すゝめなキャップの話

皆様こんばんは!

本日水曜日のブログ清野よりお送りいたします。

いよいよ週明けから梅雨入り。

来週の天気予報ではほぼ雨マークが並びます。

ここ数日の気温の上がり方をみると梅雨明けの夏本番はどれくらい暑くなるのかと不安になりますね。


熱中症対策はこまめに水分を取ったり、空調を効かせるなど様々ございますが、屋外で1番大切なのは直射日光を防ぐ事かと。

子供には必ず帽子を被ってもらい、カバンにはドリンクを入れて炎天下の中公園に行くのが夏休みのワンシーン。

そんな場面に被りたい帽子ございます。笑


話を誘導したかの様な流れですが、

本日は帽子の紹介を。

早速ですが、こちらです。


FILSON WASHED LOW-PROFILE LOGGER CAP
カラー:LEMON, BLUE
価格:¥11,000-(税込)
商品番号:38-41-0239-704

今年も入荷しました!

そう、FILSONのロガーキャップ。

毎シーズン仕入れているこちら、今回はLEMONという発色の良いイエローとシャンブレーとの相性が良さそうなブルーが入荷しました。



型はもちろん6パネル。

熱を逃すベンチレーションアイレットもございます。素材はコットン100%のツイルです。独特の風合いはプレウォッシュ加工によるモノ。ざっくり説明すると洗いをかける前に予洗いをし生地の風合いを増す方法です。

通常のウォッシュに比べ色やステッチの周辺のアタリのでかたが進んでいる様に見えます。

入荷した時点で風合いマシマシのキャップとなっており、<BEAMS PLUS>の変進開花したアイテムとの合わせがしやすいと思いました。



こちらはエルク。いわゆるヘラ鹿の刺繍。

キャップのボディに直接刺繍がされており今後洗濯した時にどの様に変化していくのかが楽しみなところ。


そしてこちらはマラード。そう、マガモです。

双方ハンティングを連想する刺繍になっており、<BEAMS PLUS>のアウトドアアイテムとのコーディネートが楽しめそうなアイテムです。


バックストラップはボディと同素材のテープにバックルはもちろん<FILSON>のロゴ入り。



最近スタッフの着用が多いこちら。先日発売のあった<Quaker Marine Supply CO.>です。こちらはロングビル仕様でしたので、ツバの長さは11㎝で約4inch強。

しっかりと日差しを塞ぐモノとしてよりギア感の強いアイテムでした。



そして今回紹介のキャップは約7センチで3inchの長さ。


置いて見比べるとこの差が出てきます。

ツバの長さがあるキャップはちょっと抵抗があるというお声もある中で、ちょうど良い長さなのではないでしょうか?!

またコーディネートにも落とし込みやすいと思います!


清野はやはりシャンブレーシャツと。

様々なシャンブレーとのコーディネートが楽しめそうだなぁと思いますブルーを購入しました。ガイドシャツとのコーディネートはまさにド・ストレートな見え方に。ワークシャツとの合わせでフォレストワーカースタイルにとまさに清野好みなアイテムです。



これまでに何個か購入してきたロガーキャップ。清野家の長男がこっそり刺繍の入っているキャップを被っているのは妻から報告が入っております笑

この夏の紫外線でどこまでカラーが変化するのか。今から楽しみです。

このキャップを被ってこの夏は子供達と遊びに出掛けたいと思います!


その様子はまたブログでお届け致しますー!!



それではまたお会いしましょう!!




清野








LINEのやり取りができる様になりました。もちろん清野が直接返答致します。些細な事でも大丈夫ですのでお気軽にお問い合わせください。(※返信にお時間が掛かってしまう場合がございます。あらかじめご了承下さい)


↓画像をタップ頂きます友達追加からメッセージお待ちしております。



< Instagram >


↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見れない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。↑



↓日々少しずつ、スタイリングやフォトログ等々、更新しております。是非、フォローやお気に入りも宜しくお願い致します

サンフランシスコからのお便り。

こんにちは、ろまんす吉澤です。


通常火曜日はチェック神本の担当ですが、今週はチェック神本に代わり、私ろまんす吉澤がお送りいたします。


昨日のTeam'96のAll Night BEAMS+#115はお聴き頂いておりますでしょうか。今週は当店の看板スタッフである桑田レッドフォードが日テレ系列『オー!マイゴッド! 私だけの神様、教えます』に出演。放送日を今週末6/22(土)に控え、我々スタッフも大盛り上がり。桑田レッドフォードの番組出演に肖り、「オー!マイゴッド!」と称し、今週はパーソナリティ各々の〇〇の神様を紹介しております。神回、、いや神WEEKとなる今週も是非ご視聴をお願い致します。


さて、本日は暑さも落ち着き大雨によりまったりとした一日。しかし、明日からは30℃までの気温の上昇、梅雨を目前に暑い日々が予想されている。


シーズン的な真夏はまだ先であろうが、こうも気温が高くなると着たくなるのは夏物のアイテム。



AL'S ATTIRE × BEAMS PLUS / 別注 Fisherman's Wharf Shirt
カラー:OFF WHITE、BLUE
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥66,000(税込)
商品番号:38-01-0146-725

夏らしい印象を演出出来るシャツがビームス プラス 原宿に入荷。印象的なのは存在感溢れる「蟹」の刺繍。この蟹どこかで。。という方も多いのではないだろうか。AL'S ATTIREのあるサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフのシンボルである「ダンジェネス蟹」である。




フィッシャーマンズワーフ=漁師の波止場を意味し、ゴールドラッシュ以降それまで小さな開拓地であったサンフランシスコがイタリア系移民の漁師たちの手により大都市へと栄え、現在ではサンフランシスコの名所として知られている。


現地では屋台などでボイルされた蟹を食すことも出来、サンフランシスコに行った際には是非経験してみたいものだ。




さて、そんなサンフランシスコに根強い蟹は丁寧に一つずつ刺繍にて施され、AL'S ATTIREらしい細かで丁寧な仕事を伺う事が出来る。所謂私たちがよく目にする蟹と比べると小さなハサミと大きな甲羅が特徴的。また発色も良く、そうしたところもサンフランシスコを強く感じられる部分かと。



またAL'S ATTIREらしさと言えば各シーム部分であろうか。繋ぎ目のステッチは内側へと織り込まれ、表面から見えない仕様になっている。これは繋ぎ目を見せない事でエレガントに魅せるテーラーとしての技術。BEAMS PLUSを御愛顧頂いている方には「シャツ」のブランドとしての認知が高いかもしれないが、ハリウッドでの衣装提供も行うAL'S ATTIREならでは。



AL'S ATTIREならではといえばもう一点。タックインをした時に裾のもたつきを防ぐ為であろうか。裾にはボタンが付いておりタックインした時とタックアウトした時の着用感の違いを感じ取れる。またタックアウトした際にボタンを外す事でスリットが入り軽快な印象にしてくれる。



生地はリネンとレーヨンを混紡。リネン特有のネップ感やざっくりとした粗めな表情が清涼感を演出。サンフランシスコの潮風を感じさせてくれる。しかし生地そのものは滑らかさも備えた程良い厚みの肉感である。


