スタッフ「大岡 靖治」の記事

STYLE NOT FASHION 255

こんばんは大岡です。


とうとう、この日を向かえました。




詳しくはこちら。


STYLE NOT FASHION 137





仕上がりまで…

約半年。


私が見たかった、組合せの…

『ENZO BONAFE DI COSIMO Ⅱ』が…

イタリアはボローニャの工房から…

無事に届きました。


<ENZO BONAFE

DI COSIMO Ⅱ 

品番:21-32-0058-302

¥105,000+税




こちらが…

制作期間、約半年。


無事に仕上がりました

『ENZO BONAFE DI COSIMO Ⅱ NAVY CALF』




どのような、変化をするか楽しみな一足。




ライニングは、ボルドーを選びました。


ブリティッシュ・テイストな雰囲気に仕上がりました。


スペシャルな一足ということで…

所有者の名前も入ってます。



シューズを脱いだ際、ライニングのボルドーが

一層際立ちます。




次回以降、今回仕上がりました

『ENZO BONAFE DI COSIMO Ⅱ NAVY CALF 』 

について掘り下げて投稿致します。


それではまた。





STYLE NOT FASHION 254

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


お客様よりこちらの靴をお預かりしました。




<ALDEN> 

CALF V-TIP 

品番:23-32-0179-339

¥84,000+税




5足は、CALF V-TIPを所有しているお客様です。




今回も…

修理に関しては

一任された為、どのような修理をするか考えてます。



因みに…

今回お預かりした

『ALDEN CALF V-TIP』

ご覧のように履きこまれた状態です。




クリームを何層も塗られた状態。




全体的にひび割れも数ヵ所確認できます。




こちらは…

前回お渡ししました

『ALDEN CALF V-TIP』 




仕上がり具合も大変、気に入って頂けました。




今回お預かりした靴もこのくらいの状態に仕上げられるよう取り組んで見ます。


また仕上がりましたら、投稿致します。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 253

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


インターナショナルギャラリー・ビームス

フェニカ・コーナーにレイアウトされた

『桂樹舎』の製品。




明るい色彩、伝統に裏付けされた柄を多く取り入れている『桂樹舎』


廃校となった建物を移築、川沿いに桂樹舎はあります。


館内にある、喫茶パピルスから、ご覧になれる、ゆったりと流れる川の流れを見ながら、おいしい珈琲を頂けます。


紙漉きの作業を見学させて頂きました。


紙をすくう作業は女性の方が担当。


紙漉きの作業は、不純物などを確認、紙をすくう労力と均一に仕上げる為の熟練した手技を見せて頂きました。


国の伝統工芸品に指定。


と言ったところが…

私が数時間過ごした、桂樹舎の感想です。


今回フェニカで展開中の桂樹舎の製品に焦点をあてて見ました。




まずはこちら。


使うことが楽しくなる?

ます型小銭入れ。


このような色展開をしてます。



<桂樹舎>

ます型小銭入れ

品番:66-99-1742-745

¥1,000+税


『1つ選ぶ』のが大変な作業…でした。


左上のブルー系と購入時、迷いました。


和紙ならではの、発色の良さがお勧めのポイントです。


何れを選んでも、間違いはありません。

きっと気分は変わることでしょう。



続いてこちら。

私物の名刺入れ。




名刺入れに関しては、バリエーション豊富に取り扱ってます。


因みに…

左側に見えるのは、ブックカバーです。


毎日の読書が楽しくなること間違いなしの可愛らしいブックカバー。




沢山、展開中の名刺入れより、厳選してお勧めの物を選んで見ました。


購入の参考になれば、幸いです。


<桂樹舎>

名刺入れ

品番:66-99-1737-745

¥1,800+税




続いてこちら。


自宅の玄関でシューホーンを入れ、使ってます。


社内スタッフの愛用者も多いアイテム。


ペン立て以外の使い方として…

リモコンをまとめたり…

様々な使い方、用途で使えます。


空間のアクセントになることも挙げられます。


<桂樹舎>

ペン立て(大)

