スタッフ「吉田 淳」の記事

REMI RELIEFのウエスタンシャツ

REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITIONまであと5日となりました!


本日は以前ご紹介したREMI RELIEFのアイコンとなる“ウエスタンシャツ”のオーダー内容について少し…



まずボディはデニムの加工パターンの異なる4種類から選びます。

※写真はイメージです


次はサイズを選びます。

メンズはS~XXXLまでと、通常販売のない大きいサイズもご用意。

そして今回もレディースサイズのご用意もございます!


加工感に加えて身体のラインを綺麗に見せるこのシルエットが何よりの魅力ではないでしょうか。


サイズ感に至ってはトレンドによって左右されることもありますが、ウエスタンシャツ特有の少しタイトなフィッティングや、タックインも可能なバランスなど、普遍的な格好良さがあります。



タックインでの着用を繰り返す事で出来てしまう?ような色落ちもポイント。ここまでやっているブランドは他には無いように思えます。



ボディが決まったら次は背面のカスタムです。
ウエスタンシャツ特有のバックヨークが施された背面に刺繍を入れる事が出来ます。


今回はこの背面のカスタムを含めた新しいパターンが登場。

チェックやコーデュロイ生地のパッチを付けられるカスタム内容です。

どんなデザインかは当日までのお楽しみに…

前回に引き続きボタンの変更やポケットのデザインも選ぶことが出来ます。



ボディに施せるカスタムパーツも新しいデザインが加わっています。

こちらも是非楽しみにしていてください!

※写真は今回のカスタム内容とは異なります。



この機会に是非ビームス プラス 有楽町までお越し頂ければと思います!!



YOSHIDA



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

REMI RERIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 開催まであと9日…

連日お知らせしておりますREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITHONまであと9日となりました。




本日は前回のウエスタンシャツに続き定番でありながら、カスタムオーダーでは初のラインナップとなる“MILITARY SHIRTS”の魅力を少し…



REMI RELIEFでは定番アイテムであるこのミリタリーシャツ。ヴィンテージさながらの加工が施された薄手のバックサテン生地に、スッキリとしたシルエットが特徴の一着となっており、今回のオーダーのベースの型となります。


写真は今シーズンのBEAMS PLUS別注で作製したもので、現在も店頭でご覧頂けます。



シープスキンをサークル状のスタッズで止めてアクセントになっています。今回のオーダーでもこのようなスタッズのカスタムが実現するかも…しれません。



薄手の生地に加え胸ポケットのボリュームも抑えており、ミリタリーウェアながらも野暮ったく見えないポイントとなっています。



最大の魅力である生地は、バックサテン特有の白っぽく退色した経年変化を感じる加工感。シンプルなデザインだからこそ生地の風合いが活きています。
カスタムオーダーでは他にどんな生地が登場するのでしょうか…!



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



このページを見てしまうと、よりイベントが楽しみになってしまいますね!


詳しい内容はまた少しずつこのブログでご紹介していきますので、お楽しみに!!


YOSHIDA


REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


REMI RERIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 開催まであと13日…



今年も有楽町で開催のREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITHON。

開催まであと13日…少しずつREMI RELIEFについてお話ししていければと思います!


まずはこのブランドのアイコンでもある“ウエスタンシャツのコダワリ”を少し…



何度も何度も試行錯誤を繰り返して作られたというREMI RELIEFの代表的なアイテムであるこのウエスタンシャツ。

通常縦糸にインディゴ糸、横糸に白糸を用いるのですが、横糸をカーキ色にして打ち込む事で、特有のデニムの深みやヴィンテージ感を演出しています。



そして職人の手作業による“擦り”の工程により糸の表面のみ色が落ちていきます。エコブリーチや薬品での加工では表現出来ない、まさにREMI RELIEFの熱とこだわりがこの一枚に詰まっています。



実際着用していたら擦れてダメージが出るであろう襟先や袖も自然な加工感です。





ブランドがスタートして約10年。今も尚、お客様に愛されている理由はこのような所にあるのだと思います。

ブランドを象徴するアイテムだからこそ、ウエスタンシャツは毎年開催されるカスタムオーダーエキシビションには必ずご用意しております。

REMI RELIEFの魅力を少しずつこのブログでお伝えしていきますので、お楽しみ頂けたらと思います!








(※写真は今年のオーダー仕様とは違います。)



YOSHIDA



BEAMS PLUS 2018 Spring&Summer特設サイト



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム