タグ「sportcoatfair」の記事

FOX BROTHERS〜flannel & tweed〜

いつも ビームス プラス 有楽町 のブログをご覧いただきありがとうございます。


島向(シマムコ)です。


さて、本日は8/16(月)より始まりました

【SPORT COAT FAIR 】より、

お勧め生地のご紹介をさせていただきます。





こちらの金色に輝くきつねのマークでお馴染みの

【FOX  BROTHERS〈フォックスブラザーズ〉】 

1772年、英国サマセットで創業したフォックスブラザーズ。

ご存知の方も多いと思いますが、フランネルの創設者と公認され、1950年代頃まではフランネルを商標として保有する程の老舗中の老舗ミルです。


フランネルだけでなく、昨年のオーダー会ではスタッフ、お客様共に1番人気だったのがこちら。

【FOX  TWEED〈フォックスツイード〉】




ブリティッシュウールを使用する事で、英国ツイードらしい重厚感のあるウェイトでありながら、どことなく都会さを感じさせてくれるのが″フォックスツイード″の魅力です。

正に「Town & Country」という言葉が相応しい魅力的なツイードは、スタッフ所有率も高く、、



数あるスタッフサンプルの中でもこれだけの所有率です。


もともと厳しい寒さの中で狩猟用として着られていたツイードジャケットですが、店頭でも着用し易く、どことなく気品があるたたずまいこそが僕たちを虜にしている理由なのかと思います。


続いて、冒頭でもすこし話にでましたが、今回ようやくビームス プラス 有楽町のスポーツコートフェアーでもオーダー可能となりました




【FOX FLANNEL〈フォックスフランネル〉】

冒頭でも説明させていただきました通り、

「フランネルと言えば、フォックスフランネル」

と言わしめる程のフランネルの最高峰。

ドレープ感が生まれる上品さは、正にフランネルを代表するに相応しいです。


メリノ種と言われる羊の毛を使用し、さらにその中でも少量しか採れない″スーパーファインメリノ″を使用する事でソフトで軽量な仕上がりに。

柔らかさの中にも腰がある。

そんなイメージでしょうか。


今回は

【CLASSIC FLANNEL〈クラシックフランネル〉】

【HERITAGE FLANNEL〈ヘリテージフランネル〉】

の2つの番地をご用意。


クラシックフランネルは270-560gmと幅広ウェイトでご用意しており、アメリカントラッドには欠かす事の出来ない、フランネルスーツや、ブレザーを誂えるには最高峰の記事が揃っております。



ヘリテージフランネルは、1930年代のアーカイブからピックアップしているため、魅力的な色柄が多く、480-510gmのウェイトは、クラシックフランネルよりも肉厚でタフなのが特徴です。


非常にエレガントで上品なイメージの″フォックスフランネル″ですが、

サマセットの工場では生地が仕上がった後、余分な毛羽立ちを手作業でカットしたり、織りあがった生地を6時間かけて木片で叩く作業工程があるそうです。

BEAMS PLUS が数多く取り扱うブランドのように、FOX  BROTHERSにもクラフツマンシップが存在しているんです。


そんな事を聞くと、個人的にはぐっとフォックスフランネルを身近に感じる事ができました。



今回も前半戦から盛り上がりを見せているツイードファブリック。


是非ご検討いただければと思います。




笑う門には″フク″来る。



それでは。



SHIMAMUKO



日々スタイリングやフォトログもアップしております!是非フォローも宜しくお願い致します!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.beams.co.jp/staff/395/





今日はチラッと店内を⑥ スポーツコートフェア編


いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただきありがとうございます。


吉田です。


先日島向(シマムコ)のブログでも話題に上がっていた《SPORT COAT & WILLIAM LOCKIE ORDER FAIR》が昨日よりスタート致しました!


毎年恒例…とよく言葉として出すのですが、そのフレーズを使うたびに「もうあれから半年経ったのか…」「あれが1年前か…」とつい振り返ってしまう自分。って思っていながら有楽町に配属されてもうすぐ4年…早すぎる!!


とはいえ毎年恒例でこのようなオーダーフェアが出来るなんてこのご時世とても嬉しい事だと思っています。

しかも年々グレードアップしていくオーダー内容…。さらには有楽町スタッフ愛用の《WILLIAM LOCKIE》のニットまでオーダー出来る様になるとは…

時が経つのは濃い分早いものです。


さて、スポーツコートフェアについては先日からInstagram LIVEで大まかな概要やオススメ生地に関して紹介させて頂いております。

⇓まだ視聴されていない方はこちらをクリック


Vol.1 オーダーフェアとは?

Vol.2 スポーツコートフェア/生地編



なので私からはいつものように店内の様子をご紹介。

見応えのある時期がやって参りました!

