スタッフ「吉田 淳」の記事

コーデュロイのスポーツコート

本日は今年更に盛り上がりを見せそうなこちら。

私も大好きなコーデュロイです。


STAFF:ISHIKAWA


No.11-16-1165-803

BEAMS PLUS コーデュロイ 3ボタン ジャケット

サイズ:S~XL

¥32,000+TAX


秋冬のアメリカンスタイルには欠かせないコーデュロイのスポーツコート(ジャケット)。

ここ数年で少しずつ人気も上がってきて…今年は更に盛り上がりそうな予感…!


フランス製の生地を使ったこのコーデュロイは柔らかく上品な印象。自然なストレッチ製もあり着心地も良く、タイドアップはもちろんカジュアルなスタイリングでも活躍するはずです。



スタッフのスタイリングも他者多様。

YAMADAはボウタイで。




SUZUKIはハンチングも取り入れクラシックな印象。


私YOSHIDAはクリケットベストにカットソーでカジュアルに。




スタイリングの幅が広がる1着です!


共生地のベスト、パンツもラインナップしております。


気温も下がってきたこの時期に、新しいワードローブとしていかがでしょうか!



YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


LOOPWHEELERが待望の再入荷!

遂にこちらが再入荷。


日本が誇るスウェットメーカー LOOPWHEELERのBEAMS PLUS別注シリーズが出揃いました!


毎シーズン追加オーダーをしながらも、早々に店頭から姿を消してしまう人気ブランド…特にBEAMS PLUSが別注しているミドルウェイトの程よい厚さと柔らかい生地。さらにシルエット良さが人気の理由かと思います。一度手にしてしまうとなかなか離れられない、そんなスウェットです。


スリムフィットが美しい定番のクルーネックとジップパーカーに




スリムフィットとは異なるリラックスしたフィッティングが特徴のボートネック。


幅広いシーズンで活躍する別注の薄い裏毛を採用したカーディガン。


昨シーズンからシルエットが変更され、ややスリムになったスウェットパンツ。


今なら店頭にてフルラインナップがご覧いただけます!


昨年、もしくは春夏で買い逃してしまった方は絶好のチャンスです。


ぜひご来店お待ちしております!!


YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

ROWING BLAZERS別注ラグビーシャツ



2018年春夏シーズンよりBEAMS PLUSでの取扱いがスタートしたROWING BLAZERS。


現在開催中のローンチイベントから、ROWING BLAZERSの定番のラインナップの1つであるラグビーシャツにBEAMS PLUS別注がリリースされております!





デザイナーのジャック・カールソン氏は何ヶ国ものラグビーシャツを研究してものづくりをしております。


今シーズンは、店舗でもチラホラ見かけるようになったラグビーシャツ。

ただROWING BLAZERSのラグビーシャツは一味違います…!!

ある国のラグビースクールのハウスジャージーがモデルとなっているそうで、襟の仕様がバンドカラーになっています。

写真のように、ボタンダウンシャツとのスタイリングでも襟元をコンパクトに見せる事が出来るところが気に入っているポイントです。


胸元に大きく施されたスカルのサテンステッチも主張しすぎずいいアクセントになっています。

生地はオーセンティックな12ゲージで編み立てられたコットン素材。バーガンディ×ネイビーのカラーリングがBEAMS PLUS別注カラー。


袖口もリブではなくカフスの仕様となっており、ロールアップして着用しやすいのもポイントです。


もちろん別注以外のラインナップも。



この機会に是非お待ちしております!!






YOSHIDA


★お知らせ★

9/20(木)〜25(火)までBEAMS CLUB CARDのダブルポイントキャンペーン開催決定!


合わせてこちらも開催決定(こちらは24日まで)!



BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

GELTというモデル

MOSCOT TRUNK SHOWも残りあと2日…



本日はこのTRUNK SHOWのみの取扱いである“GELT”というモデルをご紹介。


実はこちら、人気モデルの“LEMTOSH”と瓜二つ。ウェリントン型にキーホールブリッジ、カシメの形状などかなり似通っています。私も最初は違いが分からなかったのですが、かけてみると…ちょっとした違いに気が付きました。





まずこちらが“LEMTOSH”


こちらが“GELT”

よく見るとGELTの方がブリッジ、リムの繋がりがやや直線的になっています。着用した時はGELTの方がやや力強い印象。特に私は眉も濃く、直線的なので目元がより強い印象に…となると自分には少し丸みもある“LEMTOSH”の方が合っているのかな…と感じました。


逆に目元の印象を強めたい方は良いかもしれません。アイウェアとしてスタイリングのアクセントになるでしょうし、普段LEMTOSHを愛用している方でも、自分にしかわからないちょっとした違いを楽しんで頂けるモデルではないかと思います。


このようなモデルを選べるのもTRUNK SHOWならでは。


ぜひお待ちしております。


YOSHIDA


★お知らせ★

9/20(木)〜25(火)までBEAMS CLUB CARDのダブルポイントキャンペーン開催決定!


合わせてこちらも開催決定(こちらは24日まで)!




MOSCOT TRUNK SHOW 9/7(金)~17(月)までの開催です。


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

TRUNK SHOWならではの…

本日も好評開催中のMOSCOT TRUNK SHOWから。


連日お伝えしてきた人気モデルのLEMTOSH、MILTZENはもちろんですが、今回はTRUNK SHOWならではのアイテムをいくつかご紹介。

まず、こちらはMOSCOT Spiritから“BREE”というモデル。普段BEAMS PLUSでは取扱いのないイベントならではのモデルです。


ボストンとウエリントンの中間のような形で、かつ細身のフレームとなっております。




大きな特徴はこのテンプルまで伸びたメタルパーツで、横から見るとより一層シャープな印象。フレームのトータスカラーと相まって良い雰囲気です。


お次は“ZOLMAN”というラウンド型。雰囲気がガラッと変わりそうですね。




人気モデル“MILTZEN”サングラスもこのようなカラーフレームもラインナップ!!


気分が上がるカラーですね。



TRUNK SHOWならではのモデルを是非ご検討下さい。



お待ちしております!



YOSHIDA



MOSCOT TRUNK SHOW 9/7(金)~17(月)までの開催です。


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

MOSCOT TRUNK SHOWスタート!

アメリカで創業し、100年以上の歴史をもつ老舗アイウェアブランド MOSCOT。


遂に明日9/7(金)から17(月・祝日)まで、約100種類のバリエーションからオーダーが出来る“MOSCOT TRUNK SHOW”が開催されます!!


ご覧下さい!このバリエーションの数…








人気モデルのLEMTOSHもこのカラーバリエーション。普段2〜3色の取り扱いのモデルですが、このイベントでは豊富なカラーバリエーションに加えサイズも指定の中から選び、オーダーする事が出来ます。


BEAMS PLUSではお馴染みのMOSCOT Originalsのラインナップはもちろん、ブランドらしさを引き継ぎつつも、MOSCOT独自のカラーフレームやテンプルチップに付いたメタルエンドキャップなどが特徴のMOSCOT Spiritまで豊富なラインナップでお待ちしています!


先着でノベルティもございます。

※数には限りがございます。ご了承下さい。



日々MOSCOTを愛用しているISHIKAWAもこの表情…


数少ない機会ですので、是非ビームス プラス 有楽町までお越し頂ければと思います!


YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

KENNETH FIELDのマルシェジャケット

本日もKENNETH FIELDより新作のご紹介です!

KENNETH FIELDの新型マルシェ ジャケット。こちらのジャケットはシェフのユニフォームであるコックジャケットをベースにしており、この度コーデュロイでリリースされています。


カーキ?マスタード?のような独特なカラーリングの細畝のコーデュロイ。シルエットもスッキリとしたKENNETH FIELD流のモダンな仕上がりです。


クラシックなスポーツコート(ジャケット)などもリリースしている同ブランドのラインナップ中でもユニークなアイテム。普段からスポーツコートを愛用し、紹介している私達もスタイリングが楽しみな一着。


