スタッフ「岸 卓司」の記事

イタリアの種馬

こんばんは岸です。


先日、会社の同僚や先輩を招き

我が家で初めて“タコパー”というの

やりました。


たこ焼きを焼いてワイワイするというあれです。


夏真っ只中でしたが、暑い中熱いのを食べるのもいいものです。


同僚も先輩スタッフも関西出身だったので、たこ焼き器を持っているものだと思っていたら、2人共持っておらずいい機会だったので、近くの家電量販店で購入しました。


同僚曰く、

「関西出身はたこ焼き器を持っている。というのは、都市伝説みたいなものだ。」と。


思い込みって怖いですね。


味は美味しく出来ましたよ。


先輩スタッフからは、関西方面の店にかなり美味しいたこ焼き様の粉があるとの事を聞いたので、次回はその粉を試してみたいと思います。


どれ程の違いがあるのか、


又、機会があればブログでお伝えしたいと思います。


さて、


いつも通り前置きが長くなりましたが、今回はコチラをご紹介します。




前回の山下ブログに続き、

CUNQUANTA


今回はレザーアウターがかなり充実してますが、その中でも特にオススメしたいのがコチラ。




夏真っ只中ですが、B-3です。


ビームスの完全別注。


フライトジャケットの中でも1番男らしさを感じるアイテム。




かなり柔らかい羊革を使用。




ファーストタイプと呼ばれるビンテージモデルをデザインソースにして

いながらも、ファスナーをダブルジップにするなど着用感などは現代風にアップデートしています。


ポケットなどに使われている革はホースハイドを使用。

一番下のファスナー横にはジッパーを上げる際に一番掴む場所の補強も施されておりかなり凝った作りになってます。




袖も縫い留めていないので伸ばす事が出来るので、手の長い方は折り返しを少なくして着る事も出来ますよ。



個人的にはB-3で思い浮かぶのは

映画“ロッキー4炎の友情”。


ドラゴとの対戦を控えたロッキーが

ロシアの山の中でB-3を着てトレーニングをするシーンがかなり印象的でした。


元々は保温性を高める為に厚手のムートンを使用し、重量もありましたが、コチラは羽織る感じでも着れるぐらいに軽く柔らかなムートンを使ってます。


ムートンだからまだまだ夏だし在庫あるだろう。

と思っていると買い逃しちゃいますよ。


思い込みって怖いので。



では、

お問い合わせ、ご来店お待ちしております。




イタリアとイギリスの中のフランス

こんばんは岸です。


いよいよ始まりました。


夏の甲子園。


連日高校球児達による熱戦が繰り広げられ、汗が光り輝いて眩しいですね。


そんな事で今回は、当店でも眩く輝いているコチラをご紹介します。




メタル釦。


当店で扱っている色々なブランドの

ダブルブレザーの釦を浅く掘ってみたいと思います。


ブレザー自体の紹介は他のブログでもやっているので、是非そちらをご覧下さい。





TAGRIATORE




鷲に錨と8個の星。


アメリカ海軍のソレとなんとなく

似てますが、


何処の紋章かは分からずでした。




釦の裏側。


カブセ釦と言われるタイプ。


中が空洞なので見た目よりも軽いです。




LARDINI




ビンテージ調。


コチラはカシミヤ100%でパッチポケットタイプなので、ピカピカの釦よりもこれくらいに燻んだ釦が合いますね。


かなり小さいですが、刻まれている文字を読むと、


HONI SOIT MAL Y PENSE

悪意を抱く者に災いあれ


イングランド王エドワード3世が言ったとされる言葉。


イギリスの紋章ですね。




コチラもカブセ釦。


MIRANO BOMISAの刻印。

ミラノの釦屋さんでしょうか。




De Petriro




コチラは光沢が強く、よりスポーティな雰囲気。


王冠の上に小さなライオン。

左側にライオン、右側にユニコーン、中央の丸い部分左上と右下にスリーライオン。


ライオンハート(獅子心王)の愛称で知られた12世紀の英国王リチャード1世からの英国王室の紋章。


刻まれた文字は、

DIEU ET MON DROIT

神と我が権利


イギリス君主の標語でありイングランド君主であるという事がフランス語で刻まれています。


イギリスの紋章にフランス語。


少し違和感を感じるかもしれませんが、


