スタッフ「渡辺 翼」の記事

『OKINAWAN MARKET 2024』始まります

皆様


こんにちは。



今回は来週より開催するイベントのご紹介です。

今年の2月も〈fennica〉に沖縄のクラフトがやってきます。


















|Information|


“デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、世界の良品を紹介する〈fennica〉では、毎年恒例となった人気イベント『OKINAWAN MARKET』を、今年も新宿「BEAMS JAPAN」 5Fの「fennica STUDIO」にて 開催いたします。


伝統的な沖縄陶器である“やちむん”をはじめ、紅型作品やガラス製品、琉球藍染のプロタグト、食品など、〈fennica〉ならではの視点でセレクトしたアイテムを幅広くご紹介します。


今回〈fennica〉では初めてのお披露目となる、2023年に開窯し本部町にて作陶する「いずみ窯 島袋工房」と、2022年単室の薪窯を築窯し大宜味村にて活動する「神谷窯」の器を、本イベントにあわせて特別にご用意いたしました。


是非この機会に沖縄のクラフトをご堪能ください。




『作家在店』

2月16日(金)~2月18日(日)の3日間は作り手が在店します。作り手と対面してお話できるまたとない機会となります。


<室生窯>谷口室生 <陶藝玉城>玉城望 <田村窯>田村将敏 <江口窯>江口聡 <こだま土>荏原麻理 <金細工まつ>上原俊展


※<金細工まつ>上原俊展は、2月18日(日)、19日(月)在店予定となります。

※予定が変更となる場合もございますので、ご了承ください。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『OKINAWAN MARKET 2024』


開催期間

2024年2月16日(金)〜2月25日(日)

開催店舗

ビームス ジャパン(新宿) 5F fennica STUDIO



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄









昨年は、年に数回沖縄を訪ねることができ、













皆様の変わらぬ素晴らしいモノづくりを見せて頂いたり、











新たな出会いもあり、、
























今回の『OKINAWAN MARKET 2024』では、約20件ほどの作り手さん皆様にご協力頂き、商品をご用意することが出来ました。




来週2/16(金)より開催ということで、今から楽しみで仕方ありません、、





詳細はブログ・インスタグラム等にて随時更新して参りますのでお楽しみにお待ちください!







今回はこの辺で。




Watanabe Tsubasa





24SS “Handcrafted Modern in JAPAN”

皆様


こんにちは。



まだまだ寒い日が続きますが、
今回は
24SS〈fennica〉のお話を。



次のシーズンは、“Handcrafted Modern in JAPAN”を掲げご紹介していきます。




2023年秋冬の<fennica>では「Interwoven Culture」をテーマに、様々な文化やデザインを織り交ぜたスタイルを提案し、

特に織りものに関しては、杉綾織りや網代織りなど、日本でも馴染みのあるクラシックなデザインを多く揃え、それを現代に馴染むスタイルにアップデートした新たな紹介を試みました。





そして次なる24SSでは、

日本のみならず、インドやメキシコなど世界の伝統的手法を用いたクラフトアイテムにも注目し日本におけるミックスしたスタイルを提案します。

フェニカらしい時代や国に囚われないラインナップにより、自由な着こなしやインテリア提案を目指しご紹介して参ります。



先ずは、2024年春夏シーズンのルックで気分を高めていきたい所、、

ということで、今回は24SSスタイルを一先ずお楽しみ下さい。










































今私達が提案したい、

<fennica>新作のオリジナルアイテムを中心にコーディネートする2024SSシーズンのルック、春夏が待ち遠しい、、


本日よりオンラインショップにてルックの一部アイテムの予約もスタートしております。






手彫りの木版を使って布にインクを押し付けていくインドの伝統工芸、

インドのブロックプリントを使用した<fennica>オリジナルアイテムや、

九州にて墨染めをおこなったモノなどなど、、






細かいご紹介は、また次回の投稿をお楽しみにお待ち下さい!






そして、2023年春夏シーズンでご好評頂いた、

奄美大島の泥染め・藍染めを施した<fennica>オリジナルウェア、

こちらも本日より予約がスタートしております!







最後になりますが、今回シーズンルックにてご紹介させて頂いた一部アイテム、下記のキャンペーン対象となっております。こちらもお見逃しなく。

ビームス公式オンラインショップでは、112日(金)00:00124日(水)23:59の期間、「公式オンラインショップ限定 予約アイテム先トク”+15%ポイント還元キャンペーン」を開催! 期間中にキャンペーン対象の予約商品をご注文いただくと、通常のポイントに加え、15%分の期間限定ポイントを差し上げます。
ぜひ、この機会にBEAMSでのお買い物をお楽しみください。









それでは今回はこの辺で。




Watanabe Tsubasa


<fennica>の “ライフスタイリング”

皆様


こんにちは。


今回は、<fennica>のスタイリングページで登場している

“ライフスタイリング”についてご紹介致します。









<fennica>ならではのライフスタイルをお伝えするツールとして、

各スタッフ、家具や器等インテリアアイテムを織り交ぜた提案を

スタイリングページでのご紹介を始めています!





金細工まつ / 純錫 一輪挿し
価格:¥8,800(税込)
商品番号:66-99-0395-467

〈金細工まつ〉の一輪挿しに花を挿した、リアルな自宅での使い方や、















fennica / 播州織 パッチワーク マルチカバー
価格:¥13,200(税込)
商品番号:66-98-0011-392

fennica / 播州織 パッチワーククッションカバー
価格:¥8,800(税込)
商品番号:66-98-0010-392

IGUSA LABO × fennica / 別注 花ござ 1畳サイズ
価格:¥13,475(税込)
商品番号:66-98-0016-291


寝室をイメージした、<fennica>オリジナルのカバーや別注の花ござを使用したライフスタイリング。
















Babaghuri / 水草の透かし編みかご 大
価格:¥27,500(税込)
商品番号:66-99-0393-079


〈Babaghuri〉水草のかごには、クッションやマルチカバーを入れて。







松野屋 / 丸椅子 大
価格:¥33,000(税込)
商品番号:66-92-0012-018












濱田窯 × fennica / 別注 六角皿 中
価格:¥2,200(税込)
商品番号:66-99-1997-064

濱田窯 × fennica / 別注 六角皿 大
価格:¥2,750(税込)
商品番号:66-99-1995-064

濱田窯 / 益子焼 フリーカップ
価格:¥2,750(税込)
商品番号:66-99-0765-064



〈濱田窯〉の器を取り入れたテーブルコーディネートなど、、











様々なインテリアアイテムを織り交ぜたスタイルを

〈fennica〉オフィシャルサイトのスタイリングページにて

各スタッフ、“ライフスタイリング”タグ付けして更新しております!