細かなディテールは我々にも馴染み深い。

両胸に携えたフラップ付きのパッチポケット、絞りのないボクシーなシルエットは当時の50sらしいムードを感じさせてくれる。先述の衣装提供の件も相まってハリウッドが盛り上がっていた当時のアメリカ人の様子を伺うことが出来る。



さて、私はMサイズを着用。(H.178cm、W.60kg)今シーズンからフィットも変更し、昨今のアイテムとのバランスも考慮されたサイズ感に。


今回はサンフランシスコの景色から着想を得た浜辺を意識したカラーリングのショーツにデッキシューズと港町であるフィッシャーマンズワーフを意識したコーディネーション。


先述のゴールドラッシュに准え、5ポケットのデニムパンツとの組み合わせも非常にオススメ。(詳しくはバイヤー金子のInstagramをご参照下さい)


AL'S ATTIREのシャツは店頭にて実際に手に取って頂きたいです。是非お試しください。






それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

スタッフ オブ ザ イヤー&TV出演&マチガイナイ BEAMS PLUS

今回は・・・情報満点であることは、マチガイナイべ☺︎⤴︎。





ビームス プラス 原宿の

桑田レッドフォードでございます。




私、この度『スタッフオブザイヤー』に出場することは・・・マチガイナイべ⤴︎。





「STAFF OF THE YEAR」は、今やスタッフの重要なスキルの一つとなったオンライン接客など、様々な接客の技術を競い、”令和のカリスマ店員”を決めるイベントであることは・・・マチガイナイべ⤴︎。




というところで、特撮サイト⇦(リンク貼りました。)にて桑田に投票が出来まして、LINEアカウントでログイン頂きながらなのですが・・・投票・応援を大変恐れ入りますが、よろしくお願いいたします‼︎





そして、今度・・・日テレの

オー!マイゴッド!私だけの神様、教えます』に出ます‼︎





6/22(土)10時30分から11時25分の放送でございます。是非観て下さいますと・・・マチガイナイべ☺︎⤴︎。





そして、洋服のお話も・・・この夏の新たな推しはコチラです!⤴︎。BEAMS PLUS のプルオーバーの半袖ボタンダウンシャツとエンブロイダリーのショーツです!


BEAMS PLUS / Button Down Pullover Short Sleeve American Oxford

価格:¥14,300(税込)
商品番号:38-01-0059-139

BEAMS PLUS / 2 Pleats Shorts Embroidery On Print
価格:¥33000(税込)
商品番号:38-25-0108-874

BEAMS PLUS / Cardigan Linen
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-15-0132-156


アメリカンオックスフォードの独特で素敵なサックスブルーとカラフルなエンブロイダリーが、マチガイナイべ⤴︎。





そして更に最後は・・・ビームス 原宿チャンス!この日が最終日。。ビームス・原宿勤め、心からお疲れ様でした☺︎⤴︎。チャンスは・・・マチガイナイべ⤴︎。GOOD RUCK ︎!





それでは、今回はこの辺で☺︎⤴︎。


またビームス プラス 原宿のブログを見てくださいますと・・・マチガイナイべ⤴︎。


また見てね⭐︎!


桑田レッドフォード

Big Back Print.....

こんばんは!

日曜日担当の﨑野です!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私は先日、久しぶりの岩盤浴に行きました。

サウナは週に1度は必ず行くのですが、岩盤浴はまとまった時間がないと勿体無い気がしてしまい、中々行けていませんでした。

サウナとは違い、50℃前後でじんわりと温めていく岩盤浴は、体の奥底から悪い物が出ている気がして、終わった後はかなりスッキリしました。

これは定期的に通い、デトックスせねばなと思いました。皆様も岩盤浴DAYを探してみてはいかがでしょうか。


さて、本題に参ります。

ご紹介させて頂くのはこちら。


FILSON / FRONTIER GRAPHIC T-SHIRT Salmon
カラー:GREEN
サイズ:S、M、L
価格:¥8,800(税込)
商品番号:38-08-0051-704

FILSON / FRONTIER GRAPHIC T-SHIRT Deer
カラー:BROWN
サイズ:S、M、L
価格:¥8,800(税込)
商品番号:38-08-0052-704

FILSONから、最高に調子の良いTシャツが入荷いたしました。

カラーは、ブラウンとグリーンの2色。

どちらのカラーも、良い意味でくっきりとした

色合いでは無く、フェード感のある味わい深い風合いになっております。


左胸にはブランドネームがプリントされておりますが、こちらは染み込みプリントを採用。

着用回数を重ね、洗い込んでいくことで、よりボディーの生地にプリントが馴染み、ヴィンテージTシャツによく見られる、ボヤけたような渋い印象を感じることができるかと思います。


生地は6.5オンスのコットン・ジャージー製で、しっかりと厚みはありながらも伸縮性と備えている為、着心地は抜群。

首元はやや幅広めのリブ編み仕様に。

勿論、ハリのあるリブになっているので、洗濯を繰り返しても型崩れしずらくなっております。


シンプルなワンポイントロゴのT邪魔かと思いきや、、

これ程までにリアルなバックプリントが施されております。

こちらは、カスタムグラフィックになっており、FILSONが自社で製作したグラフィックをプリントしております。

ですので、ここまでリアル且つ精巧なグラフィックが表現出来ているのかなと思います。

また、BROWNに鹿というチョイスも個人的には絶妙かと思います。


GREENには、躍動感満載なサーモンがプリントされております。

GREENというカラー表記ながらも、どちらかと言うとBLUEのように見えるボディーカラーにピッタリとハマるプリントです。

こちらも鹿と同様に、カスタムグラフィックで製作されているので、まるで美しい油絵の様な臨場感に溢れています。


それではスタイリングを。


着用サイズ:M

私は、GREENをチョイスしました。

そろそろ真剣にキャンプに行かねばと考えているのですが、そんなシーンを想定したスタイリングになっております。

強い日差しから守る為に、しっかりとジャングルハットを。

これからのリアルを考えるとレイヤードはせず、Tシャツ単体で着るのがベターかなと。

ガシガシ気にせず履くことが出来るミリタリーパンツと、トップスのカラーに合わせたスニーカーでラフに。


いかがでしたでしょうか。

今年は梅雨前にも関わらず、既に猛暑日を記録している地域もちらほらと。

そんな夏には手軽なTシャツを。けれどもシンプルすぎるのも味気ないので、このくらい思い切ったプリントも良きかなと思います。是非。



﨑野




↓日々、スタイリングやフォトログ等も更新しております。自分なりの世界観を表現しておりますので是非、お気軽にフォローやお気に入りも、宜しくお願い致します。 


墨湾流。

こんにちは、ろまんす吉澤です!