品番:66-99-1744-745

¥850+税



最後にこちら。


私が桂樹舎を訪ねた際、こちらの制作に追われていると…仰ってた、桂樹舎の鯉のぼり。


五月の節句が近くなると全国から、問い合わせもある、立派な鯉のぼり。


額装して飾っても良いですね。


男のお子様が産まれた方に、贈り物として差し上げられても、喜ばれる『逸品』です。




桂樹舎の商品の中で、人気を博している

『鯉のぼり』


フェニカ・ディレクターの二人は…

『鯉のうろこに着目』


『鯉のうろこ』の模様を使い、様々なサイズの箱に落とし込みました。


大きい箱は、特注品の衣装ケース。

右側はハガキ入れ、その他三種は文庫箱です。


こちらの商品はフェニカ別注品。


フェニカ展開店舗にてご覧頂けます。




その他、和紙で作ったクッション、座布団、蓋付き箱、丸箱など展開してます。


一点一点手仕上げで作られた『桂樹舎の製品』


気になられた方は、フェニカ展開店舗にて一度ご覧になって見てください。


お勧めです。


それではまた。


STYLE NOT FASHION 252

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


久々に『桂樹舎・けいじゅしゃ』について。


以前『桂樹舎』について投稿したことがあります。


気になられた方は、こちらをご覧下さい。


STYLE NOT FASHION 241




日頃愛用している、桂樹舎の製品。





バンカラ小銭入れからます型小銭入れに買い替えました。




使うことが楽しくなる、ます型小銭入れ。


上に摘まむと、回転しながら開きます。



続いてこちら。


現在は廃盤となりました、ガード・ケース。


以前は…

こちらを財布として使ってました。


手前に定期券を収納。

メインとなる収納スペースに数種のカードと紙幣は折り畳んで使ってました。


最後に、上から輪ゴムを止めて使用。


半年前に…

富山市越中八尾の桂樹舎を訪問しました。


桂樹舎の売店で、廃盤となっていたカードケースが数点残っていたため、全て購入してきました。


桂樹舎の方に、お話を伺ったところ、カードケースの需要が減ってきた為、ラインナップから外れてしまいました。


私にとっては、使いなれてきたかたちであるため、この度購入した物を大事に使います。



約3年くらいの使用でこのような状態。


四隅が裂けてます。防水加工も施しているため、多少濡れて使っても、本体自体は変わりません。


和紙の風合いも購入時に比べ、手に馴染んで参りました。


ということで…

こちらも『バンカラ』に使ってましたが、

味わいが増してきた為、現在は使用してません。





最後にこちら。

初めて購入した?

桂樹舎の製品。


フェニカ別注で展開していた、名刺入れ。


矢じりのような模様、茶と紺の組合せがとても気に入ってます。





購入後4・5年は経ちますが、ご覧のとおり綺麗な状態です。




海外で作られた製品にも魅力ある物が沢山ありますが…クラシックな装いに意外とあう『桂樹舎』の製品を選んで見ました。




以上、身近に持ち合わせている『桂樹舎』の製品についてです。


TPOに合わせ変えてみたり、ギフトで差し上げても、喜ばれる品だと思います。


次回は、もう少し掘り下げて『桂樹舎』について投稿致します。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 251

こんばんは大岡です。


とうとうこの日を向かえました。




『ENGLISH GENTLEMAN ?』




 『ITALIAN GENTLEMAN ?』 




ブリティッシュではなく…

イタリアンな着こなしに変貌?した…行田。


硬派ではなく軟派と言った感じでしょうか?


例えが『昭和感』を感じます。




という前置きはさておき…


3コーディネート提案し、スタッフ行田は…

こちらのコーディネートを選びました。



若者らしい…

清々しいコーディネートを披露。


イタリアとアメリカを足して、2で割った感じに仕上がりました。




前回の一着は『BASIC』




今回の一着は『EXCITING』

と言った感じでしょうか?


2つ合わせると…

『BASIC & EXCITING』

となります。


『基本を理解し、どのように着こなすか』

大先輩に、多くの事柄を学ばせて頂きました。


ありがとうございました。





イタリアン・テイストということで…


ジャンニ・アニエリのように…

シャツの上から時計をして貰いました。




ジャンニ・アニエリ氏も、きっと喜んでいただけるであろう?

『アップル・ウオッチ』との組合せ。


時代は進み…

このような時計を見かけるご時世となりました。


若者らしいコーディネートで、好感が持てます。


イタリアン・ジェントルマン・スタイルの象徴でもある『ジャンニ・アニエリ』について勉強するよう伝えました。






スタッフ行田の見立てに2度助言させて頂きました。



『BASIC & EXCITING』 

のスーツを手にした、スタッフ行田。


行田にとって、どちらのテイスト?が好みで…

評判が良かったか?今後うかがいたいと思います。


それではまた。


STYLE NOT FASHION 250

こんばんは大岡です。


当店新入社員、スタッフ行田の買い物に引き続き付き合いました。


スタッフ行田の『眼に?』叶った…

BEAMS F オリジナル・スーツ


今回は…

イタリアの洒落者が好む『ソラーロ』の生地を使ったスーツを私なりにコーディネートして見ました。





シューズに関しては、行田が持ち合わせている、CAVENDISH 3を全てコーディネートで使いました。



<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税


<BARBA>

ALTERNATE STRIPE CLELIC 

品番:21-11-0031-607

¥27,000+税

<DRAKES>

SILK LINEN SOLID

品番:21-44-5816-175

¥14,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税


縦糸・緯糸を交互に二色の糸で織られたソラーロ。


表・裏違った見えかたになっているのも特徴として挙げられます。


私の中でソラーロといえば…

赤と緑を連想します。


ということで…

ボルドー系のストライプシャツにシューズの色目を近づけて、シンプルにコーディネートして見ました。


ソラーロの持つ、エレガントな雰囲気に合わせ

少し灰汁の強い、クレリックカラーシャツを選んで見ました。



続いてこちら。




<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税



<THUILLIER>

GREEN STRIPE 

品番:23-11-1290-815

¥29,000+税


<JOHN COMFORT>

STRIPE TIE 

品番:21-44-5580-107

¥13,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税

行田のワードローブと無理なく合わせられる物を意識的に選びました。


発色の良い、グリーンのストライプシャツに、アメリカン・テイストを感じるストライプ・タイを選びました。


行田のように、若い世代がソラーロのスーツを着るのであれば、このくらい明るいトーンの組合せがしっくりきます。





最後にこちら。




<BEAMS F>

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税


<BOLZONELLA>

OXFORD 1PEACE COLLOR

品番:24-11-0389-395

¥26,000+税


<BEAMSF>

PRINT NECKER CHIEF

品番:21-45-0157-682

¥8,000+税


<CROCKETT&JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE 

品番:21-32-0096-502

¥69,000+税


ビームス・スタッフということで…

今のビームス・ドレス・スタッフが大好きなコーディネート?も提案して見ました。


開襟シャツにネッカ・チーフの組合せ。


こちらでも、ソラーロのスーツに合わせカーキのネッカ・チーフを選びました。


ということで、3コーディネート組んで見ました。


スタッフ行田は、どのコーディネートを気に入り、身に付けたか?


また着用してきたタイミングで投稿致します。


それではまた。


STYLE NOT FASHION 249

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。





スーツコーナーで…

厳しい表情で商品を組まなくチェック。




続いて…

下段のポールの商品に目が…

そんな『彼に』お声掛け。


厳しい表情でスーツコーナーをご覧になっていたのは…

当店に新入社員として配属された、行田でした。


話を伺って見ると、本格的な夏が来る前にもう一着、スーツの購入を希望し…

自身の着用品を品定めしたところでした。


てっきり、商品整理に精を出し、来店して頂いたお客様に気持ち良く、ご覧頂けるよう準備を行っていたのか?と関心してたところでしたが…


因みに…

入社から数え、スーツは二着購入しているスタッフ行田。


過去当店に新入社員で配属してきたスタッフの中で、一番精力的に購入している…

スタッフ行田。


ドレス・クロージングの世界に興味や好奇心を抱いている、若者ということで…

今回も新入社員、スタッフ行田の買い物に参加させて頂きました。


過去に当ブログで、取り上げたことがあります。


詳しくはこちらをご覧下さい。


STYLE NOT  FASHION 220


STYLE NOT FASHION 221




今回新入社員行田の『眼に?』

止まったスーツはこちら。


<BEAMS F> 

SAVILE CRIFORD HERRINGBONE SOLARO 

品番:21-17-1030-264

¥100,000+税


今回も、身長183センチ、体重66キロ

のスタッフ行田。

サイズ48を選びました。

大人な印象を受けるソラーロですが…
行田の身長や顔立ち、若い世代がクラシックな素材・ディテールに興味を示したことを大事に購入を後押ししました。


若い世代がベージュのスーツを着てると…

とても新鮮に映ります。


行田の顔立ちに、うまくマッチしてます。


ジャケットに関しては、袖丈と身幅の修理を行いました。



パンツに関しては、丈あげと行田にとって膝から裾にかけて、幅の細さが気になってましたので、行田の体型に見あった寸法を導きだし補整して見ました。


また仕上がりましたら投稿致します。


それではまた。




STYLE NOT FASHION 248

こんばんは大岡です。


引き続きこちらから。


磨き込んだ『CHEANEY EDWARD』を使い、当店ディスプレイ・コーディネートと連動し比較して見ました。 



<CHEANEY

EDWARD

品番:21-32-0072-175

¥69,000



スティーレ・ラティーノ ウール・モヘアのブレンドスーツにENZO BONAFE『ENZO』の組合せ。


全く『隙』のない、コーディネート。




真の大人であれば…

『隙』のないコーディネートもお勧めですが…

同時に履き込んだ『靴』をたまには、取り入れてみる。


大人ならではの…

『降り幅と懐の広さ』も演出したいところ。


新調した、スティーレ・ラティーノのスーツに…

磨き込まれた、フル・ブローグを使ったコーディネートも…当店をご利用して頂いているお客様であれば…たまには取り入れて頂きたいところです。




続いてこちら。




ビームスFオリジナル グレーストライプスーツに

CROCKETT&JONES『COVENTRY』という合わせ。



新調したスーツに磨き込まれた一足を合わせると…


きちっとした印象、同時に背筋が伸びて

きっと身も引き締まることでしょう。




続いてこちら。



ビームスFオリジナル、ブラウン・ストライプスーツに

『EDWARD』の組み合わせ。




クラシックな雰囲気が全面に出せた、コーディネート。




ブラウンスーツには、新品では出せない

履き込まれた一足を是非合わせたいところ。




ここで改めて…『靴語録』

『靴を磨きなさい、そして自分を磨きなさい』

『その人が履いている靴はその人の人格そのものを表すものです』


『いい靴を履くとその靴があなたを素敵な場所に導いてくれる』


『安い靴を買うほど裕福ではない』



最後に…

こちらの方に協力して頂きました。


今回修理を承った、お客様に登場して頂きました。


当日履かれていた靴は、色違いの『EDWARD 』でした。



ご覧のとおり、しっかり手入れを行われた靴を履いていると俄然全ての物が良く見えます。





このような磨き込まれた、靴を履かれていれば、店側の対応も変わることでしょう。


ということで…

お客様も満足してお持ち帰りになりました。


数年後、今回お預かりした靴の修理に携われれば嬉しいです。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 247

こんばんは大岡です。


今回もこちらから。


『CHEANEY EDWARD』 

についてです。




今回は…

改めて…

新品の『EDWARD』を並べて

検証して見ました。


<CHEANEY>

EDWARD

品番:21-32-0072-175

¥69,000+税



向かって右側は、現行の『EDWARD』 

左側は、今回リペア後の『EDWARD


両足共ソールは、出し縫い仕様。

現行のヒールは『サカヅキ』仕上げと言って頂ければ、日本の修理工房には通じます。





購入後、2年経過した『EDWARD』と

使用前の『EDWARD』です。


茶系の靴は、所有者によって様々な変化をします。

靴好きの方は最終的には茶系を好み…

ご自身なりにアレンジし履きます。





お客様本人が黒いクリームを塗っていた為、まだらな艶感が出てます。


靴を並べた、キャプテン・チェアの木目に近いムラ感…


もはや…

アンティークの家具のような風貌に変化して参りました。




今回無色のクリームを使用した為、チェスナット・アンティーク調のブラウンとなりました。


10万円くらいの価格帯の靴と見間違える?