秋冬ならではの生地・柄が存分に楽しめる様、これでもかという程スタッフ鈴木の目利きにより選定した圧巻のボリューム。


そしてこちらも冬の名脇役《WILLIM LOCKIE》。

今年も、お世話になります。

赤いバンチが特徴のスポーツコートフェアではお馴染みの《HARRISONS》や、今回オススメの《PORTER&HARDING》、《FOX BROTHERS》が並びます。

まだまだあります。今日はチラッと…

こちらも密かなお楽しみ、スタッフのオーダーサンプル。

自ずとこちらも年々バリエーションが増えていき…



見て楽しむのでも充分ですね。


ちなみにこれらのサンプルは生地スワッチだと想像がしにくい完成系のイメージであったり、着用時のウエイトや裏地・ボタンを選ぶ際にも大活躍。

もちろん、今回オーダー頂ける生地でのサンプルも少量ご用意がありますので、是非オーダーの参考に。


ネーミングに目を奪われるこちらは…

是非開けてみて下さい。


そして何よりこちらのオーダーも楽しみですね!

今年で2回目の開催。今年もベストとカーディガンの2種類からお選び頂けます。

オーダー会でしかお選び頂けないサイズやカラーラインナップをお楽しみください。


こちらも昨年は無かった完成系のサンプルが数色ラインナップ。

スポーツコートに合わせてスタイリングが出来るベストにカーディガン。ラムズウールの保温性と長く着用できる堅牢度、そしてコストパフォーマンス。

このイベントのお知らせは…


実はこのブログが公開される前にスタッフ山田・石川がInstagram LIVEでご紹介させて頂きました。(※配信は本日8/17(火)の20:30〜21:00となっております。)


この2人、今は配信が終わってほっとしている頃かもしれません。

Instagram LIVEの模様は、ビームス プラス 有楽町のInstagramアカウントでアーカイブをご覧頂けます。是非そちらをお楽しみください!



ではまた、次回のブログでお会いしましょう!!




YOSHIDA


《ビームス プラス 有楽町 Instagram》



アメリカントラディショナルには欠かせない…

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

ビームス プラス 有楽町では、只今スポーツコートフェアを2月14日(日)迄開催しております。

2月1日(月)から開催しているスポーツコートフェアでは、連日多くのお客様にご来店頂き賑わっております!

イベントが始まってから初めての週末を迎えました…。

今回のオーダー会では、スタッフの熱が伝わってか、、、「チェック柄」のオーダーが多い模様です!

まだ?あと?1週間イベントを開催しております。些細な事でも構いませんのでオーダー会で気になることがあればお気軽にお問い合わせ下さい!


そして、、、オーダー会ではアメリカントラディショナルには欠かせない、、、


「コットンスーツ」の生地も豊富にご用意しております。

着用しているのはビームス プラス 有楽町 YAMADA(弟)です。

ブログの最後にスタイリングを紹介しますので、最後までご覧ください。


それでは早速生地を紹介させて頂きます。

先ずはこちらですね。


W BILL PURE COTTONS(目付 300~380gms)

以前SHIMAMUKOのブログで、名門マーチャントW BILLのリネンコレクションを紹介させて頂きましたが、今回紹介させて頂くのはコットンコレクションになります。
PURE COTTONS(ピュア・コットン)特有のしっとりとした肌触りで、バラエティーに富んだプレーンカラーが特徴的です。
コットン100%で寒色から暖色まで、目付も300・320・380gmsとお客様のお好みに応じてお選び頂けます。

続きまして、先日私の「マドラスチェック」のブログでも紹介させていただいたSHIBAYAの生地から…

CORDURA®fabric ツイルストレッチ

ビームス プラスではすっかりお馴染みのコーデュラファブリック。

コットンの肌触りは保ちつつも耐久性に優れていますので、デイリーでコットンスーツを着用される方にオススメの生地です。

また、ポリウレタンが3%混紡してますので、伸縮性がありストレス無く着用頂けそうです。


続いては、同じくSHIBAYAからこちらの生地の紹介です。



VENTILE(ベンタイル) 60/2

ベンタイルと聞いて既にご存知の方も多いかと思います…

イギリスでパイロットの軍服用の生地で開発された事で有名ですよね!

最大の特徴は天然素材でありながら「防水性」「防風性」「透湿性」を兼ね備えているところ。

打ち込み本数が多く、水に浸っても繊維が膨張する為、それ以上水を通さない防水性を発揮します。

コットンスーツで悩まれている方、、、ぜひVENTILE(ベンタイル)も視野にいれてみてはいかがでしょう?


他にも幾つか「コットンスーツ」にオススメの生地がございますので、気になる方は店頭にてご覧ください。


最後にお待ちかねのYAMADA(弟)のスタイリング。

YAMADA(弟)は、約5~6年前ビームス プラスのテーラーラインの既製服で取り扱いをしていたコットンスーツを着用しています。

インナーにはニットポロを合わせ、足元はペニーローファーで軽快なスタイリングを演出しています。

オックスフォードのボタンダウンシャツにニットタイを合わせたストイックなVゾーンも良さそうです!


