スタッフ「奥山 ちぴろ」の記事

Eatable of Many Orders / EATABLE ポップアップイベント開催

【次回展覧会のお知らせ】


Eatable of Many Orders / EATABLE “MIAO BLUE” ~新居幸治&貴州リサーチ “十人十色 10 Raain coats”~』
日時 :201861() 18() 11:0020:00<会期中無休>

※好評につき24日(日)まで会期延長!
場所 : Bギャラリー(新宿 / BEAMS JAPAN 5F
160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL
03-5368-7309

【レセプションパーティー 】
日時: 61() 18:3020:00
場所: B GALLERY

【内容】
ビームス ジャパン 5F「フェニカ スタジオ」と「Bギャラリー」でファッションブランド<Eatable of Many Orders(エタブルオブメニーオーダーズ)>とレザーアイテムブランド<EATBLE(エタブル)>のポップアップイベントを共催します。

中国の貴州省に暮らす少数民族、ミャオ族の藍染からインスピレーションを得た、Eatable of Many Orders2018年春夏のコレクションテーマ“MIAO BLUE”。
「フェニカ スタジオ」は “MIAO BLUE”のコレクションアイテムに、<フェニカ>の別注アイテムを加えたラインナップを展示、販売しブランドの魅力を発信します。
Bギャラリー」はデザイナーの新居幸治にフォーカスし、新作の展示と“MIAO BLUE”のコレクションのリサーチのために訪れた貴州やミャオ族のプレゼンテーションを行います。会期中には、藍の生葉をそのまま布に叩きつけて染めるスカーフづくりのワークショップと新居幸治が“貴州リサーチ”の旅をレポートするトークイベントも開催します。

無類の発想とデザインが融合した服や鞄、そしてさらにユニークな展開をみせる作品群を、どうぞお楽しみください。

【イベント情報】
◆ワークショップ /
藍の生葉染めのスカーフづくり
日時:69日(土) 14:0017:00130分)
定員予約制: 先着30名様(着席) ※ご予約はBギャラリーまで。
参加費(1回):4,000円(税込/材料費込み/お茶菓子付き)

◆トークイベント「貴州リサーチ〜ミャオ族を訪ねた旅のレポート」
日時:69日(土) 18:0019:30
定員予約制: 先着30名様(着席) ※ご予約はBギャラリーまで。
参加費:無料

 

Eatable of Many Orders / EATABLE
多摩美術大学で建築を学んだ後アントワープ王立美術アカデミーを卒業した新居幸治と、アントワープ、パリでベルンハルト・ウィルヘルムに師事した後バルセロナでの革工芸経験を経た新居洋子が2007年にスタート。ブランド名の“Eatable食べられる”は、コレクションテーマについてのリサーチから素材の理解、天然素材の使用、染織や革の鞣しなどの製法への執着を表現する言葉。服を着る感覚を敏感にできる環境づくりを目指す。
Eatable of Many Ordersホームページはこちら

【新居幸治】
Eatable of Many Orders>のデザインのほか、<EATABLE>の鞄や小物の木工を手掛ける。アントワープ王立芸術アカデミーファッション科卒業後、アントワープモードミュージアムギャラリー、金沢21世紀美術館デザインギャラリーにて個展『Last Supper』を開催。帰国後、妻の洋子とブランドを立ち上げる。衣・食・住の関連性への興味を独自の思考と感性で追究し、ファッションだけでなくインスタレーションなどでも表現している。

【貴州リサーチ】
Eatable of Many Orders>の2018年春夏コレクション“MIAO BLUE”のリサーチをきっかけに、デザイナーの新居幸治が中心となって、友人やその縁で集まる活動ジャンルの異なる面々がそれぞれの視点で、中国、貴州、ミャオ族をみる貴州省への旅。

 

--------------------

 

【現在開催中の展覧会】

浅井健一 個展 『宇宙の匂』
4
27()527() 11:0020:00(会期中無休)

浅井健一 個展『宇宙の匂い』

【次回展覧会のお知らせ】


浅井健一 個展 『宇宙の匂』
日時 :2018427() 527() 11:0020:00<会期中無休>
場所 : Bギャラリー(新宿 / BEAMS JAPAN 5F
160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL
03-5368-7309

【内容】
Bギャラリーでは2年ぶり2回目となるミュージシャン、浅井健一の個展を開催します。『宇宙の匂い』と題した本展は、伝説的バンドBLANKEY JET CITYから現在始動中の浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSまでの27年間に書きためた詩と、日々の想いが綴られた日記や新作の物語などをまとめた詩集・ダイアリー&ストーリーズ『宇宙の匂い』の刊行を記念した展覧会となります。