昔から侵略と同盟を繰り返して来た両国の関係性ならではですね。


元々が英国生まれのブレザーなので、


釦に使われる紋章も英国の物が多いのでしょうね。




コチラは

カブセではないタイプ。


前の2型に比べると、やや重みがあります。


お好みで今お持ちのジャケットをメタル釦に変えたり、


メタル釦の種類を替えてみたりしてもいいのではないでしょうか。


雰囲気も気持ちも変わりますよ。




それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。





ホスピタルジャケット

こんばんは岸です。


夏と言えば甲子園。


今回は100回記念大会。


続々と各県の代表が決まってます。


どの高校が新しくなった深紅の優勝旗を手にするのか。


今から楽しみです。


さて、


今回は100ではなく、50のコチラから新作をご紹介。



ハイ。


50と書いてCINQUANTA。


言わずと知れたイタリアのブルゾンメーカー。


当店のブロガー、山下のブログでもお馴染みですね。




新作の

ホスピタルジャケット。


ビームスエクスクルーシブモデル。





お馴染み具志堅に病院で飾られている様なお花の絵の前で着てもらいました。


ホスピタルジャケットなので。


やっぱり似合いますね。


名前の通り、元々はイタリア軍が負傷兵が病院などの施設で着用する為に作ったもの。


なので、ゆったりとしたシルエットとシンプルな作りが特徴。




シンプルな作りですが、


本来は付いていない内釦を付けて貰ってます。




これがあるとベルトを締め無くても風が入って来ないんです。


釦一つでもあるのとないのとでは大違い。




本来だとこの様にトップ釦のみ。


元々は負傷者の為のジャケットなので、極力簡素化され釦を留める煩わしさを少なくしています。




襟の形もいいです。


柔らかな山羊革を使っているので、

襟のロールも綺麗。




リラックス感のあるバランス。




後ろはこんな感じ。




内釦同様に着丈を長く、身幅も広く別注してます。




裏地はオフホワイトのヘリンボーンコットンツイル。


袖裏も付いているのでニットなどを下に着ても引っかかる心配がございません。


内ポケットも付いてるので安心。


個人的にはアランドロン主演の映画


「太陽が知っている」のラストシーンで


主人公がリゾート地を離れる時に着ていたのが、


この様な軽いスウェードのジャケットだったので、


夏の終わりに着たらカッコイイな、


着て欲しいな、のアイテムです。



まだまだ夏はこれからですが、在庫には限りがございます。


気になった方は、お早めに。


それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしてます。

幸せの黄色い声援

こんばんは月曜担当岸です。


御嶽海やりました。


照ノ富士以来の関脇力士優勝。

若い力士なので、これからが楽しみです。


御嶽海は人気があり、取組みには毎回大きな声援が飛んでます。


中には黄色い声援も。


黄色い声援。


何故、声援が黄色なのか。


所説あるようですが、昔、声の高さを色で表していた事があり、その時の一番高い声が黄色だった為、キャーという、高い声の声援を黄色い声援と呼ぶようになったとか。


声色とかもいいますね。


そこで、今回は黄色特集。




黄色を使ったアイテムを集めてみました。


秋冬の新作はまだ少ししか入荷してませんので、一部ですけど。




TARGLIATORE

のジャケット。


ブラウンベースのハウンドトゥース

に黄色のウィンドウペン。


洒落てます。


一口に黄色と言っても色々。


コチラはやや落ち着いた色合い。


山吹色に近い感じでしょうか。


ドレッシーなアイテムはカジュアルな商品よりもこの様な落ち着いた色合いのものが多いです。




ネクタイ。


一番上だけ春夏の商品なので、やや色合いが明るめ。


黄色がメインというよりは、ストライプの中で差し色として使っている物が多いです。





FRANCO BASSIのチーフ。


ハッキリとした黄色ですが、ビタミンカラーのイエローとは又ちょっと違います。


チーフは表に出る面積が少ないので

このくらいハッキリしてても目立ち過ぎにはならないのでご心配無く。


