タグ「オーダーフェア」の記事

ARIYAMA´S RECOMMEND vol.8

こんばんは、村瀬です。


好評を頂いたBARBOUR POP UP SHOPが終わり、今日からウィンドウが新しくなりました。


今回はスーツプロモーション。

本格的な春の到来を前に、充実のバリエーションです。


さて、今日は会期終了が迫ってきたオーダーフェアのご紹介。

オーダーといえばこの人、当店の若きオーダー担当・有山の登場です。

お勧めのバンチがこちら。

<CANONICO BRITANNIC COLLECTION>です。

8回目は4プライのトロピカルウールの2選。

まずはグレイッシュなネイビー。

ウェイトは390グラム。

タッチはドライで、打ち込みの良いハリのある質感が魅力的。

実はこの生地、今シーズンの既製品でもご用意しています。

オーダーでしたら、チェンジポケットを付けたり、パンツを2プリーツにしてみたりと楽しみが広がります。

とのコメント。


続いてグレーベースにワイドピッチのストライプ。

ストライプの色はブラウンです。

よくお客様から皺にならない生地ってないの?とリクエストを頂きますが、正直ありません…。

ですが、こちらは皺になっても復元力が高いところが魅力です。

秋まで着用を検討されている方にもお勧めします。とのこと。


オーダー価格:¥131,000~+税

会期は4月2日まで。

駆け込み大歓迎です。


是非、店頭でご覧ください。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。


ARIYAMA'S RECOMMEND vol.7

こんばんは、関です。


この連休は天候に恵まれ、沢山のお客様にご来店いただきました。

本当にありがとうございます。

バタバタしてお待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

3月のビッグイベント、ダブルポイントキャンペーンも残すところあと一日。

平日ですが、宜しくお願い致します。


さて、ちょっと間が空きましたが、当店のオーダー番長・有山がお勧めする生地紹介。

7回目は、


<U.K.CLASSIC>より、


<BULMER & LUMB>のブラウン・フレスコ。

ハダースフィールドの老舗ミルがリリースするエアウールは


夏でもイケる安心の270g。


タッチはドライ。

ルックスナイス。

注目のクラブ・ストライプや、ヴィンテージテイストのタイで、'17仕様のスーツスタイルをお楽しみください。


オーダー価格:¥110,000~+税

明日までなら少なくとも¥6,600分のポイントがつきますよ。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



STYLE NOT FASHION 038

こんばんは、大岡です。


今週はこちらから。


<ENZO BONAFE>

 DI COSIMO 2に合うSUITS の作成。


今回は生地選びのレポートさせて頂きます。



詳しくはこちら

STYLE NOT FASHION 031

STYLE NOT FASHION 036



厳しい目線で…

補正内容を確認している高橋を納得させ…



スーツコーナーでいつも以上に真剣な眼差しの川田になります。


髪型も春らしく変えた模様。


まず川田に

自分自身が…

着用したいと思う生地を3つ選ぶよう伝えました。


そんな川田が選んだ生地を確認しました。



バイヤーのような厳しい手つきで、生地の織り感や風合いを最終確認している川田になります。


そんな彼にお声掛け。


選んだ生地を確認しましたが…


川田のイメージは

やや青みのネイビー無地を…

今回オーダーしたい様子。


若者らしい選択。


DI COSIMO 2にも合わせられるでしょう。


好感が持てます。


川田のワードローブは一通り把握しており、彼に足りない部分として挙げられる点があります。


入社後、2年が経過しますが定番商品となるアイテム不足。


若者らしい着こなしもあまり行ってこなかった事挙げられます。


若い世代のBEAMS STAFFは、新しい物が好きな子や、SNSの情報に敏感で自分自身で物を選んでいるつもりでも誰かのお勧めに引かれ、結果同じような物を身につけているSTAFFが散見されております。


身長・体重・顔立ち・年齢・性格などから自分自身を良く理解し、どのようなアイテムを選びどのように着るかをもう少し考えてもらえると、アイテムの力に頼る事なく自分自身らしい着こなしに一歩近付きます。