日本を代表するロックンロールミュージシャンとして第一線で音楽活動を続ける中で綴られる言葉や想像力豊かな物語は、急速なスピードで変化しているこの世界を生きる私たちに、大切な何かを思い出させてくれることでしょう。浅井健一の最新展にどうぞご期待ください。

 

【詩集刊行のお知らせ】 ※本展会場にて先行発売!
タイトル: 「宇宙の匂い」
著者: 浅井健一
発行: 株式会社ビームス
デザイン: 大箭亮二(Z&Z inc.
定価: 3,000円(税別)

 

【浅井健一(あさい・けんいち) / ミュージシャン】
1991年のメジャーデビューから2000年までの10年間にわたるBLANKEY JET CITYとしての活動後、自主レーベルSEXY STONES RECORDSを拠点にバンドSHERBETSやソロ名義での音楽活動を開始し、よりアーティスティックに世界を広げる。音楽だけでなく詩や絵画の才能も注目を浴びており、20006月にCD付き処女作品集「SHERBET street」を刊行。ほかにも絵本「TED TEX」をはじめ、詩集も3冊出版、20073月には自身の絵画作品の集大成と言える画集「Jet Milk Hill to Sherbet Street」を発表し、初の個展も行う。浅井健一のピュアな精神が表現された作品群は独特の美しさと優しさに溢れ、孤高のファンタジーとして世代や性別を超えて愛され続けている。

SEXY STONES RECORDSのホームページはこちら

 

--------------------

 

【現在開催中の展覧会】

澁谷征司 写真展『A CHILD,Tokyo.

324() 422() 11:0020:00(会期中無休)


澁谷征司 写真展 『A CHILD, Tokyo.』

【次回展覧会のお知らせ】




澁谷征司 写真展『A CHILD,Tokyo』

日時:2018年3月24日(土)〜4月22日(日)11:00〜20:00<会期中無休>

場所:Bギャラリー(新宿/BEAMS JAPAN 5F)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6

TEL:03-5368-7309


【レセプションパーティー】

澁谷征司氏をお招きし、レセプションを行います。

日時 / 場所:3月23(金)18:30〜20:00 / B GALLERY

※どなたでもご参加頂けます。


【内容】

Bギャラリーでは初となる写真家、澁谷征司の写真展を開催します。『A CHILD,Tokyo.』と題した本展は、彼が約7年の間、世界中で撮りためた膨大な数の写真群から厳選し、まとめた写真集「A CHILD」(文藝春秋/2017年)の刊行に併せた巡回展となります。

澁谷征司の処女作である「BIRTH」(赤々舎 /2008年)、続く2作目の「DANCE」(赤々舎 /2010年)から約7年ぶりの発表となる「A CHILD」。人間がこの世界に産まれ(BIRTH)、自らの意思で動き(DANCE)、子供(A CHILD)へ成長していくという誰もが経験してきた時間や記憶の数々を、彼の写真から感じとることができるでしょう。澁谷征司の本作にどうぞご期待ください。


「僕の写真は、その1枚のなかに様々なものが混在しています。世界が複雑であるさまを出来る限り写真で引き受け、そしてその複雑さをより魅力的にしたいのです。大きな時間の中で、すべてが一体となって存在しているように。」-澁谷征司


【写真集刊行のお知らせ】

タイトル:A CHILD

著者:澁谷征司

発行:株式会社文藝春秋

デザイン:大西正一

定価:13,000円(税別)



最新情報はホームページ、SNSにて随時配信いたします。

Bギャラリー オフィシャルサイト:www.beams.co.jp/bgallery/

Facebook:www.facebook.com/BgalleryBEAMS

Instagram:b_gallery_official

Twitter:@B_GALLERY_

詳細などのお問い合わせはBギャラリーまで。


【澁谷征司(しぶや・せいじ)/ 写真家】

1975年:東京出身。独学で写真を始める。

2007年:個展『BIRTH』AMPG(東京)

2008年:写真集『BIRTH』刊行(赤々舎)

2008年:個展『RIVER』青山スパイラルガーデン(東京)

2010年:写真集『DANCE』刊行(赤々舎)

2010年:個展『DANCE』AKAAKA(東京)

2011年:個展『FLAME』AKAAKA(東京)

2012年:個展『LETTERS』箱根彫刻の森美術館(箱根)

2012年:写真集「空と」刊行(箱根彫刻の森美術館)、『森と』刊行(箱根彫刻の森美術館)

2013年:個展『RIVER RIVER』青山スパイラルガーデン(東京)

2013年:展示『ミッシェル・ガン・エレファントと澁谷征司と佐内正史と』FOILギャラリー(京都)

2015年:写真集「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT ーLAST HEAVENー」刊行(赤々舎)

2017年:個展『A CHILD』 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(京都)

2017年:写真集「A CHILD」刊行(文藝春秋)