10個のボタンからなるフロントはダブルブレステッド風にスタイリングしても格好良いのではないでしょうか。


以前はパッチポケットでしたが、こちらのモデルは仕様が変更されております。胸元のポケットから覗くチェック地が遊び心を感じます。

背面の腰部分にはパッチポケットが。


入荷はごく少量でしたので、気になる方はぜひ当店までお問い合わせ下さい。


お待ちしております。



YOSHIDA


MOSCOT TRUNK SHOW 9/7(金)~17(月)まで開催致します。


9/7(金)~17(月)の開催です。


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

KENNETH FIELDのシャツジャケット

本日はこちらのブランドから。



度々ブログでもオススメしているブランド KENNETH FIELDより新作が入荷しております。


一枚仕立てで軽く羽織れるイージージャケット。


オープンカラーシャツを型紙ベースとし、襟が切り替えしになっているデザイン。これにより、写真のように羽織りとしても着用しやすくなっております。


柄合わせされたポケット。


袖には襟と同じ生地のパイピングが施されています。


生地違いのオリーブもご用意がございます。


ジーンズと合わせてラフな印象でスタイリングしています。こちらは襟が総柄になっており、オリーブのリップストップ生地ながらも武骨な印象を和らいでいます。シャツでなくカットソーとの組み合わせも良いですね。


季節の変わり目にぜひ試して頂きたいアイテムです。


そして、そんな彼らが合わせているアイウェアですが…


New Yorkの老舗アイウェアブランドMOSCOT。


こちらのイベントが迫って参りました。アメリカンな雰囲気を楽しみたい方は要注目です。


9/7(金)~17(月)の開催です。


こちらもお待ちしております!



YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

明日8/26(日)はオーダー最終日です!

連日紹介しておりましたSPORT COAT FAIRも、遂に明日8/26(日)が最終日となりました。


店内に陳列されている、過去にスタッフがオーダーしたスポーツコート(ジャケット)やスーツ。こちらをオーダーの参考にされる方もいらっしゃり、私達としても嬉しい限り。スタッフ同士で言葉を交わしながら決めた、思い入れのあるアイテムばかりです。


そんなオーダーイベントも明日が最終日。






BEAMS PLUSの提案するスポーツコート。60年代のアメリカをイメージとするボックスシルエットに細めのラペルなど、日本人に適したこのモデルはお客様のワードローブとして長くご愛用して頂けること間違いありません。


最終日は混雑する可能性もあるため、時間に余裕をもってお越し頂ければと思います!










ビームス プラス 有楽町にて皆様のご来店をお待ちしております!



YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

スポーツコートとボタンダウンシャツ

今週末の26日(日)までの開催となりましたSPORT COAT FAIR。毎年恒例のイベントであり、スポーツコートはBEAMS PLUSには欠かせないワードローブの1つです。


さらに私たちが合わせるウエアとして、まず提案させていただいているのが“ボタンダウンシャツ”。

BEAMS PLUSでは毎シーズン同じ型紙で作製しており通年店頭でご覧いただけます。そしてタイドアップだけでなく、写真のようにネクタイをしないカジュアルなスタイリングもオススメです。


現在開催中のSPORT COAT FAIRで最も楽しい時間であり、最も頭を悩ませる生地選びを、“合わせるボタンダウンシャツ”を基準に選んでみるのはいかがでしょうか。


例えば、この夏イエローのシャツを気に入って良く着ていた…のであればブラウンのコーデュロイを選びカジュアルなスタイルに。

良い感じに色が落ちてきたしてシャンブレーシャツにスポーツコート、さらにジーンズを合わせて…

ブルーのロンドンストライプは軽いタッチのウールフランネルを選び、金ボタンでブレザーに…など

お持ちのワードローブに合わせて選んでみるとよりスタイリングのイメージも広がります。店頭で合わせて頂くと尚良いと思います。


残り3日、ぜひビームス プラス 有楽町へお越しください!







YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


SPORT COAT FAIRスタート!

連日ご紹介しておりました、SPORT COAT FAIRが本日よりスタートしております!

初日から大盛況。


紹介したい生地がたくさんあるのですが…その中からほんの一部ご紹介したいと思います。


ブリティッシュな雰囲気のタータンチェックはブラックウォッチだけでなく数種類ラインナップしております。


イベントならではの生地を選ぶのも良し、パンツ単品のオーダーというのもやってみたい生地ですね。


クラシックな印象のグレンチェック。こちらはコットンとウールの混紡です。


定番のグレーベースだけでなく、ブラウン、ネイビーのラインナップもイベントならでは。


私も昨年オーダーしたコーデュロイ。今年もバリエーションは多く、盛り上がりそうな予感…!