グリーンとの組み合わせもいいですね。




コーディネートするなら

こんな感じでしょうか。




AD&Cのチーフ。


ベースはどちらかというと

ベージュに近い感じ。


さりげなく取り入れたい方に

オススメ。




Kinlockのネッカチーフ。


コサックダンス柄。


ベースはブルーですが、

絵とパイピングに黄色が使われてますね。


ざっとこんな感じ。


今回ご紹介した黄色ですが、次の秋冬にはパープルやブラウン、グリーンなどと並び欠かせない色となっています。


気になった方は是非店頭でチェックしてみて下さい。


それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



腕まわり事情

こんばんは、岸です。


欠場している三横綱に続き大関栃ノ心も怪我で欠場となってしまい、やや面白みに欠けた感が否めない名古屋場所。


ここは日本人力士に頑張って欲しいところ。


個人的には、前頭筆頭琴奨菊推し。


新三役復帰に期待したいです。


さて、これだけ暑い日が続くと上着を脱ぐ機会も増えますね。


そこで、本日は当店スタッフの腕まわり事情にスポットを当ててみたいと思います。





先ずはこの方から。


当店の新三役。


映画「切腹」の仲代達也の様です。


カジュアルスタイルにスポーツウォッチとインディアンジュエリー。




因みに「切腹」は「一命」として市川海老蔵主演でリメイクされました。


ミリタリージャケットにミリタリーウォッチとインディアンジュエリーのゴリゴリスタイル。




クラシックなスーツスタイルにアップルウォッチ。




国家斉唱中のコチラの方も

スーツにアップルウォッチ。




コットンスーツにスポーツウォッチ。


ベルトの赤が効いてます。




クラシックなスーツスタイルに

アンティークウォッチ。




同じスタッフのカジュアルスタイル。


時計は同じですが、ベルトが違う。


スタイルによって替えている様です。


ベルトを替えるだけで雰囲気も変わりますね。




こんな感じでした。


以外にアクセサリーを付けている

スタッフ少ないです。


特にオススメのアクセサリーの

紹介がある訳でもないですが。


あくまでご参考に。


又、機会があれば


○○まわり事情


お届けしたいと思います。


それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


超撥水

こんばんは岸です。


以前ブログでご紹介したFオリジナルのデザートブーツ。


実際に購入しました。


詳しくはこちらをご覧ください。


スウェードとはいっても革の保護も考え雨避けスプレーは欠かせません。


色々とある中で今回選んだのが、


コチラ。




JASON MARRKK


Repel


スニーカーの汚れ落としが有名ですね。


弊社スタッフも愛用者多数。


私も使ってます。


コレはスプレー型の防水液。


早速吹き付け。




取り扱い説明にもありますが、吸い込むと結構辛いので、外でやった方がいいです。


撥水性をより高める為、充分に乾燥させてからもう一度吹き付けます。


で、どれほどの効果があるのか検証。


スウェードは元々の撥水性があり、霧吹きなど多少の水を垂らしただけでは効果が分からないので、




バケツにドボンさせます。


ドボン。




しっかりと浸す事30秒。


引き揚げ。




が、コチラ。




シェー!


まるで、ドボンしていなかったかの様ざんす!


最近、フレンチアイビーやらフレンチトラッドの事を考えている

せいか、おフランスな口調になっちゃいました。


で、先日おろしました。




履き易いです。


スウェード以外にもキャンバスなど、吸水性のある素材に使える様なので、気になった方は試してみてください。


それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


べし。

縦縞横縞

こんばんは岸です。


毎日熱いですね、


サッカーも天気も。


サッカーといえば、サッカーのジャージは無地もしくはアルゼンチンの様なストライプが多く、ボーダーはブラジルのクラブチームのフラメンゴや中村俊輔選手がかつて所属していたスコットランドのセルティックなどがありますが、少数派ですね。

