MOSCOT 定番モデル&似寄りあれこれ

ブログをご覧の皆様、おはようございます。

JUNICHI YANAIです。



いよいよ残すところ4日間となりましたMOSCOT TRUNK SHOW(~1/23(日)まで)

例年以上に盛り上がりを見せ、改めて根強い人気を誇るアメリカンアイウェアブランドだと実感しております。

当店スタッフも色々とモデルを悩みに悩み、日々鏡の前で睨めっこしている光景も多々。

ビームス プラス 有楽町のスタイリングページでも各々着用し、モデルの紹介をしておりますのでそちらも是非参考にして頂けたらと思います。




本当に多くのバリエーションを取り揃えているのですが・・・

全くブログでご紹介出来てないので、本日はほんの少しだけモデルをご紹介致します。




MOSCOTと言えばの代表的なモデルとそれに似たモデル。

始めの一本としてオススメのモデルと

数本お持ちの方や少しマニアックなモデルを希望の方へ

本日は比較としてご紹介させて頂きます。




まずはMOSCOTと言えばの・・・



LEMTOSH(下)と

フォルムが似ているTUMMEL(上)。




LEMTOSH・・・1950年代に発表されたモデルで、多くの著名人が愛用している代表的なモデルです。

ウェリントン型のやや丸みある四角形フォルムに加え、華奢になり過ぎないフレームの太さが特徴的です。

クラシックな表情ながら、フォルムに癖が無く、とても顔馴染みし易い一本です。

まさにMOSCOT最初の一本はこちらのLEMTOSHがお勧めです。

実際に本イベントでも一番フレームのバリエーションが多く、様々なカラーフレームや仕様の中からお選び頂けます。




対して前から見た時のフォルムが殆ど同じTUMMEL。



リムの端にあるカシメ(シルバーの留め具でもあり装飾部分)のデザインやリムの大きさ。


LEMTOSH



TUMMEL


実はTUMMELの方はリムの端がフラットになっています。

LEMTOSHよりもややスクエアに近く、丸顔の方によりオススメです。


LEMTOSH



TUMMEL


また、サイドのテンプルもLEMTOSHよりも太く、力強いフォルムです。

全体的にLEMTOSHよりも迫力が増し、少しだけ真面目な印象。

画像だとなかなか違いが伝わり辛いですが・・・掛けて見比べると印象がぐっと変わります。



ウェリントン型をお探しの方・・・

是非このLEMTOSH&TUMMELを見比べてみて下さい。




続きましてはLEMTOSHに次ぎ、人気の高い



MILTZEN(下)と

フォルムが似ているGOLDA(上)。




MILTZEN・・・1930年代にリリースされ、モデル名のミルゼン(ミルツェン)はMOSCOT家の叔父の名前が由来だとか。

丸みあるラウンド型のボストンタイプで、シャープなフレームはLEMTOSH同様にクラシックな表情ながら、癖が少ないモデルです。

ラウンドタイプという事もあり、顔の輪郭が角ばった方にオススメのフォルム。



当店スタッフのISHIKAWAも愛用しており、MOSCOT TRUNK SHOWがある毎に買い足しているとの事。

主張し過ぎないシャープなフレームは、LEMTOSH同様に多くの方に愛用されております。





実は今回・・・こっそりとノーズパッドモデルも入荷してきています。

しかもノーズパッド部分はゴールドメタル・・・

BLACKフレームにゴールド、非常に上品な組み合わせです。





対してフロントの見え方が似ているGOLDA(上)。

こう見比べるとカシメのデザインくらい?かと見えますが、テンプルが特徴的。





アセテートから剥き出しのメタルとなり、ややデザイン性が高い作りに。

個人的にはMILTZENよりも、GOLDAの方がテンションが掛からず、掛け心地は良いです。

恐らくテンプルフレームの細さ、メタル部分がクッション代わりになってくれているのかと。



今回入荷したのはマットなBLACKフレームと、カラーレンズが入ったこちらの計3本のみです。




最後は60'sを彷彿させるこちらの・・・



YUKEL(上)と

フォルムが似ているAIDIM(下)。


YUKEL・・・1960年代にリリースされたアメリカンクラシックなフォルムのブロータイプ。

セルフレームとメタルのコンビとして、馴染みある方も多いかと思います。

ブローとは眉毛(アイブロー)から由来しており、上部のセルフレーム部分が眉毛に見える事で付いたモデル名。

その為、顔が薄い方や目力を強くさせたい方等・・・顔の印象を強くさせる効果もあります。

憧れのモデルではありますが、顔に情報量が集中してしまっている自分には不向きなモデル・・・

このクラシックかつ独特なフォルムは洒落感が強く、ファッション性も非常に高い一本です。

クリングス(ノーズパッド)によるフィット感、細めのテンプルフレーム、鼻が低い日本人の輪郭にもフィットし易い一本です。





対してAIDIMはリム部分がもう少し丸くなり、柔らかい印象のモデルです。



リム部分だけで比較するとYUKELがウェリントン型、



AIDIMがボストン型と言ったところでしょうか。

実は毎回こちらのモデルも人気が高く、特に弊社のレディーススタッフが良く選んでいました。

YUKELよりも顔の印象が柔らかくなり、女性の方にも取り入れやすいブロータイプかと。

その他のテンプルやブリッジのデザイン等は殆どYUKELと変わらずです。




似ているフレームが沢山。

見比べ過ぎて迷走・・・それもMOSCOT TRUNK SHOWの楽しみでもあります。

それくらい豊富なバリエーションでご用意しています。

殆どのモデルが一点物ですので、是非お早めにご検討下さい。



明日は・・・


もし時間があれば本イベントの限定モデルをご紹介していこうかと思います。

皆様のご来店お待ちしております。




JUNICHI YANAI


いよいよ本日から開催・・・ MOSCOT TRUNK SHOW

久しぶりのブログを書かさせて頂きますJUNICHI YANAIです。







とは言いつつ、今日は商品にフォーカスではなく、イベントのご案内です。

本日1/14からはBEAMS PLUSレーベルで2イベント開催致します。


ビームス プラス 原宿とビームス 神戸の2店舗ではSTANDARD SUPPLYのオーダーイベント。



BEAMSでも様々な別注の取り組みをさせて頂いており、BEAMS PLUSでもベーシック且つクリーンなデイパックとしてご存知の方も多いかと思います。

今回、ブランドとしては初となるカスタムオーダーイベントを開催致します。

基は単色のイメージが強かったブランドですが、BEAMS PLUSと共同でイベントするという事で、非常に新鮮なオーダー内容となっております。

自分自身、洋服のコーディネートは考えつつも、バッグまでトータルコーディネートをする事は少なく・・・

ホームページで詳細を覗いてみると・・・ブレザールックに配色したり、ミリタリー&アウトドアスタイルで配色を組んだりと。

バッグ自体をコーディネートし、自身のコーディネートに落とし込むスタイルが伺えます。

『小物やバッグまで抜かりなく』自分自身にも言い聞かせ、今回のオーダーイベントは本当に楽しみです。

是非、ご興味ある方は店頭まで足を運んで頂けたら幸いです。