雰囲気になりました。




ダークスーツを好むお客様のワードローブに無理なく合わせられます。


ブルー系やライト・グレーのスーツに合わせられるといいと思います。



スエード靴の人気は、相変わらずありますが…

年齢が若いお客様や、これから本格的なドレスシューズを購入を希望している方には表革の靴をお勧めします。


ご自身の手入れの進め方、やり方で構いませんので、きちんと手入れが行えれば、物への愛着度や歳を重ねるにあたり大人の素養も同時に学べることでしょう。


英国紳士に習い

『安い靴を買うほど裕福ではない』を実践して頂ければと思います。


沢山の靴は必要ありませんが…


とは言っても、ビジネスシーンで使うことを考えると、最低3足のオックスフォード・シューズは必要不可欠です。


以前、当ブログ内で持ち合わせて欲しい『靴』について投稿したことがあります。


靴の購入を検討している方は、こちらをご覧になって見て下さい。


STYLE NOT FASHION 101

STYLE NOT FASHION 102


私のように、人より沢山の靴を持ち合わせている場合であっても、靴をしっかり休ませながら履けるという利点があります。


『お洒落は足下から』ということで…様々な靴を上手く使いこなせれば、コーディネートに幅を持たせられます。


ある程度靴を持ち合わせていれば、リペアの回数を減らし、お気に入りの靴を長く履けます。


どちらを選ぶかは、あなた次第。



『ビームスのスタッフ』や

洋服の販売員であれば…

授業料だと思い…

沢山『散財し』ご自身のものにして欲しいところですね。



それではまた



STYLE NOT FASHION 246

こんばんは大岡です。


引き続きこちらから。


お客様よりお預かりしてました…

『CHEANEY EDWARD』 

の手入れを終えました。




重厚感のある、キャプテン・チェアの上に…

磨き終えた『CHEANEY EDWARD』を置いて見ました。



これから数年、お客様の足下をささえ続ける『CHEANEY EDWARD』 


レザーソールにラバー・ヒールの組合せは

『CHURCH'S』の製品にも使われていた組合せです。




BEFORE 

普段より、こまめに手入れを行われているお客様。


爪先回りを黒いクリームを塗り、アンティーク感を増してましたが…



AFTER 

お預かりした靴の状態を確認し、今回クリームは無色の物を使用しました。


古いクリームを取り除き、革に栄養を与えました。


お預かりした時より、色の深みが薄れた印象を受けますが、今回は敢えて黒いクリームは使用せず手入れを行いました。


ブラウンシューズ特有の…

味わい深い一足に仕上げました。


今回はこちらの商品を使い、手入れを行いました。




<CHEANEY>

EDWARD

品番:21-32-0072-175

¥69,000+税



<SAPHIR

CREME 1925

品番:21-42-0018-373

¥2,000+税


<SAPHIR

POLISH

品番:21-42-0017-373

¥1,000+税





クリームとワックスを併用し、手入れを行いました。


もはや、高級靴と肩を並べられる、味わい深い一足に仕上がりました。


普段より、まめに手入れを行われている為、あまり時間を掛けずに仕上がりました。


お客様も今までとは違った雰囲気に仕上がった『CHEANEY EDWARD』 


きっと仕上がりに満足して頂けることでしょう。


今からお渡しするのが楽しみな一足となりました。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 245

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


お客様よりお預かりしてました

靴の手入れを終えました。



詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 239





繁忙期に差し掛かり…

磨きの作業に時間が掛かりました。




『ALDEN CALF V-TIP』 


最新号2nd

『やっぱりオールデンが好きなんだ』

でも沢山の人達に支持をされ、選んだ理由から沢山の別注品がご覧になれる、オールデン好きには堪らない一冊に仕上がってます。


引き続き、型によっては、まだまだ入手しづらい靴もありそうです。




ということで…


こちらが仕上がった状態。


時間が掛かりましたが…

ご覧のように艶が戻りました。

ここからは、お預かり時から…

仕上がりまでの振り返り。




<BEFORE>

チャールズ皇太子が履かれている靴のように…

小指まわりを革当てした状態。




<AFTER>

磨きを入れたことで、継いだ箇所も幾分目立たなくなりました。




<BEFORE>

ソールの交換を終え、また履ける状態になりましたが…何時も私を頼って来店してくださるお客様のため、しっかり手入れを行いました。




<AFTER> 

左右の磨きに、時間が掛かりましたが…

履き込んだ『靴』の美しさを引き出せました。





<BEFORE>

ソールのラバーを張り替えた状態。




<AFTER> 

爪先と踵回りには、芯が入ってます。

着用時に、曲げる箇所に比べ、ご覧のように力が掛からない箇所は俄然艶が増してます。



時間が掛かりましたが、お預かり時に比べ格段に綺麗な状態でお渡しすることができました。


因みに…

今回手入れに使用した、シューケア品はこちら。





<SAPHIR>

CREME 1925

品番:21-42-0018-373

¥2,000+税


<SAPHIR>

POLISH

品番:21-42-0017-373

¥1,000+税



2nd『ALDEN 特集』の中でもっとも取り上げられていた『V-TIP』 




正しく手入れを行えば、10年は履ける一足。




ALDENの靴はリペアし、長く履きたくなる…

魅力を兼ね備えてます。





数々の伝説を作ってきた

『モディファイド・ラスト』


 