最近では、鹿島アントラーズのジャージもボーダーになりましたが。


野球でもヤンキースや東海大相模のようにストライプ。


逆に、先日ジョージアに快勝した日本に代表されるラグビーでは無地かボーダーが多く、ストライプは全くと言っていい程見かけません。


特に日本では大学などのスクールカラーを配したボーダーが多いですね。


何故、サッカーに縦縞が多くラグビーに横縞が多いのか。

これには沢山の説があって調べてみると面白いです。


ジャケットやスーツは勿論ストライプ。


ボーダーのスーツ。


ないですね。


生地を作る上での性質も関係している様ですが。


ボーダーのジャケットは有りませんが、


ストライプのジャケットはいい物があります。


コチラ。





GIANNETTO

¥49,000+税→¥34,300+税


30%OFF


ネイビーベースに白と赤のストライプ。

ネップのかかった様なザックリとした生地なので、軽く羽織る感じで着れます。


今、大変お買い得になってますし。


この機会に如何でしょうか。




お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



温故知新

こんばんは岸です。


先週ご紹介したBCBGの本、

やっと読み終わりました。


ファッションというよりは子育てから結婚、老後までのライフスタイルについて書かれた本で、行くべき店や学校のリストも載っていて参考になりました。


フランスに行く予定は今のところありませんけど。


そんなBCBGの話しを先輩スタッフとしていたところ、


フランス映画を一本紹介して頂きました。


〝冒険者たち〟


アランドロンです。


恥ずかしながら未見だったので、早速GEOでレンタル。


次の休みに観ようと思います。


旧くてもいい物タイムレスな物沢山ありますね。


で、本日はというと、そんなタイムレスな物をご紹介します。




GENTLMAN

A Timles Guide Fashion




PREPPY




BESPOKE STYLE




SAVILE ROW


メンズファッションについて書かれているこれらの書籍。


流行り廃りとは一線を画した物や物創りについて。


まさに古きをたずね新しきを知る。


ですね。


これらの書籍全て当店でお買い求めいただけます。


しかも、一番最後にご紹介している本の帯には弊社ディレクターの写真が。


SAVILE ROW


いつかは行ってみたいものです。


イギリスに行く予定も今のところありませんけど、読んでイメトレしたいと思います。


皆さまも是非読んでみてください。


他にも、洋書などの書籍を取り扱ってますので、気軽にお問い合わせください。

それでは、


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。







BCBG

こんばんは月曜担当の岸です。


梅雨まっただ中ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。


私は休みの度に洗濯物と格闘をしています。


なかなか乾かないですよね、今の時期は。




さて、最近良く耳にしたり、ブログなどで目にする機会が多い

言葉が“フレンチアイビー”や〝フレンチトラッド〟。


アイビーやトラッドそのものの言葉はある程度理解をしているつもり

でしたが、フレンチの要素が入ったソレは全くと言っていい程に

馴染みが無かった私。


先輩スタッフには、そんな事も知らないのかと

怒られそうですが。


自分なりに調べてはみたものの、イマイチ掴めず。


そこで、弊社のディレクターがお店に来たタイミングで

訊いてみたところ、


〝先ずはこの言葉を調べろ〟


と、言われたのが


BCBG


フランス読みなので、ビーシービージーでは無く


ベーセーベージェー。


Bon Chic Bon Genre

ボンシックボンジャンル


の略みたいです。


調べてみたところ、


パリの上流階級的なシックで趣味の良いファッションやライフスタイル。


との事。


うーん、イマイチ掴めません。


そこで、更に検索していくと同じ題目の本を発見。




近くの図書館にあったので、早速今日借りて来ました。


ファッションだけでは無く、ライフスタイル全般について

書いてある様です。


次の休みに洗濯物が乾くのを待ちながら、ゆっくりと

読もうと思います。


しかし、本をただ読んだだけでは分からないのが

ファッションスタイル。


勉強します。




気になった方は是非読んでみてください。





それではまた。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。





タッタソール

こんばんは岸です。


先日、英国エリザベス女王の戴冠式のドキュメント番組を見ました。


1953年6月2日に行われた戴冠式の映像をエリザベス女王本人が見て振り返るという内容。


普段は見る事が出来ない王冠の細工や、当時の人々の様子が分かり興味深かったです。


日本でも来年の春に天皇の退位が決まっているので、取り行われるであろう様々な儀式が気になります。


では本日ですが、今個人的に気になっている柄をご紹介します。


コチラ、




タッタソール。




英国の競馬場タッタソールから生まれたと言われているこの柄。


カジュアルな中にも上品さを感じたりしますね。




コーディネートはこんな感じでしょうか。

これはスーツですが、ジャケットスタイルにも勿論いけます。




違うブランドですが、

タブカラーも有ります。




いいですね。


昔はおじさんっぽい感じがして敬遠してましたが、今はもういいおじさんな歳になったので、改めて良さを実感しています。


勿論、若い方にもオススメです。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



FATHER'S DAY

こんばんは岸です。


本日は写真少なめ、文章少し多め、表情硬め、やる気ましましでお送りしたいと思います。


皆さん最近巷では、 DAD SNEIKERと言われるスニーカーが多くなっているのをご存知でしょうか?


お父さんが休日に履く様なボテッとした感じのスニーカーを指していて、見た感じイケて無いけど、それがカッコイイ。的なスタイルのスニーカーです。


世のお父さま方からは怒られるかもしれませんが。


世の認識はそうみたいです。


母の日に比べると俄然盛り上がりに欠ける印象が強い父の日。




もうすぐです。


プレゼントを渡したり、一緒にお酒を呑んだり。


いいですね。


物では無く、感謝の言葉を伝えるだけでも嬉しいものですが。


ギフトをお探しでしたら、ネクタイやハンカチ、ポロシャツや名刺入れ、i phoneケース迄、様々な男性用の品を取り揃えておりますので、お悩みの際は是非ご相談ください。


ご案内させて頂きます。




しかも、父の日のギフトをご購入頂いた方には、こちらのコースターを差し上げてます。


裏面にメッセージを書ける様になっているので、是非お使い下さい。

お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

PALTOがお買い得!