アメリカントラディショナルに欠かせない、、、「コットンスーツ」を誂えたい方。

ぜひ、スポーツコートフェアでオーダーしてみてはいかがでしょか?



ISHIKAWA




BEAMS PLUS 2021SS最新コレクションのLOOKコンテンツがアップされております。

是非チェックしてみて下さい!

SPORT COAT FAIR 〜旬を楽しむ為に〜

いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただき、有難うございます。


島向です。


個人的に非常に楽しみにしていたイベントが

いよいよ始まりました。


《SPORT COAT FAIR》


皆様も年に2回のこのイベントを心待ちにしていらっしゃったはず、、、

ではないでしょうか?


スタッフ一同、興奮が冷めやまらず

日々お気に入りの1着を妄想中。




800種類以上もの豊富な生地バリエーションから

あれがいいね。これもいいね。

と、話は尽きませんね、、。


そんな豊富な生地バリエーションより、今シーズン個人的に気になっている生地をご紹介させていただきたいと思います。

是非ご参考までにご覧ください。


まずは、




【W BILL】(ウィリアム・ビル)

イギリスはロンドンに本社を構える、1846年創業の歴史あるカントリー服地マーチャント。



その中でも、今シーズンは春夏シーズンのオーダー会という事で、特にお勧めしたいのがリネンファブリック。




リネン100%、380gのウェイトで織り上げたこちらの〝アイリッシュリネン″は、

リネンのもつ美しい光沢感や、ウェイト380gというしっかりとした生地感が見ていて惚れ惚れしてしまいます。


夏にポロシャツの上に羽織る。

そんなカジュアルなスタイリングでも、非常に上品な雰囲気を演出してくれるかと。






過去のスタッフオーダーにて、この生地を使用したスーツをご覧いただけます。


ボタンダウンにニットタイの合わせもいいですね


個人的に思うのは

色々な季節によって旬の食材を食べるように、

洋服も季節によってその時々の旬な生地を楽しむ。


洋服を楽しむ上でも、非常に重要なポイントではないでしょうか?


※スタッフ鈴木が【W BILL】(ウィリアム・ビル)アイリッシュリネンの素晴らしさがより伝わる動画をアップしておりますので、是非こちらもご覧下さいませ。



続いて、




ビームス プラス 有楽町メンバーが、愛してやまない?

こちらのマーチャント。


説明不要かも知れません。

以前桑田のブログでも別の番地でご紹介がございました、キツネのマークでお馴染み

【FOX BROTHERS】より

【GOLDEN FOX】のご紹介です。


wool100%、230-260gmsで織り上げたこちらの生地番地は、クラシックな柄使いながらどことなくモダンな雰囲気。

ジャケットは勿論ですが、個人的にはスーツでオーダーしようか検討中です。






こちらもスタッフオーダーのサンプルがございます。

物欲をかき立てられます、、、


クラシックな柄行きに、非常に繊細な色使い。

「もう少しああだったら。こうだったら。」

そんな痒いところに、しっかりと届く。


一生見ていられるんじゃないかと思わせるほどの圧巻の生地バリエーションです。


※こちらもスタッフ鈴木の動画でより生地の雰囲気をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

ブログではどうしても伝わりづらい生地の表情を、動画で少しでもお客様に伝わればと思っております。





是非ご参考にしてみて下さい。

皆様のご利用をお待ちしております。


それでは。


SHIMAMUKO


マドラスチェックのオススメ生地

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

昨日のブログにてSIMAMUKOからも紹介がありましたが、ビームス プラス 有楽町にて毎年恒例となるスポーツコートフェアを2月1日(月)~2月14日(日)の14日間開催します。

私も5年間ビームス プラス 有楽町の店舗に在籍していますが、14日間の開催は初の試み!!

そして今回は…圧巻の約800種類以上の生地のバリエーション!

国産、インポート問わず豊富な生地のバリエーションをご用意しております!


沢山生地のご用意がある中で、今回はアメリカの1950年代から1960年代前半頃のアイビースタイルを代表する生地柄である「マドラスチェック」にスポットをあてて紹介します。


「マドラスチェック」と言えばインド南西部マドラス(チェンナイ)あるいはその周辺の地域で織られた格子柄を指しますが、今回紹介する「マドラスチェック」は老舗の繊維専門商社【柴屋(SHIBAYA)】でご用意している生地になります。


生地を紹介する前に…

過去にスタッフがオーダーした「マドラスチェック」のスポーツコート(ジャケット)をチラッとお見せします・・・

ビームス プラスで提案する【Ⅰ型】をベースにマドラスチェックの生地で仕立てています。

サイズフィッティングは勿論の事、裏地、ボタン、カラークロス等もお好みに合わせてお選び頂けます。

リネン100%のマドラスチェックの生地は、汗ばむ季節にサラッと快適に着用頂けそうですね!

