タグ「speaker」の記事

<Bang & Olufsen>のタフなポータブルスピーカー「Beosound Explore」

こんにちは。


先日より取り扱いをスタートしているデンマークのラグジュアリーライフスタイルブランド<Bang & Olufsen>のポータブル・スピーカー「Beosound Explore」をご紹介します。




1925年にデンマークのストローアで、Peter Bangと Svend Olufsen によって設立された<Bang & Olufsen>。"常にマジカルな体験でお客様に感動をお届けする"ことを企業理念に、確かな技術とクラフツマンシップ、時代を超えたデザインと人間工学に基づいた快適な操作性&機能性を誇る、多くの製品を生み出しています。


ニューヨーク近代美術館(MoMA)でもパーマネントコレクション(永久収蔵品)に選定されていて、18もの製品が展示・収蔵されていることから、そのデザイン美は業界でも屈指のクオリティであることがうかがえますね!


それでは早速スピーカーをご紹介します。



Bang & Olufsen / Beosound Explore
カラー:GREY MIST
価格:¥24899(税込)
商品番号:29-74-0030-398


29740030398Bang & Olufsen / Beosound Explore
カラー:GREEN
価格:¥24,899(税込)
商品番号:29-74-0030-39829740030398


Bang & Olufsen / Beosound Explore
カラー:NAVY
価格:¥24,899(税込)
商品番号:29-74-0030-398


「Beosound Explore」は、IP67準拠の高い防塵防水性能を兼ね備えた、ブランド史上最もタフなポータブルスピーカーといわれています。360度に広がる無指向性サウンドが搭載されており、アウトドアでもインドアでも場所を選ぶことなく常に上質なサウンドで空間を満たしてくれます。





本体表面にはスクラッチ防止加工が施されているので、傷がつきにくく、アウトドアでの利用などを中心に、あらゆる環境下で音質面、機能面共に高いパフォーマンスを発揮。アウトドアでの利用は、やはり壊れやすかったり傷ついてしまうのが懸念点ですが、そんな面もカバーしてくれるので長く愛用できそうですね。


また2台のBeosound Exploreをステレオペアリングすると、より没入型のサウンドを体験頂けます。




さらには、スマートフォンのアプリ『Bang & Olufsen』をダウンロードしていただくと、(下記のように検索すると出てきます。)




簡単にステレオサウンド設定が可能です。早速私も試してみました。


接続完了すると、このような画面に。





こちらの「Beosound Explore」と書いてある黒文字部分をクリックすると、





さまざまな音質を選ぶことができ、更には、自分好みのバランスでイコライザーを設定し、それを保存しておくこともできます。




上記のように、リラックス、ウォーム、エネルギーと専門的な音楽用語ではなく、分かりやすい表現で提案してくれるので、あまり音楽的な知識・用語に馴染みのない方でも、簡単にセッティングができるシステムなのが魅力的だなと感じました。


そのほかには、特定のラジオを流す事も可能です!






アプリ一つで様々な操作ができる点は、アウトドアで最小限の荷物に抑えたい時にも有効的ですね!もちろん、アウトドアだけでなく、お部屋でのご利用でも場所を取らずに音楽を楽しみたいという方にもオススメです。



店頭では、お試しも可能です!

その他、不明点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

皆さんのご来店、お待ちしております!




<GENEVA> Demostration at BEAMS RECORDS


こんにちは。


ここ最近夏に行われるフェスなどの海外アーティストの出演決定のニュースをはじめ、Khruangbinや、Mndsgn、Youmi Zoumaといったレコーズでも取り扱っているアーティストらの来日公演が決まり、テンションが高まっていますが、皆さんもこの夏ライブやフェスに行かれますでしょうか? 個人的に気になっているのはやはり、7/15(金)に渋谷のVISIONで行われるMndsgnの来日公演。ビームスレコーズでは最新作『Rare Pleasure』のリリースを記念して制作したオフィシャル・コラボレーション・ワッペンを販売中です。是非まだゲットされていない方はチェックしてみてくださいね。