美しい服も大事ですが…


正しい服をきちんと着る事も、販売員としては大切な素養だと考えております。


沢山の散財・失敗も自身のSTYLE形成には必要不可欠であります。


BASIC & EXCITINGである事も忘れてはいけません。


少し脱線しましたが…



そんな川田が心機一転購入したプレーントウシューズに合わせられるスーツという本題と、懐に見あった生地を提案しオーダー至りました。


納期は1ヵ月要します。


どのような生地を選びスーツが仕上がったか、ブログで報告させて頂きますのでお楽しみに。


それではまた。






STYLE NOT FASHION 036

こんばんは、大岡です。


今週はこの人から。

今春より3年目を迎える川田になります。



3年目を迎える川田が見ているのは雑誌POPEYEです。


残念ながら、MEN'S EXではありませんでした。


BEAMS Fといえば・・・MEN'S EXではないでしょうか?


以前お伝えしましたが、川田のカスタムオーダースーツを見立てました。

詳しくはこちら

STYLE NOT FASHION 031


<第1回目は採寸編>


スポーツマン体型の川田。


彼の個性と現代的なシルエットを目指し、適正なサイズ選びからスタートしました。


川田がどのように着たいか?

スタッフであっても確認しております。


スーツをオーダーする時は、大切な確認事項と考えております



スタッフ川田。

身長 167センチ  体重59キロ


ジャケットサイズに関し44をベースに採寸致しました。


ジャケットスタイルはシングル3釦チェンジポケットモデルを・・・

川田にリクエストされた同モデルをベースに採寸しております。


袖着丈を調整。

胸回りの薄い川田には前身頃をより詰めて調整する補正を入れました。



ジャケット後ろ姿。


鏡越しに厳しい眼差しで補正内容を確認している、当ブログ初登場高橋も納得の様子。


姿勢が良く、ヒップ周りがスポーツマン特有の筋肉質な川田には半身補正を入れ、ベントの収まりに改善が図れるよう、補正を入れてみました。


既製服では補正が出来ない部分も、オーダーメイドでは少なからず行え改善が計れると思います。


スポーツマン体型の川田。


パンツのサイズ選びに時間要しましたが、ジャケットの寸法に合わせ、尚且つ上下の繋がりを意識した結果、サイズ44を選択するにしました。



着用感を保ちながら若者らしいスタイリングに何処まで引き上げられるかは腕の見せ所である為、しっかり見極めてバランスの調整をし寸法出しを行って参ります



これにて採寸は終了。


川田の身長・体型を考慮し、オーダーシートの作成を行います。


次回は生地選びの模様をお伝えさせて頂きます。


それではまた。



ARIYAMA'S RECOMMEND vol.6

こんばんは、山本です。


お陰様でカスタムテーラービームスオーダーフェア大盛況です。


本日も引き続き当店オーダー担当・有山のお勧め生地をご紹介致します。



<FRATELLI TALLIA DI DELFINO>


ゼニアとロロ・ピアーナと並び世界3大毛織物工場です。自社で一貫して紡績している事で、コストパフォーマンスに優れています。高級毛織物メーカーの為スーパー120'S以上の生地をメインに生産しています。