昨日から遂に30℃を超え始め、真夏日を記録。梅雨入り前の急激な温度の上昇に身体もついていけず。危うく熱中症になりかける所でした。。さてそんな暑くなってきた今週。今シーズンは半袖×フルレングスが気分だなーなんて思っていた訳ですが、こう本格的に暑さを経験するとやはりショーツが気になってくる。



MOJITO × BEAMS PLUS / 別注 GULF STREAM SHORTS
カラー:Natural
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価格:¥37,400(税込)
商品番号:38-25-0122-697


メキシコ湾流であるガルフストリームから名付けられたABSINT SHIRTSと並ぶMOJITOの看板アイテムであるGULF STREAM SHORTS。1950sにヘミングウェイがキューバやキーウエストにて大物を釣り上げた写真からインスパイアを受けたショーツは時には主役に、時には影役に徹する事も出来る。そんな万能ショーツをBEAMS PLUSで別注。




先ず拘りのポイントは和紙とリネンがMIXされた軽快な生地感。着用していると自身の身体の動きに応じて発生したシワが小慣れたムードを演出してくれる。


更にこのNaturalのこのカラーリングも秀逸である。ホワイトやセメントとも形容できるカラーは汎用性抜群。昨今MOJITOで盛り上がりを魅せるモノトーンなアイテムからBEAMS PLUSで馴染み深い様々なカラーリングのアイテムまでと全てを網羅出来ると言っても過言ではない。



GULF STREAM SHORTSの顔とも呼べるデザインのループに通された紐。この紐を結ぶ事でヘミングウェイらしい武骨なフロントデザインを演出する事が出来る。

ここでサイズチョイスを間違うとこのウエスト部分のビラビラが失われてしまう。是非注意して貰いたいポイントだ。


もう一つ、特徴的なディテールである二重の裾。存在感を放つと共にインラインのものと比べ股下を長く設定している。その為あまり短いのが得意ではない、ショーツが履きなれない方にも安心。


先述のこの履き方。ヘミングウェイを彷彿とさせる履き方を叶えるべく通常インラインでは展開のないXXLまでの幅広いサイズ展開に。好みの履き方によってサイズ選びを変える楽しみも。





今回、H.178cm、W.64kgの私でサイズXLを着用。

リネンのボーダーニットを合わせリゾートなムードを演出しました。



以前ご紹介した別注のABSINTH SHIRTとセットでの着用もオススメ。ヘミングウェイらしい武骨ながら大人の男の色気も纏う事が出来る。


やはり夏はショーツを履きたくなる。是非オススメです。



それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。


夏に向けて買い足しました。

いつも当店のブログをご覧くださりありがとうございます。



本日は私が夏に向けて買い足したシューズのお話です。






日差しの下では夏を感じる今日この頃。

まだ湿気が少ないので良いもののもう少しで湿気のまとわりつく日本の夏がやってきますね。



個人的には好きな季節ですが、どうしても軽装にせざるを得ないのでファッション的には物足りなくなってしまいます。



足元は軽く見せたいけれどサンダルはちょっと物足りないな…なんてときにはモカシンやローファーを履いていました。









しかし最近ブラウンのソールが重たく感じる場面が多々あり、その度に<SPERRY TOPSIDER>を着用していました。






足元が軽快になるのでこの季節"MIL CVO"は重宝するのですが何せ私は欲張りな人間ですからこのシューズ達の間のバランスが欲しくなってしまったわけです。



ついに<RANCOURT&Co.>のボートモカシンに手を出しました。





RANCOURT&Co. × BEAMS PLUS /別注 Boat Moc Chromexcel
カラー:ブラウン
サイズ:6〜10h
価格:¥50,600(税込)
商品番号:38-32-0028-336


履き慣らす為に購入してからは中1日のペースで着用中。

アッパーも馴染みホワイトソールも程よく汚れてきて良い塩梅になってきました。



アッパーにはホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用していますので足馴染みが良く、着用数回でも快適な履き心地です。






レザーレースはヒール部分を通過し、履き口を一周していますので踵周りのシルエットはスッキリ。

シンプルにコーディネート頂けます。






アイビー、リゾート、マリンスタイルはもちろんですがラギットであったりアウトドアなアイテムに対してホワイトソールの軽やかさを加えるのも面白いかと。






3クォーターレングスのBDUにラグソックスとくればワークブーツやマウンテンブーツを合わせたくなりますがこのバランスも新鮮。






ネイビーブレザーを羽織ってヘビーデューティとアイビーのミックススタイルなんていかがでしょうか。



爽やかなホワイトソールが軽やかに足元を着飾ります、是非この夏ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。



↑残すところあと3日です。

私はスペシャルダークを2サイズアップでオーダー予定です。



--------------------------------------------------------






原宿、丸の内両店舗ともにイベント盛り沢山です。

今週のラジオも是非ご視聴ください!



--------------------------------------------------------






Instagramも是非ご覧くださいませ。


--------------------------------------------------------



最後までご覧いただきありがとうございました。



それではまた。

WAREHOUSE のオーダージーンズのサイズ感について‼︎+α




ビームス プラス 原宿の

桑田レッドフォードでございます。

ビームス プラス 原宿では、6/16(日)まで、WAREHOUSEのオーダーフェアを開催いたしております‼︎店内風景をご覧下さいませ。オーダー頂けるジーンズのサイズサンプル、色サンプルがズラリと並び・・・


【予約・イベント限定】WAREHOUSE & CO. × BEAMS PLUS / 別注 Lot.1001xx SPECIAL DARK
価格:¥33,000(税込)
商品番号:38-21-0063-386

【予約・イベント限定】WAREHOUSE & CO. × BEAMS PLUS / 別注 Lot.1001xx MEDIUM
価格:¥33,000(税込)
商品番号:38-21-0064-386

【予約・イベント限定】WAREHOUSE & CO. × BEAMS PLUS / 別注 Lot.1001xx ONE WASH
価格:¥29,700(税込)
商品番号:38-21-0065-386



早くも色・サイズが欠けている毎シーズン好評の別注Tシャツ!そして、ノンパレイルの上下‼︎


WAREHOUSE & CO. × BEAMS PLUS / 別注 Lot 4601 Print Tshirt
価格:¥6,600(税込)
商品番号:38-08-0055-386

WAREHOUSE & CO. / NONPAREIL BROWSE
価格:¥39,500(税込)
商品番号:38-18-0183-386

WAREHOUSE & CO. / NONPAREIL WAIST OVERALL
価格:¥28,050(税込)
商品番号:38-21-0014-386




そして、セコハン仕様のノンパレイル!(※こちらも既に在庫が・・・)どれも・・・マチガイナイべ⤴︎。





というところで、今回はオーダー頂けるジーンズのサイズ感についてお話しいたしますので以下ご参考下さいますと・・・マチガイナイべ☺︎⤴︎。




こちら、前回のオーダーフェアでオーダーした1本、サイズ30×31です。ウエスト29も迷いましたが自身の体格のバランス等を踏まえてコチラで!※素敵でしょ☺︎⤴︎





続きましてコチラ‼︎サイズサンプルの34×30を着用。サイズが大きくなりますと、股上の深さやポケットの大きさ、アウトライン・シルエットがかなり変わりました!私はウエスト34、レングスを32にしてオーダーしようと考えております‼︎※ウエスト36も試しましたが、流石に私の身体には大き過ぎました。。





世界屈指のジーンズの作り手に、個人オーダーが出来るという機会・・・こんな機会滅多にございません!もうまた次回なんていうのはいったいいつ出来ることやら⁈と思ってしまいますので、ご都合の合う方は是非この機会をお見逃しなく☺︎‼︎




それでは、最後に箸休めに⁈最近の私の休日のお話を。




先日、ビームス 辻堂 の窪とハマ(横浜)をリサーチしてきたことは・・・マチガイナイべ☺︎⤴︎。





いつも立ち寄る素敵な眼鏡屋さんに立ち寄ったり・・・





後はひたすらいつも通り呑み食い・・・

こちらは、海鮮攻めがマチガイナイべ☺︎⤴︎。





こちらは、いっつも(4.5回⁈)入店出来なかったんですが今回遂に‼︎もちろんマチガイナイべ⤴︎。でございました☺︎。





などなど、永遠に話し続けられてしまいますので

今回はここまで‼︎


またビームス プラス 原宿のブログをチェックしてくださいますと・・・


マチガイナイべ⤴︎。


また見て下さいませ‼︎


桑田レッドフォード

チェック神本の要チェック PART 30


皆さんこんにちは!