澁谷征司さんのホームページはこちら



ーーーーーーーーーーーーー



【現在開催中の展覧会】

桑田卓郎 展覧会『USE/ユーズ』

2月24日(土)〜3月21日(祝・水)11:00〜20:00(会期中無休)

桑田卓郎 展覧会 『USE/ユーズ』

【次回展覧会のご案内】

期間 : 2018224() 321(祝・水) 11:0020:00 (会期中無休)

場所 : Bギャラリー(新宿 / BEAMS JAPAN 5F
160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6

【レセプションパーティ】
2017
223() 18:3020:00

※どなたでもご参加頂けます。


【内容】
Bギャラリーでは初となる陶芸家、桑田卓郎の展覧会を開催します。『USE/ユーズ』と題した本展では、彼が11点制作した器を現代美術品として鑑賞するだけでなく、日常生活の中で使用することをテーマにBギャラリーと共同企画した作品を展示、限定販売します。
10
代で陶芸の道を歩み始め、伝統に基づいた陶芸作品を制作してきた桑田卓郎は、近年彼独自のスタイルを獲得。大胆かつ美しい作品の数々は、世界中で人気を博しています。その一方で、自身の作品を美術品鑑賞に留めていることに違和感を感じており、今回は“美術品を使う”ということに挑戦する展覧会となります。“美術品を使う”ということはどういうことなのか?桑田卓郎の新作にどうぞご期待ください。

 

最新情報はホームページ、SNSにて随時配信いたします。
B
ギャラリー オフィシャルサイト: www.beams.co.jp/bgallery/
Facebook
www.facebook.com/BgalleryBEAMS
Instagram
b_gallery_official
Twitter
twitter.com/B_GALLERY_
詳細などのお問い合わせはB GALLERY03-5368-7309)まで。

 

【桑田卓郎(くわたたくろう) / 陶芸家】
1981年広島県生まれ。2001年に京都嵯峨芸術大学短期大学部を卒業後、2002年に陶芸家の財満進氏に師事、2007年に多治見市陶磁器意匠研究所を修了し、現在は岐阜県土岐市に工房を構えて作品制作を行う傍ら、ニューヨーク、ブリュッセル、ロンドンなど世界各地で展覧会を開催。作品はルベルファミリー・コレクション、パームスプリングス美術館、金沢21世紀美術館、ミシガン大学美術館などに収蔵されています。
桑田卓郎ホームページはこちら

 

----------


【現在開催中の展覧会
週刊プレイボーイ『熱狂50+1』展
2018
113( 
212(祝・月) 11:0020:00 (会期中無休)
※好評につき会期延長!


週刊プレイボーイ『熱狂50+1』展

【次回展覧会のご案内】

期間 : 2018113( 212(祝・月) 11:0020:00 (会期中無休)
     ※好評につき会期延長!

場所 : B GALLERY(新宿 / BEAMS JAPAN 5F)
      〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL
 : 03-5368-7309

 

【内容】
男なら誰もが一度はお世話になったことがあるであろう「週刊プレイボーイ」。看板のグラビアを筆頭に、社会、政治、カルチャー、ドキュメンタリー、ギャンブル、風俗……森羅万象の欲望をすべて詰め込み、時代とともに編集方針を変えながら生きながらえてきた“週プレ”が201610月をもって創刊50周年を迎えました。アニバーサリーイヤーと位置づけた51年目には、様々な企画を進行し、新たな雑誌の形を模索してきました。
『熱狂50+1』と題した本展では、その時代を色濃く映した歴代の表紙コラージュや傑作グラビア、誌面に関連したイラスト作品などのほか、“これから先”を視野に入れ、映像を使った体験型の展示も用意。昨年6月に同じ新宿の地にオープンした週プレ酒場との連動企画、イベント限定の物販も予定しております。また、本展は週刊誌の形態に合わせ、週ごとに内容をアップデートします。
“週プレ”50年の歴史、そしてこれからを感じるまたとない機会です。どうぞご期待ください。

 

【イベント情報関連 / 毎週開催予定!】
Vol.1
<トークショー&レセプションパーティー>
日時:114日(日)
・トークショー:16001730 
定員予約制: 先着40名様(着席) ※ご予約はBギャラリーまで。
ゲスト:田中知二(編集者・元週刊プレイボーイ編集長)、末井昭(作家・元写真時代編集長) 、南伸坊(編集者・イラストレーター)
and more

