2016ササヤマルシェ いよいよ来週からです!

fennica in sasayamarche 2016

会期 2016年11月3日(木曜日 祝日)~11月6日(日曜日)10時~16時

場所 兵庫県篠山市河原町妻入商家群


<ササヤマルシェ>は兵庫県の中東部に位置する城下町・篠山にて、江戸時代より続く庄屋や町屋が並ぶ通りを中心にモノづくりや食などを扱うショップで賑わうマルシェイベントです。<BEAMS>のレーベルのひとつ<fennica(フェニカ)>は昨年に引き続き参加。“Less Grobal, More Local”をテーマに集められた商品の中から、定番で販売している民藝の陶器や食品・雑貨類の他に、ウエアやシューズ類もご用意。<orSlow><BUZZRICKSON’S><MOON STAR>など、こだわりの別注アイテムもご紹介致します。




※こちらは昨年の会場の様子です。


いよいよ開催まであと1週間を切った本イベント。

本日はご紹介する商品を少しだけご紹介します。

宮城県白石市・工房きぼこの新山吉紀氏の色鮮やかなこけしや、

同じく宮城県仙台市の名取屋染工場によるツバメ柄のてぬぐい。

絵柄は染色工芸作家・柚木沙弥郎さんのよるものです。

どちらも東京・新宿にあるBEAMS JAPAN fennica STUDIOのみで販売しているもの。

今回関西では初登場となります!


会場は前回と同じ場所、西坂邸となります。

通りを入ってすぐの場所となっておりますので、お越しの方は是非お立ち寄りください!

ASAMI



”BUFFALOWS,SOLDIERS,TRENCHTOWN MYSTICS”

こんにちは。

しばらくレディースアイテムの商品紹介が続きましたので、今回はメンズでいこうと思います。

現在、原宿インターナショナルギャラリー内、fennica(フェニカ)エリアは今シーズンのレーベルテーマである”BUFFALOWS,SOLDIERS,TRENCHTOWN MYSTICS”のイメージになっています。



ARMY,NAVYといったミリタリーテイスト”SOLDIERS”とジャマイカ・キングストンにある、多くのレゲエミュージシャンの出身地である”TRENCHTOWN MYSTICS”特有のレゲエ・ラバーズロックを連想させる原色の色使いや柄のアイテムに注目。それぞれを80年代に一世を風靡したイギリスのレイ・ペトリ率いるクリエィティブ集団”BUFFALOWS”と掛けてジャンルをミックスさせた”fennica”ならではの提案です。







  

Jamiesons(ジャミーソンズ)のサンプルは未入荷ですが、予約受付中です。ぜひお試ください。

フェアアイルを原色使いで、というのが新鮮です。

ジャークチキンカレーが気分を盛り上げてくれます。




こんな色使いも。

左のタイプをオーダーしたのにはちょっとした理由が。ぜひ店頭でスタッフまでお尋ねください。


こんなカラーパターンもあります。左は昨年のタイプで購入が可能です。今シーズンはボーダーの幅が広めです。


メンズは勿論、レディースサイズも入荷予定です。

ぜひ、見にいらしてください。


Katagiri

DRY LAKE(ドライレイク)とその楽しみ方。

10月も下旬というのに今日は随分と暖かい1日でした。

でも、そろそろ秋らしい物を身に付けたいものですね。

今回は秋冬物の新しいブランドのご紹介です。


北欧、スウェーデンからDRY LAKE(ドライレイク)。

fennica (フェニカ)では今回が初お目見えとなります。

北欧というと日本ではほっこり、や可愛らしい、といったイメージが浸透しているようですが、このDRY LAKEは少し趣きが異なるかもしれません。


まずは画像でご紹介。

ジャカード柄のワンピース。


透ける素材のフラワープリント。


ネコ柄のワンピース。


と、思ってよく見るとパンサー(豹)柄でした。


フェイクファーのブルゾン。


同素材のロングベスト。




ボリューム感、存在感ともにバッチリのフェイクファーシリーズですが、今回はこのベストを使ってfennica(フェニカ)だからこそ出来る、楽しみ方を考えてみたいと思います。ご存知の方もいらっしゃいますが、フェニカではメンズ、レディース、ユニセックスという品揃えの提案をしています。ドライレイクをメインにメンズやユニセックスのアイテムと組み合わせてみたいと思います。