生地だけでも悩みは尽きませんが、是非直接ご覧頂ければと思います!


お気軽にお問い合わせください。


YOSHIDA




スポーツコートオーダー スタッフサンプル

さて開催がいよいよ今週の金曜日と迫って参りましたSPORT COAT FAIR。



年に2回開催の恒例のイベントですが、この時期が来ると次はどんな生地にしようか…モデルは…など、楽しみながら頭でイメージを膨らませています。


そこで皆様にもイメージがしやすいように、当店ウインドウディスプレイには過去のスタッフのオーダーがズラリ…


また当店の「フォトログ」や「スタイリング」でもスタッフの過去のオーダー品やスタイリングをアップしています。是非皆様のオーダーの参考になれば…と思っております。

アメリカントラディショナルには欠かせないネイビーブレザーや



チャコールグレーのスーツ。






スタッフの個性がシャツやタイの組み合わせに現れている所も面白いですね。


もちろん秋冬の代表素材のコーデュロイや




ブラックウォッチなどの柄物




スポーティな印象のツイードも秋冬のワードローブとしていかがでしょうか?

事前に全体的なイメージすると当日の生地選びがスムーズになるかもしれません。合わせるシャツやタイなどご自身のワードローブを想像しながら選んでみて下さい。


ちなみに、私はフランネルのネイビースーツとツイードのスポーツコート(ジャケット)で悩んでいるところです…


ぜひ、お待ちしております。




YOSHIDA


BEAMS PLUS 2018FWのオフィシャルコンテンツも是非ご覧下さい。



8/12(日)はオーダー最終日です!

遂に明日8/12(日)が最終日となりましたREMI RELIEF CUSTOM ORDER。


大変好評頂いているこのイベント。皆様色々悩みつつも楽しそうにオーダーをされております!


先日のブログでもご紹介したアワードジャケット(通称スタジャン)が大変好評です。


冬のアウターとしてお考えの方はメルトンボディでのオーダーがオススメです。


左胸に施された「B」と「R」のワッペンはBEAMS PLUSとREMI RELIEFの頭文字で、カスタムオーダーならではのスペシャルワッペンです!共に施されたスポーティな刺繍も良い雰囲気で、お客様からも好評です。


もちろん他の種類も豊富にございます。悩みますね!


中綿入りの裏地キルティングです。こちらにはジャカードで写真のような刺繍を入れる事も可能です。フロントのワッペンと相まってスポーティーな雰囲気がグッと強まります。


リブのラインも1本、2本、ネイティブ柄と選ぶことができ、カラーもホワイト、イエロー、レッドの3種類です(ラインなしも可能です)。


例えばボディをコーデュロイ、中綿をなしを選択すれば生地感も軽く仕上がるので、秋の羽織りとしてのイメージでのオーダーも面白いと思います。


ミリタリーシャツもタイガーカモのパターンが好評です。




ウエスタンシャツもより加工感を味わえるリペアボディや新しい刺繍のパターンまで。


ご検討されている方は8/12(日)に是非ビームス プラス 有楽町まで!


お待ちしております。

YOSHIDA



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


アワードジャケット遂にお披露目!

本日からスタートしたREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION。


今回はオーダーイベントのみのスペシャルアイテムであり目玉のこちら!




アワードジャケット(通称スタジャン)が遂にお披露目となりました!懐かしい雰囲気も漂いつつ、ただただ格好良い仕上がりです。


簡単にオーダー内容を説明致します。



ボディを3種類の生地からお選び頂けます。


まずは先程の写真でスタッフYAMADAが着用しているのがサテン。


続いてスタジャンらしいメルトン。


そしてコーデュロイ。REMI RELIEFの加工感が活きる生地ではないでしょうか。


続いてはカスタムパーツ。このオーダーイベントの為に作成されたワッペンがズラリ!


ワッペンのカスタムに加えリブのラインを選んだり、ライニングにジャカードや中綿を入れたり、ボタンを選んだりと豊富なバリエーションでご用意。


バックのデザインまでもがカスタム可能です。

このようにウエアをカスタム出来るイベントなんて滅多にありません。


個人的にはヴィンテージのものや過去にBEAMS PLUSでオーダーした物などたくさん格好良いアワードジャケットを見てきましたが、今回のREMI RELIEFのアワードジャケットはヴィンテージさながらの雰囲気ながらも非常に軽く、腕周りも動かしやすいので非常にオススメです!

