スタッフ「成田 好昭」の記事

私のビームス遍歴 その3

いつもビームス ハウス 梅田 のブログをご覧いただき、ありがとうございます。


成田でございます。

ビームスに入社して21年、神戸と大阪を行ったり来たり、関西圏ビームスきっての流浪スタッフでございます。

そんな、ビームス愛好家歴35年を超える私が今尚愛(用)して止まない普遍的アイテムを、アップデートされたビームスの提案を交えながらご紹介しますので、少しの間お付き合いくださいませ。


さて、

日々世の中が便利になり、使う機会がめっきり減ってしまった物、皆様の周りには沢山有るかと思います。

スマートフォンの普及で、カメラの出番も減り、腕時計すら本来の機能以外の所に価値を求めらている様に感じられます。


斯く言う私も、多分に漏れず使わなくなった物があります。



システム手帳

80年代も終わろうとしていた頃、大学生だった私の友人が東京に旅行に行った際に、オンサンデーズと言うお店で購入したファイロファクスのシステム手帳を使っていました。当時、僕の中での手帳と言えば、預金している銀行から年末に貰えるアレ。全然格好よさが違いました。憧れました。が、なんとなく手にする事は有りませんでした。


それから数年経った社会人一年目のある日、たまたま訪れたビームスでの邂逅。

Whitehouse Cox



ご閲覧諸兄には、最早ご説明は不要。

父親が使っていたコインケースがココの物だったので、何となく見知ってはおりましたが、ビームスでも手に入るんや!と、一人盛り上がり、迷わず購入。


それからというもの


1998年頃まで仕事・プライベート問わず朝な夕なに愛用。



必要な物が有れば直ぐに挟める様に、専用の6穴パンチまで携帯して。


手に入れて直ぐの頃は何の知識も無かった為に、白く浮いているワックスをカビと勘違いしてウエスでゴシゴシ。その部分だけ色が濃くなってしまい、半泣きになったのも今となってはいい思い出。



当時、手帳のペンホルダーは径が細く、愛用していたボールペンのサイズが合わなかったので、このペンケースも一緒に購入。何故か色を合わせずグリーンにしたのは、頓着ポイントで無かったのか、グリーンが気に入ったのかはハッキリ覚えていません。

因みに、このペンケースは今でも現役です。



現在手元に残っている物は、この4点だけですが、コインケースはこちらで四代目(毎回、洗濯機でワヤにしてしまいました)、名刺入れは二代目で、他に札入れ、キーケース、キーホルダー、定期入れなども愛用しておりました。



余談ですが、1990年代初め〜中頃当時ビームスで購入できるインポート商品の大半は英国物。

LAVENHAM、JOHN SMEDLEY、MACKINTOSH、シューズではChurch’sにPolsen Skone、シャツはStephen Brothersなど。そこに当時から私達の垂涎の的ALDENやToroy Shirts Makers、IKE BEHAR等のアメリカ物。イタリアの物といえば、LUIGI BORRELLIやGUY ROVER、ZANONEのニットが少し有る程度で、(恐らく他にも有ったとは思いますが)私の中でのインポート物=英国物、と言うのが当たり前でした。



現在のビームスでは、残念ながらシステム手帳もペンケースもご用意はございませんが、Whitehouse  Coxの様々な革小物をご用意しております。






更に、代名詞でも有るブライドルレザーの他、新たな素材の提案も。

「Victoria Calf」シリーズ

Whitehouse Cox
カラー:Blacc,Navy
価格:¥42,900(税込)
商品番号:21-64-0156-502

Whitehouse Cox
カラー:Black,Navy
価格:¥24,200(税込)
商品番号:21-64-0158-502


その他のメーカーの物も、多数取り揃えております。

新生活にむけて、プレゼントに、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。


成田


私のビームス遍歴 その2

いつもビームス ハウス 梅田 のブログをご覧いただき、ありがとうございます。


ブログ2回目の投稿となる、成田と申します。


ビームスに入社して21年、神戸と大阪を股に掛けた、関西圏ビームスきっての流浪スタッフでございます。


そんな、ビームス愛好家歴35年を超える私が今尚愛(用)して止まない普遍的アイテムを、アップデートされたビームスの現在提案に準えてご紹介し、ご覧のお客様のお手伝いが出来ればと思いますので、少しの間お付き合いくださいませ。




さて今回ご紹介差し上げるのは、英国が誇る不滅のコートメーカー。


GRENFELL (グレンフェル)

詳細説明不要、英国コートメーカーの超名門。


そんなグレンフェルと私が初めて出会ったのが、約30年前。

神戸三宮の高架下商店街にあった某トラッドショップで一目惚れ。しかしながら当時の価格で8万円オーバーは23歳の若輩者にはハードルが高く、また、同時期にビームスのコットンジャケットも所望していた為、悩むこと数日。


結論が出ないまま、当時(お客さんとして)訪れる度にお世話になっていたビームスのスタッフの方に相談したところ、「紛うこと無き名品。今の使い勝手を考えるとグレンフェルにすべきでしょ。」と後押しされ決断したのが、



グレンフェル 『ゴルファー』

撥水力にも長けた高密度コットン、所謂グレンフェルクロスを使用し、軽くてしなやか。グレンフェル版スィングトップ。


今でこそ、様々なアパレルメーカーやアスレチックブランドから、シーズンレスのアウターが提案されていますが、その当時は気の利いたアウターも今ほどお目に掛かる機会も多くなく、また季節の移ろいもハッキリしていた為、春先の行楽や通勤、ちょっとしたお出かけにも頗る重宝した記憶しか無く、30年近く経ってクタクタになっても、都度補修しながら未だに処分出来ず、今回ご紹介差し上げるに至った訳で有ります。




こんな感じでニットポロを合わせたり



気にいっていたボーダーTをあわせたり。


実は、その時受けた接客にいたく感銘を受けたことが、私が10年後にビームスに転職する最大のキッカケになった、言わば転機の一着。




そんな私にとって特別なグレンフェル、現在でもアップデートされた物がビームスでお求め頂けます。




グレンフェル ケント
カラー:ベージュ
サイズ:34、36、38、40
価格:¥57,200(税込)
商品番号:21-18-0552-210


ゴルファーと並ぶ、グレンフェル定番のブルゾン。



ゴルファーは襟がドッグイヤーなのに対し、こちらはバルカラー風。スポーツウェア然としてないので、よりお召し頂きやすい様に感じます。


右腰部分のポケットも、平坦になりがちな後ろ姿に程良くアクセントをプラス。


襟下のネームも、重厚感を残しつつ、シンプルにアップデート。



そして今回の主役、ゴルファーも、生地をアイリッシュリネンに乗せ替えてのご用意。



シックなダークブラウンと、



モダンなブラック。

ネイビーではなくブラック、と言うところがミソ。


グレンフェル ゴルファー
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:34、36、38、40
価格:¥64,900(税込)
商品番号:21-18-0407-210


お問い合わせは、ビームス ハウス 梅田まで。


スタッフ一同、心よりお待ちしております。


成田





私のビームス遍歴 その1

いつもビームス ハウス 梅田 のブログをご覧いただき、ありがとうございます。


はじめまして、ブログ初投稿となる成田と申します。


ビームスに入社して21年、神戸にございましたビームスウエストに始まり、阿倍野を経て大阪と神戸を行ったり、来たり。

関西圏のビームスきっての流浪スタッフでございます。


そんな、お客様歴も含めると35年を超えるビームス愛好者の私が10年以上愛用している、そして今でもビームスでご提案し続けているアイテムをご紹介し、ビームスの普遍性をアッピールすると共に、お買い物のお手伝いが出来ればと思いますので、少しの間お付き合い頂ければと思います。




で、その記念すべき第一回目に選ばれた物は....



ラコステの鹿子ポロ


説明不要、細かなアップデートを施しながら、ビームスFレーベルでもここ10年程継続してご用意している、正にキング オブ 夏定番。


こちらの2色は、私が20代後半の頃、アメリカ村に有った「ビームスEX大阪」で購入した物。

当時はカジュアルレーベルの取り扱いだった為か、サイズが3からの展開だったと記憶しております。



私には少し大き目でしたので(自己責任にて)コインランドリーで乾燥機でシッカリ乾かした思い入れ深い一品。



グレーの方は、流石に元の色目も判らない程色落ちし、クッタクタですが、それでも未だ春先から現役です。




こんな感じで、ボートネックのカットソーのインナーとして大活躍。


他の色も、


トリコロール的



同系色のグラデーションで



たまには襟だし


近年、私共の取り扱うドレスレーベルでもボートネックのアイテムが増えておりますが、ミドル世代の方々で、首周りの開きが大きい事を理由に、このボートネックを敬遠されるお客様が少なくありません。

台襟付きのポロとは違った、スポーツ系ポロシャツを挟む事でその危惧も解消でき、何となく小慣れた感じも演出出来ますので、是非お試し頂ければと思います。



当然、

こんなジャケットや、



人気のミリタリー系アウターにも相性抜群。

(画像提供 : it’sok MURAKAMI)

注)洗いざらしでは無く、襟周りだけはアイロンをおかけ下さい。よりスマートにお召頂けます。



で、

今季は、未だかつて無い程の色バリでご用意しております。


説明不要、寧ろ何故ワードローブに加えないかが問われそうな、ブラック&ホワイト


心躍るグリーン系


グリーンやブラウン等、所謂アースカラーのアイテムとの相性も抜群のイエロー系


夏を感じ、誠実さも演出できるブルー系


そして、情熱のレッド系


と、驚愕の全25色の展開となっております。


LACOSTE / L1212AL ポロシャツ
カラー:全15色
サイズ:2、3、4、5
価格:¥15,400(税込)
商品番号:21-02-0118-462


LACOSTE / L1212AL ポロシャツ
カラー:全10色
サイズ:2、3、4、5
価格:¥15,400(税込)
商品番号:21-02-0148-462


このブログをご覧になり、少しでもご興味をお持ちいただければ幸いです。

是非、ビームス ハウス 梅田迄お問合せくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。



成田好昭