タグ「グレー」の記事

メルトダウン

こんばんは、関です。


7月に新調したばかりのサングラスを無くしました。

三日三晩泣き腫らしましたが、傷は癒えません。

もうあの子には会えないのかと思うと息も詰まるほど…。

ってすでに新しいの取り寄せて購入予定なのですが。


商品だけ紹介するのは久しぶり。

個人的に巻物が好きだっていうだけなんですが、これは皆様も要チェックですよ。


新作が3種類入りましたが、今日はこちらを。



<ARIANNA>

CASHMERE/SILK STOLE

品番:2145-0313-977

¥39,000+税


200×70のやや長めサイズ。

カシミヤ70のシルク30。

極上のタッチはもちろんお約束しますが、それに加えこの発色と配色。

グッときます。


まずはオレンジ系。

カーキとのコンビネーションに走るのは深い赤。



キャメルのコートと相性抜群。

ラグジュアリー、ここに極まれり。



次はブルー系。

ブルーとブラウンの鉄板コンビに、柔らかなミントグリーンが効いてます。



女子受け必至。



最後にグレー系。

これは女子受けって言うか…



女子にあげちゃってください。

「こんなワントーンコーディネートにピッタリ。

アクセントに入るブラウンが使いやすさ抜群です。」

と女性スタッフ鈴木談。


何しろ巻いたら膝から崩れ落ちるほどの幸せを感じる、とろける肌触りのこのストール。

幸せは長い時間味わいたいもの。

早めに手に入れといてください。


代金引き換えの発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。


スタッフコーディネート解説 vol.7

こんばんは、関です。


車のエアコンが直り、快適なドライブ生活を送れるようになりました。

環境整備の大切さが身に染みた一件。

もうちょっといろんなことを気に掛けようと実感しました。


解説第7回は2度目の登場・馬渕。


昨年に既に購入していたキャメルのジャケットをタイドアップでコーディネート。



なかなか凝ったカラーリング。

写真では分かりづらいですが、シャツのストライプはグリーンとブラウンの2トーン。

そこにペイズリーに挿しで入っているグリーンをマッチさせてきました。

ニクい演出。



で、タイよりも一段濃いブラウンのジレを挟んでトーンのバランスを考えています。

これが薄くなるとタイが悪目立ちするんですよ。

ちゃんと勉強してますね。



ボトムは墨黒のデニムトラウザーズ。

キャメルにチャコールグレーは鉄板の大人カラーリング。

靴はもうちょっと綺麗にしましょう。


店頭商品ならばこんなのでいかがでしょう。


<BRILLA PER IL GUSTO>

LORO PIANA CAMEL SOLID JACKET

品番:2416-1041-015

¥90,000+税


<MARIA SANTANGELO>

LONDON STRIPE WIDE COLLAR SHIRT

品番:2111-2323-435

¥22,000+税


<ULTRALE>

PAISLEY 2 TIE

品番:2144-5176-435

¥18,000+税


<LARDINI>

HOP SACK GILET

品番:2106-0100-115

¥35,000+税


<PT01>

POETS SOCIETY FLANNEL PANT

品番:2123-0465-512

¥37,000+税


ちょっとネイビーっぽく見えますが、タイは濃茶。

ジレの色は白っぽく飛んでますが、タイとおおよそ同じトーン。



馬渕のようにチャコールでも良いですが、ミディアムグレーのスラックスで上品さを出すのも有りですよ。

足元はスマートな印象のサイドゴアブーツで、スポーティさをプラス。

<ENZO BONAFE>

CARY GRANT 2

品番:2132-0047-302

¥96,000+税


上質なキャメルヘアーと共に、ハートウォーミングな冬をお過ごしください。

ダブルポイントだと全部揃えたら大変なことになっちゃいますよ。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。


スタッフコーディネート解説 vol.6

こんばんは、関です。


また夏らしくなっちゃいましたね。

昨日熱燗とか言っといて、今日はキンキンのビールだぜ!な気分です。

最近酒ネタ多いですね。気をつけます。


今日は入社2年目、洋服の着こなしが板についてきた馬渕です。


もともと華奢なのでサイズ選びには苦労していますが、なかなかサマになっていませんか?



ノットの具合はなかなか。

チャコールグレーのペンシルストライプに、かなり白っぽいライラックのシャツを合わせています。

私には思いつかない発想。

若手の直感重視のチョイスにはいつも驚かされ、刺激になります。

「これにはこれ。」みたいな固定観念は良くないですよね。



胸元にフォーカス。

スクエアに入れたチーフは、きれいに畳みすぎない塩梅が良い感じ。



適度なボリュームのフルブローグ。

こういう色気のあるコーディネートの時は、もうちょっとポリッシュしても良いかもです。


店頭商品ならこんなのでどうでしょう。


<BEAMS F>

CERRUTTI CHALK STRIPE SUIT

品番:2117-0916-264

¥95,000+税


<MARIA SANTANGELO>

MINI CHECK WIDE COLLAR SHIRT

品番:2111-2326-435

¥22,000+税


<JOHN COMFORT>

JACQUARD 11 TIE

品番:2144-5376-107

¥13,000+税


<CHEANEY>

EDWARD

品番:2132-0072-175

¥69,000+税


ダークトーンに挿しで綺麗な色を入れるのも、アクセントに効果的のようです。

是非ご参考になさってみてください。


今日の一服も是非。

https://www.instagram.com/sekitetsuro/


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。