独特な…

丸みを帯びたトゥシェイプ。



土踏まずを持ち上げてくれる、フィット感。




是非一度は、履いて頂きたい…

モディファイド・ラストの靴。


モディファイド・ラストの靴は、いつも履かれているサイズのハーフサイズか1サイズ上の履きかたがお勧めです。


土踏まずで合わせ、ドレス・シューズに比べ、幅に余裕をとり、同時に捨て寸を取る…履き方がモディファイド・ラストの好きな履き方です。


それではまた。



STYLE NOT FASHION 244

こんばんは大岡です。


先日お預かりしてました靴の修理が仕上がって参りました。




<CHEANEY> 

EDWARD 

品番:21-32-0072-175

¥69,000+税


詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 240




<BEFORE> 

お客様の足下をささえ続けた

『CHEANEY EDWARD』 


右足の中心に穴開きが確認できます。

履き方の癖で、右足に力が掛かっていることでしょう。





<AFTER> 


ご覧のように、現状に近い状態に戻りました。





<BEFORE> 

左足ソールに関しては、ヒールの減りが目立ちます。




<AFTER>  

ヒールのパーツは顧客様の要望で

ラバー・ヒールに変更しました。


前回、色ちがいの『EDWARD』の修理を受けた際、こちらの仕様を提案したところ、とても気に入って頂けました。

今回も同じ修理となりました。


オール・ソール交換も終了。

10年は通って頂いているお客様ということで…

今回も私が手入れを行い、お渡しすることにしました。


また手入れを終えましたら投稿致します。


それではまた。


STYLE NOT FASHION 243

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


お客様よりお預かりしてました

靴の手入れが終了しましたので投稿致しました。


詳しくはこちら。


STYLE NOT FASHION 238




艶感が戻りました…

『ENZO BONAFE MORANDI MONK』 


またまた画になる一枚が撮れました。


ということで…


修理工房から仕上がった靴がどのように変化したか、振り返ります。




<BEFORE> 

10年物の『MORANDI MONK』 

出張の多いお客様の足下をささえ続けた結果両サイドにひび割れが確認できます。




<AFTER>


革の状態を確認しながら、手入れを行いました。


古いクリームを取り除きながら…

同時に油分の抜けを補いました。



<BEFORE>

普段から着用後シューツリーを欠かさず入れている為、アッパーの状態に対し全体のシルエットは崩れてません。





<AFTER>

手の指に布を巻き…

クリーム+少量の水をつけて

円を描くように丹念に手入れを行いました。


ご覧のように、爪先に向かって艶が戻りました。



 

ソールも綺麗に仕上がりました。


黒靴ということで、ソールも黒く塗ってもらいました。

 