こんばんは岸です。


早いもので、もうすぐ5月も終わり。


今年も半年近くが経とうとしてます。


本当にアッという間。


早いと言えば先日25日に行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチ。


第1ラウンド112秒TKOで挑戦者の井上尚弥選手が勝利。


まさに瞬殺。


左フック、早かったぁ。


さて、当店でも早くも先行SALEが始まっております。


幾つか先行SALEでお安くなっている商品の中からコチラをご紹介。





PALTOです。




PALTO 5釦 BELT CHECK


24-19-0012-540


¥79,000+税→¥55,300+税





この柄と配色がたまらないです。


ボディブローの様に刺さりました。


英国調の柄ですが、スポーティーなラグランスリーブ。


襟裏に生地を貼っていないので、襟を立てた時も綺麗。




日本が誇る元世界チャンピオンと同性でお馴染み具志堅の着用例。


視線の先には何があるのでしょうか?


カジュアルスタイルにはこんな感じで前の釦を留めずにベルトだけ回すスタイルがいいですね。




バックスタイルもいい感じ。




生地違いもあります。


21-19-0017-540


PALTO 5牡丹 BELT OVER PEN


¥79,000+税→¥55,300+税





この色もいいです。




当店の大岡ブログで既にご存知の方も多いのではないでしょうか。


新人スタッフの行田の着用例。


モデルがいいとより良く見えます。


こんな感じでスーツに合わせても格好いいですね。





行田ですがスーツのサイズは48ですが、コチラのコートはサイズ50を着ています。


この様なタイプのコートはジャスト過ぎるよりも、ある程度のゆとりがある方が、リラックス感も出て綺麗に見えますね。


どちらのコートも張りのあるコットン生地を使っているので、秋口も含めて長い時期着る事が出来ますし、カジュアルスタイル、ドレススタイルどちらにも合わせる事が出来る優れもの。


そして、今ならお買い得。


なくなってしまうのも早いかも。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



バックパック

こんばんは岸です。


ここ数日は天候が良くて、何処かに出掛けたくなりますね。


山や川や海。


又は呑みに出掛けたり。


そんな時には色々と持ち物も増えがち。



そこで、今回はコチラをご紹介します。





21-61-0091-101


FELISI NEW DAY PACK


¥49,000+税




しっかりと幅のあるショルダーストラップ。




間仕切りを省いたシンプルな構造。




スタッフ小沢に持ってもらいました。


肩掛けするとこんな感じ。


少し小ぶりな作りなので

女性の方が持ってもいいと思います。


そして、もう一つ。




21-61-0086-018


TOFF&LOADSTONE 

BACKPACK EX


¥25,000+税


コチラは型から素材から何から何まで全て別注した、

ビームスのエクスクルーシブなアイテム。




肩に優しいクッション入りのショルダーストラップ。




コチラもシンプルな構造ですが、

裏側の生地には防水加工を施すこだわり様。


急な雨で大事な書類がズブ濡れなんて事になりません。




マチがたっぷりあるフロントポケットとレザーで補強された底面。


フロントポケットに色々入ると結構便利ですよね。




勿論、金具は真鍮製。




こんな感じ。


フェリージよりは少し大きめデイパックって感じ。




因みにコチラはスタッフ小沢の私物。




新人スタッフの本寺の私物。


コチラは3WAYのブリーフィング。

後ろ姿からも若々しさが溢れてます。


一昔前、私がバイトで入った頃はバックパックを使うスタッフは殆どいませんでしたが、カジュアル化が進んだ流れもあってか、今や普通になってます。




ナイロンやキャンパス以外にも

こんなのあります。


24-62-0024-552


SERAPIAN DETO BACKPACK


¥104,000+税


大人のバックパックですね。


これからまさに梅雨の季節。


片手に傘、片手に鞄では転んだりしたら大変。


顔からいっちゃいます。


転ばぬ先の杖ならぬ転ばぬ先のバックパック。

如何でしょうか。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。






ジューンブライド

こんばんは、岸です。


はじまりましたね。

五月場所。


日本人横綱稀勢の里は今場所も残念ながら欠場。

しっかりと治し完全復活して欲しいものです。


さて、今回は角界の人気者千代丸でも臥牙丸でも無く、フォーマルのお話し。



タキシード。


六月に式を挙げるという方も多いと思いますので。


コチラをご紹介。



ダークブルーのタキシード。


24-17-0193-015

Brilla D/BLUE TAXED


¥180,000+税


やや広めのラペルとダークブルーの色合いが艶っぽいですね。


蛍光灯や電球など、室内の光の中では黒よりも黒っぽく見えるという事から、海外ではフォーマルウェアにネイビーやダークブルーというのも定番になっています。


しかも、写真の通りコチラはなんと、カマーバンドと蝶ネクタイもセットで付き!