〈fennica〉のライフスタイル提案、

皆様もご自宅に取り入れてみて頂けると嬉しいです。






今後の“ライフスタイリング”

楽しみにお待ち下さい!








Watanabe Tsubasa





夏の楽しみ『浴衣の季節 傳tutaee POP UP SHOP vol.6』

皆様


こんにちは。


梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか。


今回は、夏の楽しみの一つ浴衣


こちらのイベントの告知です。






----------------------------------------------------------


『浴衣の季節 傳tutaee POP UP SHOP vol.6』


古き良きを大切にしつつ現代のものづくりをする日本のブランド<傳tutaee(ツタエ)>によるポップアップショップを新宿「ビームス ジャパン」 5Fの「fennica STUDIO」にて開催します。

〈傳tutaee〉の象徴的なウエアや、注染という技法で染められた色鮮やかな浴衣や日傘の販売。

またツタエ定番の帯に加え、山形・米沢を代表する呉服問屋<粟野商事>より、米沢で製作された帯も特別にご用意致しました。

これからの季節に活躍するアイテムを豊富に取り揃えています。

お気に入りの一点に出会える貴重な機会をお見逃しなく。


開催期間 2023/7/8(土)~7/17(月)


開催場所 fennica STUDIO「ビームス ジャパン(新宿)」



----------------------------------------------------------



今年も<傳tutaee(ツタエ)>の浴衣が< fennicaにやってきます。

今回は、先日の山形出張にて

山形・米沢を代表する呉服問屋<粟野商事>より、米沢で製作された素敵な帯をいくつか選ばせて頂きましたので

2023年の浴衣イベントにてご紹介致します!














スタッフ渡辺と菊地が着用しているモノが

今回特別にご用意した

山形県米沢市を中心とした地域で生産されている

“米沢織”といわれるモノです。

東北の手仕事を代表する「刺し子」やジャガード織の小紋柄の生地等、、

(他にも米沢の帯をご用意しておりますのであらためてご紹介しますね。)










<傳tutaee(ツタエ)>の浴衣と“米沢織”の帯をあわせて生まれる、新たな科学反応をお楽しみ頂ければと。




ツタエ定番の帯やホームウェア等も勿論ご用意致します。



詳細は引き続きSNSにてご紹介していきますのでお待ちください!






それでは、7月は

『浴衣の季節 傳tutaee POP UP SHOP vol.6』で

皆様のご来店お待ちしております。







Watanabe Tsubasa




初開催!『RENDO CUSTOM ORDER FAIR』始まります

皆様


こんにちは。


今回は、初開催となる

こちらのイベントの告知です。


----------------------------------------------------------

『RENDO CUSTOM ORDER FAIR』

東京・浅草にあるアトリエ兼ショップを拠点に、浅草の熟練した職人技を持つ工場に生産背景を持ち、ブランド名の由来である「連動」をテーマに活動するシューズブランド〈RENDO(レンド)〉。〈fennica〉では初となる『RENDO CUSTOM ORDER FAIR』を、「ビームス ジャパン (新宿)」 5F「fennica STUDIO」にて4月28日(金)より開催致します。


本イベントでは、伝統的なグッドイヤーウエルト製法を用いた、ブランドを代表するモデル『GB001』、『GBL』、『11115』の3型をご用意。それぞれ、アッパー、ライニング、ソールをお好みに合わせてカスタムが可能です。


素材は〈RENDO〉デザイナー・吉見氏のビジョンに沿って選び抜かれた数十種の革に加え、今シーズンの〈fennica〉のテーマの一つである“泥染め”・“テーチ木染め”を施した革を、本イベント開催に合わせ、数量限定でご用意致します。〈RENDO〉と〈 fennica〉のスペシャルな仕様をお楽しみいただける貴重なこの機会に、是非店頭に足をお運び下さい。

(※“泥染め”・“テーチ木染め”は、アッパーの一部に使用可能。数量限定のため、無くなり次第終了となります。)

開催期間 2023年04月28日(金)~2023年05月07日(日)

開催店舗 fennica STUDIO 「ビームス ジャパン(新宿)」 

TEL:03-5368-7300

----------------------------------------------------------






昨年訪れた、奄美大島での出会いから

今回のオーダーフェア企画がスタートしました。









23SS fennicaテーマの一つでもある

泥染め・テーチ木染め。

肥後染色の皆様に初めてお会いし、

先ずはfennicaオリジナルウェア製作が始まったのです。

*オリジナルウェアについては、こちらのブログもご覧ください。







テーチ木染め、泥染めの現場に圧倒され、、















興奮冷めやらぬまま

その後、肥後染色様にご紹介頂き

とある工房へ行くことに、、





ビーチを抜け、、











そこで初めて出会ったのが

今回限定でご用意したこの革!!






泥染め・テーチ木染めを施したレザーです。




*奄美のレザー公房にて






その後、奄美大島から浅草へと持ち帰り

RENDO吉見様とオーダーシューズへと落とし込む

別注企画が生まれていきました。

この泥染めレザー、革に染めを定着させるのがなにより難しく

革が固くなっていしまったり、染めが甘いと色が抜けてしまう等するそうで、

定着工程だけはトップシークレットとのこと。




今回は、そんな特別な革を使った

RENDOとfennicaのコラボレーションだからこそ実現した、スペシャルなシューズをカスタムオーダー頂ける貴重な機会です!










本題のオーダー頂けるシューズ内容は

引き続きブログ・インスタグラム等にてご紹介していきますね。

お楽しみにお待ちください!