因みに…

今回靴の手入れで使用したクリームはこちら。


<SAPHIR>

CREME 1925

品番:21-42-0018-373

¥2,000+税



アッパーの状態を確認し、古いクリームを取り除きたかった為、無色のクリームで手入れを行いました。


手に巻きつけた、布が真っ黒になりました。


数回に一度、無色のクリームを使い手入れを行うと古いクリームも取り除けます。




今回はアッパーの状態からして、ワックスは使わず乳化性のクリームだけ使用しました。


ENZO BONAFEの製品はとても良い革を使って一足ずつ丁寧に作られてます。


片足30分は手入れに掛かりましたがご覧の状態に戻りました。


ハードに履かれるお客様ではありますが…

数年間は足下をささえ続けてくれることでしょう。


また数年後こちらの靴の修理を承れれば幸いです。


それではまた。



STYLE NOT FASHION 242

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


シューズ・シューケア担当者として…

毎月恒例の?レイアウト替えを行いました。



過去のレイアウト交換時の投稿が気になられた方はこちらをご覧下さい。

STYLE NOT FASHION 203

STYLE NOT FASHION 210

STYLE NOT FASHION 227






今回私自身、最も手を加えたかった箇所にテコ入れが行えました。


一枚目の画像で変更した箇所に気付かれた方は…

当店シューズ・コーナーを頻繁にご利用して頂いているお客様だと思います。





<BEFORE

当売り場、2層になり…

10年は経過して参りました。


改装後、一度も手を加えて来なかった

椅子の配置。


シューズ担当者として、舞い戻った時点より…

一番換えたかった箇所でした。




<AFTER

この度、弊社『大ご意見番』が当店に来てくれたタイミングで相談に乗って頂きました。


椅子を切り離し、中央を往き来しやすいよう調整して頂きました。


椅子を配置した際の角度やサイド・テーブルの距離感など学ばせて頂きました。


その後『大ご意見番』より様々な助言も頂けました。


ありがとうございました。




大まかなシューズ・コーナーのレイアウトも変更し、店頭も連動し交換致しました。


BEFORE 

シューズ・コーナー

向かって右側のスペースは…

折り畳み傘と、ディアドラ・スニーカーを

レイアウト。


AFTER>

上段は変えず、レザーサンダルとエスパドリーユなど、リゾート感を感じさせる物を集約。


BEFORE

カジュアルなローファー、サンダル、エスパドリーユとシューケア品を寄せ集めたレイアウト。



AFTER 

上段:ディアドラ・スニーカー。

中段:今シーズン展開した、ローファーを。

下段:シューケア品を集約。


BEFORE 

シューズ・コーナー中央は…

『CROCKETT&JONES』のみ

1コーナー使ってレイアウト。




AFTER


上段:チーニとパラブーツを。

中段:ビームスF オリジナルシューズ。

下段:デザート・チャッカ・サイドゴア・ブーツを寄せ集め。




BEFORE

上段:チーニとパラブーツを。

中段:ビームスF オリジナルシューズ。

下段:デザート・チャッカ・サイドゴア・ブーツを寄せ集め。



AFTER 

『CROCKETT&JONES』の弊社取り扱い商品を

1コーナー使ってレイアウト。




鏡横のケースには…

『ENZO BONAFE』を両足店頭に並べ

レイアウト。 



鏡横『左サイド』は

シューツリーのストックと靴に関わる書籍

磨き込まれた『COSIMO Ⅱ』をレイアウト。




ということで…

もはや『男のサロン』化した…

当店シューズ・コーナー。


ゆっくり寛ぎながら、お目当ての靴を探して見て下さい。


それではまた。



STYLE NOT FASHION 241

こんばんは大岡です。


とうとうこの日を向かえました。


詳しくはこちら。


STYLE NOT FASHION 122




私が愛用していた…


『WHITE HOUSE COX BRIDRE COIN CASE』


現在は取扱いを終了してます。



バンカラ精神で…

愛用し続けた、コインケース。


ステッチも半分くらい外れてきました。


また気が向けば、修理出し致します。




様々な小銭入れが揃う

『BEAMS』の品揃え。


この度…

バンカラ・小銭入れに別れを告げ…

新調致しました。




様々なレーベルがセレクトした小銭入れを用意してますが…


今回私の『眼に?』叶い…

購入に至った小銭入れはこちら。


<桂樹舎>

ます型小銭入れ

品番:66-99-1742-745

¥1,000+税


富山県越中八尾で作られている、紙漉き和紙にモダンなデザイン、伝統に裏付けされた模様を展開している『桂樹舎』の製品。


カラーバリエーションも豊富に揃えているので、ご自身にとって好きな配色・好みの柄にもきっと出会えると思います。


発色の良い小物の為、毎日使うのが楽しくなります。




防水加工も施されており…

使う度に手に馴染んできます。


因みに…

使い方は…


『上に引っ張ると』




『回転しながら開きます』




ジャケットの中に入れても、かさ張りません。


革物では表現しづらい『柄と色』


何方にも手が届く価格帯ではあり…

きちんと手仕事で作られてます。


気軽な、買い物・交通機関の移動時に財布とは別にお持ちになることもお勧めです。



因みに…

取り扱いレーベルは『フェニカ』

取り扱い店舗は、フェニカ展開店舗になります。


当店をご利用のお客様は、隣の『インターナショナルギャラリービームス・フェニカ・コーナー』にてご覧頂けます。


お時間がございましたら、一度お手にとってご覧下さい。


紙漉きで仕上げた、独特な風合いが堪りません。


また機会があれば…

他に愛用している物もありますので…

『桂樹舎の製品』について投稿致します。


それではまた。


STYLE NOT FASHION 240

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


またまたお客様より靴の修理を受けました。


過去当ブログ内で取り上げさせて頂いたお客様です。


気になられた方は、こちらをご覧下さい。


STYLE NOT FASHION 157


STYLE NOT FASHION 159


STYLE NOT FASHION 164



今回お預かりした靴はこちら。


<CHEANEY>

EDWARD

品番:21-32-0072-175

¥69,000+税




こちらのお客様は、10年は当店をご利用して頂いてます。


CHEANEY EDWARDも二色お求め頂きました。


ありがとうございます。




今回お預かりした『EDWARD』は

ダークブラウン・カーフです。


