スタッフ「渡辺 翼」の記事

“Sanca × fennica” shadow plaid jacket

皆さまこんにちは。

今回は秋冬fennicaのメインアイテムのご紹介です。


〈Sanca × fennica〉別注 シャドー プラッド ジャケット
カラー:RED/BLACK、GREEN/BLACK
サイズ:0
価格:¥32,000+税
商品番号:66-16-0298-674


〈Sanca × fennica〉別注 シャドー プラッド ジャケット
カラー:RED/BLACK、GREEN/BLACK
サイズ:1、2、3
価格:¥32,000+税
商品番号:66-16-0300-674


“Sanca”との共同制作で実現した、老舗ブランケットメーカーのヴィンテージをモチーフに作成した3Bジャケット。





先ずは今季のfennicaオススメアイテムと組み合わせてコーディネートしてみました。





オーバーサイズを選んで、カバーオール風に。上にダウンジャケット等を合わせてもコーディネートできると思います。

今シーズンの別注品ラスタカラーのキャスケットとも相性良し。







ウール×ポリエステルを主とした混紡素材で、生地のウェイトも軽めに抑えているので

ジャストサイズでカーディガン感覚の着用も◎

2色ともそうですが、ポケットがバイアスになっている点も良いアクセントに。

こちらのチェック柄だと80年代のフレンチアイビー的着こなしを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

直球?で行くなら、J.M WESTONのローファー、church’sのモンクストラップ、aldenのVチップやブラウンのタッセルスリッポン等でしょうか。

奇をてらわずタイムレスな雰囲気を楽しむのもいいかなと。



昔の面白い写真も出てきましたので、1枚ご紹介します。




こちらは5年程前、エリスが着ているのはヴィンテージの物。この時は、蟻川工房のホームスパンのマフラーにファティーグパンツを合わせてコーディネート(リニューアル前のBEAMS JAPANにて)。

今回作成したジャケットは、この時から既にイメージが出来上がっていた物なんでしょう。

そして、満を持して出来上がったのがこの2色。




いつも思うことなのですが、エリスが履いているファーティーグパンツ等も今のfennicaで定番アイテムとして展開しており、5年経った今でも全然変わらないじゃんと思う方もいるかもしれません。

ですが、その軸をぶらさずいかに今の気分で消化し新しい物を創造していくか

それがfennicaが今もこれからも大切にしていく所でもあります。


今回も新たに誕生したタイムレスな別注アイテム、

是非皆様の普段のスタイルに取り入れてみて下さい。




※本日よりBEAMS CLUB会員の皆様へ感謝の気持ちを込めたダブルポイントキャンペーンを開催します。期間中は、通常の2倍のポイントを差し上げます。

開催期間

2018年11月1日 (木) 〜 11月6日 (火)




International Gallery BEAMS

渡辺


MONITALY

皆様こんにちは。

最近は、ようやく?秋らしい気候になってきましたね。

着る服も素材から形まで変わってくる季節になりました。

そんな今回は、秋のレイヤードスタイルにもオススメのこちらです。






個人的にも凄く好きなブランド“MONITALY”。

アメリカンスタイルをベースに、昔ながらの質の高い作りと凝ったディテールを持ちながらも、様々な文化を融合した一定の枠組みに捉われることのない、オリジナリティ溢れる物作り。無国籍な一見難しそうなアイテムも、MONITALYらしい仕上がりにいつもハッとさせられます。


では店内の商品も併せていくつかご紹介を



〈MONITALY〉コグ リスフリース モックネック プルオーバー
カラー:WOOD
サイズ:S、M、L
価格:¥22,000+税
商品番号:66-13-0048-766

ヴィンテージのスウェットシャツやパーカーをイメージしてデザインされたこちら。どこか90年代のアウトドアを彷彿とさせるフリース素材に、袖部分のベロアのテープも効いています。




この上から1枚羽織ってみました。







〈MONITALY〉PEASANT ジャケット
カラー:OFF WHITE、OLIVE/OD
サイズ:XS、S、M
価格:¥32,000+税
商品番号:66-16-0198-766

日本の着物などにも似たディテールを持つPesant jacket。 実はこちら50年代にタイの米農家たちに着られていたインディゴワークジャケットをベースに作られているとのこと。