それでは今回はこの辺で。







Watanabe Tsubasa



<HAVERSACK × fennica> スペシャルアイテム、〜Stand Collar Blouson〜

皆様こんにちは。


今回は、先日の森ブログでも登場しておりましたこちらの22FW別注アイテムのご紹介です。







<HAVERSACK × fennica>スペシャルアイテム、別注のスタンドカラーブルゾンです。





HAVERSACK × fennica / 別注 Stand Collar Blouson スタンドカラーブルゾン
カラー:KHAKI、NAVY
サイズ:M、L
価格:¥64,900(税込)
商品番号:66-18-0051-229

※メンズスタッフ渡辺 着用サイズM

レディーススタッフ菊地 着用サイズL





イメージソースとなったモノは、1950年に小さな仕立て屋としてスタートしたフランス・ニースのブランド。80年代頃のブルゾンで、現在の日本ではあまり見かけない、英国のとあるショップで販売されているようなアイテムです。

このブルゾンの特徴でもある、タイドアップにもバランスのいい襟元の意匠はそのままに、サイズ感や生地をアップデートするべく、企画を進めていきました。






始めに、トワル(型見本)を製作して頂き



生地見本を見ながらデザイナー乗秀様と、マッチする素材とサイズバランスを入念にチェック。











そして今回決まった生地がこちら


高密度織物の独特のハリにキレイな表面感・手触りが特徴の先染めのコットン玉虫ギャバジンに、裏地には甘撚りツイルのタンブラー仕上げチェックで、膨らみのある上品な仕上がりに。カーキの絶妙なカラーコンビネーションです。











もう1色は、高密度のしっかりとしたコットンウールフランネルの茄子紺カラー。打ち込みの甘いイメージがあるフランネルですが、こちらは綿のしっかりとした手触りの中にウールのなめらかさを感じられる素材です。裏地には、オーガニック糸を使った、ビエラ起毛チェックを使用。しっとりとした保温感のある仕上がりです。茄子紺には間違いなく相性の良い、ベージュ・イエロー系チェックとのコンビネーションで、さらっと気兼ねなく羽織りたい一着。







続いてディール・サイズバランスについて。



袖と裾のリブを「矢振り(やぶり)編み」というミリタリーのセーター等でも使われる編み方を一部採用。クラシックなディティール・スタイルを大事にするデザイナー乗秀さんならではのご提案を頂き、今回この仕様に。デザインソースとなったニースのブルゾンにはないディティールですが、<HAVERSACK>らしいスタイルにアップデートされました。




襟元はややタイトに調整し、タイドアップしても、カジュアルにセーター・スウェットと合わせても収まりが良いバランスに。ホームスパンのタイとのバランスも◎





脇下から袖下にかけて大きなマチを設けおり、広い身幅に腕の動きが制限されないように。21AWよりHAVERSACKコレクションラインで採用しているパターンと同様の作りで、今回のアップデートのポイントです。


またサイズ感に関しては、ブログの始めにご紹介したLOOKで、メンズスタッフ渡辺で着用サイズM・レディーススタッフ菊地で着用サイズL。ユニセックスで着て頂けるサイズ感・デザインで、女性の方がLサイズをがばっと着ても良し、メンズがジャストサイズで着用しても良し。お好みのスタイルに合わせて、サイズをお選び頂ければと思います。





最後に、22FW別注ウェアと組み合わせたスタイリングで。


サイズLを昨年の<sanca × fennica>スウェットに合わせてラフにコーディネート。タイドアップしてこのサイズでも良さそうです。デイリーに使うことを考えると、僕はこのサイズを選びますね。






勿論、合わせたパンツは絶賛予約受付中の<orSlow × fennica>Swiss Army Over Pants。

22FW一押しのスタイルです。






<HAVERSACK × fennica> のスペシャルアイテム、店頭での予約に加えて本日よりオンラインショップでの予約がスタートしております。



私は2色買いを検討中です、、


皆様もお見逃しのないように!







それでは今回はこの辺で。




Watanabe Tsubasa



『浴衣の季節 傳tutaee POP UP SHOP vol.5』今年も始まります!

皆様


こんにちは。


今回は、毎年の夏恒例

こちらのイベントの告知です。



----------------------------------------------------------

浴衣の季節 傳tutaee POP UP SHOP vol.5

古き良きを大切にしつつ現代のものづくりをする日本のブランド〈傳tutaee(ツタエ)〉によるポップアップショップを「ビームス ジャパン(新宿)」 5階の「fennica STUDIO」にて開催します。

〈傳tutaee〉の象徴的なウエアに加え、注染という技法で染められた色鮮やかな浴衣や日傘の販売。また、初めてとなる甚平のトップスを夏のジャケットとした“JIN(じん)をご覧いただけます。これからの季節に活躍するアイテムを豊富に取り揃えています。

お気に入りの一点に出会える貴重な機会をお見逃しなく。

開催期間 2022/7/9()7/24()

開催場所 fennica STUDIO「ビームス ジャパン(新宿)」

----------------------------------------------------------



個人的にも毎シーズン楽しみな傳の浴衣イベント。今回、浴衣はもちろんですが、甚平のトップスを夏のジャケットとした
“JIN(じん)”が初登場。はじめのデザイン画に登場したような、片身替りの生地で別注オーダーした“JIN(じん)が何型か並ぶ予定です。現在製作中ですのでお楽しみに。





浴衣を着るのが待ちきれない、菊地と渡辺は
一足先に浴衣スタイルを楽しみました、、。












私たちが履いているモノではないですが、

今までのイベントでは並んでいなかった下駄も今回いくつかご紹介できればと思っています。


バティックの楽しい柄も勿論ご用意しますよ。


今年こそ?は、浴衣で夏のイベントを目一杯満喫したいですね。



引き続きブログやインスタグラムで詳細をご紹介していきますので、お楽しみにお待ち下さい!


それでは今回はこの辺で。








Watanabe Tsubasa


『瀬古有美のしごと』ビームス 神戸にて明日から開催です!