探すとなると結構手間ですもんね。




コチラは正真正銘の黒。


21-17-0319-110

F.TUXEDOV.B.C887


¥100,000+税


お馴染みカノニコの生地を使った一着。


流行り廃りとは無縁のスタイル。

一生モノです。




勿論、シャツから靴まで一式取り揃えております。




クレリックシャツでのフォーマルスタイルも良いですね。





写真以外にも蝶ネクタイ沢山ございます。




チーフも。

手前は星の形になっているので、

形を作らなくても自然なピークが

出来て楽ちん。




定番のリネンやシルクの無地も

ご覧の通りの品揃え。



私もいつかは、ジェームズボンドの様にタキシードを着てマティーニを片手に、なんて事をしてみたいものです。

いつか来るのでしょうか。

そんな日が。


ボンドでは無いにしてもご婚礼などでフォーマルウェアお探しの方、

しっかりとお手伝いさせていただきます。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

THE GOOD WE SHARE

こんばんは岸です。


皆様ゴールデンウィークは如何お過ごしでしたか?


私は甥と姪の進学祝いの為、先週の土曜日に車で北関東の実家に帰省しました。


帰りの時間を随分とずらしてはみたものの、


やはり、関越の渋滞にはまり疲労困憊で帰宅。


渋滞の無い高速を気持ち良く走ってみたいものです。


アウトバーンの様に速度制限を気にせず走れたら、もっと爽快なのでしょうけど。


ドイツにでも行かないと無理ですね。


では、ドイツには行けないですが、ドイツからやって来たコチラをご紹介しましょう。





メルツ・ベー・シュバーネン





通常のTシャツとヘンリーに加え、


長袖もご用意御座います。


色はどの形もご覧の4色でご用意。


上から


24-04-0144-704

ショートスリーブクルー

¥9,500+税


24-04-0143-704

ショートスリーブヘンリー

¥12,000+税


24-14-0019-704

ロングスリーブクルー

¥11,000+税


24-14-0018-704

ロングスリーブヘンリー

¥12,000+税




どれも1920年代から40年代の職人衣服からインスパイアされたコレクション。

その中からTシャツを見てみます。


しっかりとした生地と補強された首回り。


デロデロに伸びてしまうなんて心配ございません。




リブタイプの袖口。


二の腕を更に男らしく。




脇の下。


アウトドア用のパンツの股部分に見られる様なデティール。


パーツを一つ入れる事で、伸ばした時の生地に掛かる負担を分散すると

同時に、汗留めの役割を持たせています。


汗っかきな方には有難いですね。




脇の更に下。


あれ?通常あるはずの“アレ”が有りませんね。


そうです。


“縫い目”はどこへ行ったのやら。


スウェットや高級ニットではお馴染み、


あの、丸編機で作られています。


縫い目が身体に触れチクチクしたりとか、


脇からほつれてしまうなんて事が


全く無いんです。


手が込んでますね。




24-13-0036

スウェットクルー

¥22,000+税


同じ製法で作られたスウェットや、




24-13-0037

スウェットパーカー

¥22,000+税


パーカーも御座います。


流石にこれからの時期は暑いですが。


夏が過ぎれば、もう秋。




タグからの見て取れる様に、かなりこだわりを持ってドイツ国内の工場で生産されています。





付属の箱も勿論ドイツ製。


箱の中にはパンフレットが入っており、


そこには、いまだに現役で活躍をしているビンテージの織機の写真が。


Tシャツとしてはいいお値段ですが、それだけの価値があります。


下着感覚では無いTシャツ。


如何でしょうか。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



砂漠靴

こんばんは、岸です。


先日家でテレビを見てたら“はじめ人間ギャートルズ”


のエンディングテーマ曲“やつらの足音のバラード”


