツでVゾーンを作っています。

もちろん合わせるバッグはGHURKAで、彼らしいアメリカントラディショナルスタイル。

フォーマルダウンが進む昨今のビジネスシーン、もし会社的に許されるならこういったスタイルで出勤もかなり洒落ているかと・・・



  



自分はチャコールのセットアップをカジュアルに。

サファリルックに馴染むベージュとはまた表情がかわり、

都会的なチャコールグレーはまさにブランドらしいモダンな見え方。

サックスやホワイトを入れて春らしい色使いに。

畏まった場面だけでなく、もっと身近に、カジュアルに着用も楽しんで頂きたいセットアップです。







と、色々とここまで読んで頂いてあれなのですが・・・

このブログと同時刻、プラジオにてKAPTAIN SUNSHINEデザイナー児島氏をゲストに迎え、

BEAMS PLUSバイヤー サミュエル金子と今回の別注について語られます。

今夜のプラジオもお見逃しなく。





いよいよ今週の3/30(土)にリリースいたします。

撮影により、ふらっとビームス プラス 丸の内を寄ったところ・・・既に店頭在庫がないサイズも!?

是非、取り扱い店舗へお問い合わせ、ご来店くださいませ。






カリスマYANAI





おすすめのインダストリアルな?セットアップです。




皆様こんばんは!!


3/27(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




先日の休み、意識して通常よりも早めに

ルーティンをスタートしてみました。

いつもは近所のパン屋さんのお気に入り

メニューの焼き上がり:12時前を基準に

昼食〜結果、出発が遅くなり水泳だけで

1日が終わる感じでした。

理想は水泳〜サウナのデュアスロンを

達成し、尚且つレコード店にも...という

欲張りコース。とにかく考え込まずに

動く事を実践するのみでした。

結果はいつもより1時間早く昼食を済ませ

水泳もその分ノルマを早く達成出来ました。

時間を満足のいく様に配分する事が出来て

そして久しぶりにお気に入りの場所に

行ってみると...





さて今日はこちら。

TUBE(チューブ)別注のセットアップです。



TUBE × BEAMS PLUS / 別注 3button Cotton Jacket
カラー:グレー
サイズ:S,M,L
価格:¥47,300(税込)
商品番号:38-16-0499-063

TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Patchwork Vest
カラー:グレー
サイズ:S,M,L
価格:¥28,600(税込)
商品番号:38-06-0108-063

TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Cotton Trousers
カラー:グレー
サイズ:S,M,L
価格:¥26,400(税込)
商品番号:38-23-0242-063



チューブはデザイナー斎藤久夫氏が

手掛けるブランド。スタートは1979年と

長く続くブランドです。1981年からは

弊社のアドバイザーとして、素人集団だった

私達に数多くのヒントを与えてくださって

います。そしてそれは現在でも。

私も店頭でお話しさせて頂く事があり

まさに神様との邂逅みたいな時間です。


ここからブランドについて少々。


私個人の印象としては、初期の頃から

トラディショナルな物を斎藤さん独自の

視点で再構築〜ユーモアも交えながら〜

という雰囲気が全く変わっていないと

思います。変化球だけれど敷居低め。

それ故に、永きに亘っての強力なファンを

よくお見かけします。例えば各社別注の

チューブ商品コレクターの方とか。

本当に熱いです。




さて、今回のモデルは?

アメリカントラディショナルらしい

夏の装い:コットンスーツを斎藤さん流に

アレンジしたもの。



カラーは代表的なベージュ〜カーキでは

なくて、グレーです。このカラーリングが

既に絶妙な変化球です。


斎藤さんによると

アメリカントラディショナル初期の

夏のスーツは、どこかワークウェアを

彷彿とさせるコットン生地が用いられて

いたそうです。確かにしっかりハリのある

ポプリン×グレーカラーの組み合わせは

少しだけインダストリアルな印象ですね。



それぞれディテールを見てみましょう。


60年代に向かって洗練されていく

途中経過を感じさせる大胆な細さの

ラペル。3ボタン段返り仕様です。




ミシンステッチが各所に走る仕様も

アメリカントラディショナルらしい感じ。



そしてシェイプがほとんど無い

ボックスシルエット。

でも肩幅はコンパクトに抑えて

すっきりした袖周りなので

着ると実にちょうど良いです。



今回はベストもあります。


程良いVの開き具合。

ジャケット同様にシェイプ少なめ。

さり気ないポケットの遊び。

そして...