BEAMS PLUS HARAJUKU のチェック神本です。

現在BEAMS PLUS HARAJUKU ではWAREHOUSE ORDER FAIRが開催されておりまして、私も2色でオーダー予定で期間内限定で発売されているNonpareil Blowseの加工モデルを購入。

リジットデニムを自分自身の味が出るように履き込む事も一興ですが、ブランドならではの加工技術やステッチワークが秀逸で是非一度ご自身の目で見て頂きたい逸品です。

6/16(日)まで開催しておりますのでご来店是非お待ちしております!

それでは今回ご紹介させて頂くアイテムはこちら!!


BEAMS PLUS ペルーピマコットン シャツ
カラー:ホワイト
サイズ:S M L XL
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-11-0385-139

BEAMS PLUS ラウンドカラー ペルーピマ
カラー:ホワイト
サイズ:S M L XL
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-11-0388-139



BEAMS PLUSで長らく取り扱いのあるペルーピマコットンを使用した襟型がボタンダウン・レギュラーカラー・ラウンドカラーの3つからお選び頂けるこちらのシャツ。







オックスフォードのボタンダウンシャツを初めとして数多くの種類を取り扱っているBEAMS PLUSで私の個人的な意見ですと少し日の目を浴びてない印象であったこちらのアイテム。

その魅力に気づかされたのはご来店頂いたお客様が、サラっと1枚着でデニムにタックインしてコーディネートを組まれていた姿を見てシンプルな合わせでありながらかなりかっこよく、自分もそうなりたい!と思い購入したのが始まりです(笑)

ほぼ毎日洋服を見ている職業ではありますがやはりお客様から刺激を受ける事が多く、参考にさせて頂く事が多々あります。

お買い物をされている時に視線を感じたらスタッフが参考にしているサインかもです。(笑)

ペルーピマコットン、商品名にも入っておりますがこのコットンが最大の特徴なのです。



高品質で最高級綿として名があげられるギザコットンやスヴィンコットンやシーアイランドコットンなどなど、そのひとつに含まれているのがピマコットン。

アメリカで栽培されているスーピマコットンが世界三大綿として認知されておりますが今回使用しているのはペルーピマコットン。

どちらも同じコットンではありますがスーピマコットンは簡単にご説明するとアメリカの商標保護がされているコットン。

ペルー北部の限られた場所で育てられており、人の手によってひとつひとつの綿花が収穫されているのが特徴です。

コットンを品質を決める上の判断基準となるのが繊維の長さ、長ければ長いほど上質なコットンであるとされています。



ピマコットンは超長綿、繊維の長さが35mm以上の物を差し繊維の1本1本が細くて長くしなやかで肌触りがとても良いのです。

シルクのような光沢のある表情と軽さが私が惹かれ購入した最大のポイント。同生地で襟型が3つあるのも他のアイテムにない点ですがドレスシャツを彷彿とさせるこのルックス。

デニムやチノトラウザーズとの合わせは難しいと思いきや、柔らかい生地の為シワがやや入りやすい。



あえてアイロンやスチームをかけずに洗いざらしで着用する事でラギットなアイテムとの組み合わせが可能になると私は実際に着用して感じております。

そしてラウンドカラーをチョイスした点も私のこだわり、洗いざらしでラフに着用するのであればボタンダウンのボタンを止めずにボタン2個開け、アイビー的な解釈で着用するか迷いましたがラウンドカラー。



BEAMS PLUSのオリジナルシャツではあまり見る事のない襟型、BEAMS Fで取り扱っているイメージでINDIVIDUALIZED SHIRTSのオーダー会で何度かオーダーした事はありますがやはりドレスシャツの印象を受ける襟型です。

それをあえてシワを伸ばさずにボタンを開けて着用する、邪道かもしれませんがこれも着こなしのひとつなのではないでしょうか。



勿論正当なタイドアップスタイルでの着用も可能、合わせ方は無限大です!!

それではまたの機会に、

神本

気になるアイテムの話

皆さまこんばんは

本日は月曜日、ビームス プラス 原宿のブログは清野よりお届け致します。


最近は家に帰ってもベットまで辿り着けずソファーで寝てしまう事が多く、悩みの種です。

明け方に肌寒くて起きたり、体が冷えて翌日の朝に足が重かったりなど不具合が出ます。ソファーには子供用のブランケットを置いてはありますが、もちろん清野にはサイズが足りず…。


真夏の夜でもお腹にはしっかりとブランケットをかけて寝ております。夏でもお腹が冷えないようにしている程なので、寝る時が暑く明け方が涼しいこの時期は意外と体調管理が難しい。

…店頭にちょうど良いアイテムございました笑


本日は紹介するアイテムはこの夏に向けて清野家に導入しようと思っているタオルブランケットの紹介を。


FILSON / TROUT TOWEL
カラー:BROWN
価格:¥26,400-(税込)
商品番号:38-65-0058-704

<FILSON>から入荷の大判サイズのタオル。

180×101と大人でも十分な大きさです。

「大きいタオル」=「バスタオル」のイメージと過去のブログで話をした事があります。しかし、このタオルに関しては海辺のレジャーやBBQにちょうど良さそうで、車に置いておくのも良いかと。

清野家のソファーにも<FILSON>ブランケットがかかっております。笑


こちらの写真は生地に寄った一枚。タオル生地特有のループの輪郭が見えるのがお分かりいただけますでしょうか?!

このフワッとした見え方は糸が撚られていないからです。撚る事で発生する糸へのテンションがない為、ストレスフリーな肌触りが楽しめます。またループは両面にございます。その為か厚みがございますが、心地の良い加減です。

生地のハリ感とコシ感もよく、水の吸いも良いのだろうと推測します。


<FILSON>のタオルを持っている方はご存知の方もいるかと思いますが、アメリカ製とポルトガル製があるのをご存知でしょうか?!