皆様

こんにちは。

いよいよ明日からとなりました、ビームス 神戸にて開催『瀬古有美のしごと』。




----------------------------------------------------------

『瀬古有美のしごと』

〈fennica〉が注目し作品をピックアップし続ける女性陶芸家 瀬古有美。

栃木県益子町を代表する〈濱田窯〉と、英国・セントアイブスの〈The Leach Pottery(リーチ・ポタリー)〉での修業経験を持つ彼女の作品を、「ビームス 神戸」で一挙にご紹介します。

〈fennica〉では2015年に原宿で行って以来、7年ぶりとなる今回の展覧会は、

”日常使いにぴったり”をテーマにセレクトしてきた秀逸作たちに加え、新作も並びます。

毎日の生活に潤いを与えてくれるひと品に出会えるこのチャンスをお見逃しなく。


 瀬古有美 プロフィール

1995            恵泉女学園大学人文学部卒業

2007            茨城県立窯業指導所成形Ⅰ科修了

2007-2012     濱田窯(栃木県益子町)にて修業

                  濱田友緒氏に師事

2012-2013     リーチポタリー(英国・セントアイヴス)にて修業

                磁器の制作をスタート

2014            東京都羽村市にて独立

2015          fennica (インターナショナルギャラリー ビームス)にて、

独立後初の個展を開催

2018           埼玉県川越市へ移る

~現在           自宅に併設したアトリエにて精力的に作陶を続け、

                各地の百貨店やギャラリーにて展覧会を開催

開催期間 2022年4月2日(土)〜4月17日(日)

開催店舗  ビームス 神戸 (B1F fennicaコーナー)

----------------------------------------------------------



先日の菊地ブログに続き、今回も瀬古さんからお聞きしたお話を。


    

【製作の中で大変な事、ポイントにしているところを教えて頂けますか?】

(瀬古さん) 一番は時間がかかること。製作時間をもっと捻出したいと考えています。友緒先生からは彫らずにスタンプとかにしたら?と言われたのですが、陶器だとできるかもしれないが磁器だと固くて跡がつかないので、掘るしかない。鋳込みでつくるという方法もあるかもしれないですがこれも相当な技術も必要で、やりたいというわけでもないからやはり彫るスタイルが好きなので続けていこうと思っています。




磁器になって、収縮が土と違うのでハンドルのつなぎ目に傷が入ってがっかりしたことも沢山ありました。イギリスの陶芸家などに連絡してどうやったらうまくいくのか?などをエリスさん北村さんから聞いてもらったことも。ジャックドハティとかもう一人のロンドンの人も聞きました。徐々にうまくいくようになるまでも時間がかかって大変でした。

今現在のモノ作りに関しては、製作していく中で自分でも飽きてくることもあるので、色を増やそうか、柄を増やそうか、と考えながら少しずつ足しつつやっていますね。



  

【瀬古さんの独特な緑釉も特徴の一つですよね。これも始めたときはやはり難しかったですか?】

(瀬古さん) 釉薬の勉強をしてなかったので、最初は全然わからなかったです。濱田窯の職人さんに聞いても、濱田窯の釉薬についてしか知らないし、濱田の原料は近所の米の灰を使ったりしていたので、再現不可能。色々と本を読んで良さそうなものを分量調整して試してみたんです。その中で一番落ち着いたのが今やっている緑釉。緑の元になるものは「酸化銅」。外割で加えています。100%の原料に対して2%や、3%の銅など変えて色の質の濃さを調整している。蓋物などで薄い水色のような緑は2%とかだったと思います。




【お話頂いた緑釉や白磁等、濱田窯の器とはがらりと雰囲気の異なる瀬古さんの器、ものづくりする際に昔のデザインや流れなど意識されることはあるのでしょうか?】

(瀬古さん) 昔のものとの接点が自分のモノ作りにはそこまでないので幾分気が楽ですが、備前とかそういう人たちはその辺りはとても難しいと思いますね。備前はこうでなくては、という制約の中で自分のモノ作りをするのは大変だと感じます。私は、スタイルのあるモノにあまり影響されないように、例えばルーシーリーのデザインは深くは見ないようにしています。本は家にあるけれど。形もすごいキャッチ―だし難しくないものもある。でもあのラインは彼女が見つけた美しさであると思うから。出来上がったものがそれに近かったりすると否定したくなる気持ちもあります。この人ルーシーリーが好きなのだな、と分かってしまうというか。デザインは結構頭に残ってしまうからあまり見ないようにしているかもしれません。その点、他の違う工芸は見ます。例えばガラスとか。安心して見て、何かこれは使えるかも、とか考えることができますね。

 

【最後に、濱田窯とリーチポタリーでの一番思い出深いエピソードや言葉等があれば教えて頂けますか?】

(瀬古さん) リーチポタリーは1年と短かったのでバタバタしていたのですが、一番はやはり磁器土を触るきっかけになったこと。あとはとても綺麗な街なので、ゆっくりできずちょっともったいなかったかなという気持ちもありますが、住む経験ができて良かったと思っています。来年で帰ってきて10年経ちますが、今でもお付き合いある方は事務方の人でクリスマスカードのやり取りなどをしています。ジャックドハティはコロナ前に日本に来た時なんかは浅草を案内したりしていました。

濱田窯では、友緒先生がお客様からなぜ自分の作品にサインやハンコなどで印を入れないのですか?と聞かれた際に、「作っているものは自分の顔みたいなものだから、自分の顔にわざわざ名前を書く人はいないでしょ?」と話されていた。モノを見ただけで自分のものだとわかるようなものを作ろうと思っている、というお話しが印象的でした。ぱっと見たときに自分のものと分かるものが作れるようになれればいいなと私も思っています。

 




取材させて頂いたお話はこの辺で。まだまだ色々と聞いてみたい!という方いらっしゃいますよね?

今回のイベントに合わせて、ビームス 神戸で瀬古有美さんに在廊して頂けることになりました!

4/2() 11:0020:00 

4/3() 11:0016:00 

(日程や時間等変更になる場合もございます。予めご了承ください。)

4/2() 20:30から瀬古さんを囲んで、インスタグラムにてライブ配信も予定しております!