そして・・・ビームス プラス 有楽町ではBEAMS PLUSのアイウェアブランドと言えばの・・・












MOSCOTのTRUNK SHOWを開催致します。

昨年は開催できませんでしたが、今年一発目のイベントとして開催する事が叶いました。

当店に足を運んで下さる方は既にご存知かと思いますが、物凄いバリエーションが揃うイベントです。

アメリカントラディショナル、アメリカンカジュアルスタイル、それらに合わせるアイウェアと言えば・・・やはりMOSCOTではないでしょうか。

本当に物凄いバリエーションの中からお好みのフレームデザインやカラーをお選び頂けます。




どれだけ多いのかと言うと・・・








約400本という圧巻の本数。

ただ、殆どが1点物となり、先着順となってしまいます。





BEAMS PLUSバイヤーの佐久間もイベントについて書いてますので、そちらも是非一読下さいませ。

本日から開催となりますので、ご興味ある方はお立ち寄り下さい。



また、1/15(土)20:30~ビームス プラス 有楽町のInstagramアカウントにて、

イベントのあれやこれやをSTAFF ISHIKAWA&SHIMAMUKOがインスタライブを致します。

こちらも併せてご覧頂けたらと思います。

https://www.instagram.com/beams_plus_yurakucho/?hl=ja




JUNICHI YANAI




新年のご挨拶。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

鈴木です。

旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も、洋服を通じて「Happy」を皆様へお届け出来るようにスタッフ一同努めて参りますので、より一層のご支援、お引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


(表情に硬さが見られますが、恒例の集合写真です。)

新年を迎え、心新たに精進してまいります。


いよいよ本日1/2(日)より「BEAMS ウインターセール」がスタートしました。

掘り出し物も沢山ございますので、秋冬アイテムがお買い求めやすいこの機会に、是非お買い物をお楽しみください!


更に丸の内、有楽町界隈では丸の内アプリ会員限定で、1/2(日)〜10(月)祝日まで抽選で丸の内ポイントが当たる「丸の内ポイントプレゼントキャンペーン」も開催しております!


ご不明な点がございましたら、ビームス プラス 有楽町までお気軽にお問い合わせ下さい。

本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。

それでは皆様のご利用をお待ちしております!


鈴木

年末年始、営業時間のご案内。


いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただきありがとうございます。


島向です。


今年もビームス プラス 有楽町をご贔屓を賜り、誠にありがとうございます。


2021年も残すところあと1日となりました。

私事ですが、ビームス プラス 有楽町 にきて丸々一年となりました。


良い意味であまり変わりばえの無い?有楽町メンバーの中に、見知らぬ顔が。と思われた方も多かったかとは思いますが、

普段からご利用いただくお客様とも少しずつお話させていただく機会も増え、少しずつ馴染んできたかな?と感じております。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

本日は年末年始の営業時間と、只今開催中のイベントのご案内をさせていただきます。


只今ビームスでは、

【BEAMS CLUB会員特別優待セール】

開催中です。


本セール前ではございますが、BEAMS CLUB会員様は対象商品が30%OFFでお買い求めいただけるセールとなっております。


当日入会でのご利用も可能ですので、是非この機会にご利用下さいませ。





今シーズンオススメのダウンジャケットや、


有楽町スタッフのベストバイだったあのブランドも






ご紹介したい商品はまだまだたくさんありますが、是非店頭でご覧いただければと思います。


年末年始の営業時間のご案内です。


ビームス プラス 有楽町の営業は、


2021年 12月31日(金) 11:00 〜 18:00閉店


2022年  1月1日(土) 休業日


2022年  1月2日(日) 11:00 〜 20:00


上記の時間で営業致します。

皆様お間違いの無いよう、宜しくお願い致します。


スタッフ一同、心より皆様のご来店をお待ちしております。


皆様お体をご自愛いただき、

良いお年をお迎えくださいませ。



それでは。



SHIMAMUKO



スタッフ愛用率No.1マフラー

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

本日は「スタッフ愛用率No.1マフラー」を紹介します。

ビームス プラス 有楽町のニューカマーも登場しますので、ぜひ最後までご覧ください!

それでは、こちら。



ENGLISH TRADITION×BEAMS PLUS 別注 スクールマフラー
サイズ:フリー
価格:¥15,180(税込)
商品番号:11-45-0178-088

ENGLISH TRADITION×BEAMS PLUS 別注 リバーシブル スクールマフラー
サイズ:フリー
価格:¥15180(税込)
商品番号:11-45-0186-088

ビームス プラスでは定番のスクールマフラー。

タイトル通りスタッフの愛用率が高く、私自身も2本愛用しております。

豊富なカラーバリエーションですので、その日の気分やコーディネートに取り入れていただきたいアイテムです。




ブランドは、織りネームにもあるように英国で1850年に創業したTIE&SCARF Company。

当時から学校やクラブチーム、フットボールチーム等にタイやマフラーを手掛け供給している専業ファクトリーです。

個人的にはスタイリングに取り入れていただくだけで、「アイビー」、「プレッピー」なエッセンスを加える事ができるのでこの時期はとても重宝しています。

ビームス プラス 有楽町のニューカマーKAMIMOTOは、コチラのマフラーが気になっているようです。




ネイビー×ボルドーの定番配色にホワイトのラインが入っている為、どことなく柔らかい印象に。

先ずは一本ほしいというお客様にオススメです!

勿論ですが、ネイビーブレザーとの相性も抜群です!

続いて私は、コチラのカラーを選びました。




生まれて初めてくらいの満面の笑み(笑)

サックス×ホワイト×ネイビーカラーになります。

こちらのカラーは、関西スタッフの企画だったような気がします…。

詳しくは、ビームス プラス 有楽町の山田兄弟(弟)正志まで。

KAMIMOTOと同じくネイビーブレザーに取り入れていますが、ジャケット(ネイビー)とマフラー(サックスベース)のコントラストを楽しんでみました。

お好きな色を長く愛用いただくのもオススメですが、毎シーズン買い足ししてコーディネートを楽しんでいただくのもオススメです!

更には大切な方へのギフトにも。

ぜひ、店頭でお試しください!