ユニセックスのCableami(ケーブルアミ)のハット、DANTON(ダントン)のジャケット、BUZZ RICKSON (バズリクソン)の別注ミリタリーパンツと合わせて。足元はレディースのCHAMULA(チャムラ)。



トップスはメンズのMONITALY(モニタリー)、スカートはレディースのDahli'a(ダリア)、シューズはレディースのROSAMOSA(ロサモサ)。



レディースのmarimekko(マリメッコ)のワンピースにメンズのMONITALY(モニタリー)のモンクジャケットを羽織り、その上からファーベストを。シューズはやはりレディースのROSAMOSA(ロサモサ)。


いかがですか?

レディースのアイテムにメンズやユニセックスを合わせる事によって、素材感のギャップや面白いバランス感が生まれます。

新規のDRY LAKE(ドライレイク)と併せて、ぜひ店頭で様々な商品とのコーディネートを楽しんでみてください。


Katagiri

ササヤマルシェ2016

fennica in sasayamarche 2016

会期 2016年11月3日(木曜日 祝日)~11月6日(日曜日)10時~16時

場所 兵庫県篠山市河原町妻入商家群


<ササヤマルシェ>は兵庫県の中東部に位置する城下町・篠山にて、江戸時代より続く庄屋や町屋が並ぶ通りを中心にモノづくりや食などを扱うショップで賑わうマルシェイベントです。<BEAMS>のレーベルのひとつ<fennica(フェニカ)>は昨年に引き続き参加。“Less Grobal, More Local”をテーマに集められた商品の中から、定番で販売している民藝の陶器や食品・雑貨類の他に、ウエアやシューズ類もご用意。<orSlow><BUZZRICKSON’S><MOON STAR>など、こだわりの別注アイテムもご紹介致します。


既にビームスオフィシャルサイトでの告知も始まっている本イベント。

あと10日と迫って参りました。

ここ数日、イベントでご紹介する商品も選んでいるのですが、ビームス神戸では販売した事のない雑貨類もご用意する予定です!

お天気のみが心配ですが、皆様に楽しんで頂けるよう、全力で準備していきたいと思います。

私の他に、ビームス神戸の名物スタッフ市原と安本が日替わりで会場に参ります。

ぜひご期待下さい!!!


ASAMI

"エタブル庵 い草の間"本日最終日です!

いよいよ本イベントも、本日が最終日となりました!


Eatable of Many Orders POP UP SHOP "エタブル庵 い草の間"
会期:2016年10月15日(土)~10月23日(日)
場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO (新宿)



バッグ・小物のオーダーは勿論、ウエアのバリエーションがより多くご覧頂けるのは本日までです!

イベントスペースでは制作の光景などもスライドショーでご紹介しております。

目の前にある商品がより特別なものに見えてきますね!



本日はデザイナーの新居幸治さんも在店予定です!!!

(13時以降にいらっしゃるご予定です。)


今日はお天気も良く、お出かけ日和かと思います。

ぜひ皆様のご来店をお待ちしております!!!


ASAMI

"エタブル庵 い草の間" 小物のオーダー会を行っています!

皆様こんにちは。


本日も新宿からイベントのご紹介です。いよいよ残り3日となりました!