アカウント @fennica_kobe @beams_kobe 2つのアカウントで同時配信予定です。

入荷商品も随時インスタグラム等でご紹介していきますので、併せてご覧下さい。





それでは、神戸では初めての瀬古有美さんのイベント、関西の方々にもお楽しみいただけることを願っております。 

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

   

Watanabe Tsubasa

22SS<Meals Clothing>3/5(土)発売

皆様

こんにちは。

続々と今シーズンの<fennica>別注アイテムが入荷しておりますが、今回は22SSから新たに加わったブランド<Meals Clothing>のご紹介です。

こちら本日3/5(土)より、フェニカ各店にて販売開始致します!(オンラインショップは販売開始が遅れる可能性が御座います。予めご了承下さい。)






Meals Clothing は、2019年にSam Saladにより、Los Angeles を拠点にスタート。

まだ日本でもあまり展開のないブランドですが、、昨年の秋に、フェニカではお馴染みのブランド<MONITALY>デザイナー・マツダユキさんにご紹介して頂きました。




Meals Clothing / CHEF PANTS シェフパンツ
カラー:Blue Cheese、Banana
サイズ:S/M,L/XL
価格:¥31,900(税込)
商品番号:66-23-1018-766

鮮やかなイエロー?のシェフパンツ、デザイナーが付けた色名は“Banana”。

そのカラー通り、服と食べ物を掛け合わせたユニークなアイデアでコレクションが展開されています。

ボディには10オンスの柔らかなコットンキャンバス生地を使い、一つ一つLos Angelesで手染めして作られています。






ウェストはエラスティックとドローストリングのイージーパンツ仕様。ボディに施された5つの大ぶりなポケットも特徴的で、ズドンとしたシルエット。自分(身長179cmで、サイズL/XLだとこのバランス。

 




homspun × fennica / 別注 ビッグ 切替 Tシャツ
カラー:BROWN、D.GRN
サイズ:FREE
価格:¥12,100(税込)
商品番号:66-04-0658-733

まだ寒いですが、メンズはパンツのインパクトを活かしこのぐらいさらっと合わせるのも良いのでは?

homspun × fennica>別注ビッグ 切替Tシャツで、バサッとスモックを羽織るようなイメージで。






サイズS/Mは、女性の方にも(スタッフ身長165cm)。カラフルなカラーには、同じく強い色のトップスを持ってきて。スチールグレーのジャケットを羽織ってバランスをとった、スタッフ片桐らしいレイヤードスタイル。






服と食べ物を掛け合わせるアイデアは、2000年代Abbot Kinneyというショップでデニムの販売をしていたときに生まれたそう。デニムにはお金を出さないのに、隣の高級レストランでは多くの人が高いお金を払っていることを不思議に思い、デニムの販売の際に食べ物に使う表現を取り入れてみたとのこと。「このデニムはパリパリだけど履いていくうちにバターのように滑らかになるよ」といった風に。そのユニークな表現が反響を受け、服と食べ物を掛け合わせるコンセプトが生まれたのだとか。








それでは続いて、ブルーチーズ柄のセットアップ。



Meals Clothing / FORAGER COAT フォレジャーコート
カラー:Blue Cheese
サイズ:M
価格:¥33,000(税込)
商品番号:66-18-0821-766


“採食者” という意味を持つフォレジャーをスタイル名にあて、ブランドアイデンティティとうまく紐づけられた“FORAGER COAT”(フォレジャーコート)

 






しつこいですが、homspun × fennica>別注ビッグ 切替Tシャツとの組み合わせは是非皆様にもお試し頂きたいです。

肩が落ちて、身幅・アームもゆとりのあるデザインのジャケットなので、今回のようなレイヤードにも丁度良い。






レディースの方もセットアップでの着こなしも素敵です。タッセルや大ぶりのアクセサリーをプラスして、メンズとはまた違ったフェミニンなテイストを加えた女性らしいスタイルに。







ロング丈のレイヤードも参考になるかと思うのですが、女性の方いかがでしょう?




Meals Clothing / CHEF PANTS シェフパンツ ホワイト
カラー:WHITE
サイズ:S/M,L/XL
価格:¥25,300(税込)
商品番号:66-23-1019-766

orSlow × fennica / 別注 Mechanic Jacket
サイズ:0、1、2、3
価格:¥31,460(税込)
商品番号:66-18-0817-611


シェフパンツは無地もご用意しております。パンツのデザインだけでもそれなりにインパクトがあるので、この感じが好きな方も多いのでは?

本日3/5発売、ブログでもご紹介しております<orSlow × fennica>別注メカニックジャケットを合わせた、ブルー~オフホワイトのグラデーションで。

 





スタッフ菊地(身長158cm)でサイズS/M。ドローストリング仕様且つ股上も深いので、腰位置によってある程度丈のバランスを調整できます。




Meals Clothing / CHEF SHORTS シェフショーツ
カラー:Blue Cheese
サイズ:S/M
価格:¥24,750(税込)
商品番号:66-25-0292-766


最後は、ワイドシルエットのショーツ。

先日発売開始し、大好評の<SUGARCANE × fennica6ボタンB.Dシャツに、ドリンキングジャケットを合わせたプレッピーなスタイリングをスウェットパンツで崩すようなイメージでとのスタッフ森。遊び心のあるジャケットともうまくハマります。










商品の紹介は以上になります、いかがでしょうか?


このデザイナーは、料理と服作りはとても似ていると考えています。野菜を育て収穫し、洗ったり切ったり下ごしらえをして料理になる過程が、コットンを育て糸を紡ぎ生地になり、切ったり縫ったりし服が作られる様子と似ているから。


衣食住を提案してきたフェニカとも、どこか繋がる部分があるような気がします。


それでは本日発売Meals Clothing>、皆様お楽しみ頂けますように。










Watanabe Tsubasa


2022年 第1弾 <Jamieson's Knitwear × fennica>

皆様


明けましておめでとうございます。

昨年は、 fennica各店をご愛顧頂きまして誠にありがとうございました。

引き続き皆様にお楽しみいただけるようスタッフ一同邁進してまいります。

皆様にとって素敵な1年になりますように。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。





早速ですが、今回は毎シーズンご好評を頂いている<Jamieson's Knitwear × fennica>別注ニットシリーズが漸く本国から届きまして、新年に相応しいスペシャルアイテム販売のお知らせです。





2022年1月15日(土) fennica各店にて一斉発売致します!!


<販売に関するご注意>
◆展開店舗のみでの発売です
◆ご予約はお受けできません
◆商品のお取り置きはお受けできません
◆ご来店先着順でのご案内とさせていただきます
*極少量入荷のため、店舗によって発売日時点でご用意のないサイズが生じる可能性がございます。
以上予めご了承ください。

<展開店舗>
①ビームス ジャパン 5F fennica STUDIO (新宿)
②ビームス 神戸
③BEAMS公式オンラインショップ






肝心の商品は?ということで、今回は元ネタとなったモノを絡めて少しだけお見せしますね。











ディレクター エリス私物の蓑(みの)からインスピレーションを受け、柄とカラーをオーダーしたニット?!

