スタッフ「Satoshi Tsuruta」の記事

待ち人、来たらず


緊急事態宣言で幕を開けた2021年。

都市部を中心に日々の感染者数は増減を繰り返しており、一部の地域では緊急事態宣言も解除され始めましたが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。


さて、昨年から「ニューノーマル」という言葉をたびたび耳ににするようになりました。

社会的な大事件が起こると、いままでは当たり前だった「ノーマル=普通」すらも、その姿かたちを変えていきます。


盛者必衰。

諸行無常。


などと言うと、もの悲しい響きに聞こえますが。

驕(おご)らなくとも、一所(ひとところ)に留まれない「久しからず感」は、ありとあらゆる事象とっての性(さが)なのでしょう。

万物流転。

こちらの方がしっくりきますね。


Tsurutaです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


インターナショナルギャラリー ビームスにも「ニュー」なものが「ニューカ」しました。その「ニューカマー」が、こちら。



今から約5年前に当レーベルで、いち早く提案していた「レギュラーカラー」のドレスシャツ。
当時はカッタウェイやワイドスプレッドがドレスシャツコーナーの主軸でしたが、インターナショナルギャラリー ビームスのオリジナルスーツと合わせて「レギュラーカラーの新型シャツを企画したい」とTsurutaがディレクターに提案をしたのがきっかけでした。

いまでは国産/輸入問わず、様々なブランドからレギュラーカラーのシャツがリリースされるようになりました。


世の中が「レギュラーカラー」に慣れてくると、次は自然と「ロングポイント」を目指してみたくなります。つまり襟先が長いレギュラーカラー。

どれぐらいの長さを「ロング」と感じるかは人それぞれ、時代それぞれでしょうが。今回は既存のレギュラーカラーよりも0.6㎝だけ襟先を伸ばしてみました。

「え?0.6?たったそれだけ?」と思うことなかれ。

ドレスシャツの世界では0.5cmが大事(おおごと)なのです。
百聞は一見に如かず。実際に見比べてみましょう。

こちらが既存のモデル、レギュラーカラーシャツ。

※2020年春夏のアイテムです。現在は販売しておりません。


そしてここから(↓)が2021年の新型。






International Gallery BEAMS / カスタムスリム ホワイト ニュー レギュラーカラーシャツ
カラー:White
サイズ:37、38、39、40、41、42
価格:¥15,000+税
商品番号:23-11-2011-306


ハイ。けっこう変わりますよね。

はっきりと別物。
インターナショナルギャラリー ビームスの「ニューレギュラーカラーシャツ」です。





新型「ニューレギュラーカラー」は襟先を伸ばしただけでなく、コバステッチの幅を変えたり、芯地を硬くしたり、フライフロントから前立て有の打ち抜きボタンに変えてみたり、カフスを3ボタンから2ボタンに減らしてみたり…。


0.6cm伸ばしただけでは大きな変化は感じられませんが、ちょっとした変化を5か所も加えれば全体として「はっきりと変わる」ものです。


もはやコロナとの闘いにも同じことが言えるでしょう。

1人だけでは世界は変わりませんが、1000人集まれば「はっきりと変わる」。


そして「変える」ために「変わる」。


ひとりひとりの行動が未来を変えるのだとしたら、自分がいま、変わる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


2021年春夏は継続人気の「レギュラーカラー」と、攻めの「ニューレギュラーカラー」でレギュラーカラーの二本立てです。



レギュラーカラー2型。




ニューレギュラーカラー(先ほどの白無地を含めて)4型。



他には人気の「ラウンドカラー」と「タブカラー」も健在。
生地バリエーションは着る楽しさ満点の品揃え。



ラウンドカラーで4型。


タブカラーで3型。



え?ロングポイントのシャツを作りたいと思った理由?

それは当然ジャケットのラペルやショルダーライン、パンツのシルエットが関係してきます。互いに作用し合うのです。
ラペルはワイドに、ショルダーラインは力強く、パンツの裾幅は広く。
それはロングポイントカラーと相性が良いと思われるバランスであり、それはいま僕が個人的に思う美しさの整合性でもあります。

しかし、指をくわえて待っていても空から美しさが降って下りてくるわけではありません。
だから、まず僕は伸ばすのです。
シャツの襟先を。0.6㎝だけ。

このシャツが「いいね」と市民権を得ることが出来れば
ジャケットやパンツのバランスは自然と変わりゆくでしょう。
合わせてコーディネートするのだから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニューノーマル。
新しい常識をただ待ちながら暮らすのはご免です。
まず変わる、そして変える。
襟先の0.6㎝がパンツの裾幅を1.0㎝変えることが出来れば、ジャケットの着丈は1.5㎝長くなるかもしれない。

シャツとジャケットが不可分の関係にあるように。

僕と世界もまた不可分である。




ニューレギュラーカラーを企画する僕の視線の0.6㎝その先に宿る力が、ジャケットのショルダーラインやパンツの裾を経由して、シューズを変化させ、人類がコロナと共生する未来を呼び寄せるかもしれない。

(そんな馬鹿な?)