・レセプションパーティー(入場自由):17302000

Vol.2 <出張!週プレ酒場(入場自由)>
新宿・歌舞伎町から週プレGIRLSがシャンパンをもってお酒を振る舞います。
日時:120日(土) 15001800 

Vol.3 <小宮有紗 写真展&お披露目会>
写真集発売直前!1日限定の写真展を開催します。
日時:127日(土) 11:0016:30

Vol.4 <トークショー
日時:24日(日) 17:0018:00
定員予約制: 先着40名様(着席) ※ご予約はBギャラリーまで。

ゲスト: 藤代冥砂(写真家)× 川島小鳥(写真家)
司会: 近田拓郎(週刊プレイボーイ

その他、イベントの最新情報はホームページ、各メディアにて随時配信いたします。
週プレNEWSwpb.shueisha.co.jp/
50
周年特設サイト:www.wpb50th.shueisha.co.jp/
詳細などのお問い合わせはBギャラリーまで。

 

【週刊プレイボーイ】
毎週月曜日発売。19661028日創刊。創刊時のキャッチコピーは「男なら読む権利がある!国際感覚あふれるプレイボーイを読もう!」。60年代は石原慎太郎や三島由紀夫の連載や外国人ピンナップが看板だった。1970年を前後して篠山紀信が手掛ける純国産のグラビアが人気に。グラビア=週プレの方向性を決定づけると同時に、柴田錬三郎や今東光、開高健の人生相談など硬派な記事も支持された。100万部を超えたのは過去2回。「俺の空」が連載された70年代後半と、島地勝彦編集長が辣腕を振るった80年代の中頃。90年代以降はグラビア写真集のヒット作が相次ぎ、戦争や災害ルポなどにも精力的に取り組んでいた。

  

【関連書籍】


時代を熱狂"させた女と男の50年。
歴史に刻まれるべき、愛と欲望の記録。

2,500
冊弱のバックナンバーをすべて見直し、時代に突出した女優、タレント、アイドル、役者、スポーツ選手、アーティスト、写真家、漫画家のグラビアや取材記事をピックアップ。熱狂"の歴史を全320ページにわたって一挙に掲載。今作のために横尾忠則がプレイボーイ"の新ロゴを作成。ただのふり返りだけでは終わらない、週プレの底力を見よ。

〈内容紹介〉
■時代を彩った歴史的お宝グラビア150連発!
■アグネス・ラム、南野陽子、広末涼子、優香、仲間由紀恵、井川遥…“時代のヒロイン"は語る。
■三島由起夫、高倉健、松田優作、矢沢永吉、ローリング・ストーンズ…週プレが追った男たちの肖像。
■スティービー・ワンダーVS勝新太郎、ボブ・マーリーVS中上健次など。歴史的対談集を収録。
■篠山紀信、森山大道、立木義浩、中村昇、藤代冥砂、川島小鳥……時代を切り取った写真家大特集。


----------


【現在開催中のPOP UP STORE
Sexy Stones Records Shop in Shop
期間 : 20171228() 201818(祝月) 11:0020:00
1231() 11:0018:00 11(祝月)



『Sexy Stones Records Shop in Shop』開催!

年末年始 Shop in Shop 開催のお知らせ


『Sexy Stones Records Shop in Shop』

期間 : 20171228( 201818(祝月) 11:0020:00
1231() 11:0018:00  11(祝月
場所 : B GALLERY(新宿 / BEAMS JAPAN 5F)
         160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL
 : 03-5368-7309


【内容】
ミュージシャン・浅井健一の自主レーベル“SEXY STONES RECORDS”がこれまでに発表してきたグッズに加え、
新作商品やBEAMSとのコラボレーション商品を販売します。また、その他関連品などの展示も行う予定です。みなさまのご来場をお待ちしております。


【詩集刊行と展覧会開催のお知らせ】
浅井健一のデビューから現在までの27年間の全作詞からセレクトしまとめた詩集(発行:ビームス)を、20184月下旬に刊行!
本詩集を記念し、来春にB GALLERYにて展覧会(詩集先行発売)を開催予定。


 【浅井健一(あさいけんいち) / ミュージシャン】

1990年より2000年までの10年間に渡る「BLANKEY JET CITY」としての活動後、自主レーベル「SEXY STONES RECORDS」を拠点にバンド「SHERBETS」やソロ名義での音楽活動を開始し、よりアーティスティックに世界を広げる。音楽だけでなく詩や絵画の才能も注目を浴びており、20006月にCD付き処女作品集『SHERBET Street』を刊行。ほかにも絵本『TED TEX』をはじめ詩集も3冊出版、20073月には自身の絵画作品の集大成といえる画集『Jet Milk Hill to Sherbet Street』を発表し、初の個展も行う。浅井健一のピュアな精神が表現された作品群は独特の美しさと優しさに溢れ、孤高のファンタジーとして世代や性別を超えて愛され続けている。

Sexy Stones Recordsのホームページはこちら

----------


121日より開催する展覧会】
野村佐紀子 写真展「愛について」
2017
121( 26() 11:00 - 20:00<会期中無休>