先にご紹介する生地はブラウンのピンヘッドです。


ウール100%で220グラムと軽く軽快感があり、これから夏に向けてご活用頂けます。

ブラウンの無地をお考えの方々にお勧めの生地です。

下の画像で生地をご覧下さい。



続いてネイビーのバーズアイの生地です。


イタリアブランドが作る英国調の生地で、ウエイトが260グラムという合物でもご活用頂ける汎用性の高い1着です。

下の画像で生地をご覧下さい。


ご紹介生地で仕立てますと¥124,000+税からスーツがお作り頂けます。


様々な仕様でオーダーして頂けます。

詳しくはこちらからお願いします。


この機会に自分だけの一着を楽しんでみては如何でしょうか。


会期は4月2日までです。


是非、店頭で生地をご覧下さい。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



http://www.beams.co.jp/service/customtailor/



http://www.beams.co.jp/news/243/






ARIYAMA'S RECOMMEND vol.5

こんばんは、有山です。


おかげさまでオーダーフェアは大盛況です。

先週に引き続き、今回もお勧めの生地を紹介させて頂きます。



<LASSIERE MILLS>

1949年、イングランド北部のヨークシャーで創業し、英国の伝統的なもの作りとイタリアのトレンドを融合させた毛織物メーカーです。

ゴルフの4大タイトルのマスターズのグリーンジャケットを提供しているメーカーあることでも知られており、現地でも高い評価を受けています。



ウェイトが270グラムのウール95%、モヘア5%の混率です。

グレーのピンヘッド生地で程よい光沢感とドライなタッチが特徴です。

湿気の多い日本の夏にも活躍する生地ですね。



ウェイトが295グラムのウール100%です。

打ち込みのしっかりとした仕立て栄えする生地です。

ネイビーベースにうっすらと白い格子が入っています。

春から秋口までご着用頂ける点も魅力的ですよね。


ご紹介生地で仕立てますと¥110,000+税からスーツがお作り頂けます。


様々な仕様でオーダーして頂けます。

詳しくはこちらからお願いします。


この機会に自分だけの一着を楽しんでみては如何でしょうか。


会期は4月2日までです。


是非、店頭で生地をご覧下さい。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



http://www.beams.co.jp/service/customtailor/



http://www.beams.co.jp/news/243/

ARIYAMA'S RECOMMEND vol.3

こんばんは、山本です。


まだまだ気温差が不安定な日々が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

季節の変わり目は体調を崩し易いですので、体調管理にお気を付け下さい。


ご好評頂いておりますカスタムテーラービームスオーダーフェア開催中に伴い、先日に引き続き、本日も当店オーダー担当・有山がお勧めする生地をご紹介致します。



<VITALE BARBERIS CANONICO>

カノニコは1936年創業のイタリア・ビエラ地方の織物メーカーです。

紡績から機織、染色まで自社で一貫して行っている大規模なテキスタイルメーカーです。


本日はその中から4PLY TPOPICALをご紹介致します。


有山がお勧めしているのはウインドウペーンの生地です。


下の画像で生地をご覧下さい。


お色はブルーです。上の画像が実際の色に近いです。



4PLYとは生地の組成に4本撚りの糸を使用した生地で、しっかりとした肉厚感と張りがあり、英国生地の様な風合いがあります。

ウール100%で、390グラムとウエイトはありますが、ざっくりとした生地感で風通しも良く、皺になりにくいのが特徴です。


下の画像は色違いで、有山お勧め生地です。


こちらの生地はグレーです。

生地の画像をご覧下さい。

下の画像が実際の色に近いです。


こちらの生地でオーダーして頂いて、¥131,000+税からスーツがお作り頂けます。


是非実際の生地を店頭でご覧下さい。

この機会に自分だけの一着を楽しんでみては如何でしょうか。


会期は4月2日迄です。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



http://www.beams.co.jp/service/customtailor/



http://www.beams.co.jp/news/243/


ARIYAMA'S RECOMMEND vol.2

こんばんは、山本です。


時が流れるのは早いもので、あっという間に3月を迎えました。

朝晩の寒暖差が大きいですが、日中は春らしい気候で本格的な春の訪れが待ち遠しいです。