MNDSGN × BEAMS RECORDS / ポートレート・ワッペン
価格:¥3,300(税込)
商品番号:29-03-0270-686

MNDSGN × BEAMS RECORDS / ネーム・ワッペン
価格:¥1,980(税込)
商品番号:29-03-0272-686

MNDSGN × BEAMS RECORDS / Slowdance レター・ワッペン
価格:¥2,090(税込)
商品番号:29-03-0271-686



さて本題に入りますが、本日は6/23(木)より発売しているスイスのオーディオ・ブランド<GENEVA>の新しいスピーカーをご紹介します。

2006年にスイスで設立された<GENEVA>は、当時主流ではなかった一体型ホームオーディオの先駆者として洗練されたデザインとハイクオリティーな質感に、シンプルな機能と操作を組み合わせ、サウンドとインテリア性の両立を追究してきたブランドです。<GENEVA>のサウンド・エンジニアリング・チームは、ハリウッド映画も手掛けており、サウンド・エフェクト部門で4度もアカデミー賞を受賞するほどの実績を持っています。


期待を上回るクオリティを見せる<GENEVA>から満を持して登場した待望の最新スピーカー。まず一つ目にご紹介するのは、CDプレイヤー付きのWi-Fiスピーカー『Decon/M』です。


①GENEVA / Decon/M


BLACK


【WHITE】


【WALNUT】


GENEVA / DeCon/M
価格:¥99,000(税込)
商品番号:29-74-7006-398


Wi-Fiに簡単に接続ができ、更にはインターネットラジオ、Spotify Connect、Bluetooth、CDプレイヤー、FM機能を備えたオールインワンの概念を最高峰の状態で表現したハイスペックスピーカー。先ほどご紹介したエンジニアリングチームが開発したHi-Fi音源を再定義したバランスの取れたパワフルなサウンドを楽しめます。



CDの差込口もスマートなデザインで魅力的です。


前面右上のコンパクトなディスプレイでは、時刻やソースが認識し易く、アラーム・スリープ機能もこちらで操作して設定することが出来ます。



もちろん、リモコンも付属されているのでこちらで簡単に操作も出来ます。



こちらはBluetoothモードで接続して音楽を流している状態の画面です。



なんといってもポイントは、アプリ『UNDOK』を利用するとスマホひとつで簡単に操作やソースを変更できる点。Wi-Fi-接続の状態のみにはなりますが、一回セッティングしておくだけでかなり便利なツールとして活用できる機能です。



アプリ『UNDOK』内でのBluetoothモードでの再生画面は、このように音量調整や、再生/停止、更にはイコライザーの変更なども可能です。



カラーは、WHITE、BLACK、WALNUTの三色になります。

WALNUTは、木目調とシルバーを組み合わせていて、上品さの中に温かみも感じられるデザインです。どのカラーもインテリアとしてとても馴染みの良いデザインで、このスピーカーを配置することによってお部屋のクオリティや雰囲気も更に増すのではないかと思います。




専用のスタンド(別売り)もあるので、場所を選ばずにスピーカーを配置することができ、屋内での音楽の楽しみ方をバリエーション豊かにすることが出来ます。





GENEVA / DeCon/M Floor Stand
価格:¥30,800(税込)
商品番号:29-74-7007-398




続いて次にご紹介するのは、アナログクロックとスマートフォンなどのワイヤレスチャージ機能を装備したBluetoothスピーカー『Time』。


②GENEVA / Time


【BLACK】



【WHITE】



【COGNAC BROWN】

GENEVA / Time
価格:¥33,000(税込)
商品番号:29-74-0021-398


エコレザーに包まれたボディに、フルレンジスピーカー(低音から高音までひとつのドライバーユニットだけで音を出すスピーカーのこと)とパッシブラジエーター(スピーカーユニットから電磁気回路を取り除いたもので、スピーカー筐体内の空気振動を利用して動作させるスピーカーユニットのこと)を内蔵し、その小型で軽量のボディからは想像をはるかに超えるクリアでバランスの良いサウンドを楽しめます。




アナログクロックは、アラーム機能を備えているので、ベッドサイドやデスクワークする際のお供にもオススメです。



また、何といっても優れているポイントは、ワイヤレスチャージ機能が備わっている点。ワイヤレス充電に対応した機器であれば、ケーブルを繋げなくとも置くだけで充電が済みます。現代ならではの便利な機能ですね。背面にはUSB出力端子が装備されているので、これ1台で最大2台の充電も可能です。




カラーは、WHITE、BLACK、COGNAC BROWNの三色展開です。



店頭では、どちらもお試し出来ますので、是非気になる方は気軽に店頭にお立ち寄りください。また、ご不明点などございましたら、電話、またはInstagramのDMなどでも受け付けておりますので、そちらにてお問合せ頂けたらと思います。


簡単ではございますが、以上でご紹介となります、

最後までご覧頂き、ありがとうございました。皆様のご来店をお待ちしております!