背中は驚き...スペシャルなパッチワーク!!




でも正面から見るとシンプル。


ユーモアを感じさせてくれるギャップ。



そしてトラウザーズは?




やや太めのストレートな形で

とても履きやすいです。




ディテールはワークウェアを想起させる

ポケット仕様です。スーツと最も縁遠い

パッチポケット&太いベルトループが

かなりユニークです。



さてさて

スリーピースで着ても

それぞれセパレートで着ても

楽しめる...私はこのジャケット×デニムや

このトラウザーズ×ギンガムジャケット等

早速イメージしていたり。



ベージュ〜カーキ系の王道カラーを

既にお持ちの方にも!!次の一手ですね。


とにかくおすすめのアンサンブル。

是非ご検討ください。






私の

最近の...recently


冒頭の続きを。

時間を上手く工夫して行けたのは?

台東区東上野にある寿湯さん。


サウナも充実している銭湯。

で、実はこれまでに何度か弊社

ビームス ジャパンとコラボしていて

今期も“銭湯のススメ”というイベントで

協力して頂いていました。




私はその事をすっかり失念していました。

そして、お邪魔した日が丁度イベントの

最終日でした。何たる幸運!!





私の

最近の...recentlyその②


神宮前便り 番外編@二子玉川

先日、道場(=プール)に向かう途中に

ビームス ボーイのhinacoから連絡が。


hinaco,deuxgumi et sae


ビームス 二子玉川にて

Individualized Shirtsオーダーイベント。

(〜3/24)


BOY女子vs.生地見本軍団


hinaco,sae et saqui


かなり悩みに悩んだとの事。

3時間ほど経過だったそうです。笑

オーダーで悩むのは愉しき事ですね。

ちなみに私は毎回ほぼ同じミニマリスト。

秒殺オーダーです。





私の

最近の...recentlyその③



YMO(イエロー マジック オーケストラ)

“Solid State Survivor”


先日、ビームス レコーズにて。

日本のいや世界の電子音楽の歴史を

塗り替えた1枚。

常にalternativeであれ!!と教えてくれた

彼らの代表作。


また近々投稿予定です。

その筋の方、お楽しみに!!






今週もまた冷たい雨の1日〜翌日は嘘の様に

晴れと身体がびっくりな毎日。桜の開花も

ずれ、桜なし花見というシュールな宴が

各地で催されています。皆様、くれぐれも

お気をつけてお過ごしください。

春はもうすぐです。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。







「フィッシュカモ」

まいど!

グラマラス藤井やで!


 

このブログがUPした次の日には

僕は実家に帰省している頃でしょう。

久しぶりに(とはいえ基本的に月一ですが。笑)実家のカレーが食べられるのは嬉しいです。

そして、親父とサウナでも行こうかな〜。

はい、本題へまいります!

第27回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


この日はチャーリー脇山と2人で。

個人的ニュースでは、チャーリーのマスクに隠された秘密を暴露しております。笑


チャーリー脇山の個人コーナー

「コレを着ようじゃ、あ〜りませんか!?」

では、BRIEFINGのニューカラーについて。

早速ご自身でも購入したようで。。

春夏のイチオシについても

2人で熱く(!?)語り合いました。


先週は各パーソナリティの推しについて

ウィークリーテーマで話しておりますので、是非お楽しみください!


では、そろそろ本題へ。

今週、僕から紹介するのはコチラ!




BEAMS PLUS / Cruiser Jacket 70D Nylon Print Water Film
カラー:フィッシュ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥57,200(税込)
商品番号:38-18-0473-791