ISHIKAWA

日々、スタイリング・ブログ・フォトログをアップしてますので、是非フォローお願い致します↓↓↓

毎シーズン買い足したくなる…

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

本日は、BEAMS PLUSの冬の風物詩であり毎シーズン買い足したくなる…商品を紹介します。

コチラです。



BEAMS PLUS シェットランド ニット
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
価格:¥25,300(税込)
商品番号:38-15-0096-088

既にご存知の方やお持ちの方も多いかと思います。

BEAMS PLUSの冬の定番アイテム シェットランドニット。






BEAMS PLUSで取り扱うシェットランドニットは、本場スコットランドのシェットランド島にある老舗ファクトリーで今も尚生産しております。

アザミと言われる植物のトゲで表面を引っ掻き起毛加工を施していることから「シャギードッグ」セーターで馴染みのある方が多いと思います。

気温の変化が大きく厳しい環境下で育った羊たちは、自らの体を守る為、羊毛も鍛えられております。

シェットランドウールの最大の特徴は、色鮮やかな発色の良さですね!

ついつい買い足しては「このコーディネートには何色を合わせようか?」と妄想を膨らませています(笑)

また見た目以上に軽く、保温性に優れているので店頭で汗を掻くスタッフもしばしば(笑)

その他にも、、。




こちらのニットは、継ぎ目が無くシームレスになってますので着用時にゴワつかずストレス無く着用いただけます。

昨今ですとTシャツの上から着用される方も多いと思いますので、より着心地の良さを感じていただけると思います。

最後になりますが、スタイリングをご覧ください!

本日は、私含め4名のスタッフスタイリングがございます。

先ずは、山田兄弟でお馴染みのYAMADA(弟)から。




YAMADAは、レミレリーフのダウンベストに「Duck egg」カラーをチョイスしています。

デニム素材と「Duck egg」カラーのコントラストが素敵ですね!

続いては、いつも満面な笑みを浮かべるSIMAMUKO。





この日のSIMAMUKOは、やや暗い表情(笑)

ウールヘリンボーン ハーフコートのインナーに取り入れたトラディショナルなスタイリング。

着用しているカラーは、「Forest」その名の通り森林をイメージさせてくれるカラーです。

次は、我らのビッグ・ボス SUZUKI。






SUZUKIはローデングリーンのジャケットに、ブラウンのグレンチェックのトラウザーズスタイルに取り入れています。

全体が深みのあるダークトーンで構成されていますので、「Marzipan」カラーがより引き立ちますね!

以前のインスタグラム ライブでもありましたが、SUZUKIのマイカラーはイエロー(Marzipan)です。

最後は、私ISHIKAWA。







私は盛り上がりをみせるSIERRA DESIGNSのインヨーパーカーをメインにしたヘビーデューティースタイルに取り入れました。

着用している「Pistachio」カラーが良いアクセントになっています。

単品で発色の良いニットを取り入れるのに抵抗がある方は、、インナーから取り入れていただくのがオススメです!

他にも多数のカラーバリエーションをご用意しておりますので、ぜひ店頭・オンラインでチェックしてみてはいかがでしょうか?

ISHIKAWA

日々、スタイリング・ブログ・フォトログをアップしてますので、是非フォローお願い致します↓↓↓


ポイントアップ10days 11/19-11/28

TUBE(チューブ)のススメ

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

遂に11月下旬に差し掛かってきましたね、、。

本格的にレイヤードを楽しめる時期でもありますので、アウター×インナーのコーディネートを楽しんでいきましょう!

入口エントランスのテーブルでは久々に〈TUBE(チューブ)〉を打ち出しているという事もあり、私イチオシの商品を紹介します。

こちらです。








TUBE×BEAMS PLUS アワードジャケット
カラー:ガンクラブチェック
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥41,800(税込)
商品番号:38-18-0171-063

今シーズンのコレクションの一つでスポーツブルゾンの代表格である「アワードジャケット」をTUBEに別注しました。

私自身も2年前に春夏シーズンで、コットン素材のアワードジャケットを購入しヘビーローテーションしていたのが記憶に新しいです。

マドラスチェックのボタンダウンシャツやポロシャツ、タイドアップスタイルまで色々なスタイリングに取り入れていました。

今回は、スーツ生地でも用いられるようなウール混紡のファブリックをアワードジャケットに落とし込んでいます。

カレッジスポーツ的なアイテムに、カントリー調のクラシックな生地や柄をチョイスするあたりがTUBEらしいですよね!?

梳毛の上品な生地のタッチ感を活かしたトラディショナルなスタイリングやスポーツテイストなスタイリングまで楽しんでいただけそうです。

それでは私が気になったディテールを2つ紹介します。

先ずはこちら!




一つ目は袖口のリブの仕様です。

普通じゃん(笑)と思われてしまいそうですが、実際着用するとリブのテンションが弱く指が2、3本入ります。

そのおかげで厚手のニットやジャケットの上から着用いただいても袖口を締め付けることなく着用いただけます。

ブレザーやコーデュロイジャケットの上から羽織っていただくのも相性が良さそうです!

続いてはこちらです。




裏地は背抜きの仕様を採用していますので、4月くらいまでは着用いただけるのではないかと思います。

袖裏地はついてますので、ニットやジャケットの上からもストレスなく着用いただけます。


それでは最後にスタイリングを。





私はこちらのアワードジャケットをスポーツコートに見立て、トラディショナルなスタイリングを演出しています。

ボディーと同系色のコーデュロイベストをレイヤードする事により、奥行きのあるスタイリングに仕上がりました。

トラディショナルなスタイリングからアスレチックなスタイリングまで幅広くスタイリングを楽しんでいただけますので、気になる方はぜひお試しください!


ISHIKAWA


日々、スタイリング・ブログ・フォトログをアップしてますので、是非フォローお願い致します↓↓↓

「アウターフェア」開催中です!!


こちらも同時開催中です!!