これからの春に向けて、衣替えでスーツのご新調をお考えの方々へお知らせです。

現在カスタムテーラービームスオーダーフェアを開催中です。


本日はご好評を頂いていますオーダーフェアより、当店オーダー担当・有山のお勧め生地をご紹介致します。



<VITALE BARBERIS CANONICO>


カノニコは1936年創業のイタリア・ビエラ地方の織物メーカーです。

紡績から機織、染色まで自社で一貫して行っている大規模なテキスタイルメーカーです。


有山がお勧めしているのはソラーロの生地です。


下の画像で生地をご覧下さい。


こちらは表面がネイビーで裏面がダークブルーのソラーロです。


ウール84%・モヘア16%で260グラムとモヘアの程良い張り感と適度な軽量さがあります。

ソラーロは元々亜熱帯気候用の生地として開発された、日光を反射させてくれる作用がある、涼しく感じられる春夏向けの生地です。

今回ご紹介のネイビーやブラウンはビジネスにご活用頂けます。


下の画像は色違いで、有山お勧め生地です。


表面がダークブラウンで裏面がブラウンです。

下の画像で生地をご覧下さい。


こちらの生地でオーダーして頂いて、¥103,000+税からスーツがお作り頂けます。


是非実際の生地を店頭でご覧下さい。

この機会に自分だけの一着を楽しんでみては如何でしょうか。


会期は4月2日迄です。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



http://www.beams.co.jp/service/customtailor/



http://www.beams.co.jp/news/243/



ARIYAMA'S RECOMMEND vol.1

こんばんは、有山です。


あっという間に2月終わり、気が付けば既に3月です。

日に日に暖かくなるのが肌で感じられ、春が来るのが待ち遠しいですね。


ご好評を頂いていますオーダーフェアよりオススメの生地をご紹介します。



<HOLLAND & SHERRY>


創業170年以上の歴史を誇る英国の老舗織物屋です。

イギリス王室をはじめ、高級テーラーや衣料メーカーなどに生地を供給しています。


ネイビーのグレンプレイドにブルーのペーンが効いた生地でウェイトは260グラム。



チャコールグレーの千鳥柄でウェイトは260グラム。

英国生地ながら滑らかなタッチです。


CAPE HORNという新作バンチから2つご紹介させて頂きました。

原毛は南アルゼンチンのパタゴニア地方で育てられたメリノウールで高温多湿な日本の春夏気候に適した素材です。

縦糸は柔らかさを横糸は耐久性を重視した別の撚りを糸にかけ、肌触りが良く耐久性に富んだ服地に織り上げられています。


ご紹介生地で仕立てますと¥146,000+税からスーツがお作り頂けます。

チェンジポケット付きのジャケットや



2インプリーツのパンツなどもお作り頂けますよ。


この機会に自分だけの一着を楽しんでみては如何でしょうか。


会期は4月2日までです。


是非、店頭で生地をご覧下さい。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



http://www.beams.co.jp/service/customtailor/



http://www.beams.co.jp/news/243/

老舗の革新

こんばんは、村瀬です。


2月も残すところ、あと僅か。

春はそこまで来ていますね。


今日のご紹介は好評のオーダーフェア。

お陰さまで週末は沢山のお客様で賑わいました。


サロン前の彼も着替えてお出迎え。

今シーズンも豊富なバリエーションの生地を

ご用意しています。

そのなかからこちらのバンチにフォーカスします。


<EDWIN WOODHOUSE>

150年以上の歴史を誇る英国の老舗。

AIR WOOLと呼ばれるウール100%の通気性に優れた生地は多くの英国服地ファンを魅了していますよね。

そして、お勧めの二選がこちらです。


先ずはベーシックなネイビーのピンヘッド。

ザラザラでハリのある質感。

ウェイトは290グラム。

きっと仕立て映えのする一着になると思いますよ。

続いてこちら。

グレーの千鳥ベースに控え目に格子が効いています。


両者共に人気のAIR WOOLですが、ここに老舗の革新あり。

その名もCOOL GUARDです。

ウールは熱を帯びると生地の表面に保温する性質があるのですが、仕上げの行程でそれを軽減する加工が施されています。


気になるプライスはというと、スーツが¥138,000+税からお作り頂けます。


裏地や釦の種類も多種多様。

マッチングを考えるのもオーダーの醍醐味ですよね。

この機会に自分だけの一着を誂えてみては如何でしょうか。


会期は4月の2日までです。

是非、店頭で生地をご覧下さい。


お問い合わせ・ご来店お待ち申し上げます。


こちらも要チェックです。