BEAMS PLUSより。

新型のクルーザージャケットの紹介。


コチラのデザインは

実際に存在するヴィンテージウェアから引っ張ってきているそうです。

ショート丈で身幅広めのサイズバランスも、その実物から活かしております。


そんな新型クルーザージャケットの中でも

今シーズン随一目立つアイテムが、今回紹介している商品です。




その理由は、ほぼ絶対に生地。

色の名前が「フィッシュ」となっている時点で面白いですよね。

プリントされたイラストも、どことなくリアル。


まず、ラミネートを乗せる前に

ナイロン素材に対してモナリザインクジェットプリントを施しております。

正直、、ラミネートの方に目がいってしまうかもしれませんが

このプリントの色合いもまた、とても綺麗に仕上がっております。




そしてラミネートを乗せて生地の出来上がり、なんですが。。

それが「ニューレイド加工」という技術で

薄いポリウレタンラミネート素材を乗せております。

そして無孔質(細かい穴さえ空いていないという事です。)フィルムを使用しており、雨風が生地を通過しない仕上がり。

ラミネートの黄ばみの進行も抑えられるようになっており、下にある鮮やかな色合いも保たれるようになっております。


僕は、“フィッシュカモ”って名前もアリなんじゃないかな?と。


では、ディテール紹介を少しずつ。






裏にメッシュが施されたベンチレーション。

この機能はアップデートポイントでもあります。

こういう生地だから蒸れやすいんじゃないかと心配されている方がいらっしゃるかもしれませんが、そういった心配にもしっかりと対応しております。




ちなみに、背裏にも同じ生地が使用されております。

おかげで着心地は意外とサラサラなんです。




ポケットの付け方も、少し変わったデザイン。

フラップのような役割が果たされることで、雨が降った場合などの物理的侵入に対しても対応可能。


では、ここでスタイリングサンプル。




この日は奇しくも、雨模様。

下に合わせるパンツで迷いながらも

色鮮やかなプリント柄やラミネートの素材感を活かす為、オリーブのリップストップ生地のパンツを合わせました。

フードも大きめで、僕の頭もすっぽりと。




あっ、、僕の好きなポイントはココにも。

この白ジップの軽快さが生地の色合いや春夏への気分を上げてくれますね。


コレ、着てみると分かりますが

本当に着心地良いんですよ。

そして、風を本当にシャットアウト。


百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




かつ丼 吉兵衛 三宮本店/ カレーかつ丼(てんこ盛り)

価格:¥1,100(税込)


先週、誘惑に負けずと書きましたが

軽々と負けてしまいました。


とはいえ、いつも食べているソースかつ丼ではなく

他にも可能性を探りたいと思った僕。

そこで目をつけたのが、コチラでした。

こんな事言わなくても皆様お分かり頂いてますでしょう、、僕はカツカレーが大好き。


この“カレーかつ丼”もまた、美味い!

入り口は甘めかな??と思うのですが、後から少しずつピリッとしてくる感じ。

そうすると、もう一口もう一口と止まらなくなってしまうカレールー(吉兵衛オリジナルだそうです)。

そこに、サクサクのトンカツがあれば更にスピードは増していき。。

あっという間に完食でした。

何度か吉兵衛に足を運ばれた方、この選択肢もアリですよ。


来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

新色『SUMI』が仲間入り

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】



ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

是非、最後までお付き合いください。

今週はこちらを。








BEAMS PLUS / MIL 6 Pocket Indigo Ripstop
カラー:SUMI、INDIGO
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥27,500(税込)
商品番号:38-24-0104-791

BEAMS PLUSの"軍パン"と言えばのミリタリー 6ポケットパンツ。

定番の三子糸を使用したリップストップ生地に加え、昨今スタッフやお客様に好評がある『インディゴ リップストップ』

新色の"SUMI"が仲間に加わり今シーズンも一層盛り上がりをみせております!!



INDIGO


定番のミリタリー 6ポケットをベースとしオリジナルで製作した『インディゴリップストップ』生地を採用。

ロープ染色したインディゴ糸を経糸、緯糸共に使用し織り上げられています。

通常だと経糸にインディゴ糸、緯糸に染色していない白糸を使用することが多いですが、インディゴ糸同士、かつ微妙に異なる色の組み合わせにより濃淡がでて深みのあるインディゴブルーを表現しています。




新色の「SUMI(炭)」


そして今シーズンから仲間に加わった新色の"SUMI"

定番の「INDIGO」の上から炭コーティングを施しております。

製品洗いを行うことでベースとなる「INDIGO」が見え隠れする仕上がり。

今後どのように"変進開花"が進んでいくのか…

乞おうご期待!


こちらのBEAMS PLUSのミリタリー 6ポケット パンツ。

ベースとなっているのが皆様もご存知のU.S ARMY ジャングル ファティーグパンツの1st型。




最大の特徴はすべてのフラップボタンが剥き出しになっている点。

カーゴパンツらしい無骨な雰囲気がありながらも、ボタン開け閉めがしやすく瞬時にポケットにアクセス出来る追求された機能美。



ウエスト部分も同じくボタン式のアジャスターが付きウエストの調節を容易に出来る仕様。


 

サイドにある大振りのカーゴポケット開けると、中にもフラップ付きのセルポケットを搭載しています。



スマートフォンが丁度スッポリ入る大きさで、私自身重宝しているディテール。

他にもカードケースやタバコ、ワイヤレスイヤホン等、お客様の用途に応じてお使いください。
非常に気の利いたディテールです!