ポイントアップ10days 11/19-11/28

SHIERRA DESIGNS〜New Inyo Parka〜

いつも ビームス プラス 有楽町 のブログをご覧いただき有難う御座います。


島向(シマムコ)です。


さて、本日ご紹介いたします商品はこちらです。






【SIERRA DESIGNS〈シエラデザイン〉】×【BEAMS PLUS】別注 ニューインヨーパーカー

商品番号:38-18-0195-622

サイズ:S M L XL

カラー:TAN/RED/SAGE GREEN/NAVY/PURPLE

価格:¥41,800(税込)


クラシックなアウトドアブランドをイメージすれば、誰しもが思い浮かべるブランド

【SIERRA DESIGNS〈シエラデザイン〉】

今回は1971年に発売された〈インヨーパーカー〉をBEAMS PLUSらしい現代的なアップデートを加えて別注いたしました。

ようやく気温が秋冬シーズンらしくなってきた事で、店頭でもアウターを探しに来られる方をよくお見受け致します。

是非今回のブログがお客様の今シーズンのアウター選びのお役に立てればと思います。


それでは早速、別注のポイントを。

やはりSHIERRA DESIGNSと聞くと60/40クロス(ロクヨンクロス)を思い浮かべる方も多いはず。

しかし、今回は別注ポイントの一つとして、まず生地へのアプローチを変えております。


今回BEAMS PLUS別注の″ニューインヨーパーカー″は、表地にはナイロンタスランタフタを使用。コットンライクな生地感ながら、強度と高い耐久性、撥水加工を施した生地を使用することで60/40クロスよりも軽さと機能性が上がっております。


次に、中綿にはアメリカのダウンメーカー【ALLIED FEATHER & DOWN〈アライドフェザー&ダウン〉】社のリサイクル化繊を使用。

フィルパワーも600相当で、保温力はタウンユースとしては申し分無しです。

数あるアウトドアメーカーのダウンジャケットは元々はギアとして開発されているものが多く、良い意味で街で着用するのは″オーバースペック″です。

よく店頭でもこの話にはなりますが、皆様のお話を聞いてますとここの部分を気にする方が年々多くなっている?気がしております。

今回はタウンユースで着用する為の″インヨーパーカー″。

ここをアップデートと捉えているところもポイントです。


続いてディテールのご説明を。

当時のモデルは取り外し可能なディテールであったフードを、ミリタリーディテールを採用し収納可能な一体型へ変更。

フード部にもしっかりと中綿を入れておりますので、巻物無しでも首元を寒さからしのぐ事ができます。

袖口、フラップポケット部分もベルクロからスナップボタンに変更。


内側のポケットディテールも、ミリタリーをイメージソースにメッシュポケットを搭載しております


SHIERRA DESIGNSと言えばのグレージッパー。クラシックなムードを残す為ここはやはりこの色をチョイスしてます。


それでは最後にスタイリングを。

スタッフ 柳井

スタッフ 石川

スタッフ 鈴木


やはり皆、 ビームス プラス 有楽町 らしい?スタイリング。

4人中3人がスポーツコートの上から着用したスタイリングが印象的です。

思えば店頭でも、「仕事の通勤用に」とのお声も耳にします。

電車通勤の方などは、車内に入った際にも軽く、丁度良い中綿仕様の″ニューインヨーパーカー″がお勧めです。


是非一度お試しいただければと思います。



笑う門には″フク″来る。



それでは。



SHIMAMUKO



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日々、スタイリングやフォトログもアップしております!

是非フォローも宜しくお願い致します。

https://www.beams.co.jp/staff/395/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日11月19日(金)〜11月28日(日)

丸の内ポイントアップ10days開催。

概要はこちらをご覧くださいませ。

https://www.marucard.jp/campaign/mp/2111-10days/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店休日のご案内

いつも当店をご利用いただき有難うございます。


11月14日(日)は当ビル電気設備法定点検の影響により、


休業日とさせていただきます。


11月15日(月)からは通常営業となりますので、ご来店及びお問い合わせは15日以降にお願い申し上げます


ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さい。




ビームス プラス 有楽町

Classic&Modern DUFFLE COAT & お得なキャンペーンのお知らせ。

11月に入り、いよいよ本格的にアウターないし、ニットのコーディネートが楽しい時期になってきました。

私も今シーズンに入り、アウターを何着か揃え、冬支度を進めています。

特に今シーズンは目白押しの物が多く、日々店頭に立っていると目移りばかりしてしまいますが・・・何度も頭の中でイメージし、自分のワードローブに合わせたい物を選抜しています。

そんなこんなで本日はその中でも個人的にオススメのアウターをご紹介させて頂きます。



KAPTAIN SUNSHINE × BEAMS PLUS / 別注 Duffle Coat
カラー:ネイビー
サイズ:34、36、38、40
価格:¥110,000(税込)
商品番号:38-19-0066-086


KAPTAIN SUNSHINE×BEAMS PLUS DUFFLE COAT

毎シーズンどんな素材、モデル、フィッティングで仕上がってくるのか楽しみなKAPTAIN SUNSHINEのコート群。

今年はBEAMS PLUSでは4型取り扱いがあり、その内1型がBEAMS PLUSとのコラボレーションモデルです。

思い返せば一昨年はブランド定番のトラベラーコート、昨年はBEAMS PLUS別注のPコート、そして今年はこちらのダッフルコートと、

ここ数シーズンKAPTAIN SUNSHINEのコートを購入させて頂いております。

上質な原料を使用したスペシャルファブリック、羽織るだけで様になってしまうシルエットバランス、何よりもオーセンティックな見た目が本当に好みです。

見た目はクラシックながら、羽織って鏡の前に立つとモダン・トレンドらしさを程良く感じさせてくれます。





さて、今回のダッフルコートですが、何故BEAMS PLUSで別注企画をしたのか・・・

実は別注の発端は"トラディショナル"なダッフルコートが着用したい!との声で生まれた企画であり、BEAMS PLUSの掲げるアメリカントラディショナルにフィットする一着となっております。