でも、そんなこと、ありえないんでしょうか。
絶対に無関係だと言い切れるのでしょうか。



本当に???


風が吹けば、桶屋が儲かる。
万事、塞翁が馬。

はじめから分断をイメージして生きるよりも、希望のビジョンに繋がる最初の一歩をまずは踏み出したい。自分の力で。



願いは叶わない。

しかし、望めば(臨めば)届く。



(かなり)大袈裟に聞こえると思いますが、僕の2021年の所信表明はちょうどそんなところです。





Tsuruta


A Life With Fashion


2001年9月11日。

アメリカが誇る世界の大都市ニューヨークは悲しみに打ちひしがれました。街の灯りは消え、テレビやラジオからは音楽が流れなくなってしまったと言います。


そして2020年。

未曾有のウイルスパニック。

ニューヨークだけではなく、いま世界は大変なことになっています。


明るいニュースはほとんどなく、皆様も毎日を最小限の行動範囲で憂鬱に過ごしいらっしゃることだと思います。


僕も同様です。

こんにちは、Tsurutaです。



・・・・・・・・・・・・・


現在、ビームス各店は休業状態が続いています。「皆様のご来店をお待ちしております!」と言えない状況です。街へ出ていないので分かりませんが、原宿エリアのビームスが建ち並ぶ大通りも陽が落ちれば真っ暗になっているのでしょうか。


残念ながら、ショップへのご案内はまだできそうにないので、今回はオンラインショップで販売している商品を中心にご紹介いたします。



・・・・・・・・・・・・・


毎シーズン楽しみにしていらっしゃる方も多いはず。

英国の老舗ニットブランド〈Corgi(コーギー)〉のソックスが入荷しています。








CORGI / ウェーブ & ストライプ ソックス
サイズ:Free
価格:¥3,900+税
商品番号:23-43-0152-693

ふっくらとしたコットン素材。アフリカンモチーフを思わせるジグザグ柄は意表を突くカラーパレットで構成されています。



CORGI / ブロック ソックス 2
サイズ:Free
価格:¥4,400+税
商品番号:23-43-0151-693

こちらはマーセライズコットンを使用した、より発色がよい糸を使っています。大胆な切り替え位置が現代ミニマルアートさながら。




CORGI / ストライプ ソックス
サイズ:Free
価格:¥4,400+税
商品番号:23-43-0149-693

マーセライズコットンの特徴は肌触りにも表れます。ドライでサラッとした質感は履き心地も抜群に良い素材です。







CORGI / ブロック ソックス 1
サイズ:Free
価格:¥4,400+税
商品番号:23-43-0150-693

名門ニットメーカーらしく、爪先のリンキング処理が丁寧で、穿いたときのゴワツキがほとんど感じられません。

これらのソックスを監修しているのが堀切道之氏。〈CLASS(クラス)〉のデザイナーであり、これまでに数々のショップやブランドのプロデュース、ディレクションを手掛けてきた日本のファッション界が誇るレジェンドです。

〈CLASS〉はブランドスタート直後より〈CORGI〉社との協業を続けています。僕も20年近く前のニットを所有していますが、オーセンティックを微妙にツイストさせるさじ加減はやはり堀切氏ならではのもの。




アーガイルのプレイドをそのまま伸ばしてバイアスストライプに変化させたコットンニット。(私物)

今シーズンのコレクションでも〈CORGI〉製のニットが登場しています。

CLASS / INSTANT CITY ロング ニットカーディガン
サイズ:1、2
価格:¥145,000+税
商品番号:23-15-0983-693






レタードカーディガンをモチーフにしながらも、ワッペン代わりにインターシャで編み込まれたアルファベットがチャーミングです。袖と身頃脇をまたぐ形で「C」と「P」の文字。編み込むことでしか配置できないレイアウトがナンセンスの中のメイクセンスを感じさせます。


・・・・・・・・・・


いま世界は大変なことになっています。

勿論、ショッピングは楽しんでいただけます。家の中でも快適なアイテム。自宅の前で運動するときのウェア。家事に華を添えてくれる雑貨…。これらのものは落ち込んでしまいがちな毎日の生活を間違いなく豊かにしてくれます。ぜひ、ビームスのオンラインショップをご利用ください。