オリジナルディテールでもある止血用のテープも健在。

先端にDカンをつけることでキーホルダーとして使用できるディテールにアレンジされています。




裾のドローコードも残してますので、スタイリングやシューズとのバランスを考慮して絞って変化をつけていただくのもオススメです。

ターンナップして穿いていただくのも◎

菊穴の形状が変わってしまいますが、丈詰めの修理も承れます。

気になる方はスタッフへお申し付けください。




ミリタリーパンツらしい太さはありながらも、現代的にアレンジしたすっきりとしたシルエット。
太すぎず、細すぎずの絶妙なバランスで、虜になっている方も多いはず。

正に『定番』に相応しい完成された6ポケットのミリタリーパンツです!




スタイリングは敏腕VMD(ビジュアル マーチャンダイジング)の木村。

リネン インディゴで表現したエンジニアジャケットとのコーディネーション。

インディゴカテゴリーのアイテムで纏めつつも、LOOPWHEELERのジップパーカーをレイヤードしスポーティな雰囲気を醸し出しています。

足元も濃淡が異なるネイビーカラーのクレイジーパターンを纏ったNEW BALANCEを合わる等抜かりないスタイリング。


それでは〆の『ニコタマガールズ』



先日ビームス 二子玉川のBEAMS BOYにて開催されたINDIVIDUALIZED SHIRTSのカスタムオーダー会にて。

私の隣はINDIVIDUALIZED SHIRTSの代理店であるメイデンカンパニーの吉野さん。

実は以前まで弊社に在籍しており、その頃店舗も近く何度か飲みに行ったことがあるお方。

久々の再会ですぐに思い出せなく、変な感じになってしまい反省。

このブログを見てくれてるといいな〜

吉野(ナルミ)さんちゃんと覚えてますよ〜

そして吉野さんの隣はビームス 北千住の松村。

元々、ビームス 二子玉川に在籍していたスタッフで2日間ヘルプで店立ちしておりました!

そして最後は1番右のBEAMS BOY バイヤー 品川。

なかなか話す機会はありませんでしたが、急な撮影にも素敵な笑顔で応えてくれました。

感謝感謝です!


私自身も有楽町時代に沢山思い出があるINDIVIDUALIZED SHIRTSのカスタムオーダーイベント。




実は私もBEAMS BOYスタッフに混ざりオーダーしました!

シートが変わっており戸惑いましたが、なんとか完成。

新しいメニューも加わり満足のいくオーダーが出来ました。

仕上がったらまたどこかでアップできればと。


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜



TAKAHIRO

ENGINEERED GARMENTSらしさ光る「BDU JACKET」が入荷です。

みなさんこんばんは。深夜一時となりました。

All Night BEAMS PLUSの時間です!!


毎週楽しみに見ていた葬送のフリーレンが終わって少し寂しい週末を迎えました。

しかし、現在テラスモール湘南は盛り上がっております。その理由はトリプルポイントキャンペーン。

テラスモールのポイントが3倍。地元の人には激アツなイベント。

さらに皆様ご存知の通りBEAMSのW Point Campaignも開催中。


3倍と2倍。そりゃ盛り上がりますよね。

ということでそんな本日はこちらをご紹介。


ENGINEERED GARMENTS/BDU JACKET Cotton Ripstop
カラー:OLIVE
サイズ:XS,S,M,L
価格:¥57,200(税込)
商品番号:38-18-0554-334

Made in NYを貫く「ENGINEERED GARMENTS」よりブランド定番の「BDU JACKET」が入荷しました。


まずは、ENGINEERED GARMENTSと言ったらの「ポケットワーク」。

今回はポケットを増やしているわけではございません。左右で微妙に違う気の利いたデザインになっております。

まずは右面


いわゆる「BDU」ですね。平行に2つ付いたポケット。

続いて左面。


上側のポケットが傾いています…

これはいわゆる「Jungle Fatigue」。

2つのディティールがドッキングされております。

ENGINEERED GARMENTSが定番で作っている「BDU JACKET」型。些細な変更ですが、着てみると良いアクセント。



生地違いのBEIGEもご用意しております。


ENGINEERED GARMENTS/BDU JACKET High Count Twill
カラー:BEIGE
サイズ:XS,S,M,L
価格:¥58,300(税込)
商品番号:38-18-0553-334

こちらもブランド定番の素材「High Count Twill」を使用。

着込むごとに経年変化が楽しめます。


Cotton Ripstopよりも薄手の素材で、より春夏らしい印象です。


また、チンストラップがついているので襟を立てて着用するのもオススメ。


結構雰囲気が変わるので個人的には好きな着方。


さて、いかがでしたでしょうか?