メラミン素材のボタンや、10年以上の歴史があるアメリカのウーレンミルズに発注している、メルトンウールのような質感のフランネル素材(85%ウール/15%ナイロン)。

縫製も、全てフレンチシーム製法で縫い上げており、すっきりとした仕上がりです。




続いて




〈MONITALY〉Dotera クルーネック フィールドシェル ジャケット
カラー:BLACK、OLIVE/OD
サイズ:36、38、40
価格:¥32,000+税
商品番号:66-16-0199-766

チャイナジャケット?どてら?のような、ミリタリースタイルのField shell jacket。

ハイロフトの中綿を使用しており、外部の冷たい空気を遮断してくれる、防寒性に非常に優れた作り。それでいてダウンのようにボリュームが出ない為、すっきりとしたシルエットを楽しめます。

ボディの生地は、ライトウェイトのリップストップナイロンで、濡れても重たくならないのも嬉しいポイント。




女性の方にも着て頂きたいアイテムも





〈MONITALY〉Kapari レザーストリング ウール コート
カラー:BROWN
サイズ:M
価格:¥40,000+税
商品番号:66-19-0248-766

アイヌ・漢民族の民族衣装をベースにデザインされたKapari coat。“カパリ”は、「薄い着物」を意味するアイヌ語「カプリアミブ」に由来したものだそう。カットソーの上からさらっと羽織として、またコートの上から更にジャケットを重ねたりしても良いかと。もちろん男性の方でも着て頂けます。




変わり種のベストも



〈MONITALY〉Cinco ファーライニング ベスト
カラー:BROWN
サイズ:36
価格:¥23,000+税
商品番号:66-06-0111-766

ファー裏地付きの大口パッチポケットが付いたCincho vest。表地は「Vancloth & Sons」に発注している、撥水機能のある100%コットンのオックスフォード地。




内側の背中部分の、ミリタリーウェアを彷彿とさせるバックタグを、あえて表に出した着こなしもオススメです。





最後はインパクトのあるレイヤードスタイルで




先程ご紹介したジャケット・コートを使ったコーディネート。色々な要素がミックスされていますが、この人体を見てInternational Gallery BEAMSのあるスタッフが「良いね昔のLUMIERE(ルミエール)みたいだね〜」と一言。


自分が入社した時には、既に無くなっていたレーベルで、fennicaディレクター北村・エリスがバイイングをしていましたが、残念ながら自分にもあまりイメージがつかず、、

自分の何倍もファッションを肌で感じてきた先輩方を見て、羨ましい気持ちになる事が多いですが、そうも言ってられません。


自分のような若い世代の方(10代・20代)にも、古き良きアイテムのルーツを辿ると共に、自分の感性で今どう感じどう着るのか

その両面で、是非1度袖を通して頂きたいブランドです。



International Gallery BEAMS

渡辺




KABEL “英国人カベル”

皆様こんにちは。


今回は、2018FWよりスタートした新進気鋭のブランド “KABEL”のファーストコレクションが入荷していますので、ご紹介致します。


【KABEL】

オリジナルとオリジナリティ。

ファッションではなくスタイル。

人の為に服はあり、服の為に人はいない。

洋服の原型をリスペクトしドレスやカジュアルの垣根を超え、タイムレスでありエレガントである洋服。

自由に装い、楽しめる洋服でありたい。




ブランド名は、1869年神戸の慰留地16番館に、日本最古の近代洋服店を開業した英国人カベル氏にちなんだものだそう。

タグも潔くシンプル。その分、洋服の力強さがひしひしと伝わってくる気がします。


では商品の紹介を







〈KABEL〉long belted coat
カラー:KHAKI
サイズ:1、2、3
価格:¥88,000+税
商品番号:66-19-0286-848



〈KABEL〉long coat
カラー:BLACK
サイズ:1、2、3
価格:¥78,000+税
商品番号:66-19-0285-848


EXTRA-LONG STAPLE COTTON GABARDINEを使用したコート。

GIZA綿の超長綿のみを厳選し、光沢感、風合いにこだわった素材使い。

縦糸170本緯糸95本の高密度の生地で、張りはあるが、しなやかに仕上がっています。


またこのブランドの特徴?でもあるのがこちら




今回入荷したアイテム、コートからパンツまでこのような包みボタンの使用。

着込んで洗いをかけ、このボタンが剥がれてきた時には、より自分の物として馴染んでくれそうです。


続きまして



〈KABEL〉safari jacket
カラー:CAMEL
サイズ:1、2、3
価格:¥32,000+税
商品番号:66-16-0239-848




〈KABEL〉コットンツイル ノーカラー Vネックジャケット
カラー:CAMEL
サイズ:1、2、3
価格:¥30,000+税
商品番号:66-16-0244-848