そして、着用する毎に生まれる袖のシワも味があって良いですよね!

ブログの最後にオーダーしたスタッフのスタイリングとオフショットがありますので最後までご覧ください!


それでは長くなりましたが、「マドラスチェック」の生地の紹介です。

先ずはリネン100%のマドラスチェック。




こちらは全てリネン100%の「マドラスチェック」になります。

コットン100%と違い毛羽感が少なく、吸水性に優れ肌に密着しないので真夏でも快適に着用いただけます。

また、着用する毎に生まれる色落ちはコットンよりも少ないので、リネン特有のシワ感を楽しみたい方にオススメです!


続きまして、コットン・リネン混紡の「マドラスチェック」です。


すべて混率は違いますがコットン・リネン混紡の「マドラスチェック」です。

リネン特有のドレープ感に、コットン特有のハリ感が合わさっており、非常に清涼感のある生地感です。

リネンは混紡しているものの、リアルマドラスの雰囲気に非常に近いので気になる方はぜひご検討ください!


最後に、、、先程紹介したスタッフオーダーのスタイリングを紹介します!

オーダーしたスタッフはビームス 町田のYOSHIZAWAです。

こちらです。


マドラスチェックのスポーツコート(ジャケット)にオックスフォードのボタンダウンシャツ、チノトラウザーズにローファーと定番のアイビースタイルを演出しています。真夏はインナーにカノコ素材のポロシャツ、ショーツのスタイリング等も良さそうです!


最後の最後でオフショットです!!


本日たまたまですが、お店に遊びに来てくれました。

凄く気さくなスタッフですので、ビームス 町田にご来店の際にはぜひ声をかけてみて下さい!

今後もブログ・スタイリング・フォトログ・インスタグラム等でスポーツコートフェアの情報を発信していきますので、ぜひチェックお願いします!!



ISHIKAWA

SPORT COAT FAIR開催のお知らせと、オススメ生地のご紹介。


いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただきありがとうございます。


島向です。


ビームス プラス 有楽町に移動し早1ヶ月が経ちました。

慣れない都会の賑やかさや、有楽町特有の?ビル風から来る寒さにも、ようやく慣れてきたのかな?

そう感じる今日この頃。


店頭では普段からビームス プラス 有楽町をご利用いただくお客様とも、徐々にお話させていただく機会が増えました。

恐縮ながら、

「静岡の時から見ていたよ。」

そんなお言葉もいただき、大変励みになっております。


皆様どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。


さて、前置きが長くなりました。

申し訳ございません。


本日はビームス プラス 有楽町では欠かせないイベント、

SPORT COAT FAIR

のご案内と、お勧め生地のご紹介をさせていただきたいと思います。




トレードマークでもある深紅のバンチで有名な、

【HARRISON of EDINBURGH】(ハリソンズオブエジンバラ)

その中でも2年前にオーダーした【Spring Ram】(スプリングラム)のネイビーブレザーが非常に気に入っております。




【Spring Ram】は、2PLY、3PLYの強捻糸をしっかりとしたウエイトに織り上げる事で、抜群の防シワ性と、耐久性が魅力的な生地です。


ジャケットのシワをあまり気にするストレス無く着用できるところは、個人的に非常にお勧めです。


また、春から秋にかけ3シーズン対応できるところも、気に入った物を長いシーズン着たい私にとっては非常に気に入っているポイントです。








また、組下で着用しているグレートラウザーズも【HARRISON of EDINBURGH】の、

【FRONTIER】(フロンティア)でオーダーした1着です。


こちらも、ハリとコシのある生地が優れた回復力を持ち、シワになりづらいのがポイント。

平織り・300gのスペックは、3シーズン着用できる事から、個人的にヘビーローテーションで着用しております。


かなり気に入った事もあり、昨年はブラウンをオーダーし、こちらも今シーズンは登板回数多めですね。。










今回は【HARRISON of EDINBURGH】のご紹介をさせていただきましたが、【SPORT COAT FAIR】では、800種類以上の生地と2種類のフィッティングから、ボタンや裏地までお客様のお好みに合わせてお選びいただけます。


開催期間は

2021.02.01(mon)〜02.14(sun)の

14日間となっております。


是非、お客様のご満足のいく1着をご提案させていただきたいと思います。

この機会に是非お立ち寄り下さいませ。




SHIMAMUKO


毎年恒例のイベント+α

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町のISHIKAWAです。

マチガイナイKUWATAのブログでも紹介がありましたが、毎年恒例のイベントが近づいてきました!