無骨でヘビーデューティーなイメージがある同ブランドに対して「MADE IN USA」を期待している方も多いと思います。

しかし今回ご紹介のタオルは「MADE IN PORTUGAL」(=ポルトガル製」


"MIGHT AS WELL, HAVE THE BEST"


だからか!!と思っていただいた方はタオル通かと。

実はポルトガルで作られるタオルは世界的に有名なアイテム。


ポルトガルは日本より小さい国ですが、平野や山岳と地形の変化に富みます。

そこにはもちろん湧き水が出ており有名なワインも実はポルトガル産のモノがある程。

また職人一人一人の技術力も高く色数の多いタオルや幾何学などの模様もお手のものだそうです。

故にラグマットなどもポルトガル製をよく見かけます。


また世界の5ツ星ホテルのアニメティのタオルも実はポルトガル製の物が多く、モノづくりに対しては妥協がないのがお分かり頂けるとかと。


タオルの"MIGHT AS WELL, HAVE THE BEST"は「MADE IN USA」でなく、「MADE IN PORTUGAL」。

そのアイテムに対して、どこで作るのが良いのか。良いものが仕上がるのか。このブランドのプライドの様なものを感じれるアイテムです。


"MIGHT AS WELL, HAVE THE BEST"


この言葉が今回のタオルケットにもしっかりかかれております。

何枚も購入するわけでは無いので、どうせなら良いものを。

清野はこれで夏を過ごします。




それではまたお会いしましょう!!



清野


King Of The Madras.....

こんばんは!

日曜日担当の﨑野です。


皆様いかがお過ごしでしょうか。

2週間ぶりのブログとなっております。。

最近はというと、オンライン英会話に日々励んでおります。

回線の調子によって音声の精度は変わる為、リアルに接客で使う英語のようにはいかず、難しさを感じております。

また、基礎的な内容も改めて振り返ると理解しきれていない部分も多々あり、学びに溢れています。

目指せバイリンガルを掲げ、頑張っていきます。


さて、本題に参ります。

今回ご紹介するのは、こちら。


JOHN GLUCKOW / Lot JG-16 King of the Madras Shirts
カラー:CHECK
サイズ:36、38、40、42
価格:¥29,700(税込)
商品番号:38-11-1405-386

昨年から取り扱いを始めた、「JOHN GLUCKOW」からスペシャルなシャツが届きました。

ブランド自体は、アメリカの東海岸を拠点としたヴィンテージディーラーであった、JOHN GLUCKOW氏と、WAREHOUSEがタッグを組み、生まれました。

その為、ヴィンテージへのリスペクトは勿論、当時の製法で製造を行っている為、圧巻の質感

が特徴的です。


一見すると、シンプルなマドラスチェックのパッチワークなのかなと思いますが、、

なんと、工場では織機を2つに分割し、本来は1つの織機幅内で、異なる格子縞を織っています。その為、柄と柄の継ぎ目が無く、1枚の生地として表現されている、個人的には初めて見た製法のシャツでした。物自体の格好良さと、そんなのアリなのかという驚きに心が躍りました。


ポケットを見るとそれがより分かりやすく。

異なる縞がこれだけ小さなスペースで、丁度真ん中に区切られるように織り合わされている事に、繊細すぎる技術力を感じられます。


ボタンダウンシャツの中でもクラシックなディテールの1つとして挙げられる、3点留め仕様。

時代を追う毎に、生産性向上を掲げ、襟に芯を入れる事で形を保ち、ボタンダウンも2点留めが主流になっていきました。

そうした中で、マドラス生地の軽快なオンスには3点留めの方が、安心して扱う事が出来るかなと思います。

ボタン自体にも、厚みがあり重厚な面持ちも感じていただけます。


こちらは前立て。

最早、前立てがあるのか分からない程の柄合わせがされており、流石の一言。

ボタンを留めている時に、おや?と思ったのが、、


前立ての縫い付けが巻き縫いになっております。

通常、普段目に触れるボタンダウンシャツは本縫いが殆どで、ましてやマドラス生地のシャツで見られることは珍し過ぎる事かと思います。

この巻き縫いが施されていることにより、洗いを繰り返す過程で、所謂パッカリングがくっきりと表れ、ヴィンテージのワークシャツのような野暮ったさも、ゆくゆくは感じられるのかなと思います。


それではスタイリングを。


着用サイズ:40

フェードした様にも見えるシャツに合わせ、ユーズド感満載のデニムジャケットを合わせ、ラギッドに。

ミリタリーパンツも風合いを合わせ、いい意味で雑な雰囲気が出るように工夫しました。

ややゆとりのあるシャツの着丈に対し、短丈のデニムジャケットで、シルエットにメリハリを付けました。


いかがでしょうか。

マドラスチェック シャツを複数お持ちの方も多いかと思いますが、これは見たことが無いのでは、、

生地、柄、サイズ感。どれを取っても100点満点なシャツかと思います。是非。


﨑野




↓日々、スタイリングやフォトログ等も更新しております。自分なりの世界観を表現しておりますので是非、お気軽にフォローやお気に入りも、宜しくお願い致します。 


 

"Nonpareil Blouse"にセコハンが登場です。

いつもブログをご覧くださり誠にありがとうございます。



今週末よりスタートします<WAREHOUSE&Co.>の"Lot.1001xx"のオーダー会、残すところあと2日となりました。

続々とサンプルが到着しておりスタッフのボルテージも高まっております。



本日はそんなオーダー会と同時にリリースしますこちらのアイテムをご紹介します。





ワンウォッシュ

WAREHOUSE & CO. / NONPAREIL BLOUSE
カラー:デニム
サイズ:36,38,40,42
価格:¥39,050(税込)
商品番号:38-18-0183-386


2nd Hand

WAREHOUSE & CO. / NONPAREIL BLOUSE USED
カラー:USED
サイズ:36,38,40,42
価格:¥49,500(税込)
商品番号:38-18-0630-386


<BEAMS PLUS>に携わるスタッフのほとんどが所有していると言っても過言ではないエクスクルーシブモデルである"Nonpareil Blouse"