しかし。なによりも。

いま僕らは人に会いたい。


人に会うことができない今、ファッションの一部はともすれば無力なものに思えてしまいます。


ファッションはあくまでも人生における「修飾」であり、「目的」になることが決してない存在です。ファッションデザイナーを志す若者の目的はファッションではありません。洋服を通じて人々を豊かにする「生」にあります。いま、世界は甘い修飾が存在しえない生々しい「生」に直面しています。「ファッションに命をかけています!」というセリフがまったく吐けないくらいに、世界は緊迫しており、僕らは毎日失い続けているのです。



・・・・・・・・・・・


I live.


いま、生きる。ただ、生きる。

生き延びるその先に


I live Happily.


があります。

その時に初めて「with fashion」という言葉を心の底から言える気がします。



〈CORGI〉社の名声は英国・ウェールズで寒さに凍えながら働く裸足の炭鉱夫たちのために温かい靴下(生きるための衣服)を作り始めたところから始まったといいます。


大手メゾンがドレスよりもマスクを作る現在は真っ暗な大海原のようです。波は荒れ、人々はみな自宅でじっとこらえています。外は酷い嵐。雨、風。やがて水面が静かになり、辺りはまだ暗いけれども支度をした人がひとり、またひとりと舟に乗り海へ漕ぎ出す準備をし始めます。その時に初めて気づくのです。灯台の光が海を照らしてくれていたことに。ファッションとは、舟そのものではなく航海(生)を少しだけ楽にしてくれる光です。


9.11から数週間。音を失った街に音楽が戻ってきました。公園に若者が集まりギターを弾きながら声を揃えて歌い始めたのです。音を聴いた人々が周りに少しずつ集まってきました。音楽や芸術もまた、光です。


しばらく前(緊急事態宣言、自粛勧告よりもずっと前)のことです。個人的に堀切氏と食事をする機会がありました。横にはシューズ業界の重鎮、(有)ウィリー代表の秋山氏も。お酒を飲みながらの三時間、その場にいた全員がずっと洋服の話を、ファッションの話をしていました。「次はこんなことやりたいね!」という未来の話を。まだ、もっと、この時間が永遠に続けば良いのにと思えるほど、そのテーブルは驚くべき多幸感に溢れていました。ファッションとともに(with fashion)。


僕らはきっと乗り越えることができるはずです。そしてまた、ショップに集まり声高らかにファッションや未来の話をしたいのです。お客様とともに。


そのときこそ僕らは(炭坑夫の足を寒さから守るためだけではない)洒落たソックスを履き、お気に入りのシューズに足を滑り込ませ、世界へ繋がるドアを力強く開けるのです。


またお会い出来ることを心より楽しみにしています。

まずは、なによりもご自愛ください。




Tsuruta


DRESSING THE MAN ONCE MORE



2016年秋冬、インターナショナルギャラリー ビームスから新型のスーツが登場です。


店舗スタッフの提案から商品化が実現したこのモデル。主に社内向けではありますが一応モデル名があります。その名は「CONTEMPORARY 2B」です。2Bは2つボタンの意。


コンテンポラリーとは「現代の、今日的な」という意味でファッションに限っては現代的な衣服全般を指します。






スーツに「CONTEMPORARY」という言葉を使うときあるいは「コンポラスーツ」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。


「コンポラスーツ」は1960年代のハリウッド周辺で流行したスタイルだと言われています。
ジャズメンやハリウッドスターが身に着けていた「コンポラ=現代的な」スーツは細身で丸みのある肩線や短い上着丈が特徴で現代社会をリードするアメリカの象徴としてJazzやR&Bとともに英国へ渡り、モッズカルチャーへと飛び火しました。


しかし今回、僕らが作ったスーツは「それ」ではありません。




構築的なショルダーライン。
ヒップがきちんと隠れる着丈の長さ。
シルエットは全体的にスリムなバランスですがノープリーツパンツのひざ下はストレートです。



また、ラペル周りに関してはゴージ位置を低めに設定し更にゴージラインの角度を下向きに振りました。更に、近年は当たり前のディテールになっていたAMFステッチをはずしました。

レギュラーカラーのシャツと好相性の襟周りになっていると思います。

ここまで見た時に
「構築的なショルダーライン」
「低いゴージ位置」
「ヒップが隠れる着丈」
という響きから
「英国調」と連想される方も多いでしょう。




ある意味ではそうですが
ある意味ではそうではありません。


今日的な考え方でファッションを見る時「AMFステッチがないのでモード系」とか「構築的な肩は英国式」といった記号的なジャンル分けはもはや無効になっていることに気づきます。