(数十年前に岩手で見つけた、農作業用ではない、お祭り等で使う「祝げら」というモノ)













こちら秋冬のルック撮影の様子。

こんなブロックチェックの別注ニットも入荷しますよ。








仕上がったばかりの蓑柄?ニットの現物やその他の情報等、次回のブログで詳しくご紹介していきますので楽しみにお待ち下さい!









それでは今回はこの辺で。








Watanabe Tsubasa


初の六本木地区『fennica pop-up store 六本木ヒルズ』

皆様こんにちは。


先日、11/28(土)〜11/29(日)の2日間限定で開催した『fennica pop-up store Mashiko 』無事に終えることができました。

沢山のお客様、「ましこ2021」関係者の皆様、様々な方と交流することができ、幸せな2日間をスタッフ一同過ごし有意義な時間となりましたことに、心より感謝申し上げます。



さて、益子のイベントが終わったばかりですが、続いて12/2(木)から開催のこちらのお知らせです。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『fennica pop-up store 六本木ヒルズ』



クラフトとデザインの橋渡しをテーマに掲げるレーベル<fennica(フェニカ)>のPOP UP STOREを「ビームス 六本木ヒルズ」3階にて開催します。

今回の為に特別に焼いて頂いた、陶芸家<瀬古有美>の白磁や緑釉の器、普段から取り揃えている各地方の陶器、そして<天童木工>を中心とした家具類と海外の手仕事品に加え、<fennica>の定番品である別注ウェアやストール、ホームスパンのネクタイ等、多岐に渡るアイテムを取り揃えます。 

さらに<天童木工>新色のロッキングチェアを<fennica>各店に先駆けてご用意致しました。
また、「ビームス 六本木ヒルズ」で開催されるPOP UP STOREを皮切りに、日本人デザイナー新居 猛(にい・たけし)がデザインした<ニーチェアエックス>の取り扱いを再スタートします。 
是非、この機会をお見逃しなく。


開催期間
2021年12月2日(木)~12月12日(日)



開催場所
「ビームス 六本木ヒルズ」3階

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<fennica>では初となる六本木地区でのポップアップストア。

先ずはこのイベントの為にご用意したスペシャルアイテムを少しご紹介しますね。






数日前に窯出ししたばかり、瀬古有美さんの白磁や緑釉の器。






英国セント•アイヴス、海の色と白浜をイメージした翠の釉薬と白磁が美しいですね。








益子の濱田窯とイギリスのセント•アイヴスで修行された、瀬古さんならではの器達。

ポップアップではこれ以外にも花器等、焼きあがったばかりのモノが並ぶ予定です。









新たな家具も。




<天童木工>新色のロッキングチェア。







また、日本人デザイナー新居 猛(にい・たけし)がデザインした<ニーチェアエックス>の取り扱いを『 fennica pop-up store 六本木ヒルズ』を皮切りに再スタートします。






家具の詳細やその他の商品情報は、随時ブログやオフィシャルインスタグラム等でご紹介していきますので、楽しみにお待ち下さい。


それでは今回はこの辺で。









Watanabe Tsubasa

『fennica pop-up store Mashiko 』濱田庄司が生涯愛し大切にしてきた沖縄の民芸品たち

皆様こんにちは。



いよいよ今週末開催となりました『fennica pop-up store Mashiko 』。

https://mashiko-st-ives100.com/article/events/276.html



今回は、このイベントの為に特別にご用意したヴィンテージアイテム

題して「濱田庄司が生涯愛し大切にしてきた沖縄の民芸品たち」

こちらのご紹介です。



先日見つかったばかりの濱田庄司氏が蒐集した古い年代の沖縄のガラスや陶器を益子にて販売致します。





先ずはヴィンテージのガラスから。



深みのある色に目を奪われますね、、

こちらは濱田庄司氏と柳宗悦氏が米軍のガラス瓶の廃ガラスを利用して沖縄のガラス職人にデザイン指導して作らせたもの。












高台のこの雰囲気も濱田庄司氏らが指導したのでしょうか?

沖縄で現在作られているガラスとはまた違った良さを感じられます。






続いて、ヴィンテージの沖縄の陶器達。




3寸マカイ、4寸マカイ、3.5寸皿、4寸皿などなど、、





今回ご用意した沖縄の器は、1950年代の新垣窯のモノが中心です。

沖縄でこんな無地の器、今見ると新鮮に感じる方も多いのではないでしょうか?











6寸程の淵のみデザインされた平皿、これも雰囲気ありますね、、












赤絵の平皿もいくつかご用意することができました。











こちらは新垣窯のモノでは無いですが、魚等の線彫りのヴィンテージ陶器も少量『fennica pop-up store Mashiko 』にて並ぶ予定です。













駆け足でご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

「濱田庄司が生涯愛し大切にしてきた沖縄の民芸品たち」

どれも数に限りがございます。これらのヴィンテージに関してはお一人様5点までとさせて頂きます。予めご了承下さい。






ヴィンテージ以外にも今回は、益子で現在もモノ作りを続ける<榎田窯>や<キマノ陶器>との別注品をfennica各店に先駆けて益子にてお披露目を予定しております。





<キマノ陶器>にて別注品の仕込み中。






<榎田窯>にて陶芸家 榎田智さん、fennicaの為に用意して下さっている土と一緒に。









それでは今回はこの辺で。

今週末、益子にて皆様にお会いできるのを楽しみにしております。










『fennica pop-up store mashiko at 濱田窯長屋門』

開催期間
   20211127日(土)~1128日(日) 10:0016:00

開催場所 
   濱田窯長屋門「リーチと濱田の工房」
   栃木県芳賀郡益子町益子3387

注意事項 

『ましこ市2021』および『fennica pop up store Mashiko』への入場には事前予約が必要です。 下記リンクより詳細をご確認の上、ご対応よろしくお願いいたします。

https://mashiko-st-ives100.com/news/#post1

販売規約

古い時代の沖縄の陶器やガラス類のみ、お一人様5点までとさせて頂きます。予めご了承ください。


使用可能なクレジットカード

便利なキャッシュレス決済がご利用頂けます。VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、We chat Pay














Watanabe Tsubasa




『益子 × セントアイヴス100年祭』にて開催のポップアップショップ延期のお知らせ

皆様こんにちは。


先日、8/15(日)まで開催しておりました『<松本民芸家具>Forming the Folk Art Interior』無事に終えることができました。

皆様ご来店頂き、誠にありがとうございました。

経年変化を味わいながら末永くご愛用いただけましたら幸いです。

オーダー頂いた方は、お届けまで今しばらくお待ち下さい!