が番組の中で流れてまして、小さい頃再放送で見ていたので


懐かしいなと思い、それから携帯でヘビロテで聴いてます。


今聴いてもいい曲です。


まだの方は是非。


さて、今回はコチラ。




ビームスF

オリジナルデザートブーツ


21-32-0106-232


¥26,000+税


懐かしくて、新鮮。


英国のクラウン社に依頼をして作成したビームスFオリジナル。


イギリス製なのに、3万円以下。


手前味噌ですが、コスパ凄いです。





しっかりとクレープソール。






名前の通り、元々が砂漠で使われていた仕様の靴。



砂などが溜まらない様にコバが無くスッキリ。



軽さと脱着のし易さを兼ね揃えた無駄の無い



シンプルかつ合理的なデザイン。



又、ヒール部にはレザーを一枚挿しこんでいるので、耐久性も



バッチリ。






少しゆとりのあるリラックススタイルのパンツや。








コットンなど、軽めのスーツスタイルだったり。







ドレッシーなウールパンツに合わせるのも新鮮。



そして、今年はサファリルックな提案が多いシーズン。



サファリと砂漠。



近いです。



なので、サファリルックなアイテムとも違和感なく合わせられるかと。



勿論、ネイビージャケットなど、定番なスタイルにも。



タッセルローファーやスニーカーにそろそろ飽きてきた方、



オススメです。



まだの方は是非。



お問い合わせ、ご来店お待ちしております。




ETTINGER其の二

こんばんは岸です。


本日は前回に続きコチラをご紹介。




2007年に王室カラーであるロイヤルパープルの使用が許可


された事でスタートした


エッティンガー


パープルコレクション。


小学か中学の頃、聖徳太子の冠位十二階でも紫は高貴な色だと教わりましたが、


紫を高貴な色としている国は色々とあるみたいですね。


これは、昔は染料なども無かったので、天然の草や貝などから紫色を出すのが、


大変な手間と労力が掛かる為、一部の上流階級者しか手に入れられなかったからみたいです。


ちなみに、お寿司屋さんで紫は醤油の隠語ですが、これは江戸時代に醤油が塩の8倍も高い値段だった事から、貴重な物の代名詞である紫を


醤油を意味する言葉として使ってた名残の様です。


お寿司、食べたくなってきました。


今は、つぶ貝や真いかが旬な時期ですが、


随分とご無沙汰してます。




名刺入れ


21-64-7020-566


¥28,000+税




コインケース


21-64-7072-566


¥30,000+税








キーケース


21-65-7018-566


¥23,000+税





二つ折り財布


21-64-7022-566


¥37,000+税




二つ折り財布小銭入れ付き


21-64-7019-566


¥42,000+税




長財布


21-64-7018-566


¥43,000+税




前回紹介したシリーズはブライドルレザーでしたが、


コチラはかなりキメの細かいカーフを使用。


持った感触も柔らかくしなやか。


加えて、見て下さいこの細く細やかなステッチ。


ポケットに入れた際に邪魔にならない様に


極限迄革を薄くしていますが、華奢な様に見えて耐久性は抜群。




角のステッチ。


端の所の革に切れ込みを入れてしまえば簡単なのですが、


革を入れ込んでその上から縫っています。


そうすると普通は厚みが出てしまいがちですが、


ご覧の通りに厚みは殆ど出てません。


ホント、熟練の職人の成せる技です。




お寿司を食べに行く前や食べた帰りにでも、フラッと立ち寄ってみて下さいね。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