8月21日(金)~8月30日までの10日間、「ビームス プラス 有楽町」にて毎年恒例のスポーツコートフェアを開催致します

今回は、インポート生地のバリエーションも増え、充実したラインナップでご用意しております。

ぜひこの機会にパーソナルな1着を仕立ててみてはいかがでしょうか?


そして、今回はスポーツコート(ジャケット)のオーダーだけでなく、、、


スコットランドの老舗ニットメーカー<William Lockie(ウィリアムロッキー)>の受注会も同時に開催いたします。

今回は、ビームス プラスでも馴染み深い「ラムズウール」を使用したカーディガン、ニットベストの2型のカラー・サイズをお選び頂けます。


それでは・・・

ビームス プラス 有楽町スタッフの私物で幾つかスタイリングを紹介させていただきます。

先ずは当店のボス(SUZUKI)から。



SUZUKIは、以前スポーツコートフェアにてオーダーしたツイードジャケットに、ロールネックのセーターを合わせています。

ツイードジャケットにタイドアップスタイルもオススメですが、ロールネックを合わせたドレスダウンの着こなしも素敵ですね!


続いて、私(ISHIKAWA)のスタイリング。


私も過去にスポーツコートフェアにてオーダーしたコーデュロイのスポーツコート(ジャケット)に合わせました。

コーデュロイのスポーツコートをメインにカントリー調なアイテムで纏めています。

インナーに合わせたシャンブレーシャツは、経年変化により色落ちしており、そのまま5ポケットのデニムだと野暮ったくなってしまう為、オートミールカラーのクルーネックセーターを合わせてマイルドに仕上げました。


最後にYOSHIDAのスタイリング。


YOSHIDAは、タッタソールのボタンダウンシャツにVネックのセーターを合わせ、チノパン、ペニーローファーを合わせたベーシックなスタイリング。

YOSHIDA(身長170センチ)は、サイズ40(Lサイズ相当)を購入し、ややゆとりのあるサイズで着用しています。その為、パンツはYOSHIDAのように渡りが広いパンツと合わせていただくのがオススメです。


今回イベントでオーダーいただけるのは、「カーディガン」「ニットベスト」の2型ですが、、、

スタイリングを参考にしてみてはいかがでしょうか?


イベントについて何かご不明な点などあればお気軽にお問い合わせ下さい!


ISHIKAWA



【日々、スタイリング・ブログ・フォトログを更新してますので是非フォローお願い致します↓↓↓】


【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】





当店スタッフの気になる生地……

ブログをご覧頂きありがとうございます。

山田です。


当店にて好評開催中のSPORT COAT fairの

オススメ生地をご紹介します…。


STAFF 鈴木



こちらが気になる様子…。。

前回は無かったFOX BROTHERSの生地バンチの中から、かなりクラシックなムードのオリーブベースのチェックが……

鈴木はチャコールグレーのウールトロピカル生地のトラウザーズでコーディネートイメージしているようです…。



STAFF 山田



こちらの…クラシカルで品質の高いカノニコ社から。。。
ライトグレーの色や、生地感に惹かれてスーツで検討中でございます。



STAFF 吉田


吉田はSMITH WOOLLENSのシアサッカー生地…

もし、ご検討中のお客様は是非オススメしたいですね。。。



STAFF 柳井


柳井はネイビー系の3シーズン対応のファブリックが気になる様子……

ハリソンズオブエジンバラのフロンティアの生地バンチをチェックしています。

個人的にもシワに対しての回復力や生地のウェイトなどが好みです。


生地や服資材をあれこれ考えるのも、オーダーの醍醐味です。


さて…、どの生地にしましょうか。。。


Only this one!

Enjoy clothes!!


YAMADA

春夏らしい、リネンファブリック

先日からスタート致しましたSPORTCOAT FAIR。


オーダー中はこのようなシートに、お客様がお選びになった生地やボタンなどを記入したり、寸法を書き記したりしながら進めて参ります。



特に今年はインポートを中心に、より生地のバリエーションの種類が増えました!毎年開催しているSPORTCOAT FAIRですが、このように新しい生地が加わるとスタッフの皆も新鮮な気持ちになります。昨年に比べて、春夏らしい生地バリエーションが揃った<W.Bill>に、英国の名門である<FOX BROTHERS>など、ご覧になって頂きたいものばかり。


また今年も自分のオーダーは何にしようか悩んでいるのですが…その中でも私が気になっているのがこのあたり。


春夏らしいリネンファブリック。

国産のリネンキャンバスという生地で、リネンらしく軽くて透け感もあるので、かなり涼しげな印象です。


中でもブラウン系にしようかと検討中…


またこちらも国産の生地なのですが、


先程の生地に比べても経年変化も感じれそうな良い雰囲気です…


カラーバリエーションも豊富です。これを見てると、オリーブ系も良いなぁと思ったり…


そして、冒頭でもご紹介したインポート生地の<W.Bill>のFINE IRISH LINENSという一冊にもこれまた良い生地が…


先程の2種類に比べるとややウェイトが重いですが、このブラウンの色目がとても気に入っております。


ここに明るいホーンボタンを合わせて…などイメージしています。



もちろん今紹介した生地以外にも豊富にご用意しておりますので、ご用途に合わせて提案させて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい!