今回は、以前ご案内しておりました『益子 × セントアイヴス100年祭』にて開催のポップアップショップについてお知らせです。








9/11(土)、9/12(日)の2日間

益子参考館隣接の濱田窯長屋門にて予定しておりましたポップアップショップですが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い

11/27(土)営業時間 10:00〜16:00

11/28(日)営業時間 10:00〜16:00

に延期することとなりました。

https://mashiko-st-ives100.com/article/events/276.html




楽しみにされていたお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。



出品商品に関してはこちらのブログ等で改めてご紹介させてください。



それでは、引き続き楽しみにお待ち頂けますと幸いです。






Watanabe Tsubasa

『<松本民芸家具>Forming the Folk Art Interior』開催します!

皆様こんにちは。


今回は、7月末から開催するイベントのお知らせです!









-----------------------------------------------------------------------

 

<松本民芸家具>Forming the Folk Art Interior

  

この度<fennica>では 新宿「ビームス ジャパン」5Fの「fennica STUDIO」にて、20104月以来11年ぶりに<松本民芸家具>の企画展を開催します。



今回は素材調達の難しさという課題を企業努力によって乗り越え、生産を安定させた「ラッシシリーズ」にフォーカス。

同時に注目する「ウィンザーチェア」や、長き渡ってご紹介を続けてきた「スラント書棚」をはじめ<fennica>厳選の充実したラインアップを取り揃えます。

期間中、対象の松本民芸の家具をご購入・オーダーいただいたお客様に限り、BEAMS CLUBポイントが2倍になるキャンペーンを実施します。



さらに特別にピックアップした数々のアフリカン民芸品も取り揃えて展示・販売いたします。


この機会に優れたプロダクト達が持つエネルギーを肌でご体感ください。



<松本民芸家具>

昭和23年創業、長野県松本市を拠点に活動する日本を代表する民芸家具メーカー。

熱心な民藝運動家だった創始者 池田三四郎は、柳宗悦やバーナード・リーチとも親交が深く、古典的な西洋家具の写しに留まらず、彼らの監修品など数々の名作を残しました。

現在でも一貫してミズメザクラなどの国産材に拘り、木取から組み立て、塗装、座面のラッシ編みなどすべての工程において熟練職人が手作業で行われ、

美しく質実剛健な木製家具を作り続けています。




開催期間 2021731日(土)〜815日(日)

開催店舗 ビームス ジャパン(新宿)5Ffennica STUDIO

     ビームス公式オンラインショップ




BEAMS CLUB「ダブルポイントキャンペーン」

開催期間 2021731日(土)〜815日(日)

対象店舗 ビームス ジャパン(新宿)5Ffennica STUDIO

     ビームス公式オンラインショップ

対象商品 <松本民芸家具>店頭展示モデル各種




オーダーでのご注文のポイントは商品お渡し時の付与となります

2倍となるポイントは3ヶ月間の期間限定となります     

詳細はスタッフまでお問い合わせください

 

-----------------------------------------------------------------------

 




個人的にも大好きな<松本民芸家具>。今回は、企画展を約11年ぶりに開催します!




ラッシシリーズにフォーカスした内容ですが、先ず始めのブログでは、<松本民芸家具>を使ったスタッフのリアルな自宅風景をご紹介していきますね。





こちらは、ディレクター エリス・北村の数年前のロンドン自宅。
fennicaで松本民芸家具の取り扱いが始まるきっかけとなった、<松本民芸家具 × fennica>フェニカロッカー。バーナードリーチ監修、508D型ウィンザーチェアをベースに、ロッキングチェアとして別注で製作して頂いた物です。









私、渡辺もこの椅子を愛用しています。

食卓テーブルに馴染む大きさで、在宅ワークにも丁度良い。











松本民芸家具 × fennica / 別注 フェニカロッカー
カラー:別注色
価格:¥156,200(税込)
商品番号:66-91-0091-079









リビングに移動して、同じく<松本民芸家具>コムバックアームチェアと合わせても使っています。木目の穏やかなチーク材のヴィンテージテーブルにも馴染みますね。









続いて、fennica別注色の22型スツール。このようにサイドテーブルとしても。

松本民芸家具 / fennica別注色 22型 スツール
カラー:別注色
価格:¥26,400(税込)
商品番号:66-92-0089-079








ディレクター エリスは、花器と合わせて。






アフリカの民芸品とのミックス。








最後は、エリスが現在住んでいる日本の自宅の全体像をお見せします。ここで活躍するのが<松本民芸家具>スラント書棚。

松本民芸家具 / fennica別注色 スラント書棚
カラー:別注色
価格:¥110,000(税込)
商品番号:66-97-0020-079





色々な物が所狭しと並んでおりますが、、






中でも今注目しているのはアフリカンアートとのミックスです。









今回、普段は店頭に並ばない<松本民芸家具>ラッシシリーズやウィンザーチェアに、アフリカ民芸品を組み合わせた、新たな<fennica>スタイルをご提案いたします。









肝心のラッシアイテムですが、こんな大物も入ってきますよ。









イベントに展示する商品は、また追ってご紹介していきますので、楽しみにお待ち下さい!









では今回はこの辺で。





Watanabe Tsubasa


『益子 × セントアイヴス100年祭』にてポップアップショップ開催します!

皆様こんにちは。


今回は、益子にて開催が決定したポップアップショップのお知らせです。



6/12(土)から開催中の『益子 × セントアイヴス100年祭』にフェニカも参加します!