ここ数ヶ月欠品していたワンウォッシュ、そして新たにこのイベントの為に作られました"USED"が6/8(土)のイベント開始に合わせてリリースされます。






私もワンウォッシュを愛用していまして…

ミリタリーパンツ、ミリタリーチノ等無骨なアイテムとのコーディネートはもちろん…






ウールパンツとのドレスカジュアルなスタイルにもよく合いますので重宝しております。






小ぶりな襟が特徴的ですが、実在したのは1世紀以上前。

フロントプリーツなどその後生まれるデニムジャケットの原型となりました。






シンチバックも裾についています。

やや丸みを帯びるシルエットはテーパード、ストレートのパンツによく合います。

自分で育てていきたい、という方には迷いなくワンウォッシュをオススメします。



しかしながら今回のUSED加工を見てしまうとその決意も揺らいでしまうかもしれません。






171cm58kgの私でサイズ38を着用。

加工により全体的に縮みが出ていますが馴染むと想定して普段通りのサイズを。



使い込んだような表情が無骨な印象ではありますが、ワンウォッシュよりも軽い色合いなので今時期の気候にも重たく見え過ぎないです。



そして凹凸のある表情であったり、ディテールが堪りません。






袖やポケット、前立てに裾など随所にアタリが出ているのがわかります。






個人的に気に入っている箇所はボタン。






比べてみますと一目瞭然。

デニム生地の経年変化も尋常じゃないぐらいにカッコ良いのでつい目線が定まりませんが、錆びたボタンの雰囲気がグッとムードを高めています。





シンチバックもご覧の通り、良いアジ出てます。






ワンウォッシュ、USED共に魅力的なので迷ってしまうところです。

是非ご来店可能であれば店舗に足を運んで頂き、試してみてください。



ちなみにサイズ38でUSEDはワンウォッシュに比べ着丈-3.5cm、身幅-2cm,肩幅-1cm,袖丈-1.5cmでした。



やはり加工により縮みが出ていますのでご注意を。






まずは鉄板ですが、ウエポンツイルのミリタリーチノに合わせてみようかと。



冬にはショールカーディガンのインナーに着たいですね。

アウターのみならず中間着としても活躍するのがデニムジャケットの良いところ。

この機会に手に入れてください。



--------------------------------------------------------



↑イベント詳細はこちらから



--------------------------------------------------------






プラジオではイベントと私の作る白麻婆豆腐で盛り上がりました。



--------------------------------------------------------






Instagramも是非ご覧くださいませ。


--------------------------------------------------------



最後までご覧いただきありがとうございました。



それではまた。

藍染綾織洋袴催事。

こんにちは、ろまんす吉澤です。


今週は連休を頂きまったりと。最寄りのサウナである「森の彩」へ日々の都会の喧騒を忘れに。何度かご紹介した事がありますが、ここの熱風ロウリュウが一番熱い。最早最上段へ登ることが怖いと思うまでの熱波に私の肌は火傷寸前。しかし、その熱波を乗り越えた先の整いは他に変え難い。様々なサウナへ行ってきたものの立地も含めて高水準なサウナであり、マイサウナとして最近はよく利用しています。




さて、いつもは土曜日を担当している私ですが、明日より開催となるWAREHOUSE&CO. ORDER FAIRに合わせて本日はこちらの情報をお届けいたします。


今回は前回WAREHOUSE&CO.でのイベントで好評を頂いた5ポケットパンツのセコハン(2nd hand)シリーズ。


日々当店をご利用頂いているお客様からもリクエストを頂いていました大人気のイベントがBEAMS PLUS25周年を祝すこのタイミングで帰ってきました。


私自身、以前オーダーイベントがあった際はまだビームス 町田の所属であり今回が初のイベントという事もあり、前日から大興奮。


私が今回のイベントで必ずオーダーしようと思っているのが今回のオーダー会の為に作られた「ミディアム」カラー。




というのも淡いトーンの5ポケットパンツは現在なかなかない。


私自身夏時期にはマルチボーダーTシャツの様なポップなTシャツと合わせられるようなジーンズが欲しかった。ベーシックに且つ気兼ねなく履けるジーンズ。スタンドバイミーに出てくるゴーディーやクリスのような使い込んだアメリカの日常着らしい印象で履けるジーンズ。何度か企画のミーティングがある度にその旨を伝えたが私の熱意を上手く伝える事が出来ず今回まで実現する事が出来なかった。


しかし今回それが実現するとなると興奮せざるを得ない。

40sのヴィンテージジーンズをモチーフにした今作はWAREHOUSE&CO.のフラッグシップモデルであるLot.1001xxをベースにした一本。


淡いカラーリングのジーンズがキーワードとして上がり今回のイベントの為に制作したのがこの「ミディアム」。ヴィンテージの忠実な復刻をテーマに掲げるWAREHOUSE&CO.だからこそ表現できるヴィンテージさながらな表情はやはり圧巻である。



全体的にフェード感が強く出ているが、腿周りのアタリ(通称ヒゲ)はハッキリとしている。通常ヴィンテージなどで見られる個体でここまで色落ちしたジーンズはデイリーユースされていたことが多く、全体にのっぺりとした表情のものも多い。しかし今回オーダー可能な「ミディアム」は40sのディテールを忠実に再現しながらも当時から長くストイックに履き続けたかのような時間の経過をしっかりと感じ取れる。



またバックスタイルも秀逸である。このセコハンシリーズをご愛用頂いている方には言わずもがなであるが、ステッチが飛んだかのような表情もまたヴィンテージさながらである。格好の良いジーンズは後ろ姿でもしっかりと様になってくれる。


そしてセルビッチの仕様。40sのディテールを参考にしたものであるから当然と言えば当然なのだが、その当然をしっかりと表現しているのがWAREHOUSE&CO.。




今回私着用のサンプルはウエストサイズ32。腿周りにやや窮屈感を覚えるフィッティングの為、サイズは33か34、レングスも32でやや長めでオーダーしようかと思案中。


昨今、他のパンツでもそうですが太くもなく細くもないシルエットに長めのレングスでワンクッション入れたサイズ感が気分。通常展開されている別注のセコハンシリーズは全て29インチで設定されている為、レングスサイズを選べるのもこのイベントの醍醐味。



他にもインラインでは展開のない「ワンウォッシュ」、「スペシャルダーク」もご用意。納期は来年1月下旬を予定しております。



それまで待ち切れないという方にはBEAMS PLUSで人気を博しているこちらも限定リリース。詳しくは明日、スタッフ坂本のブログをご参照下さい。


また明日6/8(土)はビームス プラス 原宿にてWAREHOUSE&CO.広報の藤木氏が1日店頭にて皆様をご案内いたします。同日20:30〜は当店Instagramアカウントに藤木氏、当レーベルのバイヤー金子と共にInstagram Liveを行いますので是非ご覧下さいませ。



(画像をタップして頂きますとイベント詳細ページに飛びますので是非ご覧下さい。)


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

以前、 WAREHOUSE にオーダーしたジーンズと桑田の休日は・・・

マチガイナイべ⤴︎。





ビームス プラス 原宿の

桑田レッドフォード でございます。




早速ですが、大事なイベントのお知らせを☺︎⤴︎。




ビームス プラス 原宿 では、2024年6月8日(土) 〜 6月16日(日)の9日間、WAREHOUSE & CO.のオーダー フェアを開催いたします。


※↑イベントの詳細はリンク先のBEAMS PLUS のニュースを要チェック‼︎



ハイ、マチガイナイ ジーンズがオーダー頂けます。オーダー頂ける型は、『Lot.1001xx』です。桑田が着用しているのは、以前のオーダーフェアにてオーダーした1本です。生地はワンウォッシュ、サイズは30×31。研ぎ澄まされたオーセンティックなデザイン、生地、縫製、どれも・・・マチガイナイべ⤴︎。





ジーンズのオーダーイベント、中々無い機会でございます。今回のイベントで3回目になるのでしょうか。


2021年と2011年に、私がWAREHOUSEにオーダーしたジーンズを是非チェック下さいませ☺︎⤴︎。




こちらは、2011年にオーダーした1着。当時選択肢にあったやや細身な型をベースにしていまふ。ジップブルゾンやらとコーディネートする時に今も尚重宝しています。クリースラインは、アイロンを使用せずに畳んで保管を繰り返すだけでこの着地です⤴︎。





2011年、この時です。お客様もスタッフもとても盛り上がったのを覚えています☺︎⤴︎。※なつい‼︎





そしてもう1本、2021年のイベントでは選択肢にあったダメージリペア仕様。周りのスタッフからは、オーダーしておけば良かった、、、との声を度々聞いたりします。数年ぶりの開催の今回のイベントもお見逃しなく!※今年はダメージリペア仕様は選択肢にございません。ご了承ください。