どこか真面目且つ学生を思い出させる(自分だけかもしれませんが)様なショルダーやボタン、裏地等・・・デザインディテールを見ると懐かしさも感じさせてくれる表情です。

正にアイビーファッションには欠かせられない1着。



ブランドのダッフルコートでも見られる様なショルダー部分の二重仕様。

ストームパッチと呼ばれ、防寒性と雨水の侵入を防ぐ為に考えられたディテールです。



フロントのトグルボタンはレザーストラップで固定。

真面目な印象を受ける一番の要因はこの箇所ではないでしょうか。

天然素材だからこそのムラ感が楽しめる水牛のトグルボタンに、麻とは違った真面目な見た目のレザーストラップ。

個人的にもここの箇所は本当にお気に入りのポイントです。



より防寒性の高さを出すには・・・

底冷えを防ぐには首周りの防寒は重要。

やはりダッフルコートと言えば欠かせられないチンストラップです。

風が強い時や、気温が低い時にここを閉める事で体感少し暖かく感じ、風の侵入を防げます。



既にご購入頂いている方や試着して頂いている方は既にはお気付きかもしれませんが、フロントの首周りが少し広い作りに。

実は今回のダッフルコート、とあるスタッフ私物のビンテージダッフルコートをモチーフにしています。





前下がりとなる首周りは、昔のダッフルコートに良く見られ、ストールやマフラーを楽しめるポイントとの事。

とにかく洋服は足し算しか出来ない自分にとって、どんなマフラーを巻こうか、現在模索中です



そしてKAPTAIN SUNSHINEと言えば・・・やはり生地。

オンラインショップのページに記載の通り、上質な原料を高密度に織り上げたメルトン。

ちょっと大袈裟なのかもしれませんが・・・見た目は重厚感とウォーム感溢れる肉厚メルトンですが、触り心地や着心地は『キメ細かいフリース』の様な印象です。

あくまでも見た目はオーセンティックな肉厚メルトン、着心地はびっくりする位の軽さと柔らかさです。

上質な原料を贅沢に使った今回BEAMS PLUS用のオリジナルファブリックです。



もちろん生地はトラディショナルな雰囲気を匂わす裏地チェック。

タータンチェックの中でも一番馴染みが深く、コーディネートにすっと馴染むブラックウォッチ柄です。



この裏地がフードやフロント身頃からサラッと覗かせる感じが、やはり正統派なダッフルコートの印象です。

裏地は裏地でも、チェックが入るとインナーに柄は難しい?と聞かれる事もありますが、基本的に同じ様な柄域や色合いでなければ問題ございません。





KAPTAIN SUNSHINEのコートと言えば・・・

生地の次はやはり着用した際のシルエットかと思います。

タップリとしたアームホールに、裾にかけての広がり、そして自然にドロップするショルダー。

硬いメルトンだとなかなか生まれないこの『丸みあるシルエット』がモダンかつトレンドらしさをプラスしてくれます。

面白い事に自分は36~40を試着してみましたが、どのサイズも着用可能。

真面目なアイテムを"コートに着られてしまっている"お下がりの感じで着用したく、40をチョイス。

着用イメージ次第ではサイズ選び悩まされますが・・・これは着用した時の第一印象でお選び頂くのがオススメです。

改めて、こんなにもサイズレンジが広く着用できるのはパターンの良さなんだなとつくづく思います。




コーディネートは・・・








BEAMS PLUS Tailor Line(店頭販売のみ)のグレースーツの上から。トラディショナルなコートには、トラディショナルなスーツを。

色々と提案が出来るアイテムですが、何となく普段のワードローブにサラッと羽織って頂きたいです。

気張らずに、サラッと羽織るだけでコートの良さが活きてきます。

スポーツコート、ないしアメリカントラディショナルなスーツの上から羽織り、今年の冬を楽しみたいと思います。




JUNICHI YANAI




次はこちらのキャンペーンが控えています・・・

丸の内会員様 5倍キャンペーン&クレジット一体型の方は10倍キャンペーン!!

11/19(金)~11/28(日)









11/14(日)はビームス プラス 有楽町は店休日となります。

恐れ入りますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。



オン・オフ問わず、、

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

本日は、こちらの商品を紹介します。






REMI RELIEF×BEAMS PLUS 別注 ステンカラー コート
カラー:カーキ、ネイビー
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥31,680(税込)
商品番号:38-19-0088-671


REMI RELIEF(レミレリーフ)×BEAMS PLUSステンカラーコート!

数年前からリリースしており既にお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

玉虫のような光沢を持つコットン・ポリエステル混紡のツイル生地を加工したレミレリーフらしいステンカラーコート。

表地の生地の風合いや縫製部分のパッカリングの表情がたまりません!

型は比翼仕立て、ラグランスリーブといったベーシックなステンカラーコートですので一度お試しいただきたい一着です。

私ごとですが、、、実は今一番狙ってるコートです(笑)

それでは、簡単にディテールのおさらいを。




先ずはこちらのチンストラップ。

襟元に風が侵入しないように取り付けられたストラップです。

私はこのチンストラップを止めた時のフォルムが大好きなので、風が弱い日でもついつい留めてしまいます(汗)




袖口はタタキ仕上げですので、軽く捲って着用する事も可能です。

また、袖丈詰めの修理も承れますのでお気軽にスタッフにお申し付けください。




そして私の一番のオススメポイントは裏地無しの一枚仕立てという事です。

身頃・袖の裏地を省いていますので、3シーズンで着用いただけます。

また軽快感のあるカジュアルなスタイリングにも取り入れやすいので、是非オン・オフ問わず着用いただきたい一着です。

それでは最後にスタイリングを。




私は本日の出勤スタイルの上からステンカラーコートを羽織りました。

身幅・袖周りがややゆったりとしている為、ツイードジャケットの上からも無理なく羽織っていただけます。

また着丈が膝上の丈ですので、私のような(身長168センチ)小柄な体型の方でも背伸びをせず取り入れていただけるのではないでしょうか?

こちらの商品以外でも気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせください。


ISHIKAWA


日々、スタイリング・ブログ・フォトログをアップしてますので、是非フォローお願い致します↓↓↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今 BEAMS CLUB POINT ダブルポイントキャンペーンも開催中です。

11月8日(月)まで開催しておりますので、併せてご利用下さいませ。

LOOPWHEELER〜sweat hoodie〜


いつも ビームス プラス 有楽町 のブログをご覧いただき有難う御座います。


島向(シマムコ)です。


さて、本日ご紹介させていただくアイテムは



LOOPWHEELER × BEAMS PLUS/別注 スリムスウェットパーカー

カラー:オートミール/ヘザーグレー/ネイビー

サイズ:S M L XL

価格:¥22,000(税込)


BEAMS PLUS でも長らくスウェットの定番として展開しております

LOOPWHEELER〈ループウィラー〉】

皆様ご存知の方も多いと思います。

ちょうど気温が下がってきた今のシーズンは店頭でもよくお問い合わせいただくアイテムの一つです。


LOOPWHEELERといえばなんと言ってもその着心地の良さが魅力的ですね。

旧式の吊り網機でゆっくりと織り上げられた柔らかな生地感は、一度着用するとやみつきになる程の着心地の良さです。


さて、そんな LOOPWHEELER のスウェットですが、現在店頭には普段定番展開しているモデルともう一型

"ヘヴィーウェイトシリーズ"

が入荷しております。


LOOPWHEELER × BEAMS PLUS /別注 スーパーヘヴィーウェイトパーカー

カラー:ヘザーグレー/ダークネイビー/ブラック

サイズ:S M L XL
価格:¥23,100(税込)


度詰めに編み、硬くなってしまう寸前で止めることで、吊り網本来の柔らかさを残しながらがっしりと重量感をもたせたヘヴィーウェイトシリーズ。


LWミドルに比べしっかりとした重みと昨今のトレンドにも合う様なややゆとりのあるフィッティングがオススメポイントです。

また、着用した時のフードの立ち方も非常に綺麗に見える為、これからのシーズンコートやブルゾンとのレイヤードした時のフードの見え方は抜群に格好が良いかと。


本日はスタッフ鈴木に通常展開のスリムパーカー

私、島向がヘヴィーウェイトパーカーを着用し、オススメポイントをご紹介させていただきます。


スタッフ鈴木はフルジップ仕様のスウェットフーディーを着用してます。

フィッティングはスリムモデルの為、ジップを開いている時でもあまり身幅が広く見え過ぎず大人顔な印象です。


閉めた際も非常にスッキリとした見え方のため、スウェットフーディーのカジュアルな雰囲気が苦手な方でも取り入れやすいフィッティングかと思います。


後ろ姿もかなりスッキリとし、体に沿う様なフィット感です。


そしてポイントとしてはやはりこの腕周りのフィッティングでしょうか?