Eatable of Many Orders POP UP SHOP "エタブル庵 い草の間"
会期:2016年10月15日(土)~10月23日(日)
場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO (新宿)



先日はお洋服のご紹介をしましたが、今日は革小物のオーダーを紹介します。

エタブルオブメニーオーダーズが得意とする革小物。どれもデザインがかわいらしく

目を引きます。




こちらのタタミを使用したお財布。開けてびっくり、中の小銭入れがなんと巾着型・・・。

取り出しづらいのでは?なんて声もありますが、私はきちんと使っています!

ちゃんと取り出せますよ!




人気のお財布も折り畳み型と長財布の2パターン。革の種類やステッチを選べます。





選べる革の種類はバッグや財布など、種類によって異なりますが
ぜひこの機会に自分だけの特別なひとつをオーダーしてみるのはいかがでしょうか?




こちらは代表作のハンガーバッグ。丸いフォルムにくぎ付けです・・・。

こちらも革の色や、ハンガー部分の木の色を選ぶことができます。

右が黒いウォルナット材、左はナチュラルなタモ材を使用しています。こちらも手で削り

独特な雰囲気を持っています。




こちらも定番で人気のあるポケットが可愛いトート型バッグ。

ナチュラルな革はどんどん色が変わっていき、飴色に変化します。

その経年変化を楽しむのも革小物の良さのひとつですね!





こちらは次のシーズンテーマ、「Spaghetti」よりあやとりシリーズの新作バッグ。

独創的なデザインで見る人を驚かせます。


こちらのイベントは今週末の23日(日)までとなります。

最終日の23日はデザイナーの新居幸治さんも在店予定です。

ぜひ皆様のご来店お待ちしております!


BEAMS JAPAN 5F fennica STUDIO(新宿)

菊地 優里

"エタブル庵 い草の間" コーディネートのご紹介です!!

Etable of Many Orders POP UP SHOP ”エタブル庵 い草の間”

会期:2016年10月15日(土)~10月23日(日)

場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO(新宿)


イベントも残り4日となりました。

今回は、スタッフのコーディネートをご紹介したいと思います。


まずは、こちらのオーバーサイズシャツ。

襟部分にポイントとしてブローチを付け、さらりと着こなしています。


こちらは色違いのグレー。インナーにタートルで重ね着し、スニーカーでカジュアルにコーディネート。

シャツの裏地が起毛になっているので、暖かいですよ。


白のシャツに、細見のパンツですっきりとさせました。ベストなどで重ね着もできます。


蛍光黄色でパンチのあるニットは、一枚で十分にデザイン性があります。


色違いの白のニットにサスペンダーを付けて、メンズライクにしました。


首元の空き具合もお勧めで、アクセサリーも付けられますよ。

サスペンダーのオーダーも承っております。素材がCOW。色目がブラック、ナチュラル、レッド、ブラウンからお選び頂けます。

※付けているのは、前シーズンの物ですので、仕様が異なります。


他にもワンピースやパンツなど、商品取り揃えていますので、是非ご来店をお待ちしております。


BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO

徳永 しおり


”エタブル庵 い草の間”始まりました!

Eatable of Many Orders POP UP SHOP "エタブル庵 い草の間"

会期:2016年10月15日(土)〜10月23日(日)

場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO (新宿)



本日よりオーダーイベントがスタートしております!

まず目の前に飛び込んでくるのが、デザイナーの新居さんが今回の為に作成・組み立てたベンチ。

こちらでお茶もお出ししております。



オーダーについては、店頭の並んだサンプルの中から、お好みの素材・仕様をお選び頂けるようになっております。

(それぞれのモデルにより、選択できる種類が異なります)

詳しくは店頭のスタッフまでお問い合わせ下さい。



もちろん本イベントの中心となっているTATAMIシリーズも店頭にございます。

長財布にショルダーストラップをつけたようなこちらのモデルは、今回の為のスペシャルモデルです!

ウエアのバリエーションも揃っておりますので、期間中ぜひ遊びにいらして下さい!!!


ASAMI

”エタブル庵 い草の間” ご紹介予定の小物です!!