YOSHIDA



先日から〈BEAMS PLUS 2020 SPRING&SUMMER ORIGINAL COLLECTION〉のLOOKが公開となりました!




【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】



ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho

「SPORT COAT FAIR」まもなく。

ビームス プラス 有楽町でもシーズンの始まりと共に開催している恒例のイベント


それが、スポーツコートフェアです。

先日桑田のブログでもご紹介しておりましたが、今年は2/7(金)〜16(日)の10日間… もう開催まであと3日です。


毎年この時期になるとスタッフ間では、今年はどんな生地にしようか…とか、ここのサイズ感が…など話題に多く上がります。


生地は今回も200種類以上のラインナップからお選び頂けるのですが、何ともこれが一番の悩みどころ。

いざ見てみるとどれも良くて目移りしてしまう…なんてことも。



ということで本日はBEAMS PLUSスタッフの過去のオーダーを一部ご紹介。


是非イメージの参考になればと思います。


まずはウィンドウディスプレイでもあったマドラス・ベージュのコットンスーツなどと同じく、夏のアメリカンスタイルとしても定番であるこちら!

こちらは関西のBEAMS PLUSスタッフの昨年のオーダー、SAX×WHITEのシアサッカーストライプです。

なんとも涼しげな印象。生地は綿100%です。


裏地は背抜きにし、無地のホワイトのキャプラを選んでいます。裏地は予めご用意のある中からお客様自身で選んで頂けます。※別途料金がかかるものもあります。

モデルはパッチ&フラップポケットのI型。

センターフックドベント

袖口のボタンも数十種からお選び頂けます。

もちろんトラウザーズもオーダー可能で、このスタッフは共生地でオーダー。


上下合わせての着用はもちろん、それぞれ単品使いでもいいですね!


SPORTCOAT FAIRで何か不明点や伺いたいことがあれば、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。


この機会に是非ご来店をお待ちしております!


YOSHIDA



【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】



ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho

有楽町・丸の内出身!?

本日は、発売予定のバッグを紹介します。

こちらです。


BRIEFING×BEAMS PLUS/別注 NEO SOLUTION BRIEF
カラー:BLACK、NAVY
サイズ:フリー
価格:¥28,000+税
商品番号:11-61-2353-106

以前YAMADAもブログでご紹介させて頂きましたがブリーフィングにビームス プラスが別注をしたNEO SOLUTION BRIEFが。こちらのバッグはビームス プラス 有楽町にご来店頂いているお客様のお声を参考にして、当店にて試行錯誤の末に生まれた商品です。以前、ご好評いただいていたSOLUTION BRIEFのアップデートバージョンになります。サンプルが店頭に届きましたので実際に物を入れて使ってみました・・・


外側のジップを開けていただくと中はオーガナイザーポケットになっております。こちらには写真の様にスマートフォンや手帳、ボールペン等をバランスよく収納いただけるようになっております。


さらに、下のジップを開けていただければ・・・折り畳み傘やペットボトルもきれいに収納頂けるようになっております。写真のようにスマートフォンを入れ、すぐ取り出せるように収納するのも良いかも知れません。

メインジップを開けていただくと・・・


ipadやノートパソコンを収納できるスペースが確保されていたり、書類や新聞、雑誌等もしっかり収納いただくことができます。ただ収納できるだけでは無く、仕切りがちゃんと備わっていたり、PC収納部分にはクッション材を内蔵している為 安心して持ち運びいただけます。




スポーツコートフェアも間近に迫っているので、当店のスタッフスタイリングと合わせてご覧ください!

先ずはKUWATAから・・・

スポーツコートフェアでオーダーしたネイビースーツにネイビーカラーのNEO SOLUTION BRIEFを合わせています。

続きましてYAMADAとISHIKAWAはブラックカラーを合わせました。




ぜひ、参考にしてみては如何でしょか!?気になる方はお気軽にお問い合わせください!