近日中の出勤日↓

【6/28,29,7/3,5,6,7,10】


こちらから↓個人ページへ飛んでいただいて



【フォロー】していただくと、皆様のタイムラインに私のフォトログやブログが登場します。

気になるアルバムや、店頭で視聴してみたいレコードなどを【♡+】していただくと、後ほどまとめてお気に入りページからご覧いただけますので、ぜひご活用ください!








BEAMS RECRDS



Instagram 


https://instagram.com/beams_records_official?r=nametag

 


Twitter

https://mobile.twitter.com/beamsrecords_

 

Spotify

https://open.spotify.com/user/ok9aijtqpnfj6uupv4ys6nmrt?si=8z9BwP5HSFyBcqOpM2DQJg&dl_branch=1

 





<SONOS>のコンパクト・モデル「ROAM」の実力

こんにちは。気候もすっかり秋めいてきて、家で過ごす時間も快適になってきましたね。


<BEAMS RECORDS>ではレコードプレイヤーやCDプレイヤー、スピーカー、アンプといったオーディオを取り扱っていますが、店頭では初めてオーディオを揃える方、今の機材からアップデートを検討しているお客様が増えてきているように感じる今日この頃。再生ソースが多様化を極める昨今では、Bluetooth搭載を前提としたオーディオが広く浸透していて、メインはピュア・オーディオ派という方でも最新のネットワーク・オーディオ新製品の情報にはアンテナを張っている方も多いのではないでしょうか。


私自身も様々な系統の製品に触れてきた訳ですが、<bPr BEAMS>で発売になったばかりの<SONOS(ソノス)>「Roam」は新しいベクトルで衝撃的(!)だったのでご紹介します。




<SONOS(ソノス)> Roam
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:ワンサイズ
価格:¥23,799(税込)
商品番号:33-74-1131-136


<SONOS>のラインアップ史上最もコンパクトなポータブル・タイプのモデルが発売になったばかりの「Roam」。サイズは500ml缶ほどの大きさ。



SONOSイムズが感じられるすっきりとしたデザインで、プロダクトの側面や背中も抜かりなく美しいところに好感が持てます。縦置き横置きいずれも可能な設計ですが、縦置きのほうが接地面からの音の跳ね返りが軽減されてより音のニュアンスが楽しめそうです。


このサイズながら、一人暮らしの間取りであればメインスピーカーとしても活躍してくれそうなパワフルかつ瑞々しいサウンドで、正直言って驚きました。いい意味でクセがなく広い音域がしっかりと表現され、幅広いジャンルの音楽を聴く方でもきっと満足していただけるはず。また「Trueplay」という技術で空間を認識してその場に合うサウンドにチューニングしてくれるという機能はどんなものかと、自宅のリビング、キッチン、屋外と様々な環境で再生してみました。確かに、違和感や不足を感じさせません。


はじめは<SONOS>専用アプリで再生ソースを選んでというのが面倒なのでは? とも思いましたが、それ以上に利点が大きかったというのが率直な感想です。というのも<SONOS>本体と再生する端末、それぞれをWifi接続している事で、iPhoneであれば別のイヤホンなどでBluetooth接続で通話や他のアプリでの再生も同時にできてしまうのが非常に便利だったのです。つまりiPhoneなどのデバイスはあくまでも<SONOS>のリモコン替わりになるので、通話をしても他のアプリを起動しても、部屋で流している音楽の再生がその都度止まることがないのでストレスがありません。ストリーミングサービスアプリ「Apple AirPlay2」での操作も可能です。


専用アプリ内ではこのように





Spotify、Apple Music、Soundcloudなど主要なソースとの連携が可能で、NTSやWorldwide FMといった感度の高いリスナー御用達のインターネットラジオも完備しているので、ストリーミング派の方にも充分満足していただけるはず。ちなみに「Roam」はBluetoothも搭載しているので、Wifi環境外でもポータブルスピーカーとして使えるというフレキシビリティがまた秀逸。積極的に屋外にも持ち出したくなってしまいますね。


さらに、<SONOS>製品最大のポイントとも言えるのが、同ブランドの複数のスピーカーをアプリで一元管理、同時再生はもちろん、それぞれ別の音源再生ができたり2台のスピーカーでステレオ再生ができたりと自在にコントロールできる点。それを前提に考えれば、ストリーミング再生がメイン、かつ、複数のスピーカー設置を前提で探している方にはベストチョイスと言えそうです。


使ってみて分かりました。“究極のホームサウンドシステム”たる所以が……。皆様も取り扱い店舗をご確認の上、ぜひお試しください!