Etable of Many Orders POP UP SHOP"エタブル庵 い草の間”

会期:2016年10月15日~10月23日(日)

場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO(新宿)


皆様こんにちは。

本日は、イベントで入荷予定の小物を、少しですがご紹介したいと思います。


まずはこちらから。

エタブルのバッグと言えば・・・この形!!と言っていいほどのバッグです。

大きいバッグを持って、このバッグを斜めに持つのがお勧め!!

アクセ感覚で、コーディネートの一つに取り入れてみて下さい。


続いては・・・形が変わったこのバッグ。とても革が柔らかく、デザインもインパクト大です。

たっぷりとしたコートに合わせて、一つポイントに持つのもいいですね。


藍染めで染めたリュックは、デザインも他にはないバッグです!!



最後にこちらはイベントのメインになる、い草シリーズのお財布です。

中を開けると小銭を入れる部分が、巾着になっています。

このようなお財布見た事ないですね。

デザイナーさんのこだわりと世界観を是非見にいらして下さい。


BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO


徳永 しおり



"エタブル庵 い草の間" ご紹介予定のウエアです!

皆様こんにちは。


本日も新宿、fennica STUDIOにて15日から行われるイベントの

ご紹介です。


Eatable of Many Orders POP UP SHOP "エタブル庵 い草の間"
会期:2016年10月15日~10月23日(日)
場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO (新宿)


普段から取扱いのあるブランドですが、今回はより多くのラインナップがお店に並ぶ予定です。

本日はイベントに向け、徐々に入荷しているお洋服たちをお見せします。




こちらは秋冬のコート。独特なパターンときれいなラインが特徴で、着ると更にシルエットの良さが伝わります。
色はキャメルとブラックの2色。



こちらが実際着ている写真。ビックシルエットで襟元もエレガント。

どんなシーンにでも使えそうです!









また、こんなジャケットはいかがでしょうか?秋冬の暗くなりがちなコーディネートにこのような明るいライム色を羽織って、気分も明るくなること間違いなしです。色はもう一色黒もあり、また雰囲気の違うコーディネートが楽しめそうです。




このようにワンピースと合わせてもいいですし、太めのパンツでメンズライクのスタイルもお勧めです。





こちらはバッグやサスペンダー。このブランドが得意とする、革を使ったアイテムが沢山並びます。

ぜひ今回のPOP UP SHOPにご期待ください!

また新しい商品が入荷しましたら、ご紹介いたします。


皆様のご来店お待ちしております!


BEAMS JAPAN 5F fennica STUDIO

Kikuchi Yuri



アウターいろいろ

こんにちは。

ここの所、ようやく涼しくなってきました。

そろそろ秋冬の洋服が気になる頃ですね。

そこで今回はレディースのアウターを色々ご紹介します。


dahli'a(ダリア) ポンチョ風コート 66-18-285-474 ¥29,000+Tax

軽めの起毛素材で季節的にはもう着られそうです。

 



dahli'a (ダリア) 66-19-163-474 ¥54,000+Tax

コットン素材のレンチコート。インナー次第で幅広いシーズンに活用出来るのではないでしょうか。

 



dahli'a (ダリア)

66-19-164-474 ¥49,000+Tax

ワックスコーティングされたフーデッドコート。袖が細めですっきりしたライン。丈は長めです。

  


取り外しの出来るフェイクファーのインナー付きです。ファーを外して軽めのコートとして使うことも。



BLACK CLANE(ブラッククレーン)

66-19-162-269 ¥41,000+Tax

コットン素材のガウン風デザイン。上半身はドルマンスリーブでボリュームがありますが、ベルトを締めるとウェストから下は細身のラインになります。勿論ベルトを締めずに羽織る感じで着ても雰囲気があります。これも着丈は眺め。個人的な好みでお勧めです。

  

コーデュロイを裏使いにするという、面白い発想。



DANTON(ダントン)