シャトル機で、高密度に織り上げたCOTTON TWILLのサファリジャケットから同生地のノーカラージャケット。

リアルサファリカラーのアイテムも、バーガンディーのパンツや帽子等、柄や小物でアクセントをつけるとコーディネートしやすいと思います。


そして個人的に購入したこちら







〈KABEL〉ダブルフロント バブル ジャケット
カラー:NAVY
サイズ:1、2、3
価格:¥26,000+税
商品番号:66-16-0245-848

〈KABEL〉CAVAN クロップド パンツ
カラー:NAVY
サイズ:1、2、3
価格:¥21,000+税
商品番号:66-23-0574-848


一般的な高密度の綿の織物とは違う

強撚糸を使用したCABAN LELY TWILL。

適度な艶感に、縦糸・緯糸共に強撚の双糸を使用することででる膨らみ感。

こちらのカラーならセットアップでの着用もオススメです。





「80sの〇〇みたいだよね〜」(ディレクター北村・スタッフ前田談)と某有名デザイナーの名前を挙げていたり、今は亡きパリの名店HEMISPHEREのあのパンツ⁈(学生時代にバイト先の先輩がよく履いていたな〜)

などなど、

皆様の目にはどう映りますでしょうか?


実際に袖を通すと、何者でもない“KABEL”が打ち出す表現を体感して頂けるのではないかと思います。



International Gallery BEAMS

渡辺







Universal Works.

皆様こんにちは。

今回よりブログを担当致します、Internatinal Gallery BEAMS fennica staff 渡辺と申します。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

まずは今季2018FWも入荷しているUniversal Works。




その中でも、個人的に気になったアイテム達がありましたので、ご紹介します。




〈Universal Works〉SCOTTISH ワックスコットン フード付きコート
カラー:OLIVE/OD
サイズ:XS、S
価格:¥46,000+税
商品番号:66-18-0455-263


〈Universal Works〉SCOTTISH ワックスコットン フード付きコート ブラック
カラー:BLACK
サイズ:XS、S
価格:¥46,000+税
商品番号:66-19-0274-263

このタグを見れば、ご存知の方も多い?1864年スコットランドにて創業の老舗ファブリックメーカーHALLEY STEVENSONSのワックスコットンを使用したフィッシュテールパーカー。






fennicaでは、味わい深いグリーンとブラックの2色展開。

オイルドらしい重厚感にも惹かれますが、この生地メーカー独特の発色の良い色合いにやられてしまいました、、





ストイックなブラックは、今シーズンのfennica別注オホーツクライナーコートをあえて上に重ねて。


続きましてこちら






〈Universal Works〉ルーズフィット クルーネック ニットトップス
カラー:ORANGE
サイズ:XS、S、M
価格:¥21,000+税
商品番号:66-15-0124-263


90sスタイルなフィッシャーマンタイプのリブニット。

緩めのサイジングにいつもの軍パンも少し腰履きで。

お持ちの定番アイテムもサイズ感・履き方のバランスを変えて、楽しんでみては?






こちらがUniversal Worksデザイナー、David Keyteさん。fennica harajukuに来店される時は、民藝品からデザイナー物まで隈なくチェックしていかれます。

fennica別注ハットにスニーカーと、普段のスタイルに難無く着こなして下さいました。

日本の手仕事も熟知したデザイナーが作るコレクションは、日本の絣をモチーフにしたプリント生地等、毎シーズンその匂いが反映されています。




そんな中から、今季もfennicaのフィルターを通した洋服達が店頭に到着しました。

関東では、fennica harajukuのみの取り扱いとなります。

是非店頭にてお話しさせて下さい。



International Gallery BEAMS 

渡辺