雰囲気と着心地が良いバランスで融合しています。



ましてやこんなデザインも。



本来のスポーティな雰囲気とは少し違ったカスタム内容も。



スタッフ一同お待ちしております。





YOSHIDA



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

REMI RELIEFのウエスタンシャツ

REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITIONまであと5日となりました!


本日は以前ご紹介したREMI RELIEFのアイコンとなる“ウエスタンシャツ”のオーダー内容について少し…



まずボディはデニムの加工パターンの異なる4種類から選びます。

※写真はイメージです


次はサイズを選びます。

メンズはS~XXXLまでと、通常販売のない大きいサイズもご用意。

そして今回もレディースサイズのご用意もございます!


加工感に加えて身体のラインを綺麗に見せるこのシルエットが何よりの魅力ではないでしょうか。


サイズ感に至ってはトレンドによって左右されることもありますが、ウエスタンシャツ特有の少しタイトなフィッティングや、タックインも可能なバランスなど、普遍的な格好良さがあります。



タックインでの着用を繰り返す事で出来てしまう?ような色落ちもポイント。ここまでやっているブランドは他には無いように思えます。



ボディが決まったら次は背面のカスタムです。
ウエスタンシャツ特有のバックヨークが施された背面に刺繍を入れる事が出来ます。


今回はこの背面のカスタムを含めた新しいパターンが登場。

チェックやコーデュロイ生地のパッチを付けられるカスタム内容です。

どんなデザインかは当日までのお楽しみに…

前回に引き続きボタンの変更やポケットのデザインも選ぶことが出来ます。



ボディに施せるカスタムパーツも新しいデザインが加わっています。

こちらも是非楽しみにしていてください!

※写真は今回のカスタム内容とは異なります。



この機会に是非ビームス プラス 有楽町までお越し頂ければと思います!!



YOSHIDA



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム

REMI RERIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 開催まであと9日…

連日お知らせしておりますREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITHONまであと9日となりました。




本日は前回のウエスタンシャツに続き定番でありながら、カスタムオーダーでは初のラインナップとなる“MILITARY SHIRTS”の魅力を少し…



REMI RELIEFでは定番アイテムであるこのミリタリーシャツ。ヴィンテージさながらの加工が施された薄手のバックサテン生地に、スッキリとしたシルエットが特徴の一着となっており、今回のオーダーのベースの型となります。


写真は今シーズンのBEAMS PLUS別注で作製したもので、現在も店頭でご覧頂けます。



シープスキンをサークル状のスタッズで止めてアクセントになっています。今回のオーダーでもこのようなスタッズのカスタムが実現するかも…しれません。



薄手の生地に加え胸ポケットのボリュームも抑えており、ミリタリーウェアながらも野暮ったく見えないポイントとなっています。



最大の魅力である生地は、バックサテン特有の白っぽく退色した経年変化を感じる加工感。シンプルなデザインだからこそ生地の風合いが活きています。
カスタムオーダーでは他にどんな生地が登場するのでしょうか…!



オフィシャルサイトでも、REMI RELIEFの商品に対する熱をデザイナーの後藤 豊氏が語って下さっています。



このページを見てしまうと、よりイベントが楽しみになってしまいますね!


詳しい内容はまた少しずつこのブログでご紹介していきますので、お楽しみに!!


YOSHIDA


REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 公式HPでのお知らせはこちら



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


REMI RERIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 開催まであと13日…



今年も有楽町で開催のREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITHON。

開催まであと13日…少しずつREMI RELIEFについてお話ししていければと思います!


まずはこのブランドのアイコンでもある“ウエスタンシャツのコダワリ”を少し…



何度も何度も試行錯誤を繰り返して作られたというREMI RELIEFの代表的なアイテムであるこのウエスタンシャツ。

通常縦糸にインディゴ糸、横糸に白糸を用いるのですが、横糸をカーキ色にして打ち込む事で、特有のデニムの深みやヴィンテージ感を演出しています。



そして職人の手作業による“擦り”の工程により糸の表面のみ色が落ちていきます。エコブリーチや薬品での加工では表現出来ない、まさにREMI RELIEFの熱とこだわりがこの一枚に詰まっています。



実際着用していたら擦れてダメージが出るであろう襟先や袖も自然な加工感です。





ブランドがスタートして約10年。今も尚、お客様に愛されている理由はこのような所にあるのだと思います。

ブランドを象徴するアイテムだからこそ、ウエスタンシャツは毎年開催されるカスタムオーダーエキシビションには必ずご用意しております。

REMI RELIEFの魅力を少しずつこのブログでお伝えしていきますので、お楽しみ頂けたらと思います!