先ずは『益子 × セントアイヴス100年祭』について。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





今から100年前、濱田庄司とバーナード・リーチという二人の青年が、大志を抱いてイギリスのセントアイヴスにリーチポタリーを築きました。


生涯友情交わした二人が没した後も、益子とセントアイヴスの芸術や工芸を愛する人々の交流は続き、現在では子どもたちや陶芸家の活動などを通じて、その結びつきはさらに広がりを見せています。


二つの土地の繋がりの節目となる記念の年に、わたしたちは「益子×セントアイヴス100年祭」を開催します。


多くの皆さんと共に大いに祝うことにより、人々の心の行き来や陶芸文化の発展の歴史を再認識し、次の100年へと続く実り多き機会となることを願います。





「MASHIKO & STIVES 100 YEARS CELEBRATION _ FRIEDSHIP OVER THE SEA 益子 × セントアイヴス100年祭 -友情は海を越えて-  」

(https://mashiko-st-ives100.com/ より)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



上記のホームページから、より詳しいイベント情報をご覧いただけますので是非そちらもチェックしてみて下さい。










今回、100年という節目の記念に<fennica>は

9/11(土)、9/12(日)の2日間

益子参考館隣接の濱田窯長屋門にて

出店させて頂きます!

https://mashiko-st-ives100.com/article/events/276.html


新型コロナウイルス感染拡大に伴い

11/27(土)営業時間 10:00〜16:00

11/28(日)営業時間 10:00〜16:00

に延期することとなりました。

楽しみにされていたお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。









2015年9月「土祭(ひじさい)」にて初出店し、長屋門で2回目となるポップアップショップ。




濱田とリーチ由来の陶器、工芸品、ウェアに加え<fennica>が別注で製作した新作のお披露目も予定しております。







益子の美しいものの魅力や生い立ちをフェニカの視点で読み解いた「fennica things」【益子と濱田窯 vol.01】も、イベント前に今一度ご覧ください。













さて、先日ディレクターと共にfennicaチームでイベントの打ち合わせも兼ねて、益子に行ってきましたのでその様子を少しだけ。



えのきだ窯の工房。









キマノ陶器にて、別注の打ち合わせ。







濱田友緒さんに益子参考館を案内していただいた贅沢な時間、、






出品する商品は、またこちらのブログ等でしていきますので楽しみにお待ち下さい!








 


最後の写真、友緒さんとディレクター エリス・北村と共に工房へ。















では今回はこの辺で。








Watanabe Tsubasa

<Jamieson's Knitwear × fennica>ラスタシリーズ、まもなく販売開始!

皆様こんにちは。


以前から告知しておりましたJamieson's Knitwear × fennica>ラスタシリーズ、いよいよ本日販売開始となります。


その前にもう少し、ブログでもお楽しみ下さい。





<UNISEX>Jamieson's Knitwear × fennica / 別注 ラスタカラー クレイジーパターン クルーネックカーディガン
カラー:RED/YELLOW/GREEN/BLACK
サイズ:M、L、XL、XXL
価格:¥28,000+税
商品番号:66-15-0455-058

(身長179cm XLサイズ着用)


今回のラスタカラー、何故でしょう?自分のようなラスタとは無縁な顔立ち、色が白い自分でもすんなりコーディネートに馴染む気がします。というか、昔はよく被っていたけど今はクローゼットの中にしまってあった帽子まで引っ張り出して、新しいスタイルを楽しめました。




STAFF Watanabe


KnitJamieson's Knitwear × fennica 

Shirts:Gitman Vintage

Pants:BUZZ RICKSON'S × fennica

Shoes:Paraboot


優しい色合いなので、グレー・ベージュ系のアイテムとも好相性。






続いて


<UNISEX>Jamieson's Knitwear × fennica / 別注 ラスタカラー クレイジーパターン クルーネックニット
カラー:RED/YELLOW/GREEN/BLACK
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価格:¥24,000+税
商品番号:66-15-0456-058

(身長152cm Sサイズ着用)


ボーイッシュなスタイリングと言えばこの方、スタッフ森です。少年?学校の先生?のようなコーディネート。似合いますね。ラスタカラーのニットを着て教える科目は?なんでしょう?




STAFF Mori


KnitJamieson's Knitwear × fennica 

Shirts:BUZZ RICKSON'S × fennica

Tie:優佳良織

Pants:BUZZ RICKSON'S × fennica

Shoes:Paraboot






某アメリカブランドのようなクレイジーパターンのニット。という事で、ボタンダウンにタイドアップ、チロリアンシューズで一捻り。







<UNISEX>Jamieson's Knitwear × fennica / 別注 ラスタカラー ボーダー クルーネックニット
カラー:RED/YELLOW/GREEN/BLACK
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価格:¥25,000+税
商品番号:66-15-0454-058

(身長152cm Sサイズ着用)


お次は、打って変わってアンニュイな表情。

やっぱり着るアイテム次第で気持ちも変わりますよね。




STAFF Mori


KnitJamieson's Knitwear × fennica 

Skirt:les Briqu′a braque

Shoes:MOONSTAR × fennica “KINKI”



スカート穿いても可愛いんです。ストライプにチェック。








<UNISEX>Jamieson's Knitwear × fennica / 別注 Uネック ラスタカラー ニットベスト
カラー:RED/YELLOW/GREEN/BLACK
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価格:¥23,000+税
商品番号:66-05-0078-058

(身長179cm XLサイズ着用)


自分は今回のラスタシリーズ、全てXLサイズで良さそう。ややゆったり目のバランスでしょうか。




STAFF Watanabe


Knit:Jamieson's Knitwear × fennica 

Jacket:KABEL

Pants:KABEL

Shirts:BUZZ RICKSON'S × fennica

Shoes:MOONSTAR × fennica “BOOGA”


80年代のDCブランド?のようなワークなセットアップに、Uネックのラスタ。個人的な2021年スタイルです。




<BUZZ RICKSON'S × fennica>別注 シャンブレーシャツとはもちろん相性◎






さて如何でしょうか?

皆様お持ちの定番品、最近着なくなったけど大好きなクラシックアイテム、そういう物とJamieson's Knitwear × fennica>ラスタシリーズを合わせてみて下さい。

新たな発見、スタイルが生まれるはずです。





それでは、オンライン・店頭にて

皆様をお待ちしております。











【販売情報】

2021年1月16日(土)公式オンラインショップ(オンラインは12:30スタート)を含む<fennica>各店にて一斉発売


<販売に関するご注意>

♦︎展開店舗のみでの発売です

♦︎ご予約はお受けできません

♦︎当面商品のお取り置きはお受けできません

♦︎ご来店先着順でのご案内とさせていただきます

♦︎その生産背景故に極少量入荷のため、店舗によって発売日時点でご用意のないサイズが生じる可能性がございます

♦︎<Jamieson's Knitwear>製品は独特の製造方法ゆえ多少の個体差がございます。アイテムサイズ表示は目安とお考えください。


以上予めご了承下さい。










International Gallery BEAMS

渡辺