個人的にはBEIGE推しですが、「BDU」といえば!なOLIVEも捨てがたいです。

毎年様々な素材でリリースされてきましたが、今年はブランドらしい直球の2素材。悩みます…


それでは今週はこの辺で。最後までお付き合いいただきありがとうございます!


スタイリングやビデオなどブログ以外のコンテンツも更新しております!


投稿が表示しやすくなりますので是非、「フォロー」をよろしくお願い致します! 

BEAMS PLUS ロードショー 第207夜

この時間は、私の独断と偏見で、アメリカに(BEAMS PLUS)纏わる映画を新旧問わず紹介していきたいと思います。

では、早速。


こんばんは。BEAMS PLUS ロードショーへようこそ。

ナビゲーターを務めさせて頂きます、コヴです。

今宵も、新旧問わずアメリカ(BEAMS PLUS)に纏わる映画をご紹介。

第207回目はこちら


『1922』(2017)

監督:ザック・ヒルディッチ

出演:トーマス・ジェーン / モリ―・パーカー / ディラン・シュミット / ケイトリン・バーナード / ボブ・フレイザー

あらすじ:

ある男がホテルの一室である告白を書き始めた。そこに記されていくのは男の1922年に行った妻殺しとそれにまつわる恐ろしい体験だった……

この作品はスティーブン・キングの同名小説の映画化です。

今ある農地と家畜を保持する為に妻殺しを行った夫のウィルフレッドとその息子のヘンリーが罪の意識から徐々に崩壊していく様を描いています。

多分、罪の意識からの幻覚なのだとは思うのですが、視聴者としては彼を追い詰めていくものは本当に幻覚なのか?それともこの世ならざるものなのか考えてしまいます。

映画全体のタッチはホラー映画なので暗いですが気軽に観られる作品だと思うので、サクッとホラー映画を観たい時にお勧めの作品です。

それでは衣装を見ていきましょう。

主人公のウィルフレッドと息子のヘンリーは基本、農作業用のオーバーオールを着ているのですが、その中で面白い描写がありました。

確か作業途中で近所の知り合いが訪ねてきた場面だったと思うのですが、ウィルフレッドが外でおもむろにオーバーオールを脱ぎだします。いきなり来客の前で脱ぎだすのでビックリしていると下にはスペンダーで吊ったフルレングスのパンツを履いていたんです。

オーバーオールとは元々は汚れを防ぐ為の作業服なのできちんと考えればおかしくはないのですが、初めて見たので驚いたのと同時に凄く納得してしまいました。

他にも劇中で着ているシャツのほとんどがスタンドカラーなのですが、当時のシャツの主流が襟が汚れたら取り外しが出来るデタッチャブルカラーのシャツだったからだろうなとか想いながら観るのも良いと思います。


ここからはBEAMS PLUSのアイテムを紹介します。


ビームス プラス / ミル スモック ナイロン カモ プリント
カラー:ベージュ、オリーブ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-18-0460-791

空母の甲板上で作業する海軍のカタパルトオフィサーが着用していたカラフルなユニフォームがベースです。

プルオーバーでかなり身幅に余裕のあるサイズ感で、撥水機能もありますので重ね着をした上からも着る事の出来るライトアウターとしても重宝すると思います。

素材はナイロンタフタでミリタリーモチーフのカモフラージュ柄をプリントしており、こちらは1670万色という数の色を表現出来る国内のメーカーのインクジェットプリンターを使用しています。

そして同じ生地を使ったミリタリーパンツと


ビームス プラス / ミル オーバー パンツ ナイロン カモ プリント
カラー:ベージュ、オリーブ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-24-0249-139

未だ入荷していないですが、ショートパンツもありますのでセットアップでの着用もして頂けるアイテムです。

こちらのスモックとオーバーパンツは既に入荷しておりますので、お近くの店舗にお問い合わせ頂ければと思います。


それでは『1922』お楽しみ下さい。

コヴ