また、今回のイベントでは、『Nonparei Blowse』の加工モデルも、本イベントに合わせて数量限定にてご用意いたします!画像を見て、素直にマジカッコイイが一言目でした。ボタンまで・・・マチガイナイべ☺︎⤴︎。やはり、お見逃しなく‼︎





というところで・・・今回のブログではもう1テーマ!オムニスタイルコンサルタント的なアプローチからの、休日どんな格好してどんなことしてるのか⁈にお応えいたしますことは、マチガイナイべ☺︎⤴︎。




ハイ、実は毎回のブログでちょこちょこ近況を載せていたりしますが・・・基本もっぱら映画を観に行くか、飲みに行くか、洋服屋に行くか、美術館に行くか、海に行くかしかしていません!☺︎




えー、最近の映画ですと、やはりコチラ以外ないべ⤴︎。1枚目の画像は目がショボショボです。沢山感動した後故。2枚目は観る前!皆様、是非、マチガイナイべ☺︎⤴︎。でございます。この日は、スーツを着るかも迷ったのですが、辞めた所、独特なスタイリングに‼︎


※サンダルはユッタ ニューマン。やっぱりNew York ブランド・・・好きです‼︎

〈MEN〉JUTTA NEUMANN NEW YORK / Alice Sandals
価格:¥70,400(税込)
商品番号:36-33-0058-647



あと、この映画もマチガイナイべ⤴︎。でした。。この日は、Tex Mex Ranch Jacketとちょっと派手⁈なシャツでラフにスタイリング☺︎⤴︎。※ってまたサンダルですね。


POST OVERALLS × BEAMS PLUS / 別注 Tex Mex Ranch Jacket
価格:¥52,800(税込)
商品番号:38-18-0574-082

STANDARD SUPPLY × BEAMS PLUS / 別注 Daily Day Pack
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-61-0052-131



美術館とか行く時は、、、映画館に行く時と何ら変わらずで、着たい物を着てテンションを高めて楽しむ!で、マチガイナイべ⤴︎。





というところで、長くなり過ぎそうでしたので今回はこんな所で☺︎⤴︎。



気になることなとございましたら、お気軽にビームス プラス 原宿 までお問い合わせくださいますと・・・


マチガイナイべ⤴︎。


またブログを読んで下さいませ☺︎‼︎またね⭐︎


桑田レッドフォード

チェック神本の要チェック PART 29

皆さんこんにちは!

BEAMS PLUS HARAJUKU のチェック神本です。

本格的な梅雨入り?を感じさせるゲリラ豪雨や朝晩の気候変動。

昨日私が住んでいる地域で雷が轟いていました。 雷が鳴ると祖母に雷様におへそを取られるよ!と言われてびくびくしていた幼少期を思い出します。

どういう意味が込められていたのだろう、、、

それでは今回ご紹介させて頂くアイテムはこちら!




BEAMS PLUS エジプシャンリネン イタリアンカラーシャツ
カラー:PLAID Stripe
サイズ:S M L XL
価格:¥28,600(税込)
商品番号:38-01-0104-139


今年も入荷して参りましたイタリアンカラーシャツ、私お気に入りのアイテムのひとつでして毎年買い足している夏の必需品です。



昨年は私の記憶が正しければ素材がポリエステル混で、アクセントの効いたストライプ柄であったと思います。

今シーズンはエジプシャンリネンを使用した生成りベースのカラーリング、天然素材との組み合わせにジャストフィットしていますよね。



さてエジプシャンリネンとはですが、リネン糸を生産するにあたって、原料であるフラックスという植物の繊維を取り出す工程(レッティング)で違いがあるのです。

エジプシャンリネン、古代エジプトからその歴史は深く人々の生活にリネンはなくてはならないファブリックだったとの事。

その気候を考えれば想像がつきますし数千年の歴史が経った現代でもエジプトではフラックスが栽培されています。

リネン糸となる繊維を取り出す工程が古代から変わっておらず、原料であるフラックスを水に浸し発酵させ繊維を取り出す工程がされております。

ヨーロッパなどの国々では異なる工程で、水に浸さずに雨や夜露での水分を使用し発酵させ繊維を取り出す工程がされております。

この2つの工程で大きく変化する点がリネン糸の色なのです。



エジプシャンリネンは金色のようなフラックス繊維が持つ本来の生成り色が特徴的。

雨や夜露で発酵されるヨーロッパ諸国で取れるリネンは土壌中のバクテリアの影響を受けて、繊維の色が黒っぽく変化します。



今回の特徴的なストライプ柄、糸を染色する事なく3色の色が使用されておりますが、リネンの種類や生産する工程の違いによって色の出方が変わる為染色したような色のレパートリーが生まれるのです。



商品名にも入っているイタリアンカラー、イチョウの葉を広げたような緩やかに広がった特徴的な襟型。

オープンカラーシャツの鋭角な広がりのある襟型もカッコいいですが、どこか大人の雰囲気を漂わせるセクシーな?表情が堪りませんよね!!

ここ数年BEAMS PLUSの半袖シャツのよく見受けられる、袖についているボタンの仕様。



50年代や60年代のヴィンテージシャツを見てみると袖を1度捲って着用する事があり、捲った袖が元に戻らないようにボタンで止めていたそう。

そのディテールを踏襲させ袖口にボタンを残しているのがBEAMS PLUS らしさを感じさせますね。

最後に私のスタイリングを、



リゾート地・避暑地で着用されていた背景を持つイタリアンカラーシャツ。

当時の写真や絵を見てみると1枚着にショーツを合わせてレザーシューズかサンダル、サングラスというスタイリングが多い印象。

今回私はワントーンで纏めながらも濃淡を付けつつストライプ柄が主役になるように。

避暑地でビーチを眺めながらお酒を嗜む際に日焼けしないようにリネンのカーディガンを合わせてみました(笑)

個人的お勧め要チェックアイテムなのでマチガイナイべ⤴︎です!!

それではまたの機会に、

神本

しじま織×自然栽培綿。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


本来は土曜日の担当ですが、更新出来なかった為本来の月曜日担当であるスタッフ清野に変わってお届けいたします。


さて先週はサウナのテーマパークとの呼び声が高い池袋「かるまる」へ。恥ずかしながらサウナ好きを公言しているにも関わらず初めての訪問。


4種類のサウナ、3種類の水風呂からなるサウナ界のテーマパーク。その中でも私が感動したのが「ケロサウナ」。所謂フィンランド式のクラシックなタイプで樹木の宝石とも呼ばれるケロ材を惜しみなく使用。木の香りとアロマ水を用いたロウリュウで香りを楽しむ事が出来る。


サウナ室は常時90℃と一見並の設定の様に思えるが、比較的コンパクトな大きさのサウナ室である為、ロウリュウをした時はしっかりとした熱さで汗をかける。


そして水風呂。グルシン(一桁の温度設定)で且つ、バイブラも備えており、私の知る限り最も体感温度が冷たい。何とか耐え抜き30秒程浸かった後は外気浴場へ。そこにはフルフラットの椅子が5脚並んでいる。


サウナの熱さ、水風呂の冷たさの高低差、この時期特有の丁度良い気温、全てが相まって「整い」は最高潮。流石サウナ界のテーマパークと呼ばれる所以を身を持って体感しました。