66-19-171-024 ¥36,000+Tax

ダブル合わせのやや長めの着丈。カバーオールが定番なブランドだけに新鮮です。
 


ORCIVAL(オーシヴァル)

66-19-176-024 ¥42,000+Tax

ウール素材のフーデッドコート。Aラインで、袖口にかけて広がりがありポンチョ風。ゆったりとしたフォルムでボリュームのあるインナーも着ることが出来そうです



Orslow(オアスロウ) 

66-19-187-611 ¥34,800+Tax

長めの丈でストレートなシルエット。こちらはウール素材。
 


Orslow(オアスロウ) 

66-19-173-611 ¥32,000+Tax

同じ形でコットン素材。


いかがですか?

他にも色々取り揃えています。

アウターって欲しい、着たいと思う時期には丁度良いサイズがもう無い!という事がありませんか?

ぜひ、この時期からチェックしておいてください。

皆様のご来店、お待ちいたしております。


Katagiri

DIRK VAN SAENE(ダーク ヴァン セーヌ)

こんにちは。

今回は秋冬の洋服の紹介です。


fennica(フェニカ)では初の取り扱いとなる、DIRK VAN SAENE(ダーク ヴァン セーヌ)。

1980〜90年代にかけてモードの世界でアントワープが注目を集めた時期がありました。きっかけはアントワープ王立芸術アカデミーを卒業した6人のデザイナーが共同でロンドンの「The British Desighner's Show」に出展したことで、ここから話題に上り、彼らを総称して「アントワープ6(アントワープの6人)」と呼ばれるようになりました。

その内の一人がこの(ダーク ヴァン セーヌ)という訳です。他にドリス ヴァン ノッテン、アン ドゥムルメステールといった今でも知名度の高いデザイナーがこの6人に含まれています。

冒頭でフェニカでは初の取扱いとお伝えしましたが、以前にも10数年前になるでしょうか、このダーク ヴァン セーヌを取り扱っていた時期があったのです。当時も時代性の感じられるオリジナリティのあるデザインでしたが、時を経てクラフト感や独特の遊び心が加わり、つい立ち止まって見てしまう、そんな特徴的なブランドです


シルク素材にハンドプリント風の七分丈のドレス 

66-26-1023-730 ¥90,000+Tax

   

ウール素材のギャザーワンピース 

66-26-1022-730 ¥130,000+Tax

身幅をたっぷりとり、袖は細めに作ってあるので着用した時に腕回りはすっきりで、後ろ見頃に寄ったギャザーとドレープ感が可愛らしい

シルエットになります。生地も膨らみ感のある素材です。

 


見えない裏側の処理もパイピングや袋縫いと丁寧且つ手作り感の感じられる作りです。

 


そして、こちらが今回のお勧め!

66-26-194-730 ¥166,000+Tax

オーバーサイズ気味のデザインで、背が高い人も低めの人もそれぞれに似合ったシルエットになれそうです。

因みに着用スタッフの身長は165cmです。

鮮やかな赤が目に飛び込んできますが、ヒジの部分をよく見てみましょう。

  


顔、ですね。同素材で作られた目、鼻、頬、口が存在感を発揮しています。

それらがステッチでかがられている為に立体感のあるこの顔モチーフが何だか可愛らしく、ユーモラスなものに見えてきます。

きちんとした作りと素材に美しいシルエット、そこにこの顔。大人の遊び心が大いに感じられる1点です。

店舗でお試しになってみませんか?