クラシック、モード、ストリート。
フランス風、イギリス風、イタリア風。

これらの言葉が指し示す事象は
ますます曖昧になり、その実態はいよいよ分かりづらいものとなってしまいました。


そういうわけで、今回僕らが作ろうと考えたのは「英国風」でも「コンポラスーツ風」でもなく「現代」のスーツなのです。

上着のチェンジポケットやトラウザーズのサイドアジャスターなど直接的に英国の古典を連想させるディテールは敢えてはずしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで問題になってくるのは

「じゃあ、現代って何なの?」ということ。


「70年代」や「90年代」がファッションとしてリバイバルしている、と囁かれて以降、モードの世界は混沌としています。
現在トレンドセッターの筆頭とされているのはGUCCIのアレッサンドロ・ミケーレやVETEMENTSのデムナ・ヴァザリアといったところ。
彼らは彼ら自身が若いころに受けた影響や個人的な好みを隠すことなく発信する事で多感な人々の信頼を勝ち取る事に成功しています。



思えば1990年代もそうでした。

それはメインストリームがサブカルに乗っ取られた時代。

パンクオタクのマーク・ジェイコブスがLOUIS VUITTONのディレクターに就任し、GUCCIのトム・フォードは1960~70年代スタイルを究極まで突き詰めていきました。ミウッチャ・プラダは自身の哲学のすべてをPRADAのコレクションに注入し、恐るべき子供、アレキサンダー・マックイーンはGIVENCHYのデザイナーとしてパリの老舗を最高に美しく汚していきました。



巨大ブランドにおいてさえもディレクターのパーソナリティや個人的な好みが反映され始めた時代です。

時代に対して常に鋭角にコミットするラフ・シモンズ。彼がJIL SANDER、Diorを経てCalvin Kleinに至るまで約20年もの間トップを走り続けるのは、この「個人の時代」をある意味象徴しているとも言えます。




同じく1990年代には紳士服の総本山サヴィルロウでも地殻変動が起こっていました。ニューテーラーと呼ばれる若く個性的な新世代デザイナーたちが保守的で封建的な仕立て屋街を席巻していました。


パンク色の強いRichard James、1930年代のギャングスタイルを彷彿させるMark Powell、ミニマルなTimothy Everest、「コンポラスーツ」の世紀末バージョンとも言うべきOzwald Boateng。

「ニューテーラー」という言葉で
ひとくくりにされていた彼らも実際のハウススタイルはまさに多種多様。スーツというアイテムがいかに個人的なものであるかということを雄弁に語っていたと言えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年現在、
Contemporaryであるということは「個人的であることを恐れない」ということ。
「モード」でも「クラシック」でも「ストリート」でもない自分を知ること。
幸か不幸か、雑食に育った自分を認めること。



「CONTEMPORARY 2B」のコンセプトはそこにあり、動機はもちろん「自分(たち)がいま着たいと思えるスーツを企画する」という極個人的なものでした。

インターナショナルギャラリー ビームスではレーベル発足以来Chester BarrieもKilgour French StanburyもCesare AttoliniもAntonio PanicoもFallan&Harveyのビスポークも経験してきました。
今回のスーツはそれらの古典をモチーフにした部分も少なからずありますが、懐古趣味に終わることは避けたかったのでフィッティングやディテールはあくまでも「いま自分たちが着たい」ものにしました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メンズのドレスアイテムに関してはピッティ周辺から発信されるトレンドがいまやすっかり市民権を得ていると言えます。

一方で、話題づくりや世代交代を繰り返しながらも脈々と続いていくサヴィルロウ。

ピッティの対義語がサヴィルロウではなくモーダの反対語がクラシコでは「ない」という感覚に気づいたとき、無意味な二者択一はもはや存在しません。



「逆に」選ぶわけでもなく「自然に」それを選び取るようなつもりで、是非インターナショナルギャラリー ビームスのスーツに袖を通してみてください。

ナポリの仕立てのスーツに袖を通し「CONTEMPORARY 2B」を試着してみて、結局RAF SIMONSのセットアップを購入する。


そんなことだって勿論ありえます。

重要なのは「僕らは自分が着る服を
自分で選ぶことができる」ということ。

そんな選択肢の中に「CONTEMPORARY 2B」を入れて頂けると幸いです。


「いま」「僕らが」考える現代のエッセンスを限りなく注入したつもりです。


どうぞショップにてご覧になってみてください。






Tsuruta