非常にスッキリとしたシルエットは、重ね着した際にかさばりづらい様に考慮された作りとなってます。


スウェットフーディーを重ねるとかさばって着膨れがきになったりという声もよく耳にしますが、こちらのモデルはレイヤードした際に非常にスッキリとした見え方で着用いただけます。


ミドルウェイト生地というところも、重ね着を考慮した選定かと。


それではスタイリングを



パーカーのインナーに、ボタンダウンのレイヤードが鈴木らしいスタイリング。

パッチワークパンツにキャンバスシューズと、大人の休日スタイルのお手本とも言えるスタイリングです。

やはりレイヤードした際の見え方もスッキリと自然な印象です。


それでは続いてヘヴィーウェイトパーカーを


先程のスリムモデルに比べると肩周りと、身幅はゆったりとした印象です。


後ろ側の見え方も肩はややドロップした印象で、身幅もタップリとサイズが採られています。


個人的にはこのリブのキュッとしまったテンションが気に入っているポイントです。


そしてやはりヘヴィーウェイトならではのしっかりとフードの立ち上がる感じが自分好みです。

これから寒くなる季節レイヤードする際に非常にポイントとなる部分ではないでしょうか?


最後にスタイリングを。



私島向は自分好みなスポーツコート(ジャケット)スタイルでスタイリング。

上に羽織ったのは BEAMS PLUS のコンフォートジャケット。

コンフォートの名の通り、快適さを意識し、インナーにスウェットフーディー、足下にはキャンバスシューズを合わせカジュアルなスポーツコートスタイルを意識しました。


スポーツコートを重ねた際もフードがしっかりと立ってくれるので非常に相性抜群かと。


どちらのモデルもそれぞれ用途によって使い分けのできるモデルです。

是非ご自身のスタイルに合ったモデルをお選びいただければと思います。


また、店頭にはこの他にクルーネック、ボートネックのモデル。

ヘヴィーウェイトはクルーネックをご用意しております。


是非店頭でお試し下さいませ。




笑う門には"フク"来る。


それでは。





SHIMAMUKO



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日々スタイリングやフォトログも更新しております。是非フォローも宜しくお願い致します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.beams.co.jp/staff/395/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

只今 BEAMS CLUB POINT ダブルポイントキャンペーンも開催中です。

11月8日(月)まで開催しておりますので、併せてご利用下さいませ。



BARRY BRICKEN〜Chino Trousers〜

いつも ビームス プラス 有楽町 のブログをご覧いただき有難う御座います。


島向(シマムコ)です。


さて、本日ご紹介させていただくアイテムはこちらです。



【BARRY BRICKEN 〈バリーブリッケン〉】

1960年代よりアメリカでスタートした、トラウザーズブランド。

日本でも80年代のプレッピーブームをきっかけに、人気のでたトラウザーズブランドです。

チノパンと聞くとラギットなイメージや、カジュアルな印象がございますが、

BARRY BRICKEN のチノトラウザーズはドレスパンツの様な丁寧な作りと、チノパンらしい丈夫な生地が魅力的です。


と、ここまで簡単な説明を書いてはみたものの、、

「大変お待たせを致しました。」

と言う方が正しいかも知れません。

当店でも多くのお問い合わせをいただいておりましたので、BEAMS PLUS ファンの方々はみなご存知かもしれません。 


ようやくアメリカから入荷してまいりました。

今シーズンは2型モデルをご用意しております。



■BARRY BRICKEN PLANE FRONT CHINO

カラー:カーキ/オリーブ

サイズ:29/30/31/32/33/34/36

価格:¥28,600(税込)

品番:38-23-0139-009


こちらは BEAMS PLUS別注モデルで、プレーンフロントのスッキリとしたシルエットが特徴です。

やや浅めな股上と、スッキリとしたシルエットは、ジャケパンスタイルに非常にマッチしてくれます。

裾はタタキのデザインになりますので、カジュアルごなしのスタイリングにも難無くコーディネートいただけます。


スタッフ山田がさっそく着用してます。


やはりスタッフ山田はスッキリとしたシルエットを活かし、ジャケパンスタイリング。

新色であるオリーブカラーを着用し、ヘリンボーン織プリントのスポーツコート(ジャケット)に、タッタソールボタンダウン、ニットタイとトラディショナルなスタイリングに。

スッキリとしたヒップ周りと両玉縁ポケットは、冒頭でお話したようにチノではありますがドレスパンツのように丁寧な作りが見て取れ、ジャケパンスタイルには欠かせない1着です。





続いてこちらは、数年前に取り扱って以来瞬く間に店頭から姿を消すほどの人気モデル。


■BARRY BRICKEN /2Pleats Style

サイズ:29/30/31/32/33/34/36

カラー:カーキ

価格:¥30,800(税込)

商品番号:38-23-0189-009


2プリーツスタイルにサイドアジャスターのディテールは、昨今のクラシック回帰のトレンドにも非常にお勧めの一本です。

個人的にはタックインスタイルを好む為、ウエスト周りのディテールのあるこちらのモデルは自分好みです。


また、トレンドといいつつも、BEAMS PLUS では欠かせないアイテムですので、勿論トレンド問わず着用いただけますのでご安心して下さい。




先程のモデルとは異なりゆったりとした股上と、裾にかけてかかるテーパードが特徴です。


こちらは裾の仕上げがアンフィニッシュの仕様になりますので、よりお客様のお好みに合った丈や仕様にお直しが可能です。


それではスタイリングを。




スタッフ鈴木はツイード生地のシャツアウターにコーデュロイのウエストコートを合わせカントリー調のスタイリング。


綾織の打ち込みの強いタフな生地は、コーデュロイやツイードといった秋冬生地とも良く合います。


最後に私のスタイリングを、



スポーツブルゾンにシャギードックセーターを肩にかけ、アイビーごなしのスタイリングを意識しました。

ピンク〜ブラウンにかけての色合わせで季節感のあるスタイリングに。



BEAMS PLUSには欠かせない、アメリカ製チノトラウザーズブランド。

最近はなにかと"アメリカ製"のあのブランドが、、

と耳にする事が増えました。


是非このタイミングをお見逃しなく。




笑う門には"フク"来る。


それでは。



SHIMAMUKO

Restock!!!! ~BRIEFING×BEAMS PLUS DT Pouch~

ビームス プラス 有楽町のブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。



前回に引き続き、本日もBREIFING×BEAMS PLUSについてご紹介させて頂きます。

以前、リリースから瞬く間に無くなってしまった"DT Pouch"がやっと追加入荷してきました。



BRIEFING × BEAMS PLUS / 別注 DT Pouch
カラー:ブラック、ネイビー
サイズ:ワンサイズ
価格:¥9,350(税込)
商品番号:38-61-0043-106