ご自身で爪先を付近を黒いクリームを塗り…

独特な深みが増した一足に変貌してます。




ということで…

今回お預かりした『CHEANEY EDWARD』の

修理内容をおさらいします。


右足ソール中心に、穴が開いてます。

ソール内部に敷かれている、コルクも見えてます。


こういった状態になりましたら、オール・ソール交換になります。


例えヒールに減りが見られない場合でも

オール・ソール交換をお勧めさせて頂きます。



左足はヒールの減りが確認できます。

右足の修理に合わせ、オール・ソール交換修理にてお預かり致しました。


また仕上がりましたら投稿致します。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 239

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


お客様よりお預かりしてました、

靴の修理が仕上がって参りました。




『ALDEN CALF V-TIP』 





<BEFORE>

右足小指付近にひび割れが確認できます。

強く割れた箇所に、貫通した箇所も見受けられました。




<AFTER>

ご覧のように、小指付近は革当てをし、継いでもらいました。


チャールズ皇太子も、愛用の靴はご覧のような修理を行い履かれてます。


スーツに関しても、同様な修理を行いながら…

着用している写真を拝見したことがあります。




<BEFORE>

右足ソールに関しては、目立った修理箇所は見られませんでしたが…



<AFTER> 

左足の修理に合わせ、ソールに張っているラバーを交換しました。


ヒールに関しては、まだ使えると判断。

修理は行いませんでした。




<BEFORE>

ソール中心に穴開きが確認できます。



<AFTER> 

右足同様、ハーフラバーを交換。

ヒールの修理は見送りました。



今回は、二ヵ所修理を行いました。


日頃より当店をご利用して頂いているお客様ということで…

少し手入れを行いお渡しすることにしました。


また仕上がりましたら投稿致します。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 238

こんばんは大岡です。


今回はこちらから。


お客様よりお預かりしてました

靴が修理工房より仕上がって参りました。



『ENZO BONAFE MORANDI MONK』 


現在は取扱いを終了してます。





<BEFORE> 

ヒールのパーツに革の捲れが確認できます。



<AFTER>

ほぼ現状に近い状態に戻りました。

ブラック・カーフの靴ということで…

ソールも黒く塗って頂きました。


<BEFORE>

右足ほど、ソールに目立った痛みは見られませんが、交換する際は両足共同じ修理内容で進行します。



<AFTER>

ということで…

また履いて頂ける状態に戻りました。


出張の多いお客様ではありますが…

数年間は履いて頂けることでしょう。


日頃より、当店をご利用して頂いているお客様の靴になりますので、少し手入れを行いお送りすることにしました。


また仕上がりましたら投稿致します。


それではまた。

STYLE NOT FASHION 237

こんばんは大岡です。


引き続きこちらから。




なんだか…

手を合わせると御利益がありそうな…

満面の笑みを披露してくれた…具志堅。




当店をご利用して頂いている、お客様にとって、春夏物のお買いものも一段落し、秋冬シーズンの傾向、取扱い商品のラインナップが気になる、今日この頃… 


この方は…違いました。


具志堅はこれから着る、春夏・合物として、着れる一着を吟味してました。


彼は来春夏の着用を意識しているのでしょうか?


話しを伺うと…先を見据えた一着ではなく


これから着用する一着を品定めしてました。


制作から仕上がりまで、1ヶ月は計算したい

カスタムベーシック・オーダーの製品。




シーズン終盤に差し掛かる中

この方はいたって、マイペース。


沖縄出身からくる?

『なんくるないさー』精神で…

小さい事には、くよくよしません。


そんな具志堅にとって、最高の?一着が品定めできたのでしょうか?




ということで…

具志堅の買い物に参画させて頂きました。


過去に具志堅の買い物に参画した投稿があります。


気になられた方は、こちらをご覧下さい。


STYLE NOT FASHION 050


STYLE NOT FASHION 053


STYLE NOT FASHION 082


STYLE NOT FASHION 160


STYLE NOT FASHION 163


STYLE NOT FASHION 190


STYLE NOT FASHION 191





因みに…

今回は、ジャケットに照準を?

あてました。


型はダブルブレステッドを選択。




着丈のバランス、見え方に視線が向いてます。


いつもの?『なんくるないさー』らしからず…

決断力が弱く、割りと意見を求められました。


具志堅にとって丁度良い着丈寸法を導きだし

提案させて頂きました。





因みに…

着用しているサイズは46を選びました。

身長:169センチ

体重:66キロ

サイズを選ぶ際、参考にして見て下さい。


既製服も綺麗に着れる、あまり癖のない体形。


ということで…

袖・着丈と身幅の修整で終了しました。




生地・裏地の選んだ物に関しては…

仕上がった際に投稿致します。


どんな一着で仕上がるか?

今から楽しみにしております。


乞うご期待!


それではまた。

STYLE NOT FASHION 236

こんばんは大岡です。




とうとうこの日を向かえました。




厳しい目線で…

対戦相手を研究中の?彼


どのように…

この『手強い相手を?』

攻略するか…思案中の彼。


と言った感じでしょうか?




『得意の左』は…健在の様子。


この『左』で何度防衛?したことでしょう?





そんな懐に入りづらいなか…

勇気を振り絞り?

具志堅の懐に入って?

お声掛け。





なにやら…

ここにきて…

カスタム・ベーシック・オーダーが気になり


生地選びに奮闘してました。




当ブログ最多登場回数を更新中の具志堅


素晴らしい笑顔を見せてくれました。


私自身…記憶に残る一枚が撮れました。





過去、私自身が撮った一枚の中で

記憶に残り続けている一枚があります。


詳しくはこちら。

STYLE NOT FASHION 098


笑顔と全体の構成では…

この人も負けてません。


ビームス 立川 川田。


川田史上3本には入るであろう…

『笑顔を披露』


立川の店舗でも…このような表情でお客様を出迎えていることでしょう。


ということで…

なんだか解らない投稿となりましたが…

次回以降、もう少し距離を縮め、投稿して参ります。


乞うご期待!


それではまた。