まだ行かれたことのない方には一度行って頂きたいそんなサウナでした。



BEAMS PLUS / B.D. Pullover Seersucker
カラー:L.T.BROWN、YELLOW、OLIVE
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥14,300(税込)
商品番号:38-01-0117-139

さて、そんな今週ご紹介するのはBEAMS PLUSのボタンダウンシャツ。クラシックなルックスのサッカー素材を用いたプルオーバーの仕様。




クラシックなルックスとは相反し、オーガニックコットンを使用するなどある種現代的な側面も持ち合わせている。


通常コットンの栽培を行なう際に肥料や農薬といった化学薬品が用いられる事が多い。そうするとより多くの水が必要になる。しかしこうした化学薬品の使用を出来る限り抑えた方法で栽培を行い、極めて自然な方法を用いる事でサスティナブルな観点にも配慮されている。




とはいえ一番の魅力はクラシックなカラーリング。特にオススメなのがこのL.T.BROWN。赤×ブラウン×ベージュの黄金配色で構成されたチェックパターン。柄行が非常に細かく、遠目で見ると色名の如くライトブラウンに見える為汎用性に優れたカラーリング。そこにシアサッカー特有の凹凸感が加わり、陰影のある表情に。


様々なパンツとも相性は良いが、カーキ色のチノトラウザーズなど同系のカラーリングで合わせたコーディネーションがオススメ。所謂アメリカンな年増な男らしいスタイリングが表現出来る。



プルオーバータイプである為、やや身幅は広げリラックスした印象。H.178cm、W.64kg(サウナで久し振りに体重を測ったら4kg増えておりました。。)の私でMサイズでこの着用感。比較的首の細い私ですがMサイズで丁度のネック幅の為、スポーツコートのインナーに差し、ニットタイでトラディショナルなムードのスタイリングもオススメしたい。



さて、今回私は先述のチノトラウザーズと合わせたコーディネーション。プレートベルトが大人の渋みを演出してくれる。足元にはこの時期らしいダーティーバックスとスポーティー(カジュアル)なシューズをチョイス。時期的に半袖一枚だと心許ないのでカーディガンを羽織りリラックスしたムードを演出。


暑さが懸念される今シーズン。半袖のインナーは今後活躍する事間違いなしなアイテムですので、是非一度お試し下さい。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

ただのシャツではございません!!

皆さまこんばんは!


第6回のブログを書かせていただきます!




相変わらず先週もサッカー観戦に行きました!

相手はジュビロ磐田。

前半開始直後に先制し、追加点と2-0で試合が進み、今節こそは!!!と声を枯らしましたが試合終盤に連続で失点を許し結果は2-3。大逆転負け。

Jリーグもそろそろ折り返し地点。後半戦の巻き返しに期待です!!




さて、気温も高くなり夏日が続いておりますが、BEAMS PLUS 原宿には夏に着用したいアイテムが大量に入荷しております。

その中でも尾島のオススメを紹介します!



BEAMS PLUS / Open Collar Block Print Plant
カラー:Plant
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥15400(税込)
商品番号:38-01-0106-139

BEAMS PLUSでは毎年春夏シーズンに登場するブロックプリントのオープンカラーシャツ。

今期も様々なデザインのブロックプリントが当店に並んでおります。





1950年代のストアブランドのヴィンテージシャツをベースにデザイン。

BEAMS PLUSのアイテムはほとんどXLを着用していますが、今回はLサイズを着用。

広い身幅でボックスシルエットのため、リラックスしたフィッティングでご着用いただけます。


丈は短めの設定となっているのでタックアウトをしても、綺麗な印象を受けます。





話は変わりますがつい先日、BEAMS 辻堂のスタッフ鈴木、野瀬とブロックプリントのワークショップに参加しました。講師は一年の半分は現地でブロックプリントの制作、デザインを行われている方で、現地の作業のリアルを教えていただきました。




ブロックプリントとはなんぞや。となる方が多いと思います。


植物や天然鉱物などの自然素材の染料をインクとして用いて、木版による型押しを行います。

インドの伝統工芸技法として古くから愛されており、洋服のみならずマットなどでも販売されています。

職人は一つ一つ手作業で生地にスタンプを押し、重ねてデザインを完成させます。




BEAMS PLUS 原宿の入り口のウィンドウには実際のブロックプリントのスタンプが展示してあります。


このスタンプももちろん、職人の手作り。

チークと言われる木材を使用しています。チークの特徴は、耐久性、耐水性。一回に数十メートルもの布にスタンプを押すため、丈夫な木材を使用しています。コンクリートのように固く、本当に木材なのか?と思うほど。海外では歴史的建造物に使用されており、古くから丈夫な木として利用されていますした。


これだけ固い木に手作業で細かい柄を彫ります。

少しでも堀りを間違えてしまったら使えなくなるので、職人の高い技術力がこの時点でも既に伺えます。




このスタンプに自然素材の染料を付け、布にプリントしていきます。


正方形のスタンプを左から1.2.3と順番にプリントをします。


柄を重ねてスタンプを押していき、デザインが完成します。既に押してある柄の上からずれないようにスタンプを重ねます。かなり高度な作業で初挑戦の私達には難しく、とても時間がかかりました。


インドの職人は、この布より何百倍も大きいものを数人でとんでもないスピードでスタンプを押していきます。同じ人がやらなくても正確にスタンプを打つ職人の技術や、そのシャツをBEAMS PLUSで販売していることがとても考え深く感じます。


今回紹介しているシャツの柄をアップでご紹介。


色ごとにスタンプを順番に押している手作業ならではのずれが見受けはれます。


実際にスタンプを押す際には、何十枚もの布を重ねてた土台を作り、少し柔らかくすることで、生地にスタンプのインクが入りやすくするそう。




生地自体にも、スタンプが生地に染み込みやすくするための工夫がなされています。


ラクダのフンを混ぜた液体を生地に浸透させて一晩寝かします。ラクダのフンには元々の生地に付着している糊や油などの不純物を取り除き漂白する働きがあります。


次に、染料の吸着を良くするために、ミロバラン(木の実)粉を溶かした液体で下染めを行います。


このように生地にプリントがしっかり入るように、伝統的に続いている工夫がされています。




それでは最後にスタイリングを!


ブロックプリントがスタイリングのアクセントとなるようにシンプルに合わせました。あえて素肌ではなくインナーにボーダーTシャツをチョイスし、首元から覗かせました。柄オン柄の組み合わせですが色遣いを意識することで統一感をもたらしてくれます。メッシュベルトをガチャベルトのように巻き、カジュアルな合わせを意識。リゾートムードが演出できたのではないでしょうか?!




商品はもちろんのこと、ブロックプリントについて書かせて頂きました。背景や時代、アイテムの作りや素材を大切にしているBEAMS PLUSと同じようにハンドメイドで、伝統や文化を大切にするブロックプリント。何か近しいものを感じます。


今回のブログでブロックプリントのオープンカラーシャツの手間や伝統的な部分を知っていただけたら幸いです!

ぜひ店頭で一つ一つの柄をお楽しみください!




最後にブロックプリントのワークショップで私が作成したバンダナを載せておきます!





尾島





< Instagram >


↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見れない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。↑