一見、一般的なポーチに見えますが、BRIEFINGのミリタリズムを活かし、拡張パック的なアイテムとして作られたポーチです。



商品のネーム"DT"とは、"Day Trip"の略称で、BRIEFINGのデザイナー小雀氏が命名して下さったネーミング。

小旅行や一日外出に必要な持ち物を運ぶ為のポーチとして作られています。



実は・・・以前のリリース前に自分が一度DT Pouchに関してブログを書きましたので、是非こちらも一読して頂けたらと思います。

『Customized for・・・ “BRIEFING×BEAMS PLUS”』





元々はBRIEFING×BEAMS PLUSと言えばの3WAY BAGに取り付け、折り畳み傘やペットボトル等をセパレートして持ち運べるポーチとして作られました。





ブランドの意匠でもあるレッドラインが入ったウェイビングテープに、ストラップで引っ掻け、拡張システムを現代的に使える様にアレンジされたDT Pouch。

傘に付いた雨水やペットボトルの水滴を逃がす為の水抜きも。

もちろんバッグinバッグ的な小分け用に使って頂いてもオススメです。

実際に見た目以上に収納力があり、薄手の羽織りも入れる事ができます。







とは言いつつ・・・3WAY BAGだけでなく、別のモデルに取り付けられたり、自分流にアレンジして使用出来たりも出来ます。



最近自分は自転車に乗る事が多く、太めの紐に括り付け、ショルダーポーチとして使ったり・・・





前回のブログで紹介したBRIEFING×BEAMS PLUS Fleet Messenger 13に取り付けたり・・・



お持ちのBRIEFING×BEAMS PLUSの様々なバッグに対応可能!?なポーチです。

※取り付けられないモデルもございます。

と、使い方はそれぞれ。



ポーチ自体にこう言ったベルトがあると非常に便利だと改めて実感しました。

拡張式のBRIEFING×BEAMS PLUSのDT Pouch。

既にオンラインショップ、店頭にてご購入が可能となっております。

もちろんお持ちのBRIEFINGに取り付けられるかどうか、お試し頂いても大丈夫です。

既に動きが見られるアイテムですので是非お早めにご検討下さいませ。




JUNICHI YANAI


挿しの柄使いとして

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

天気予報では、来週から気温がグッと下がり一気に秋冬モードに突入しそうという事で、、。

本日はタイトル通り「挿しの柄使いとして」オススメの商品を紹介します。

こちらです。




BEAMS PLUS 9ゲージ チェック ベスト
カラー:ベージュ、ブラウン、チャコールグレー
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-05-0017-048


既に見覚えのある方もいらっしゃるかと思います。

実は昨年から継続で展開しているチェックベスト。

特徴はBEAMS PLUSでは馴染みがあるラムズウールにナイロンを混紡させダブルジャカードで編み立てられております。

軽くて保温性がありしなやかなラムズウールに対し、摩耗に強く耐久性があるナイロンを混紡させる事により良いとこ取りのニットベストが仕上がりました。

また9G(ミドルゲージ)ですので、スポーツコート(ジャケット)のインナーにも取り入れやすく「挿しの柄使いとして」オススメです!!

それでは早速3色の柄を紹介します。





先ずはこちらの「ガンクラブチェック」

カントリー調なチェック柄ですので、コーデュロイやツイードのスポーツコートとの相性が抜群です。

シャツは、粗野感のあるシャンブレーシャツが良さそうです。

後身頃は、リブ使いのソリッドカラーですので1枚で着用いただいても悪目立ちせずコーディネートに馴染んでくれます。





続きましてこちらの「ブラックウォッチ」+「ペンチェック」

ブラックウォッチ柄にイエローのペンチェックがアクセントになっております。

色を拾うのが好きな私は、やはりイエローのボタンダウンシャツを合わせたいところ。

トラディショナルの代表的な柄ですので、先ずはネイビーブレザーのインナーにいかがでしょうか?

最後の柄は、スタイリングも含めて紹介させていただきます。








本日も笑顔満点のKOJIMAは、「グレンチェック」を着用しています。

ネイビーブレザー+チノトラウザーズといったベーシックなスタイリングに、グレンチェックが良い挿しの柄としてアクセントになっています。

ホワイトのボタンダウンシャツにブラックのウールニットタイ、ブラックのレザーシューズでストイックな印象に。


本日は伝統的なチェック柄のニットベストを紹介させていただきました。

普段のコーディネートにプラスワンで雰囲気を変えてくれるニットベストですので、単調なコーディネートにお悩みの方やニットベストをお探しの方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか?


ISHIKAWA

日々、ブログ・フォトログ・スタイリングをアップしてますので是非フォローお願い致します。

BRIEFING NEW MODEL!!!! "13"

どうもこんばんは。

ビームス プラス 有楽町より、久しぶりにブログを書かさせて頂きますJUNICHI YANAIです。



タイトルにある通り、本日はBRIEFING×BEAMS PLUSの2021年秋冬の新型モデルをご紹介させて頂きます。

前シーズンはBRIEFING×BEAMS PLUSのバッグコレクションに取り付けられる"DT Pouch"をリリースし、ありがたくも早々と完売致しました。

昨今のバッグ需要の流れではBRIEFINGらしいハードなバッグより、比較的簡易的なバッグが人気を集めている印象でしたが…

以前のDT Pouchの反響を見て、改めてBRIEFINGの支持率に圧倒されています。

軽くてコンパクトとは対照的に、重厚感がありハードな印象のBRIEFINGのバッグコレクション。

実用性ももちろん熟考されて作られたコレクションですが、BRIEFINGが持つこの"ミリタリーやソリッドなナイロンファブリック"が放つ見た目のカッコ良さは唯一無二です。