取扱店舗はインターナショナルギャラリー ビームスです。



Katagiri


”エタブル庵 い草の間” Eatable of Many Ordersの世界

皆様こんにちは。


本日は10月15日より新宿のfennica STUDIOにて開催されるイベント、"エタブル庵 い草の間"より、エタブルオブメニーオーダーズというブランドの世界観をご紹介します!イベント自体のご案内はこちらをご覧ください。


Eatable of Many Orders POP UP SHOP "エタブル庵 い草の間"

会期:2016年10月15日(土)〜10月23日(日)

場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO (新宿)


ここからは先月、展示会にお邪魔してきた際の写真をご紹介します。





こちらはい草を中心としたバッグやお財布など、小物のシリーズ。香り高い、い草のにおいに癒されますね。
今回のイベントの中心になる商品たちです。
最初に見たときは、まさか、畳をファッションとして取り入れるとは・・・
とデザイナー、新居幸治さんの斬新な発想にワクワクさせられました。






そして次回2017 Spring/Summerのテーマは「Spaghetti」。
茹でて柔らかくなった長いスパゲッティをお皿にのせてフォークでくるくると遊んでいたらお皿の上で冷えて固まったスパゲッティはまるであやとりのようになった。


というような物語が背景に見え隠れする洋服やバッグたちがずらりと並んでいました。

一番目のバッグの写真は、あやとりでエッフェル塔を形づくっています。





お洋服にも柄やデザインなどで見事に取り入れられていて、じっくり魅入ってしまいました。

このように素材選びから制作工程にいたるまですべての過程を大切にし、着る人や持つ人の心を弾ませてくれる洋服たち。



これはデザイナーの新居さんがいつもテーマごとに作成されているリサーチブック。

実はわたくし、毎回この本も楽しみの一つになっていたりします。

色々な資料から集めた写真や文章が並び、そこからインスピレーションを受けたりしているそう。

話を聞くのも、いつも面白い話ばかり。今回はあやとりの種類を色々教わりました。








展示会場には他にも本物のパスタの麺やお皿や道具などが並び、より世界観を伝えてくれていました。


今回新宿で行うイベントはい草がテーマですが、デザイナーさんのこだわり、世界観がつまったイベントにぜひご期待ください!


ぜひこの機会にお店に足を運んで楽しんで頂けたら嬉しいです。

BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
菊地 優里


あと87日

10月に入り、ぐっと過ごし易くなってきた昨今。

あと87日みたいです、今年も。

来年の準備もそろそろ始めてみませんか?

店頭には毎年恒例のカレンダーが入荷してきております。


型絵染の重要無形文化財保持者・芹沢銈介のよるカレンダーは、1945年から毎年作られているロングセラー。

大型のものは手漉きの和紙に型染めされており、色彩・構図・質感・パッケージに至るまで、非常に雰囲気があります。








ぜひ額装して部屋に飾って頂ければと。

BEAMS JAPAN fennica STUDIOでは、2016年度のものを備品として使っています。

眼に映るたびに心弾む、素敵なカレンダーです。

卓上タイプは同じデザインが印刷されたもの。コンパクトで場所を取らない上リーズナブルなので、ちょっとしたギフトにもオススメです!

店頭・オンラインショップにて是非ご覧ください。

こちらは私物で、昔に買ったバラの古いもの。

長い間、たくさんの人を楽しませてくれたであろうカレンダーのシリーズだった事を想像すると、何だかうれしい気分です。

ASAMI


Eatable of Many Orders POP UP SHOP <エタブル庵 い草の間>開催します!


ビームス 東京スカイツリータウン 10/7(金) OPEN

2016ササヤマルシェに参加します。

兵庫県篠山市にて行われるイベント、<ササヤマルシェ>。

昨年に引き続きfennicaも参加します!


2016ササヤマルシェ

会期 2016年11月3日(木曜日 祝日)~11月6日(日曜日)10時~16時

場所 兵庫県篠山市河原町妻入商家群


fennicaでは民藝関連のうつわやクラフトに関連する雑貨に加え、別注のオリジナルウエアやシューズなどを中心に、幅広くご紹介する予定です。

関西方面にお住まいの方は、この機会にぜひ遊びに来てください!

詳細は順次こちらのブログにてご紹介させて頂きます。


ASAMI