ISHIKAWA


マチガイナイ SPORT COAT FAIR(2月7日(金)〜2月16日(日)開催まであと10日です。

本日は、ビームス プラス 有楽町 で開催する、春夏シーズンに向けたSPORT COAT FAIRのお知らせです。



開催期間は、2020年
2月7日(金)〜2月16日(日)の10日間です。



ビームス プラス 有楽町 はSPORT COAT FAIR の開催に向けて着々と準備が進んでいます。


2020年春夏シーズンのI.J.Iunit製のブレザー、スーツを早速店頭にご用意いたしております。




私は何をオーダーするか悩み中ですが、自分専用の型で自分好みの生地で金ボタンのネイビーブレザーも良いなと・・・





オーダー用の生地がお店に届きましたら、また悩み始めることは・・・マチガイナイ。


スポーツコートフェアについて、お気軽にビームス プラス 有楽町 にお問い合わせくださいませ。

ご来店、お問い合わせをお待ちいたしております。

KUWATA

残り2日間!!SPORT COAT FAIR ~9/1(日)@ビームス プラス 有楽町

SPORT COAT FAIR ~9/1(日)@ビームス プラス 有楽町も残すところあと2日間となりました。

今年も多くの方からオーダーを頂き、スタッフ共にあれやこれやと盛り上がりを見せております。

ブログでも既にご紹介がありましたが、今年は特にツイード生地がバリエーション豊富に取り揃えており、国産・インポート共にご用意がございます。





本日はインポートの生地バンチから、STAFF ISHIKAWA推しの”HARRIS TWEED“と、STAFF KUWATA推しの”W.BILL SHETLAND TWEED”をご紹介。



STAFF ISHIKAWA着用のツイードのスポーツコートは、数年前にハリスツイードの生地でオーダーした一着です。









粗野感ある紡毛の生地感は、生地のタフさと温かみを感じさせてくれます。

既に何年も着続くけていますが、未だに生地のダメージを感じさせず、年々経年変化を楽しんでいます。

目の詰まった生地は、とても温かく、アウターとしても十分活躍してくれます。

まだ時期的には少し先ですが・・・BEAMS PLUSで定番のシェットランドニットとのコーディネートが毎年のお楽しみとの事。




定番のヘリンボーン織りから・・・


クラシカルな千鳥格子・・・



ミックス調のソリッドまで、今年はご用意ができました。






続いて、


STAFF KUWATAが着用しているのはW.BILL SHETLAND TWEEDから、ベーシックなグレーヘリンボーンのスポーツコート。









昨年オーダーし、ツイードなのにとても柔軟性に富んでおり、どこか上品さも感じさせる生地となっています。

そもそもシェットランドの羊は・・・本来羊は牧草を食べるのに対し、島の土地柄でシェットランドでは乾草や海藻を食料としているとの事。

食物と環境の影響により、アルパカのような柔軟性と肌触りが特徴的です。

KUWATA曰く、ツイード本来の粗野感は感じさせつつも、生地の軽さや着用時のエレガンスさがマチガイナイとの事です。





W.BILL SHETLAND TWEEDからも様々な生地色、生地柄のツイードをご用意しております。


それぞれの生地の特徴や良さはもちろんあり、正直自分もどちらの生地でオーダーしようか、ギリギリまで悩んでいます。

気になる方は9/1(金)まで開催していますので、是非、ビームス プラス 有楽町へご来店下さい。



皆様のご来店お待ちしております。




YANAI





【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】





《ビームス プラス 20周年を記念して、その20年の軌跡と未来を20分に凝縮したドキュメンタリー「What is BEAMS PLUS?」を公開


ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho

SPORT COAT STAFF STYLING

絶賛開催中のSPORT COAT FAIR ~9/1(日)@ビームス プラス 有楽町は残り7日間となりました。







過去にオーダーしたスポーツコート(ジャケット)、スーツを着用し、スタッフ間でも今回何をオーダーするか各々検討中です。

本日はそんなスタッフのスポーツコートのスタイリングをご紹介します。




STAFF TAIJI


ボタンダウンシャツにボウタイとオーセンティックなスタイリングに、オリーブのミリタリーパンツを合わせたスタイリングです。グレートラウザーズやチノトラウザーズとは違い、男臭さもプラスされたTAIJIらしいスタイリングです。




STAFF MATSUOKA

同じくネイビーブレザーをベースに、ベーシックなスタイリングです。タイドアップしたスタイリングですが、ニットタイに洗いざらしのチノトラウザーズ、ペニーローファーとスポーティなスタイリングです。アイビーらしい雰囲気を楽しんだスタイリングです。




STAFF KUWATA



カジュアルのスタリングに、軽快にネイビーブレザーを羽織ったコーディネートです。タイドアップせずとも、気兼ねなく着用できる点は、ネイビーブレザーの汎用性の高さを感じさせます。




STAFF YAMADA




昨年オーダーしたグレンチェックのスーツは、生地柄が抑えられており、落ち着いた印象で使えるとのこと。全体的にモノトーンでまとめ、クリーンなスタイリングにまとめています。今回も様々な生地スワッチをご用意しておりますので・・・気になる方は是非YAMADAの意見もご参考にしてみて下さい。