BEAMS PLUSとの関係性も長く、これまで様々なコラボレーション企画を実現してきましたが、今回は100名品にも選出されていたあのモデルの第二弾がリリースされる事となりました。





BRIEFING × BEAMS PLUS / 別注 Fleet Messenger 13
カラー:ブラック、ネイビー
サイズ:ワンサイズ
価格:¥27,500(税込)
商品番号:38-61-0010-106





既にオンラインショップページをご覧頂いている方はご存知かと思いますが、未だに絶大な人気を誇る"BRIEFING×BEAMS PLUS Fleet Messenger Bag"のバージョン2がリリースされます。

ざっくり申し上げますと"サイズ違い"のモデルですが、もちろん"昨今の需要"に合わせたバージョン2となっています。




少しだけ前回のFleet Messenger Bagのおさらいを。

かれこれ10年以上にAppleからiPadがリリースされ、その翌年2011年に最初期のFleet Messenger Bagが登場しました。

iPadの需要が一気に増え、iPadのサイズに合うバッグとして考えられたのがFleet Messenger Bagです。

今でももちろんiPadを使っている方は多い(オフィスでも使用しているスタッフは多く見かけます)ですが、今ではそれだけでなく"ちょい使いのバッグ"として人気があり、未だに完売を繰り返している名品です。

休日のバッグや、旅行に行った際に補助的な"セカンド"バッグとして使われたり・・・とにかく何かと便利なサイズ感です。

そんなこんなで普段使いには持ってこいのメッセンジャー型バッグ。




今回リリースされるのは"13(サーティーン)"としてバージョン2をBRIEFINGの小雀氏にデザインを落としてもらいました。

この13という数字はまさに"一般的にビジネスシーンで使用されているノートPCサイズ"。

昨今の仕事の在り方から"ペーパーレス化""ノートPCの需要増"により、13インチのモノが入るサイズはどうかとして、デザインを起こしてもらっています。

既にお察しの方もいらっしゃるかと思いますが、今回のモデルはよりビジネスシーンで使って頂きたいバッグとして考案されています。

人によっては在宅やリモートでの仕事が増え、今まで当たり前の様に使っていたブリーフ型のバッグから、よりコンパクトかつ簡易的なバッグに移行している方も多いとの事。

スーツからジャケット&パンツ、在宅だと私服で仕事をする方も多くなったとも聞いています。

そんな流れから普段の休日はもちろん、昨今のビジネスシーンでも使えるバッグとして・・・今回BRIEFING×BEAMS PLUS Fleet Messenger Bag"13"を作って頂きました。




デザインやディテールは以前からのモデルと大きな違いは無いのですが、サイズが大きくなった事で必要となるディテールはアップデートしています。

早速、ディテールをご紹介させて頂きます。



まずはサイズアップにより、フラップ部分の収納が拡大。

以前はスマートフォンや財布、鍵等、アクセスが多い小物を入れるスペースでしたが、今回はなんとここにiPadが入るサイズ感(モデルによっては入らない場合もございます)に。

より余裕を持ち、多くの物が収納できます。





内側のスリーブポケットにはメッシュの緩衝材が入り、そのままノートPCを入れられる仕様に。

ケースに入れずとも、多少の衝撃から守られ、尚且つ背負い心地も良くなります。

ノートPC用をメインに考えて作られている為、その分仕様や背負い心地に配慮しているのは小雀氏が大事にする"実用性"が反映されています。

もちろんノートPCだけでなく、雑誌やA4サイズのファイル、はたまた写真の様な分厚めな書籍も難なく入れられます。





更にメインスペースには三分割された仕切りが付いています。

今回収納力が増す事で、ペットボトルや折り畳み傘、軽アウター、充電器等・・・様々な物が入る様になりました。

その分細分化して収納ができ、中のペットボトルや折り畳み傘が固定された状態が良いという事で、ここも小雀氏のアレンジが利いたディテールです。

実際に動きがあると入れている物がシャッフルされ、背負い心地が悪くなったり、取り出したい物が迷子になったり・・・経験ある方も多いのではないでしょうか。

収納力が増すだけでなく、それに合わせてディテールも若干変更されております。



せっかくなので従来のモデルから継続されている箇所もおさらいさせて頂きます。

まずは端に取り付けられたDカン。

これは自分の推測になってしまうのですが・・・よくメッセンジャーバッグには、基本的に3点留めとして、ショルダーとウエストを固定し、フィット感を上げるディテールが付いています。

もちろんFleet Messenger Bagシリーズはそこまでのディテールは必要と考えては無いですが、メッセンジャーバッグの意匠として残しているのではと。

しっかりとしたアルミのDカンも何かしら引っ掛ける箇所として重宝するかと思います。



ショルダースタラップの付いた三角型のナイロンパーツ。

身体に沿わせ、フィット感を生み出すディテールの一つです。

このマチがあるか無いかだけでも、背負い心地やストラップの収まりが変わるポイント。





最後はボトム部分の補強用のナイロンテープ。

BREIFINGと言えばのウェイビングテープですが、ここはあくまでもボトムスのシルエットが崩れない為の補強です。

従来のモデルにも付いていますが、容量が大きくなった今回のモデルは特に必要なディテールの一つです。

背負い心地や使い易いのはもちろんですが・・・やはり背負った時のカッコ良さは何だかんだで一番重要視したいですよね(笑)。







STAFF ISHIKAWAはカジュアルなアイビーごなしに、メールバッグをイメージして使用。

ストラップの長さを調整し、スタイルに合わせて~ごなし、として使っても面白いかと思います。




私はやはりミリタリーアスレチックスタイルに。

前回リリースされたDT Pouchを装着し、よりギア感をプラスしています。

最近だとアウターのサイズ感はゆったりしてきたり、自転車乗る事が増えたりと・・・この13は見た目も実用面でも今の自分にしっくり来ます。




MADE in BEAMS PLUSのBRIEFING。

ミリタリズムの見え方はしつつも、やはり時代に合わせ、実用性を追求されたバッグはとにかく格好良いです。

いよいよ近日中に新型・追加両方販売を致します。

普段のちょっとしたお供に最適なサイズ感と、コンパクトな見た目が特徴のバージョン1と

昨今のビジネスシーンんに寄り添い、一回り大きくなった新型のバージョン2。

用途が同じように見え、実はしっかりと使い分けができると思っております。




オンラインショップでは予約開始となり、店頭でも随時ご予約を承っております。

今回も早々と無くなりそうな予感が・・・

気になる方は是非オンラインショップ、もしくはお近くの店舗へお問い合わせ下さいませ。








次回のブログは・・・BRIEFINGのあのモデルが追加販売!?





JUNICHI YANAI