ETTINGER

こんばんは、岸です。



新年度がスタートするこの機会に色々な物を新調される方も多いのではないでしょうか。



上履きやら、文房具やら、

手帳など。



持ち物を変えると気分も変わりますね。



そこで本日は持つと気分も変わる。

で、あろう。



コチラをご紹介。







既に何度もブログなどで紹介されているので、



ご存知の方も多いと思います。



英国を代表するレザーグッズメーカー。



〈ETTINGER〉



英国王室御用達を証明する



ブランドロゴの上にあるロイヤルアームス【紋章】が誇らしげ。



最初に見た時は蛇?と思いましたが、違いました。



王冠に三本の羽根。



(プリンス・オブ・ウェールズ)チャールズ皇太子の紋章。



王冠の下のリボンに入っているのは、



ドイツ語でICH DIEN【私は仕える】



何故、イギリス皇太子の紋章なのにドイツ語なのか。



この話はまた後日に。



又、前置きが長くなりました。



紹介商品コチラです。



BILLFOD財布


21-42-7137-566


¥35,000+税




VISITING名刺入れ


21-42-7134-566


¥26,000+税





 NEW COIN CASE


21-64-7010-566


¥29,000+税




KEY CASE


21-42-7246-566


¥21,000+税




SHOE HORN


21-42-7138-566


¥14,000+税




定番の色もいいですが、新しく加わったグレーで揃えてみました。



どれも、光沢感のあるブライドルレザーと内側に使用している明るい鞣し革の対比がいいです。



名刺入れや、キーケースなどは女性の方が持たれても素敵だと思いますし、



新社会人の方、名刺入れ必要ですよね。



ありますよ。



取引先との会食などで、御座敷に上がる事が多い営業の方、



携帯型の靴べら、



ございます。



今回ご紹介した他にも色々と取り揃えておりますので、是非一度ご覧になってみて下さい。


お問合せ、ご来店お待ちしております。



茶のスーツ

こんばんは岸です。



先日の4月8日はお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)でしたね。



花まつりとも言われます。



釈迦が誕生した時の姿を表現した誕生物の廻りを花で飾り付け、



仏像に甘茶をそそいで祝います。



小さい頃は近所のお寺に行くとお菓子をくれたので、



花まつりの日には良く行きました。



上京してからは、お寺に足を運ぶ機会も少なくなり甘茶を飲む事も



仏像にそそぐ事も無くなってしまいましたが。



甘茶と言えば、茶色。



茶色と言えば、今シーズンは茶系のスーツが豊富です。





こちらにも




あちらにも





色々なブランドから出されていて、バリエーションも様々。






スリーピースや






コットン






ライトブラウンのグレンチェック






ピークドのミニチェックなど。



例年に無く豊富に揃ってます。



そんな数ある中から、コチラのブランドをピックアップ。




 


De Petrillo



伝統的なテーラリングを駆使した軽い着心地と時代性を反映させたシルエットや独自の素材を使った製品でファンを増やしているナポリのファクトリー。





6BUTTONS LINEN SOLID


21-17-0144-380


¥140,000+税

存在感がずば抜けている太目のラペル。




がっしりとした生地感の麻100%



パンツはサイドアジャスターの2プリーツ



3BUTTONS WOOL/COTTON GABA


21-17-0142-380


¥150,000+税


毛と綿なので着用期間も長く、適度なカジュアル感のある生地。


こちらもパンツは同様の仕様。





3BUTTONS WINDOWPANE 


21-17-0140-380


¥158,000+税





毛、絹、麻の3紗混。


色んな色合いの糸が使われているので、表情が豊かです。

お仕事以外にも、結婚式やパーティなど、少しハレの時に茶色のスーツを


着てみては如何でしょうか。



ネイビーやグレイとは又、違った雰囲気が楽しめますよ。



合わせる靴も色々とご用意してます。





タッセルや、





ローファー





ボリュームのあるラバーソールタイプも。





勿論、正統派な靴もございます。





お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


あらためまして

こんばんは岸です。



春は進学や就職、異動などで新しい場所へ移る方が多い季節ですね。



私は大学進学と同時に、北関東の片田舎から上京したのですが、



入った県民寮が1年生は2人部屋で、狭い上に冷暖房も無くパイプで出来た2段ベット。



もちろん部屋にはシャワーやトイレも無く、



シャワーは建物から一度出ないと入れない



お湯が出る迄しばらく裸のまま待たなければならない。と、



まるで収容所の様な所だったので、



東京に慣れるというよりは、寮の環境に慣れる迄が大変でした。



お陰で寒さには強くなりましたが。



さて、期待や不安と一緒に上京される方や既にされた方も多いこの季節に



あらためて、ビームスFのお店をざっくりとご紹介させていただきます。



あくまで、ざっくりと。






かなり年季の入った看板。



ビームスF立ち上がり当初のお店からあった様なので歴史を感じます。






入口横にあるメインディスプレイ。







入口。



ご覧の様に扉は常に開けてますから、気軽に入って下さいね。








トルソーがお出迎え。






入って右側。


コットンパンツなどのカジュアルアイテム。







シャツ、ネクタイコーナー。







ネクタイ、チーフ専用の什器。



品揃え、充実してます。








中央から奥に掛けてはドレス系のアイテム。






正面にはスーツ。






手前にはスラックス。






お会計はこちらで。と山下。







ヨーロッパにある古い教会をイメージしたとされる黄色い壁と白い階段を昇って2階へ。







こんな感じ。



外の光が充分に入るので、気持ちいいです。






シューズコーナー。



椅子に掛けてゆっくりと選べます。






BAG類。






財布などの小物類も充実。






奥には広々としたオーダーサロンが。






お勧め生地はここから選んでました。






タキシードやブラックスーツなどフォーマルウェア。



こんな感じです。



本当にざっくりですみません。



旅行や出張などで、原宿近辺へお越しの際にも、



是非一度お立ち寄り下さい。



スタッフ一同お待ちしております。