(※写真は今年のオーダー仕様とは違います。)



YOSHIDA



BEAMS PLUS 2018 Spring&Summer特設サイト



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


今着たい!IKE BEHARのボタンダウンシャツ。

本日はこちらのシャツをご紹介。


NEW YORKのシャツメーカーであるIKE BEHARは、ブログでも何度か紹介している私達オススメのブランドです。


今も尚アメリカで生産を続けているシャツメーカーから、カジュアルスタイルにピッタリなシャツがリリースされています。


それがこの“FREEDOM FIT”という、袖や身頃にゆとりをもたせたモデル。



ご覧の通りリラックス感のあるサイズです。


色鮮やかなピンクが夏のスタイリングに映えますね。




後ろから見るとこのような感じです。


程良いゆとりが、カジュアルな雰囲気を引き立たせています。




襟後ろのボタン留めにハンガーループ、ボックスプリーツとアイビーの雰囲気を感じるディテールです。


胸のポケットにはペン差しがついています。



ピンクに加えてターコイズブルーとの2色展開。


こちらも夏に映えそうです。




今シーズンのBEAMS PLUSのテーマ“Sea Side Story”にもピッタリな、鮮やかなカラーのボタンダウンシャツ。


ぜひショーツとの組み合わせも楽しんでいただきたい一着です。





YOSHIDA



BEAMS PLUS 2018 Spring&Summer特設サイト



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


夏のLOOPWHEELER

本日はこちらのブランドから!!



BEAMS PLUSでは10年以上のお付き合いでお馴染みの方も多いブランドLOOP WHEELERに、昨年に生地から別注をお願いした、新型アイテムをリリースしています。


EXTRA LIGHT PLUSと名付けられたこの生地は、真夏にも着用出来る軽さが一番の特徴です。


夏日が続くこの時期でも快適に履ける新型ショーツ細すぎず、太すぎずの絶妙なバランスのシルエット。


YANAIが着用しているはオリーブは同ブランドでも新鮮です。




もちろん王道カラーのGREY、NAVYもございます。



この別注ライトウェイト吊り裏毛の生地ですが、正直にこんなにも夏に履きやすいスウェット生地が作れるなんて驚きです。


LOOPWHEELERだからこその徹底した物造りに対するコダワリが感じられるところで、数年着用しても体感できる着心地の良さも納得です。




蒸し暑い夏にも着用出来てしまうLOOPWHEELER。


デイリーウエアとしてはもちろんこれからのアクティブなシーンにも、ぜひオススメしたい一着です。





YOSHIDA



BEAMS PLUS 2018 Spring&Summer特設サイト



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム


リゾートスタイル

本日はこちらを。



今年もNEW YORKのEngineered Garmentsに別注。


“リゾート”をテーマにしたコレクションの中から


夏にピッタリのシャツをご紹介。




コットン100%で薄手ながらもハリコシのある生地に、

リーフ柄などが折り重なったプリントが施されています。


グッと目を凝らして見たくなるような、立体感のあるプリント。


様々なプリントを見てきましたが、個人的には断トツの格好良さです!


もちろんMADE IN USA。


襟はリラックスした雰囲気を感じるイタリアンカラーです。


通常のオープンカラーの直線的な襟に比べても緩やかな曲線が特徴。



サイズ感もややゆったりとしているので、170cmの私でXSサイズでジャストといったところです。

肩周りのストレスも感じません。


ホワイトのショーツに合わせて、すっかり夏模様となったこの時期に、こちらのシャツがそろそろ出番となりそうです。



ぜひ店頭でご覧になってみて下さい!!



YOSHIDA



BEAMS PLUS 2018 Spring&Summer特設サイト



BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も是非チェックを。

ビームス プラス 有楽町 のインスタグラム