STAFF YOSHIDA


YOSHIDAお気に入りのコーデュロイのスポーツコートは、着用感が出始め、生地の表情が良くなってきています。チノトラウザーズ、デニム、ミリタリーパンツ等、様々なパンツに合わせられ、ネイビーブレザー同様に秋冬では汎用性がとても高いスポーツコートです。生地の粗野な雰囲気を楽しみつつ、ホワイトのコットントラウザーズでバランスを取ったとの事です。




STAFF ISHIKAWA

ツイードのスポーツコートを着用し、ミリタリートラウザーズ、ロングウィングと男臭いスタイリングに、ISHIKAWAらしくボウタイで華やかさをプラスしています。重厚なツイード生地は、一着あれば永く着用が楽しめ、年々経年変化も楽しめる一着との事です。時期が来ればニットのコーディネートも楽しめるISHIKAWAオススメの生地です。




今回、ご用意できたHARRIS TWEEDの生地や、秋冬では定番のコーデュロイ生地、BEAMS PLUSでは欠かす事の出来ないネイビーブレザー等々。

お好みの生地、フィッティング、ボタン、裏地をお選び、オーダー頂けます。


ほんの一部のスタイリングですが、過去にオーダーしたスポーツコート・ジャケットを着用し、毎日コーディネートを楽しんでいます。

気になる生地や、コーディネートの仕方等々・・・少しでも気になる方は是非ビームス プラス 有楽町へご来店・お問合せ下さい。





しつこいようですが・・・9/1(日)までです。

皆様のご来店お待ちしております。




YANAI





【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】





《ビームス プラス 20周年を記念して、その20年の軌跡と未来を20分に凝縮したドキュメンタリー「What is BEAMS PLUS?」を公開


ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho

遂に始まりました!

遂に本日からスタートしたスポーツコートフェア。


初日から大盛況です!

展示スペースには過去のスタッフのオーダーもレイアウトしております。

生地の仕上がりのイメージはもちろん、ボタンや裏地の組み合わせなどの参考にも。

改めてこうしてみると普段店頭には並ばない、イベントならではの生地を選んでいるスタッフが多いですね。

昨シーズン人気だったコーデュロイは今年も盛り上がりそうです。


国産の生地ではハウンドトゥースやタータンチェックなどの柄のバリエーションも豊富で、スポーツコート(ジャケット)単品はもちろんパンツでオーダーしてみるのも面白いと思います。

クラシックな色・柄のハリスツイードも今年は数十種類の中からお選びいただけます。

ボタン選びも頭を悩ませる部分ですが先程のスタッフのオーダーサンプルを参考に選ぶお客様も。


スタッフと相談しながら、ゆっくりと選んで下さい。


これからもブログやInstagramなどで紹介していきますので、是非そちらもチェックしてみて下さい!



ご来店お待ちしております。



YOSHIDA



【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】





《ビームス プラス 20周年を記念して、その20年の軌跡と未来を20分に凝縮したドキュメンタリー「What is BEAMS PLUS?」を公開


ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho


明日からスポーツコートフェア開催!

毎年恒例のスポーツコートフェア。遂に明日8/23(金)より開催致します!


先日の石川や桑田のブログでは、ハリスツイードやコーデュロイの素材をご紹介しましたが、私からは毎回需要の多いグレーやネイビースーツについてご紹介。


まずはこちら


前回のスポーツコートフェアで私がオーダーしたチャコールグレーの生地。パンツと合わせてスーツでオーダーしたモデル。


生地は以前もブログでご紹介したインポート生地の

「HARRISONS OF EDINBURGH」の「FRONTIER」という生地スワッチから選びました。




チャコールグレーの色味にわずかに起毛感のある生地で、長年着用できるベーシックな一着をオーダー。


アメリカントラディショナルの雰囲気を感じるワードローブとして、ALDENのような無骨なアメリカンシューズとのスタイリングをイメージして選びました。


私自身今年で30歳の節目を迎えるということで…このスーツが似合う雰囲気になろうという気持ちも込めて。


気になるプライスですが、例えば同じ生地スワッチから選んだ場合。こちらはⅡ型と呼ばれるモデルでオーダーしているので


ジャケットで¥87,264(税込)〜、


パンツで¥52,652(税込)〜オーダーが可能です。


※サイズや選ばれた裏地やボタンによってプライスは上がる場合もございます。



期間は9/1(日)まで。


是非ビームス プラス 有楽町までお越しください!



YOSHIDA



【ビームス プラス 有楽町の情報をいち早くご覧になりたい方は是非TOPページからフォローをお願い致します!】





《ビームス プラス 20周年を記念して、その20年の軌跡と未来を20分に凝縮したドキュメンタリー「What is BEAMS PLUS?」を公開


ビームス プラス 有楽町 公式Instagram

@beams_plus_yurakucho